葉山の海と森

葉山町の自然と日々の暮らしのスケッチ

検事長辞任(素人の勝手なストーリー)

2020-05-22 13:55:54 | Weblog
おもしろすぎる展開になってきた。黒川検事長辞任である。笑ってしまうのは賭けマージャンを産経、朝日の記者とやっていたという事が理由だ。
これを単純な辞任劇と見るか、私はそうは見ないで素人探偵としてはこんなストーリーを考えてみた。

あまりにも早くしかも電光石火辞表を出したのは脚本、監督、主演は黒川氏自身でないのかと思うのだ。彼は法務官僚でもあるが一応法律家であり賭博罪の軽重はわかっているのだ。しかも取り巻きであろう記者たちを巻き込んでの自作自演ではないかと思うのだ。これまでの彼の功績によりいわゆる贔屓の引き倒し的な定年延長と検事総長への筋道は無論彼にとっては頂点を目指していただろうことは推測できるが、あまりに安倍政権の横暴さとなりふり構わぬやり方に彼の法律家という矜持と恐らくOBや家族の反対というか何かがあって辞めたいと思ってこのやめるための丸く収まる方策を考えたのではなかろうか。

辞めるにしても検事総長への道筋を作ってくれた政府の顔に泥を塗ることになるので、やめる口実を考え普段からやっている賭けマージャンの軽微な賭博で記者たちを巻き込み、この時期にリークさせたのではないかと思うのだ。聞くところによれば産経の記者がリークしたとの事、今月1日にやったことをすぐに文春に裏を取らせる、しかもハイヤーの件まで証拠を出しているというのは人を貶めるような手口でないような気がする。

自ら軽微な賭博罪なら検事長という立場であればどの程度の罪で後の人生に被害が少ないというストーリーは描けると思うのだ。ここで検事長が賭博で辞任という表面上の現象だけで捉えてはいけないと思うのだ。野党は首を取ったと次は法相も辞めろと言ってくると思うが本質を見誤ると真相の解明が出来なくなる。おそらく彼は懲戒免職を覚悟でリークさせて退職金がパーでも今後稼げる目算があるので腹をくくったのだと思うのだ。
やったやったと喜ぶのではなく『任命責任は私に在ります』という人が一向に責任を取らない国に住んでいる国民こそが不幸なのだ。

以上、素人の見立てですが如何でしょうか?
コメント

国の実力コロナが露呈

2020-05-19 13:31:45 | Weblog
一月より始まったコロナの蔓延がいみじくも国の実力、政治家の実力のリトマス試験台となった。
ここでは医療の事はさておいて、第一に10万円支給の遅れである。マイナンバーカードを持っている人は早くて、紙申請は時間がかかるという触れ込みが全く逆になっているとの事。
如何してこんなん事になっているかというと申請後の第2段階で住基台帳と人が突き合わせてい居るとの事、紙申請の方が一目で確認できるとの事、なんだこれはと不思議でならない。

カードを作るという事はそれに伴うサブルーチンがぶら下がってこなければ何も役に立たないのである。つまり財務、厚労、総理府関係、又住基ネット等との相互乗り入れは当たり前なのでパソコン黎明期からに業界にいたものとしてひっくり返るほど驚いている。つまり儲かったのはメインルーチンを作ったソフト屋とカードメーカーだけで国民が何の恩恵も受けなかったという事である。(本人確認は健康保険証、自動車免許証、パスポート、学生なら学生証、会社員ならIDカード、住民票など一杯ある)

例えば銀行やクレジット会社などは会社の利益のため秘密の順守や会員を増やすことに日夜苦心しているのでカードを入れればお金はすぐに出てくるし、買い物すればカードですぐ品物が手に入る。一方、国はそのカードを作るという事だけでICTをやっているという自己満で終わっているのである。15%しか普及していない原因は国民がメリットを感じないカードを作ったことであり政治家のよく言うグランドデザインが全く無いからである。確実な秘密順守を国民に納得させる事、つまり政権の信頼度を上げる事。海外のICT事情を検分せよとおもう。

日々安倍さんの顔色が悪くなってくるのを見ながら、ポンポンが痛くなって早くおやめになりお茶をを飲みながらくつろいでご夫人と星野源さんの歌でも聞いているのが良いと思う我ら庶民の自粛生活である。

『10万円マスクと共にいつ来るの』貧乏子
コメント

どさくさまぎれで定年延長

2020-05-11 13:28:13 | Weblog
腹が立つことの続きになってしまうが東京高検の検事長の定年延長について各界著名人が声を上げて異例の盛り上げている。アメリカのように政治のスタンスがはっきりするような傾向が出てきたことは良い事だと思う。私は前からこのブログにおいて能力のある人がリーダーになるべきと言っていたがコロナのおかげで、危機管理や想像力不足の無さの現政権は即刻退陣するべきとこのツイッターには大賛成である。

リーダーの要件は平時において危機管理の準備ができ、事が起きた時に素早く対応ができる能力を持つことである。3.11の東電事故に関しては菅氏が首相であったがあれに匹敵するかそれ以上のドタバタを演じている今の政府である。この原因は究極的には国民が選んだ責任があるが企業経営の見地から見れば全く幼い対応だ。原因として考えられるのは現場経験がない人たちが中枢にいるという事だ。菅氏にしても社会活動の経験者であるが組織を動かすという経験がなく、阿部氏にしてもサラリーマンから父親の秘書をして本当の意味で現業を知らない。

これを機に総理には数学脳や科学脳を持った人を選ばなければ合理的かつ正当な判断ができないと思う。無論人間性もあるし人生観も必要だが、少なくても1億2千万人のリーダーは良く精査し国民審査を経た人を選ぶべきだ。二世や係累の世襲は禁止して国会議員入試などを行うのも必要かもしれない。いずれにしても今行われようとする暴挙を止めなければと思います。

国民をこれ以上馬鹿にしないでほしいのだ。 先にツイッターに投稿した一句『コロナ禍で行方知らずの余多あり、モリカケ桜検事特例』
コメント

腹の立つこと

2020-05-05 11:30:28 | Weblog
最近腹が立つことが多くなってきたような気がする。無論コロナウイルスのせいでもあるが、ここは葉山では感染者は3人という事で落ち着いているようだし、保育園や学童も休日以外は稼働しているようでほぼ安心ということが出来ると思う。

只、政治の世界でいえば腹立たしいことおびただしい、はっきり言えば危機管理能力が全くない。自分の言葉で話さず、作文を読むがごときの演説で自己満足しているようである。
最近は読売も産経も政府批判をするようになったのも面白い現象であるし応援団が無くなった政府の対応を楽しみに見ている。民間の企業でいえば雇用を守るとか下請けさんを守るとかいうのは死活問題に直結するので経営者は夜も眠れず腐心するのだが安倍首相以下そんな気配も見えないし、御用学者と官邸官僚の操り人形でしかないのは国民の不幸を楽しんでいるようにしか見えない。最大のドカンをぶつけたい‼

もう一つ腹の立つこと、京浜急行の馬鹿さ加減新逗子駅を『逗子葉山駅』と改名した事。葉山住民としてはバッカじゃないかと思う次第だ。昔は京急逗子駅と逗子海岸駅という距離は短かったが二つ存在していたが、京急新逗子駅となりそれなりに定着していたので変える必要もなかったのにおそらく『葉山女子旅切符』の成功で葉山で売れるとこれも勘違いをしたものだとおもう。横須賀秋谷も南葉山と宣伝しているが、湘南と名がつけば大磯から三浦半島までと同じ感覚で京浜急行の良識を疑って腹立たしい限りである。

そのうち電車を通すなどという暴挙に出ないとも限らないので、今の適度の不便さと良い環境を守るためは公共看板である駅名を即座に『京急新逗子駅』に改名してもらいたい。
コメント

鎌倉懐古 16

2020-05-02 15:54:28 | Weblog
新型コロナの影響でどこにも出かけられず散歩は良いとのお墨付きがあったので鎌倉まで行ってきました。むろん人込みを避け、人のいる所を避け山歩きをしました。西口を出て御成トンネルを越え佐助トンネルの大仏大谷戸の交差点を右折して山道に入り(倒木のため立ち入り禁止の看板)つづら折りの階段を20分ほど登り、振り返ると由比ガ浜の海が見える所で小休止。
鎌倉駅を出てすれ違った人は10人といなかったので罪悪感はなかった。昔、ボーイスカウトのリーダーをやっていたころにはよく通った大仏ー葛原が岡のハイキングコースを数十年ぶりで歩きました。右下には佐助稲荷、歩きやすい小径は子供連れのママさん一人と出会うだけでした。
2キロのショートハイキングコースが外国人にも親しまれているとの事、コロナ禍後には森林浴を味わってほしいと思います。

葛原が岡の日野俊基卿を祭る葛原が岡神社に久しぶりに参拝。きれいになった神社、ハリス幼稚園や御成小の時の遠足にきたこの丘は広く大きく感じていたが、今は適度の広さときれいなトイレの整備がされ気持ちの良い空間になっていました。新緑の候、おすすめかもしれませんがこれもコロナ後ですね。

以前小町に在ったスナック『との山』のお花見を毎年やっていた源治山公園を経て寿福寺経由で下山したが、この間12000歩程度3時間弱の鎌倉散歩でした。
時間は4時半、帰りに一杯やるので常でしたがこの時期知り合いのスナック『山山』などはお客様大事でお休みなのでアルコール抜きで帰宅、誰とも喋らず無言の鎌倉懐古でした。
コメント

葉山は静かな町になった。

2020-04-25 17:11:33 | Weblog
さすがに小池さんの『Stay Week』が効いたのか国道はガラガラ、海岸は強風もあってほとんど人がいなかった。段々本当の怖さが身近になってきたせいだろうか。公園の駐車場が閉鎖になって人の動きが先週より90%は減ったように思います。静かな葉山が戻ってきたので老人には有り難いが経済の現場にいる人たちを思うと心から心配になるが、それ以上に医療現場の人たちには頭の下がる思いだ。何もできずにいる年寄りはただ祈るのみだ。

今更政府批判しても仕方がないが、まずは現状の政権で頑張ってもらうしかないのが現状ではあるが『歴史に残る危機管理なさ政権』として記憶されるであろう。普段の人間としての誠実さや国民に対する愛情と信頼感などが無い故に国民が従わなくなっているのは今回の件ではっきりしたと思うので、今度は我々の民度を上げることが必須と思います。
この際、大連立政府を作ってこの国難を乗り切るのは如何だろうか?反対ばかりの野党ではなく、賛成ばかりの与党でなくしっかり議論を国民に見せるいい機会だと思うのだが皆さんに聞いてみたいものだ。とにかく静かな葉山で嵐の過ぎるのを待とうと思っている。皆さん気を付けてお過ごしください。
コメント

Stay Home

2020-04-24 17:52:16 | Weblog
小池都知事が度々口にしていたのが『StayHome』という言葉で思い出したことがあるのでブログを書く気になりました。

この言葉は小学生の時に見た映画の中で必ず主人公が家に帰ると電話をかけて名前を言って『StayHome』というのです。これは1955年の映画でジェームス スチュアート主演の『戦略空軍命令』という映画で空軍中佐である彼が家に帰ると必ず軍に報告するというシーンでこの言葉が初めて覚えた英語のフレーズでした。子供心に軍隊は厳しく何時いかなる時も所在をはっきりさせておくというのだなと印象深く記憶していました。

今、70年前に覚えたこのフレーズを聞いて軍の中に身を置くような感慨を覚えます。日本国民がすべて軍人となり今私は『StayHome』と目に見えない敵と対峙するという覚悟を持たねばならぬと考えております。今、苛め抜いた地球からしっぺ返しをされているような気もしている毎日ですが、『StayHome』と『Save Lives』を遵守しましょう。 
コメント

おめでとうございます。

2017-01-04 13:02:41 | Weblog

明けましておめでとうございます。

半年ぶりに時間ができての更新です。昨年の後半から新しい機械の開発が始まり時間の余裕がなく、書かなければと思いながらも忸怩たる思いを持ちながらの半年でした。

東京では小池都知事の登場、それに伴う豊洲やオリンピック問題、国政では相変わらず阿部ちゃんの独演会、世間ではスマップ解散、覚せい剤、おまけにトランプ旋風と情報があふれ出て何を信じていいのやら住みにくい世の中になったものだとくたびれた半年でした。

箱根駅伝が終わってやっと正月が終わり今年の決意を少し記したいと思います。先日近くの万福寺の門前に書いてあった印象的な言葉で、自分が生まれて来るには父方、母方両方合わせて200万人以上の先祖がいるという意味の事が書いてありました。

暇なので父、祖父、曾祖父、高祖父など紙に書いたら10代遡ると100万人を超える先祖がいるという結果が出ました。つまり母方を加えると本当に自分の存在には200万人以上の先祖がかかわっているのだと実感しました。

だから、自分の命は自分だけのものではなく自分に続くものに対する責任があるのだという自覚が湧いてきました。福島から避難した中学生がいじめにあったという記事を読んで怒りが湧いてきたのは自分だけではないと思います。でもこの中学生はえらい、亡くなった多くの人たちの為に自分は生きるといじめられても決心したという。こんな素晴らしい子供を持った親御さんは世間と是非戦ってほしい。心情的な応援と祈りしかできないが多くの人がバックにいることをわかってほしい。

環境の良い葉山という所に住んでいることに改めて感謝したいし、これからこの国を作っていく若い人たちを育てるためにも、老齢者は多少の我慢をして若い人たちへの環境を整えてほしいと思っている。只、どうしようもないバカな若者もいるのでこれらには厳しくして日本人の常識というものを再構築したいと思っている。

今年は健康に注意をして新しいことに挑戦しようと思っています。新しい機械の開発をしてマスタベーションではありますが、世に問いたいと思っています。70歳過ぎてからの挑戦をお見せしたいと思います。

皆様のご多幸をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

これでいいのか日本

2016-07-18 15:32:13 | Weblog

一寸大仰な言い方ですが、本当にこれで良いのと皆さんに問いたい。参議院選挙も終わり、今は都知事選挙にマスコミは大方の時間を割いている。おととしの暮れの衆院選挙の時に私は危機感を持って、子や孫が戦争に駆り出される危惧をもって野党に投票したが、またしても参議院選挙において2/3の憲法の発議に必要な当選者が与党に多くなり、これで何でもできる政治体制が出来上がってしまった。

若い人たちに言いたい、『おい、本当に選挙権をもらえたのにこれで良いの?』と、確かに経済問題、保育園問題、老齢化問題など大切な問題は沢山あるが、これらを前面に押し出して本当の根っこにある部分を隠して、つまり国民をだまして選挙に臨んだのだ。私は40年以上もの造りの現場に居たから経済の大切な事は十分に分かっているつもりだ。我々が社会に出た昭和40年代は高度成長期のイケイケどんどんの時代であったから、仕事に集中してさえしていれば何とか食ってはいけた時代ではあったが、それはアメリカとの安全保障条約により、安心して仕事に集中できたからであった。そして今の日本の骨格ができ、肉が付き世界に冠たる国力が実力としてついたのです。

ところが2001年9月のNYのテロ以来全く、世界の構造が変わってしまい、悪い方に悪い方にと歯車が回り始めたのです。国内でいえば小泉改革以来経済重視、アメリカ重視、後進国軽視の風潮がはっきりとして日本としての外交、経済、文化、など金をかけずにできる全方位の対外政策が全くと言っていいほどできていないのです。

追い打ちをかけるように東日本大震災で民主党の体たらくにより、屋台骨がまたまたぐらついてしまったのだ。政治の劣化が国民に伝播し、この国の民度の低さが露呈される結果になったのではないのでしょうか?金の問題の二人の知事、その前は声だけでかい作家知事、政治資金規正法に違反していなければ不適切という言葉でオブラートでくるみ実態が究明されないザル法をそのままにしている議員たち。これでは国民は選択肢もなければ入れたい人が出てこなくなり、個人個人が我が道を行くというアメリカ式個人主義が跋扈する世の中になって当たり前です。

これから必ず二枚舌の阿部ちゃんは憲法改正を言い出すでしょう。大きな公約でなかったものが最大の焦点になりこれからの若い人たちを縛り始めていくことは自明の事だと覚悟をしてほしいのです。あの時投票しておけばという後悔をするだろうと予言をしておきたいと思います。三遊亭圓楽が浮気をしてなぞかけで『航海(後悔)の真っ最中』と返した、それとはまったく違うことを思い知って欲しい。

人生は後悔の連続だが、自分の人生を時の政府が変えようとしているのに権利放棄で将来泣きを見るようなことにはなって欲しくないので、若い人たちには本当に『これで良いのか日本』と問いたい。就職することが人生の目的ではない事、愛する人と生活するにはお金がいることは十分に分かるが、価値観を少し変えるだけで人生の見え方が変わってくるのではないだろうか?私はあと数年で仕事を辞めようかとも思っているが、毎日新製品の設計を考えているし、自分でものづくりをやってみたいと思う人には会社を譲ってもいいと思うほど、生きるという事の意味を考え始めている。

どうか想像してほしい。愛する子や孫が徴兵によって人殺しの訓練を受けるなどという事を。海外でテロで亡くなった人たちにも家族はいるのですから、またテロリストにも母親はいるわけです。一度しかない人生を政治家に翻弄されることを想像してください。いずれ戦争法案は通るでしょう。私も専守防衛ならば自衛隊だろうが、防衛軍だろうが構わないが海外派兵までする、この政権のやり方には承服できないと思ってます。

若い皆さん!年寄りは我慢できます。食べるものは少なくても、物はなくても文句は言いません。皆さんの為なら我慢をします。だから勉強してください、よく遊んでください、本を読んでください、本物を見分ける目を養ってください。スマホで繋がらず会って議論してください。人と会って会話して人間関係を作ってください。この国を背負って立つのは皆さんなのですから。最低限の権利行使をお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

鎌倉懐古15

2016-07-18 14:28:37 | Weblog

ここのところ忙しく鎌倉懐古も休みがちでしたが、6月に長兄が急逝し一段落したので今回は小町から材木座にかけての観音巡りを交えて少し思い起こしてみたいと思います。

私と六歳違いの兄は長男であるが故に爺さん婆さんに猫っ可愛がりされて育てられたそうで、昔の家父長制度では長男は本当に優遇されていました。年が離れていたので比較的喧嘩などはしなかったが、わがまま放題の兄であったのはなくなるまでは治らなかったが、比較的我が家の4人兄弟は仲良く、両親が亡くなっていても小町の家に集まっていたものでした。今は二階堂に引っ越しているが実家を呼ぶのに『小町に行ってくる』という言い方は今もって常套句であり、小町という響きは我が家にとっては誇りで今でも子供たちも使っている。

父の会社を継がず、自分で電気工事屋を立ち上げて、鎌倉中を駆けずり回り、三菱や関特鋼などの工場施設、消防施設など外での仕事に頑張ったようである。義姉によれば10kg以上の腰道具をぶら下げていたので腰の骨が変形していたようである。人生の終焉で女房と子供に感謝の気持ちを伝える間もなく、救急車で湘南鎌倉照合病院に運ばれてその日に逝ってしまったというまことに潔い、家族思いの逝き方であった。人生棺を蓋いて定まるといわれるが、まことに見事であったと思っています。

そんなこんなで、朱印巡りが中々進まないのだが、やっと半分までたどり着いたのであと半分は今月から、来月にお参りし9月には円覚寺の最終寺院まで頑張ろうと思っている。皆さんは鎌倉は禅寺か日蓮宗が多いと思っていると思いますが、私も認識不足を感じているところです。と言いますのは意外と時宗が多いのです。藤沢の遊行寺は有名ですが時宗の総本山である同寺は鎌倉に末寺を沢山持っていたのです。

こじんまりとしたお寺が多くて和尚が会話しながら、朱印帖に書いてくれるお寺もあれば、ハンコで済ますお寺もあり、信仰に対する姿勢などもわかるので、是非涼しくなったら三十三観音巡りをお勧めする。ここまでで私の好きなお寺は時宗の西御門の来迎寺、『魚籃観音』の別願寺、お大師さんの補陀落寺、光明寺塔頭の蓮乗院などで和尚の達筆さが光っているのです。(運が良ければ光明寺の本殿でピアノのライブも聴けます)

あと十三カ寺残っているので萩の季節までに結縁したいと思っているので、これをお読みの皆さんに手ごろなレジャーと思いお出かけ下さい。歩きながら鎌倉の老舗巡りも面白いので、にぎやかな通りだけでなく、材木座方面の一寸さびれた感じの食堂やお店に立ち寄るのも一興と思いますので、これもお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント