歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

ニュウナイスズメとジョウビダキ。

2015年12月23日 | Weblog
 山の案内 歩き日記  歩き日記:ジョウビダキの雌。

 ニュウナイスズメをジョウビダキ雌と掲載して、私のブログファンのKさんより指摘を受けましたので修正しした。Kさんご指摘ありがとうございます。

 今日、所用で横市へ行きました。親水公園で待ち合わせをしていると、ニュウナイスズメが電線にとまり、ジョウビタキが飛び回っているので撮影しました。

 ニュウナイスズメ(入内雀)は、主に北海道の平地の林や本州中部以北の山地で5月から7月にかけて繁殖し、関東地方以南の暖地で越冬します。繁殖期以外は、ニュウナイスズメ単独種で群れをつくりますが、少数の場合はスズメの群れに混じることもあります。

 ジョウビダキは、全長15cmの冬鳥で、積雪のない地方で越冬します。平地から低山の農耕地、住宅地、公園、河原などに生息します。名前のジョウは「尉」で銀髪のことです。ヒタキは「火焚」で、火打石をたたく音に似た鳴き声がジョウビタキの名の由来です。

 ニューナイスズメ♂(デジタルズーム60倍)/雄はスズメに似ていますが頬に黒点がなく、頭部と背面はスズメよりもあざやかな栗色をしています。

  ジョウビダキ♂(デジタルズーム60倍)/頭が銀白色、顔は黒色、腹は赤茶色

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 森のエビフライ | トップ | 高砂城山に登る。(日南市) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事