尺八・土笛演奏家 山崎箜山(やまさき こうざん)

都山流竹琳軒大師範、都山流講士・検定員。日本音楽家ユニオン会員。津軽三味線「吉田兄弟」の尺八担当。北九州市小倉南区在住。

8月の予定

2017-07-30 06:30:00 | 日記
暑中お見舞い申し上げます。随時更新しますので、よろしくお願いいたします。

8月3日(木)18:00 リーガロイヤルホテル小倉(北九州市小倉北区浅野)「北九州島根県人会総会・懇親会」

8月5日(土)13:00、6日(日)10:00 姫路キャッスルグランヴィリオホテル(姫路市三左衛門堀西の町)「平成29年度 都山流夏期講習会」

8月8日(火)19:00 三木屋カフェ(北九州市小倉北区魚町)「LIVE〜日本の美〜vol.34」

8月11日(金・祝)11:00 菊川ふれあい会館アブニール(下関市菊川町)「筝友会 合奏研究会」

8月26日(土)18:30 ケイトミュージック・カフェ(北九州市小倉北区大門)「甲虫再生IIライブ2017〜またもやポール師匠来日記念〜」

8月27日(日)14:00 そぴあしんぐう(糟屋郡新宮町)「日高美佐ピアノ教室発表会」

8月30日(水)13:30 前津江小学校(大分県日田市前津江町大野)「あすなろコンサート」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

甲虫再生IIライブ 日付訂正

2017-07-27 05:30:00 | 日記
甲虫再生IIライブ2017〜またもやポール師匠来日記念〜

8月26日(土)18:30〜ケイトミュージックカフェ(小倉北区大門2-3-6)、前売2500円(要ドリンクオーダー)。今年もビートルズのレア曲やうんちく話(!?)、ポール師匠のコンサートレポなど満載でお届けします。

北九州ミュージックプロムナードのガイドブックp.9に掲載されている日付が違っておりますので、お詫びして訂正いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニライブ@ギャラリー・アモローソ

2017-07-26 06:00:00 | 日記
石川からの帰りに、広島市のギャラリーにてミニライブ。吉岡箜真さん(尺八、sax)、吉岡かつみさん(Pf)とご一緒です。

こちらのギャラリー、ジャズ好きの吉岡さんご夫妻が最近オープンしたばかりで、今回が初ライブとのこと。さまざまな絵画作品群に囲まれ、とても響きの良いステキな空間です。

まずは尺八独奏「深山ひぐらし」に始まり、土笛「ほたる幻想」やピアノとの「炭坑節」「リンゴ追分」、尺八二部合奏の都山流本曲「八千代」などを次々とご披露。最後はピアノ、サックス、尺八のトリオによる「Take Five」でお開き。

場所は広島駅新幹線口から徒歩7分という便利なところ。常時ではなく展示会開催中のみオープンしており、今後も不定期に個展やライブなどを開催するそうです。

ご来場のお客さまとお声がけくださったご夫妻に感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

派遣講習会 in 石川県

2017-07-25 06:00:00 | 日記
金沢市のお隣、白山市の松任学習センターにて、流派の派遣講習会。

石川県、富山県、福井県の三県合同開催ですが、中には岐阜県からの受講者もあり、全部で49名もの会員諸師がご参加。会場のライブシアターは階段式の客席でテーブルがなく、受講に際してご不便をおかけしましたが、朝10時から夕方4時まで課題曲「慷月調」の拙い講習にお付き合いいただきました。

毎回冒頭で基本奏法などの解説を行なっていますが、今回は特に土笛も紹介してほしいというご要望があり、途中で弥生時代の復元品と横笛タイプの土笛を解説、演奏披露。

一日中雨模様の蒸し暑い気候の中、お集まりの皆さまに感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出前ミニコンサート@天神山公民館

2017-07-24 08:00:01 | 日記
春日市の天神山公民館にて、春日市ふれあい文化センターによる音楽の玉手箱・出前コンサート。お筝の宮本直美さんとご一緒です。

この日はちょうど夏休みの初日ということで、地元の小学生の皆さんと校区の方々との恒例の交流イベントの一環。「夏のうた(茶摘み、夏は来ぬ、海、夏の思い出)」に始まり、土笛ソロも挟んで全5曲の予定でしたが、途中でアニメ曲「君をのせて」を追加して全6曲をご披露。最後は「荒城の月」でお開き。

私たちはそのまま失礼しましたが、コンサート終了後は工作教室やそうめん流しなど楽しい催しが目白押しだったようです。楽しい夏休みの思い出の一つに和楽器も加わってくれることを願いつつ、ご縁に感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さまざまな命の物語 2017 福岡公演

2017-07-18 06:00:00 | 日記
志免町のシーメイトホールにて、シンガーソングライター・野田かつひこさんの命のコンサート、今年の千秋楽。村上勝敏さん(B)、児島雅子さん(Perc)、濱田治さん(Tb)もご一緒です。

11年前に始まったこのコンサートは今回、長年難病と闘い続けて今年2月に天に召された吉河日出子さんの追悼公演となりました。そのため開幕前には、地元のゴスペルクワイアOVGによる賛美歌のオープニングアクトも。

本編は野田さんソロによる新曲「ありがとう(吉河さん)」を幕開けに、吉河さん作詞の終曲「ふしぎ」まで全12曲。ありがたくもアンコールをいただきましたが演奏はせず、最後に野田さんのご挨拶で5年後(!?)にこの会場で再会することをお約束してお開きに。

11回目にして初めて吉河さんのいないコンサートはやや寂しい気もしましたが、会場のどこかで常に吉河さんが見守ってくださっているような、文字通り「ふしぎ」な感覚でした。

この日も猛暑の中、ご来場くださった多くの皆さまに感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さまざまな命の物語 2017 鹿児島公演

2017-07-16 05:30:00 | 日記
先日の熊本公演に続き、鹿児島市のかごしま県民交流センターにて、シンガーソングライター・野田かつひこさんの命のコンサート。バイオリンの藤松純子さんもご一緒です。

梅雨明け直後の猛暑の中、市内はもちろん離島などご遠方からのお客さまも多くお迎えして、一年ぶりの鹿児島公演。開幕曲「ふしぎ」から、やはり尺八独奏も挟んで終曲「リンドウの花」まで全14曲をご披露。アンコールをいただいて「朝鮮通信使」、そして離島である三島村のテーマソング「三島が大好き!」を演奏して、2時間以上に及ぶコンサートは無事終了。

終演後は、ご常連の野田さんファンの方々と交流会。市内の居酒屋で焼酎をいただきながら、夜遅くまで盛り上がりました。

この日もご来場の皆さまに感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さまざまな命の物語 2017 熊本公演

2017-07-10 06:00:00 | 日記
熊本市の平成音楽大学サテライトステージにて、久留米のシンガーソングライター・野田かつひこさんによる、毎年恒例の命のコンサート。濱田治さん(Tb)、市原朋奈さん(Acc、平成音大4年生)とご一緒です。

熊本公演はこれで9回目となりますが、去年は震災で中止となったため2年ぶりの開催。今回初めて、平成音大の杉浦杏子さん(Vo)&柴田あす香さん(G)のお二人がオープニングアクトを務めてくれました。

本編は野田さんソロの「ふしぎ」に始まり、尺八独奏を挟んで全13曲。能楽を題材にした「井筒」や熊本に因んだ新曲「音楽家になりたい」「リンドウの花」も初披露。終曲のあとはアンコールをいただいて「朝鮮通信使」と「夏色の思い出」でお開きとなりました。

終演後、毎回お手伝いしてくださる熊本保健科学大学「Lovers」の皆さんと共に記念撮影。この日もご来場の皆さまに感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビートルズを貴方に in 鳥栖

2017-07-03 06:00:00 | 日記
佐賀県鳥栖市の名刹・昌元寺にて、地元の団体・カサブランカの会主催のコンサート。響ホール室内合奏団の加来洋子さん(Vn)、友松愛さん(Vla)、関原弘二さん(Vc)とご一緒です。

今回で7回目という、このコンサート。昨年、鳥栖市民文化会館での公演をご覧くださった同団体の方々が、今度は同じ内容を違う会場で開催したいということから実現。会場の大広間は160名ものお客さまで、開演前から熱気が溢れます。

まず弦楽トリオによる「ラベンダーの花」の後、借景となっている庭園の中央で尺八独奏「鹿の遠音」、大広間に移動して和洋カルテットによる「抱きしめたい」など、ビートルズを中心とした曲目を次々とご披露。終曲「GSメドレー」の後、アンコールをいただいて「情熱大陸」で2時間近くに及ぶコンサートはお開き。

終演後は、その場で懇親会。お世話役の方々と杯を重ねつつ、和やかに賑やかに語らいのひとときを過ごしました。ご縁に感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レコーディング in 博多

2017-07-02 06:00:00 | 日記
博多駅近くの福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センターにある録音スタジオにて、レコーディング。以前から時々ご一緒している音楽プロデューサー・堤秀樹さんの作品に音入れです。

わずか1分半という、山口市をPRするための映像作品。あらかじめ尺八の部分もメロディーが作られていたので一応それを生音で再現したのですが、いろいろ試した結果、最終的に映像の雰囲気とその場の気分によるアドリブ演奏が採択されて無事終了。

完成した映像作品は、JAL機内やサッカースタジアム(!?)などで流れるとのこと。いつになるのかわかりませんが、もしご覧になる機会があれば尺八の音にご注目くださいね(笑)。

今回もまたまたお声がけくださった堤さんに感謝!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加