♪高校生のブログ♪柏発信

YouTube=chako3491&「高校生の歴史」

⭕️現在は戦時下です。今は硝煙の臭いのしない「静かなる戦争」です。2021/10/15

2021-10-17 08:10:25 | 彼ら=集団ストーカーの奴隷管理法
⭕️現在は戦時下です。今は硝煙の臭いのしない「静かなる戦争」です。2021/10/15


戦時下ですんで
 偽情報・スピン(目そらし)情報
          があふれています。
気ィ〜つけましょうね。






↓↓↓クローンではありません。
 何?だまされてんですかね?
ーーー 逮捕されてないしゴムではない ーーー
↓↓↓日本や外国や宇宙の動向さまからお借りしました。2021年9月17日記事。
アライアンスからの情報は心理作戦のために流していると思います。どこにでもDSが浸透していますから。ワシントンからのメッセージもそうです。みんなに希望を持たせて大人しくさせておいて彼等のアジェンダを押し進めているだけです。それにトランプは救世主でもなんでもありません。日本人は米国のトランプに頼ることはできません。日本人が日本を良くするには日本人自身が戦わないと。希望的観測の情報に騙されるのはワクチンの嘘に騙されるのと同じメンタリティですね。
大量逮捕はまだできていませんね。日本の政治家も世界中の政治家も殆どがホンモノです。私たちが立ち上がらないと彼等の独裁者ぶりは益々ひどくなります。
彼等はゴムではありません。


ーーー 大量逮捕は姿を隠す(消す)意味らしい ーーー
大量逮捕‼️と盛んに叫んでいる方々がいます。
 多分?彼らの工作員なんでしょうね。
昔は情報が限られていたんで”死んだ”として別の場所で生きることが可能でした。
 現在では”ロンメル死”したと言われている志村けんですが、
     別所で生きているという噂です。
 ロンメルは敗戦の責任で処刑された筈ですが別所で生きていました(白人研究者)。
 ロンメル死は我々の目の前から消える。という意味だと思います。
  大量逮捕は逮捕ではなく”消える”という意味なんでしょうね。


↓↓↓クリントンも逮捕・死刑になった。
 なんて情報が以前からありますがちゃ〜んと生きてます。




ーーー 米国大店法廃止年のウソ ーーー
大店法は1973年に制定されて1993年に廃止されました。
ネットはウソついてます。
最初は
❶2000年6月1日に廃止された。と書いてありました。◀︎何年か前です。
次に現在では
❷2005年5月と書いてます。
Wikiとかが信用置けないのはこういうことです。
1993年に廃止は白人研究者書籍に載っています。
時限法の可能性があります。書いてはありませんが。

ネットの危うさはこういう風に、
1984の
メモリーホール(日本語では焚書です)をやられることです。
デジタル庁が設立されましたが、
     公文書を改ざんするのなんか簡単です。
既に霞ヶ関では何年か前から決裁が電子サインです。
彼らがやっちょることは近未来小説「1984年」以上のことです。
これは他のネット御仁も言ってました。

コロナ分科会の議事録は5月から残してありません。
厚労省ホームページを見れば明らかです。
何回の分科会からかはメモを見なければここには書けませんが、、、
 ↑↑↑ワクチン分科会の議事録は5月からありません。
こんなことがメモリーホール(焚書)です。

ーーー メモリーホール(焚書) ーーー
近未来小説の「メモリーホール」(焚書)です。
過去の歴史を消すことです。
 記憶を(個人・集団)を消すのです。
“現在を支配する者は過去を支配し、
  過去を支配する者は未来を支配する”
ジャック・アタリの言ってることです。
過去三千年間支配して来た。これから三十年支配する。


    ーーー Nazis・ドイツの焚書 ーーー
ドイツ=ナチスではないことに注意して下さいね。
 我々はNazis(つまり彼らです)に攻撃(コロナ禍)されてんです。
 日本人はGHQによって7,200冊メモリーホールされました。
過去の記憶が無くなった民族(民衆)はあやつり易いんです。
 簡単にコントロール可能という意味です。




コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ​メモリーホールとは焚書(ふ... | トップ | ​ロシアもアメリカも中国もガ... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (秀衡 雅規)
2021-10-15 20:01:44
政治家がズボンを後ろ前に履くのはどういう意味でしょうか?
Unknown (Unknown)
2021-10-15 21:49:25
ゲイツ、ゲイツの財団、英国政府、米国政府(要するに全部英国系w)が主導する、電磁波ビームで起こる咳と発熱を、似非検査でウ●ルス感染認定して、なんと、あろうことか、ワクチン利権(ゆく末は遺伝子転換、遺伝子導入技術の利用も?)に繋げようとしていることがわかっているわけですが、この最中、例えばトコスコとかいう世界中の安価な製品を輸入して大ロットで売りさばく店が徐々に浸食してきているわけですが、誰も止めないわけです。
カルワールは止めれたんだから、トコスコも止めろよと思うんですが、間違ってないですよね?
需要がなくなった日本の生産業界はどうなると思います?いま、EUが、グリーンニューディール政策というのを2030年を目途に推進してます。これ、要するに、個々の農業政策をお金(EUですからユーロでしょうか)で買収し、個別の農業政策をとれないようにする、ってことなんです。これがEU域内だけで留まるのならまだしも、他地域への波及が心配です。
Unknown (Unknown)
2021-10-15 22:00:44
>政治家がズボンを後ろ前に履く
コメントありがとうございます。
ネットによるとトランプが最初みたいです。
つまり、トランプの仲間表明を意味するそうです。
トランプは、「我々は目に見えない・表に出ない軍隊がある」
感じのことを昨日あたりに言ったそうです。
とにかくDSとの戦いはアメリカ大統領が全て負けてます。
クリントンも抵抗しましたが途中でバンザイして彼らに従うことにしました。
トランプを表に立てている愛国軍人さま方も慎重です。
ここに来て、決して軍人さま方が優勢だとは私には感じられません。
我々を騙すための情勢かもしれません。
秘密結社同士の戦いとも言えますし、
 妥協が入り込む余地が十分にあります。
BF氏の書籍はある程度?楽観的?ですが、
 BF氏も秘密結社の一員なんで全ては信用出来ません。
コメントさまが、
 かつてのルネッサンスを”カルトルネッサンス”と言ってます。
私は、今回は第二のカルトルネッサンスかな?とも思っています。
また宜しくお願いいたします。
Unknown (Unknown)
2021-10-15 23:08:01
>トコスコ

コメントありがとうございます。

何処に行ってもあるイオンみたいに私は感じます。
アメリカは2005年に大店法を廃止しています。
 地域をバラバラにするという理由みたいですが、
   どうも?時限法だったのか?実験の為だったのか?私にはわかりません?
日本もそうすべきですが、どうにもなりません。
吉田茂の秘密の約束でキーロック法になってます。
ラチェット条項は吉田茂がやりました(研究者)。
また情報、よろしくお願いいたします。
Unknown (Unknown)
2021-10-16 01:59:03
>トコスコ(続きです)
大店法は1973年に制定されて1993年に廃止されました。
ネットはウソついてます。
最初は❶2000年6月1日に廃止された。と書いてありました。◀︎何年か前です。
次に現在では❷2005年5月と書いてます。
Wikiとかが信用置けないのはこういうことです。
1993年に廃止は、白人研究者書籍に載っています。
時限法の可能性があります。書いてはありませんが。

ネットの危うさはこういう風に、
1984のメモリーホールをやられることです。
デジタル庁が設立されましたが、公文書を改ざんするのなんか簡単です。
既に霞ヶ関では決裁が電子サインです。
Unknown (Qは工作員多い)
2021-10-16 09:21:16
私もそう思ってました
Qの人はそっかーさんが多いですし
K軍が助けてくれると言ってる時点でね
あの人達、すぐ都合が悪くなると工作員が亡くなったと言って誤魔化したり、こちらを責める道具にするんですよ

コメントを投稿

彼ら=集団ストーカーの奴隷管理法」カテゴリの最新記事