続・黍生山の村夫子(きびゅうやまのそんぷうし)

黍生山の村夫子が「蜂を追いかけた」とか「山が笑った」とか言ってます。

トリトンが見えた

2023年02月05日 04時18分28秒 | 日記

昨日の続きで1月28日(土) 黍生山林道出合いまで登ったところからです

 

林道出合いの水溜まり あの氷の上に更に氷が出来たようです

今度の氷は雪交じりだったと見え 曇ガラスのような良い感じの氷です

 

周囲の木々が積雪でキレイですが陽が当たり溶けて落ち始めました

 

林道出合いから上の登山道も雪が迫っています

 

座禅石の下からは日当たりが良いので登山道の雪は溶けてます

 

座禅石から寧比曽岳ですが寧比曽岳の山頂に雲が掛かっています

 

再び登山道に雪が出て来ました

 

山頂下の雪は払わずにそ~っとして置きました

 

山頂下に出ました

 

副郭のベンチは雪に覆われています

 

山頂に上がると既に5人くらいの先客が有ったようです

 

9時57分 山頂の気温は-3℃

 

眺望はイマイチ

 

伊吹山は半分雲の中

 

養老山地や鈴鹿山脈は見えませんが南西の名港トリトンが見えました

 

ベンチの雪かきをしました プラスチックなので陽が当たれば直ぐに乾くでしょう

 

寧比曽岳遠望

 

ズームすると山頂は未だ雲の中

 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雪の黍生山へ

2023年02月04日 04時18分28秒 | 日記

1月28日(土)の黍生山です

 

風通しの良い所に咲く梅 今日は見失いませんでした

 

陽だまりの梅 花が減りました 風で飛ばされたのかな

 

昨日は10時から15時まで雪でしたが粉雪だったので幾らも積もりませんでした

それでも何処の屋根も白いです

 

西山も真っ白 融けない内に山頂に行かなきゃ

 

その気勢を削ぐように目と鼻の先に樹上の氷が落ちて来ました

 

前山の尾根道には雪で倒れかけた篠竹が何本も

雪を払っても戻らない6本ほどは切りました

 

西ルート登山口に下りると動物の足跡がイッパイ

 

これはタヌキかな キツネやイノシシ…色々有りそう

 

梅林まで来ると朝日が差し込んでいました 

昔「朝日の当たる家」なんてのが有ったなあ

 

昨日雪が止んだ後葉っぱの雪が融けて落ちたんだろうか

 

共有林の北に向かう登山道です 昨日の雪は東からの雪だったので

右の斜面の陰になった登山道右半分には雪が積もらなかったようです

 

共有林を抜ける辺り 谷の向こうの斜面が真っ白です

 

林道出合いに至る胸突き八丁 両側から雪が迫ります

 

枝に積もった雪を杖でたたき落としながら登りました

 

調子に乗って叩いたので結構雪を被りました

 

林道に出ました 

雪を払うぐらいで余り作業をしなかったので今日は大分早く登れました

 

ここから先は木に積もった雪がキレイでした

 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モズでした

2023年02月03日 04時18分28秒 | 日記

昨日の続きで1月26日(木) 黍生山に登っています

 

座禅石から寧比曽岳 比較的クリアに見えます

 

山頂直下 西の方から青空が拡がり始めました

 

11時34分 山頂の気温は0℃

 

藤原岳が存在感を発揮

 

左にモスラの幼虫の藤原岳 右に名古屋の高層ビル群

名古屋の街がモスラの幼虫に襲われそうです

 

左に竜ヶ岳 右に藤原岳 竜とモスラの幼虫の対決です

 

北方向 御嶽山~恵那山は雲の中

 

昼食はまた「どん兵衛のだしカレー」 未だ後2つ残っています

 

寧比曽岳、雪がチラついているかも

 

昼食を終え山頂に戻ると藤原岳が少し霞んでいます

 

気温は0.5℃ 44分で0.5℃上がりました

 

下山です 東ルートを下り始めると樫の葉が沢山落ちています

大寒波の暴風の仕業でしょう

 

前回咲きそうだったアセビ どの蕾だったか判りません

アチコチ撮りましたが結局判りませんでした 大寒波の暴風で飛ばされたんだろうか

 

ヤシャブシもキブシも準備は完了みたいだけど

 

下山して何時もの場所に何時もの鳥 と思ったらジョウビタキじゃ無い

モズでした 最近ご無沙汰だったので鳥だけにもっとトリたかった

 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

氷の温室

2023年02月02日 04時18分28秒 | 日記

1月26日(木) 大寒波の翌日と言うか翌々日と言うか 

新東名の渋滞が解消した日の黍生山です

 

大寒波を恐れて国交省が塩カリをこれでもかと言うほど撒いたので

路面は一見アイスバーン なのに車はブンブン走る

 

おかしいなあってよく見ると塩カリの粒がタイヤに轢かれて路面に貼り付いている

「こんな所にこんなに撒かずに鈴鹿の峠に撒けよ

我が家の玄関にも結構飛んできて居るんです

 

あれっ、風通しの良い場所の梅の花が無い 大寒波の暴風で飛んじゃったのか

(大寒波、当地は雪は薄ら程度でしたが台風並みの暴風でした

 

と思ったら見る所が違っていました あの暴風にも負けず健気に咲いて居ます

 

陽だまりの梅 一寸様になってきました

 

前山の尾根には一昨日の雪が残っていました

 

黍生山に登り始めると積もっていたのは雪というか…アラレ

 

共有林に入ると杉の葉が落ちています 

今年に入って強風の日が続いたので今回は風の割りに落ち葉は少なかったです

 

霜柱

 

共有林のフユザンショウ 葉っぱが萎れちゃってるけど大丈夫だろうか

否、ダメでしょう 良くない良くない

 

杉の枯葉に混じって青い葉も落ちているのですが

 

初冬の頃は蕾の付いた枝が落ちていたんですが 

最近は蕾付きの葉が落ちていません どうしたんだろう

 

林道出合いに至る坂は胸突き八丁 すると目の前にヤブコウジの赤い実

 

林道出合いの水溜まりが凍っていますがおかしな模様

 

氷の下は空洞でこの模様は氷の下側に付いて居ます

 

中央にある突起も下側に付いておりそこから雫が落ちています

つまり氷の下は空洞ですどうやらこの模様は雫と関係ありそうです

氷の下の空洞は上流が凍り水の供給が途絶え溜まっていた水も滲み出してしまったのでしょう

陽が当たっても外気温は低いので氷の表面は融けないけど

下側の氷は空洞が温室になり下側から融け始めたのだと思います

 

↑氷の上流は小さな水溜まりになっており氷の上に水があります

小さな水溜まりなので下まで凍ってしまったのですが 

陽が当たり始め上流からの水が供給され氷の上に流れ込んだのでしょう

 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

身体が重い!

2023年02月01日 04時18分28秒 | 日記

昨日の続きで1月20日(金) 黍生山に登っています

 

11時51分 山頂の気温は5℃

 

西は養老山地さえ見えません

 

名古屋の高層ビル群がこの程度

 

北の御嶽山は霞んでる上に雲が掛かって

 

北東の恵那山、中央アルプスも霞んでます

 

カミは昨日の宮路山でお疲れなのでお休み依ってひとり昼食

楽しみは初の「どん兵衛・だしカレー!」

でも大したことありませんでした どん兵衛にカレーは合わないみたい

大喜びで4つも買っちゃったんだけど

 

副郭のクロモジ 見る度に「動いている!」って思うんだけど

でも咲きそうにはならない 

 

クロモジマジック

この後副郭に下りる階段の整備を始めたのだがどうも身体が重い

なので適当に整備を切り上げ下山することにした

 

昨日あの向こうから見た焙烙山 宮路山~焙烙山の縦走が堪えたのか

 

下山です 新芽がキレイ

 

松ぼっくりの赤ちゃん 考えたらこれって松の蕾ってことですよね

じゃあ松ぼっくりは花弁

 

林道出合いの水溜まり 水が少ないです

後ひと月余りでヤマアカガエルの産卵になるけど 

去年は水溜まりが少なくここで沢山のカエルが産卵したけど干上がってしまい卵は全滅でした

今年も去年のような惨劇になるかも

 

ササユリの実 中に未だ種が残って居ます

 

鹿かな 下山の道が遠い 足が重い 

痛いのなら何度もあるがこんな事は初めて もしかして歳

 

昨日宮路山に書いて有ったコアブラツツジを思いだしました

でも黍生山ではドウダンのような花を見たことはありません

 

何時もの場所に何時ものジョウビタキ 何時ものように逃げました

えっ 足が重いの 帰ったら治りました

 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする