伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

自分の良心が見てくれています

2011-04-21 10:52:27 | Weblog

・21日00時29分頃地震がありました。
震源地は茨城県沖 ( 北緯36.7度、東経141.0度)で震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は4.4と推定されます。
・21日00時29分頃地震がありました。
震源地は淡路島付近 ( 北緯34.4度、東経134.8度)で震源の深さは約20km、地震の規模(マグニチュード)は3.4と推定されます。

4月21日深夜に、「水戸」近辺の震源が「鳴門」付近を揺らす、同時刻の連動性の地震が起こりました。
また最近では、3月11日の大地震の後の当日の余震のある1回が、中間地域を飛び越えて同時刻に白山近辺を揺らす地震が有ったと私は認識しています。
過去にも、2007年7月16日に京都沖(常神岬あたり)の地下の数百キロ深部を震源とする地震が、瞬時に日本列島をまたいで岩手県沖を震源とする震度5の強地震を起こすことがありました。これは珍しいので、当時のニュースにも成りました。(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20071124

昨夜の「水戸と鳴門の地震」は、意味有りと感じます。そもそもが、4年ほど前のモンジュ原発の在る常神岬(鬼門金神:キモンコンジンである国常立太神:クニトコタチオオカミの聖地)の沖合での地震が始まりです。
昨夜は、逆に水戸から鳴門へと帰ったのです。
これは、4月20日が重要な神界の分岐点、つまり昼夜転換(テンカン)が始まる合図だと受け取りました。
では、いったい何があるのか?
人間の良心(内在神)が、正しく反射を始めるということです。
心にやましい暗いことが有れば、それが自分に現れるし、心に良いことを思えば自分に反射をするのです。

今の学校に正しい道徳を教える機会が少ないことは残念です。
要は、カッコ悪いような道徳心を持つ人間が、生き返り若返り、富み出す時代が始まります。
心に悪事を思う人は、悲惨な体験が始まる暗示だと感じます。
そんなアホな、と思う人は多いでしょう。でも、良いのです。

金光・黒住・天理・・などの宗教は、鬼門神を「人間解釈してしまった」前触れでした。
これからは、すべての人間に「既に内在している」金神様が、人間に発露を始めます。
だから悪事を思えば、自壊してしまうのです。他人の誰も自分を裁いたり、バチも当てません。
自分の心の良心が「決める」のです
自分の良心に沿った生き方が大切に成ります。
だから、他人が見ていようが、何を言われようが、他人の功罪も関係無いのです。
人類は、自分自身の良心と向き合います。ウソや誤魔化しが通じないのです。

今日からは、どんな水を飲む時も、「生かして頂いて ありがとう御座位ます」と思って飲めば、その水が体に良い気がします。
最高の健康な良い水に変化する感じです。
水が飲めるのも幸福なことです。水が飲めない国、無い国が増加しています。
日本も水源が枯れなければ良いなと、今朝に浮かびました。

自分の良心が判定してくれるならば、本当に公平だと思います。
この世で間違って罪に問われても、真相は自分の良心がすべてを知ってくれています。
だから安心して、自分の生活をして生きましょう。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

注意報のまとめ(http://www.geocities.jp/poriporry/m/emergencycom.html

下の三ヶ所のクリックも、毎日宜しくお願い致します。

人類の 5% 運動を広めたいです。
    
応援して下さる方は、この3箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。
携帯からクリック出来ない場合は、
[携帯用画面]
http://www.geocities.jp/poriporry/m/ 
サプリ関係 
http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
生活用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
蒸留水関係  http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_water.html
祭事関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
防災関連用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html

[注意書き]
初めての方は、まずCATEGORYの「初めての方へ」、先祖供養については
BOOKMARKの「短冊と線香による先祖供養ダイジェスト」をお読み下さい。
携帯からアクセスの場合はアーカイブの中にCATEGORYがあります。
私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。
聞きたい時はタイトル名に必ず、質問、と記入してください。
病気や体調については、医師の診断を受けて優先してください。ここでの話は、
あくまでも参考意見です。先祖供養や健康食品の実践は、自己で判断して決めてください。
強要は決して、しておりません。
過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にしてください。


最新著書 「森羅万象4」
伊勢白山道のライフワークの書です。心血を注いだ言葉の織物です。読むだけで変化を起こします。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766784928/isehakusandou-22/ref=nosim


全ての質問と疑問の答えが、この本にあります。
「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766711009/isehakusandou-22/ref=nosim


簡単な表現の文章ですが、強い改善力を目覚めさせる本です。
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4391139154/isehakusandou-22/ref=nosim
修正点です。174ページ4行目の続きには以下の文面が入ります。
「いかないのです。まずは、心に神様を意識して生きましょう。」

コメント (863)   この記事についてブログを書く
« てんかんは改善出来ます | トップ | 今の自分の良心で大丈夫です »

863 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毎日線香先祖供養 (katsu-wakayama)
2011-04-21 10:59:11
リ-マンさん、ブログ更新有難う御座います。毎日、3本の先祖線香供養を行っていますが、何故か心が落ち着きます・・・・・生かして頂いて有難う御座います
Unknown (Unknown)
2011-04-21 11:00:08
リーマンさま今朝もありがとう
世の中が『脱・自粛』っていっているのに、なんか?疑問が消えなくて。自粛してたら本当に経済まわりませんか?自粛ってどういう意味だとおもってるのかなーと……。

何はともあれ、わたしは感謝想起とご先祖供養

地震前の世の中に戻れるって考える人がいるなら、一体どういう理屈なのか教えてほしいです。


愚痴って申し訳ございません。昇華させてください。
生かしていただいてありがとうございます。
アマテラスオホミカミアマテラスオホミカミ
今日の神示は重要ですね。 (ハーイ)
2011-04-21 11:02:16
良心を大事にして生きるということですね。
Unknown (CNN)
2011-04-21 11:04:22
解りました~。
ありがたい (松岡良祐)
2011-04-21 11:06:01
本当にありがたいです。
昨日は (銀河大橋)
2011-04-21 11:06:05
自分の思ったことを始めようと思った日でした。有り難くも普通の日でしたが、新たなスタートとなる予感がしました。関係しているんでしょうか?
Unknown (Unknown)
2011-04-21 11:06:24
まる(=・3・=)ぞうさんのblogと
まる(=・3・=)ぞうさんの伊勢白pediaを応援しています。

森羅万象シリーズと同様に読み続けると、ある日突然、一気に加速すると私は思います。
合点承知ノ介 (春うららん)
2011-04-21 11:09:29
リーマンさん今日も日記の更新
ありがとう御座位ます

そうでしたか
わが身が引き締まる思いです
そしてどこかでそれを待ってもおりました

これからも良心(内在神)と共に
歩めるように頑張ります。

生きとし生ける者たちを
生かして頂いてありがとう御座位ます。

アマテラスオホミカミ
アマテラスオホミカミ
クニトコタチノオオカミ
クニトコタチノオオカミ
ありがとうございます。 (kae)
2011-04-21 11:10:16
毎日の更新ありがとうございます。
感謝の気持ちを持って一日一日を大事に生きなくてはと、気づかせて頂いてありがとうございます。皆さんが穏やかに過ごせますように。
生かして頂いてありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2011-04-21 11:10:22
たいへん、わたしの大切なバラに大量のアブラムシが・・・。いつもだったら殺虫剤でシュ。でも止めるね。君たちも同じ与えられた命、一緒にがんばろっ。

Weblog」カテゴリの最新記事