哲☆あずき☆とん☆いぶき ドタバタ多頭飼い

哲・あずき・とん・いぶき。4頭のわんこ達との賑やかな日々を綴ります。

足の傷

2012年10月31日 | とん
昨日、前回延期になっていた混合ワクチン接種のため、病院に行ったとん。



ワクチン接種の前に左後足の傷を診ていただきました。
表面上はふさがっているかに見える傷。
獣医さんがピンセットでかさぶたを剥がすと、中から出血し傷の内部は空洞でした。
傷の中に異物が残っている可能性が高く、やはりこのまま完治するのは難しそうです。


麻酔をかけて傷の切開・洗浄の処置を受ける前に血液検査をすることになり、
今日また病院に行ってきました。

今日は採血するので朝ご飯抜き。

「ママ、何か忘れていませんか?」



「わたしだけ朝ご飯をもらっていないような気がします。」
ごめんね~。採血が終わったら食べられるからね。
機嫌悪し…




血液検査の結果は、異常なし。
昨日受けた腹部エコーでも特に気になるところはありませんでした。
(肝臓の状態は以前と変わらず、このまま経過観察で良いそうです。)

11月6日に左後足の切開をしていただくことになりました。

患部が小さく処置にかかる時間も短いことから、
当日は通常の麻酔ではなく、鎮静剤で眠らせ局所麻酔を使うことになるそうです。

11月6日の朝ご飯抜きもがんばろうね。


帰宅後、ようやく朝ご飯です。













コメント

我が家のアイドル

2012年10月29日 | あずき
あずき、カワイイ♪



コメント

元気にしています

2012年10月27日 | 哲・あずき・とん・いぶき
最近いぶきばかり登場していますが、哲もあずきもとんも元気にしています。

哲は傷の回復も順調で、あとはお腹の傷の周囲に毛が生えるのを待つばかり。

心配していたとんの後足の傷も今のところ化膿はしていないようで、
傷がまたふさがってきました。

あずきは至って元気。
預かりのゆなと咲歩を誘って、毎日『あずき道場』を開講しています(笑)







気温が低くなってきたので、みんなくっついたり丸まって寝ていることが増えました。

コメント

お外で過ごしてみよう作戦開始

2012年10月27日 | いぶき
当分の間、無理にいぶきを門の外に出すことはせず、玄関の前で過ごさせることにしました。


10月24日(水)午前10時

家の前を通る人や車を警戒しています。






「やっぱり怖いよ!」やはり今日もドアにはり付きました。





10月25日(木)12時頃

一度抱っこで階段を降りましたが、すぐにこの位置に戻ってしまいました。



今日は、車か人が通過するのを5回見送るまでここでがんばろう!




途中でまたドアをガリガリ引っ掻いていましたが、車と人の通過を5回見送ることができました。
ドアが傷だらけ…(泣)



10月26日(金)11時頃

リードをつけるもソファの上から動かず。
リードを引いて玄関に誘導しようとしましたが、全く動こうとしません。

まあ、こんな日もあるよね。
玄関から出るのはあきらめ庭遊びに変更。
しかし、庭にも一歩も出ようとしない。
どうした?いぶき。




10月27日(土)11時頃

今日も引きこもり~!
毎日外に出していたことがかえってよくなかったのかな?




明日は哲と一緒に外に出してみましょう。

コメント

いぶきのお散歩練習記(10/17~10/23)

2012年10月23日 | いぶき
いぶきがお散歩チャレンジを始めてから今日で一週間になりました。

今後のために簡単に記録を残しておきたいと思います。
自分のための記録ですので、興味のない方はスルーしてください。


10月17日(水)午前10時頃 (歩行者・車・自転車などの通行なし)

哲・とん・あずきがサロンにシャンプーに出かけた後、
いぶきにハーネスとリードをつけ外に出す。

意外に抵抗なく玄関を出る。
スムーズに階段を下りられたので、門扉を開けて誘導すると道路まで出ることができた。

目標を隣のコインパーキングの角までと設定。
いぶきが前に出て歩き出す。
角まであと5~6メートルのところで、家の方をふり返り引き返そうとしたので無理をせずそのまま帰宅。
歩行中の吠えなし。排泄なし。

帰宅後、玄関で足拭きする。(興奮した様子で唸るが抵抗せず)
おやつは食べられない。





10月18日(木)午前6時半 (通勤途中の女性に遭遇)

雨の予報のため、時間を早めてチャレンジ。

ハーネス・リードはおとなしく着けさせたが、玄関を出るのを拒む。
軽くリードを引くと玄関は難なく通過。

門から出た途端すぐに家に戻ろうとして地面にはり付く。
通行人のヒールの音が怖かった様子。
門の横の花壇までしか行けなかった。
門の前でビビリウン。

通行人の姿や靴音が怖かったのだと思う。(反省)
人が移動する時間帯の練習は難しいかも。

帰宅後のいぶきの表情に達成感が表れているように感じた。
お散歩は怖いが、外に出てみたい気持ちもあるのでは?と思う。


10月19日(金)午前10時頃 (配達のバイクが通る)

なんとか玄関は出られるが、階段を降りず。
引きずって降ろすもすぐにドアの前に戻ってしまう。

ヒャンヒャン鳴き、パニックになっているためすぐに帰宅。






10月20日(土)午前10時頃 (人、車・バイクの通行なし)

門から出ることを拒否。
無理に引きずり出そうとするとヒャンヒャン鳴きながら抵抗。すごい力!
抱き上げて門を出てみるが、地面に降ろした途端門の中に逃げ込んでしまう。
後足立ちで玄関ドアにはり付く。
すぐにはドアを開けず、そのままの状態で1~2分過ごさせてから帰宅。




10月21日(日)午前7時 (人や車の通行なし)

哲を連れた夫に先にコインパーキングの角まで進んでもらい、いぶきと私が後ろからついて行く方法を試す。
時々抵抗しながらも角まで進むことができた!
哲はもっと先に進もうとしていたが、いぶきはそれ以上進むことはできず家に向かって一目散に引き返す。
日曜日の朝で人の動きが少ないのが良かったのかも。


10月22日(月)午前6時半 (通行人の靴音が聞こえた)

哲に先導してもらうため、夫がいるこの時間にチャレンジ。
抵抗しながらも門の外まで出るが、ほとんど進むことができず。
ハーネスから体を抜こうとしたので無理せず中止。
いぶきには遠くに通行人の靴音が聞こえたらしく、しばらくして家の前を人が通過して行った。
哲が前にいるとついて行こうとするので、人などの気配がなければもう少しスムーズに進めるかな?。

門を閉めている時、中に戻ろうとするいぶき。


「中に入りた~い!」
門の下の隙間に前足を入れている。
いぶき、そこは通れないから!


家の前を通る人を警戒中。


「早く開けてください!」
初めて玄関前でオスワリした!



10月23日(火)午前10時 (車の音・小学校から校内放送が聞こえる)

玄関を出たところで動かなくなる。
階段を降りるのを拒否。
外が騒がしかったことと、家の中で哲が吠えたことが影響したかな?



今日もドアの前にオスワリして外の様子をながめていた。
パニックになっても立ち直るのが早くなった気がする。


表情がカワイイ♪



帰宅後
「疲れたぜ~。」


1時間後
くつろぎのポーズ!



いぶきはこの一週間で、嫌がらずにリードをつけ玄関から出ることができるようになった。
「お散歩に行こうか」と声をかけると緊張しながらも嬉しそうな表情を見せるようにもなった(気がする)。

人の気配や車やバイクの音を怖がるためその日の状況によって道路まで出られたり出られなかったりするが、
全く出られないのではないということがわかった。

昨日から、少しの時間であれば玄関の前でオスワリして周りを見ることができるようになったので
少しは外に慣れてきたように感じる。

オスワリをしている時に急に音が聞こえたり人が通ったりすると
またすぐにパニックになって家の中に逃げ込もうとするので、
もっと音や人が通ることに慣れさせていきたい。

明日からは、『門の外に出ること』よりも『玄関の前で落ち着いて過ごせるようになること』を課題にしてみようと思う。
コメント (4)

嫌な予感

2012年10月22日 | とん
とんの左後足の傷。

抗生剤を飲み終えてから2~3日は順調に回復しているように見えたのですが、
今日とんが傷を舐めている現場を目撃してしまいました!

傷を見ると、またジクジクしてきてるような…。
また悪化したかもしれません。

やっぱり中に異物が残ってるのかな?

もう少し様子をみてから病院に連れて行こうと思います。




コメント

哲って…

2012年10月20日 | 
哲がいぶきに咬まれてできた傷は全て良くなりました。

体の傷は治っても心の傷はずっと残ってしまうのでは…と心配していたのですが、
それも不思議と残っていないのかもしれません。
…というより、哲ったらもう忘れてる?

哲ったら、いぶきゾーンに入り込もうとしたり、いぶきと遊ぼうとしたり、
自分からいぶきに近づいていこうとするので私の方がハラハラしてしまいます。

外遊びさせる時にはいぶきにリードをつけているのですが、
哲がすぐにいぶきのそばに寄って来るのです。





あんなに理不尽な攻撃を受けたのにどうして?と思ってしまうのですが、
哲はいぶきが本気ではなかったと思っているのか、それとももうすっかり忘れてしまったのか?

不思議でなりません。



コメント

気分転換に

2012年10月20日 | いぶき
水曜日から外に出る練習を再開したいぶき。

いぶきなりにがんばっていると思います。

初日は勢いで道路まで出てしまい少しだけ歩くことができたいぶきですが、
その翌日からは警戒心を強め、門の外や玄関の外に出るのが精一杯の状態です。

家の前の道を車やバイクや人が通っただけでパニックになり、
ヒャンヒャン鳴きながら家のドアにはり付いています。

昨日のいぶき
「開けてよ~!」とドアをガリガリ!


パニック状態です。



今の段階では、門の外まで出られれば上出来。
門からは出られなくても玄関から外に出られただけで成功と思っています。

今のいぶきは、ハーネスやリードを着ける時も、玄関前の柵を出る時も抵抗しません。
玄関を出る時だけ少し抵抗しますが、軽くリードを引けば私について玄関の外まで出てきます。
帰宅後の足拭きも我慢できるようになりました。
これだけでも以前より大きく進歩しているのです。

以前は外に出ることを完全に拒否していましたが、今は少し様子が変わってきています。
外に出るのが怖いことには変わりないと思いますが、外に出たくないわけではないと思うのです。

私がなぜそう思うのかというと、帰宅後のいぶきの表情に恐怖心ではなく達成感が表れているように感じるからなのです。
帰宅後のいぶきは結構機嫌が良くて、すっきりした顔をしているのですよ。
ほんの少ししか外に出ていなくても、いぶき的には「お散歩に行って来たぜ~!」という気持ちなのかなと思います。

帰宅直後の満足げないぶき。


穏やかな表情でいることが増えました。



いぶきの『外に出る練習』(まだまだお散歩練習とは言えない状態です)は、まだ始まったばかり。
この先何年かかるかわかりませんが、まずは「気分転換に外に出てみようか」という気持ちでいこうと思います。



コメント

チャレンジ再開

2012年10月17日 | いぶき
いぶきが外をひどく怖がってパニックになってしまうため、
長いこといぶきのお散歩練習を休んでいました。

いぶきがお散歩に行けるようになることを諦めていたわけではありません。
いぶきの様子をみながら、いつかまたお散歩練習にチャレンジしようとずっと考えていました。

今までの経験で、一度怖い思いをさせてしまうといつまでもその記憶が残り
先に進むのが難しくなってしまうことがわかっていたので、
どのタイミングで始めるか、どの時間帯にするか、慎重に考えて始めたいと思っていました。

暑い夏も終わり、ようやくお散歩しやすい季節がやってきて、
暑さが苦手な私にもようやく体力と気力がもどってきました。

このあたりでそろそろ始めてみようかと決心。

ちょうど今日は哲・あずき・とんが揃ってシャンプーに出かける日なので、
(哲もとんも傷がふさがりシャンプーに行くことができました)
3頭を送り出した後すぐにいぶきを外に出してみることに!


※安全確保のため、写真は撮っていません。

いぶきにハーネスとリードをつけ、脱走防止の補助リードを私の手首にしっかりと巻き、いざ出発!

玄関ゲートをさっと越え、意外にも玄関をスムーズに通過し、玄関の外の階段数段をこれまたスムーズに下り…

ダメもとで門扉を開けて軽く誘導すると、なんと道路まで出ることができたのです。

嫌がる素振りもなかったので、目標を隣のコインパーキングの角までに設定。
リードを引くと自分から歩き出しました。

運よく人も車も通らなかったのでパニックにもならず、いぶきお得意のビビリウンもありませんでした。

目標のコインパーキングの角の手前5~6mのあたりでいぶきが家の方をふり向いて戻ろうと歩き出したので、
無理をせずそのまま帰宅しました。

ほんのわずかの、とてもお散歩とは言えないような距離でしたが、久しぶりに道路を歩くことができました。

帰宅して玄関でおやつを差し出すも食べられず。(そりゃそうだよね)
興奮しながらも足は拭かせてくれました。(いぶき、エライよ!)

帰宅後のいぶき



その後、ゆな・咲歩と庭で遊び、ブラシをかけ、おやつを食べ…
夕方、サロンのお姉さんに爪切りや肛門腺絞りなどをしてもらい…と、
盛りだくさんの一日でした。



いぶきのお散歩練習、これからもいぶきの反応をみながら続けていこうと思っています。
もしいぶきがひどく怖がるようであれば一時中止し、また後日ふりだしから始めるつもりです。

いぶき、一緒にがんばろうね♪




外遊び中のいぶき
コメント (4)

ご機嫌です

2012年10月16日 | いぶき
いぶきが穏やかな顔をしていると嬉しい。




いぶきがご機嫌だと嬉しい。








哲が散歩に行っている間はフリーで過ごしているいぶき。




少しは気分転換になっているかな?






いぶきもお散歩に行けるようになるといいのにね。


コメント

めずらしい組み合わせ

2012年10月15日 | あずき・とん
あずきととんが一緒のベッドで寝ています。

喧嘩することもなければ、一緒に遊ぶこともないあずきととん。
このふたりがこんなふうにくっついて寝るのってとてもめずらしいんですよ。



とん、ベッドから体の半分以上が出ちゃってますけどね^^
コメント

病院通いが続いています

2012年10月14日 | とん
最近ずっと病院通いが続いています。


今日はとんが病院に行ってきました。



本当はワクチン接種のために病院に行ったのですが…。

9月2日マザー牧場で怪我をしたとんの左後足の傷がまだ治っていなかったのです。
1ヵ月以上経っているのに治らないのは傷の中に異物が残っているからかもしれないということで、
チューブを入れて傷を洗浄してもらいました。

しばらく抗生剤も飲むことになり、ワクチン接種は延期になりました。

一旦傷が治ってもしばらくは安心できないようです。

そのままずっと傷が悪化しなければOK。
一度治ったと思われた傷がもしまた悪化してしまったら、
その時は麻酔をかけて異物を取り除かなければいけないそうです。


地面に着く場所ではないのにどうしてここに傷ができたのか不思議です。


このまま傷が治るといいのですが。
コメント

涼しくなって

2012年10月11日 | とん
だいぶ涼しくなりわんこのお散歩も快適な季節になってきました。

暑い時期は体が辛そうで、歩くペースがとても遅かったとん。
だいぶ足取り軽く歩くようになりました。







実家の父は昨日まで止血剤入りの点滴を受けに外来に通院していましたが、
おかげさまで今日から点滴をしなくてもよくなったそうです。

これで娘の私もひと安心です。

コメント (2)

あずき姐さん

2012年10月10日 | あずき・いぶき
あずきといぶき




このふたり、上下関係がはっきりしています。

体の大きないぶきも、あずきには敵いません。

いぶきがあずきのお尻をクンクンでもしようものなら、
「何するのよ!(怒)」とギャンギャン怒られてしまいます。

このふたり、性別が違うから上手くいくのか、今までの関わり方の違いなのか、
わんこの相性というものは難しいですね。





コメント (2)

帰省

2012年10月07日 | お出かけ
日帰りで福島の実家に行ってきました。

4日の夜、福島に住んでいる妹から、自宅療養中の父の体調に異変があったと連絡があったのです。

その日、主治医から入院を勧められた父は「犬がいるから」と点滴だけ受けて帰宅してきたらしく、
「入院しろと言われるからもう病院には行かない!」
「今度入院したらもう退院できないかもしれないから。」と病院に行くことさえも拒んでしまいました。

一度決めたら絶対に考えを曲げない頑固な父。
何とか外来にだけでも通わせなければ…ということで、妹から主治医に頼んでもらい、
できる限り外来で点滴などの処置をしていただけることになりました。

ここしばらくの間ずっと実家に帰省していなかった私。
しばらくぶりに父の顔を見に福島に行ってきたというわけです。
本当は今日は夫の予定が入っていた日なのですが、
父の容体が悪いということで予定をキャンセルしてわんこたちと留守番してくれました。
感謝感謝です。



郡山駅の在来線
 


新幹線を降りたらこの電車に乗って実家に向かいます。



電車のドアはこのボタンを押して自分で開けます。


乗ったらボタンを押してドアを閉め、降車時も自分で開けます。



実家に一番近い駅に到着
 

ここから更にタクシーで約15分。
のどかな田園風景が広がります。


実家の前にある小学校。


残念ながら曇っていて安達太良山が見えませんでした。


12時半、実家に着くと父は留守。
病院に点滴をしてもらいに出かけているようです。
連絡せずに行ったので仕方ありません。

しかし、待てども待てども帰ってきません。
もう3時間半待ちました。
父の携帯は父が使う時しか電源を入れないので全く役に立たず。
途中で妹がやってきて、一緒に待つこと30分。

16時半、ようやく父が帰宅しました。
病院の帰りに寄り道してきたそうです。無事に帰ってきて良かった。

以前に比べるとだいぶ痩せて顔色も悪いようですが、思ったよりも元気そうでホッとしました。
先日の異変も点滴のおかげで症状がおさまったようで一安心。

しかし、持病を抱えている父ですから、今後もいつ何があるかわかりません。

すぐに駆けつけることのできない距離なのでとても心配なのですが、
とりあえず今回は回復傾向にあるようなので良かった~。



私の留守中、パパを困らせていたいぶき。
私が帰るまでご飯も食べず、ずっと吠えていたそうです。



これだから日帰りするしかないのですよね。



















コメント