レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

花子とアン 第12回

2014年04月12日 07時49分38秒 | 2014年ドラマ

内容
課題のブラックバーン校長への手紙が、
スコット先生の書いた手紙を写した物とバレてしまったはな(山田望叶)は、
謹慎を命じられてしまう。

そんな折、父・吉平(伊原剛志)がやってくる。
事情を知り、一緒に謝ってくれる吉平。
するとブラックバーン校長は、はなに伝える。
「ここに居たければ、英語を学びなさい」と。

敬称略



《カーネーション》を見た直後だからこそ、

「まだまだ、だなぁ」と感じる、その一方で、

「やはり、芯のハッキリしている主人公は好感が持てる」と感じるわけである。



主人公は、こうでなきゃ!


そんな感じかな。

まあ、一部の繰り返し演出は、気になるところだが。

これくらいなら。。。。

トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« アリスの棘 第1話 | トップ | 弱くても勝てます~青志先生... »

2014年ドラマ」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

花子とアン 第12回~5年後のGO TO BED! (平成エンタメ研究所)
 手紙丸写し事件から5年。  成長したはな(吉高由里子)が登場した。  この登場シーンが素晴らしい。  本を読んできてわからない単語が出てくると、辞書で調べるために廊下を走る。  当然、ブラックバーン校長に怒られる。  しかし、5年前のはなとは違う。  しっ....
花子とアン (第12回・4/12) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式) 第2週『エーゴってなんずら?』【第12回】の感想。 スコット先生(ハンナ・グレース)の恋文を丸写ししたことがバレてしまったはな(山田望叶)は、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)から自室での無期限...
NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第12回 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
スコット先生(ハンナ・グレース)の恋文を丸写ししたことがバレてしまったはな (山田望叶)は、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)から自室での無期限 謹慎を命じられる。 退学は免れないだろうという周囲の予想に醍醐(茂内麻結)は心配するが、はなは自分...
Thank you>『花子とアン』第12話 (何がなんだか…ひじゅに館)
コメント欄で教えていただいたのだが 手紙丸写しエピは『アンの青春』にあるエピらしい ただ、アン自身ではなくアンの生徒が起こした事件― え? はなとアンを重ねるのが目的じゃなかったの? 今週月曜日に出てきた、はな自身の 「私みたい」という台詞のため...
Thankyou>『花子とアン』第12話 (もう…何がなんだか日記)
コメント欄で教えていただいたのだが手紙丸写しエピは『アンの青春』にあるエピらしいただ、アン自身ではなくアンの生徒が起こした事件―え?はなとアンを重ねるのが目的じゃなかっ...
花子とアン第2週(4.7-12) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
沢山の本を読みたいという夢を叶えるために 東京の女学校に編入した安東はな@山田望叶だったが、 図書室の本がすべて英語の本だったことに愕然、 英語の授業に悪戦苦闘して、脱走を試みたり、 盗作した文章を宿題として提出、退学の危機を迎えたりするが、 周囲の人々の...