goo何気無い日々が心地よい安寧

何気無い日々が続く様に。生きていく事の大変さがカナン。ある種空気の様な存在になりたいもの。

平等院参道 三室戸寺の紫陽花

2016-05-31 23:01:53 | 📖 日記
16)🏡👬
〜宇治平等院参道
ー田中九ラーメン店の抹茶入り(タコ焼-餃子-ラーメン:何れもOk)と炒飯
〜中村藤吉抹茶🍦

〜三室戸寺(紫陽花咲始)来訪者少なくジックリ観賞 どこもかしこも紫陽花!
青大将(約1m強)観る(蛇の寺「狛蛇:宇賀神」で青大将に出会えて嬉し
前回のツツジも凄いがやはり紫陽花の花が…
ー庭園の茶店で浮舟パフェ¥950美味

〜紫陽花園を出てここから一人で〜黄檗寺界隈〜家に🚶17189歩11.45km8F

ーーーーーーーーーーーーー
⭐️5月の歩きの日平均8032歩
⭐️年平均は7938歩('15/6〜'16/5)
コメント

🚶‍♂️宇治陵 1~37号墓 (藤原一族@平安時代)

2016-05-28 23:56:09 | 🚶 歩く
平安時代の最大権力者の藤原一族の陵墓が宇治の木幡界隈に点在ということで、以前に宮内庁職員の方から頂いた地図をもとに🚶‍♂️

JR木幡駅近くの宇治陵1号墓からJR黄檗駅、木幡駅、六地蔵駅のほぼ山側一帯に点在する37の宇治陵をせっかくなので番号順に巡る🚶24486歩 (黄檗駅からだと約20000歩)16.13km32F 🚶

広範に点在し高低差も結構あり面白い、歩きがい有り、しかし地図と現地の様子が微妙に分かりにくい所多く、と言うか、特に目印がきっちりある訳でなく思いのほか小型で、民家に隣接してたりで結構気を使う散策だった。


1号陵から順に並んでいるわけでもなく細かく分散集合配置しておりそれなりには楽しめたが…σ(^_^;)
もちろん大型の所はぐるっと一周で、大小様々。石碑が目印。百舌鳥古墳群、古市古墳群とは大きく異なる。
途中数度、大型の雀蜂にニアミス!ヒア汗ものだった。林の中は要注意!
傘無しでも行ける小雨の天気だった。

近隣には藤原一族の菩提寺の西方寺がある、この裏の庭園がこじんまりだがいい感じ
さらに西側隣接の二子塚古墳が有る(京都府でもこの型で最大級)

平安時代の最高権力者一族である藤原氏の、本拠地の様なこの辺りの地だが、宇治市の観光案内では…σ(^_^;)
あの平等院も藤原氏なのに、宇治市HPにはもっと積極的に地図と案内解説だけでも充実させるべき!小一時間も要らない作業で出来るのに…
コメント

長谷寺へ. 笑い飯の哲夫が…

2016-05-20 23:04:01 | 🚶 歩く
JR桜井〜近鉄桜井ー長谷寺駅
長谷寺(西国八番:木造十一面観音立像)📕
能満院📕…法起院(番外)📕
…近鉄長谷寺駅ー八木駅(構内の若草書店)ー
大久保駅〜 13904歩

本堂内の十一面観音像の巨大な事、噂たがわぬ素晴らしい仏像!内陣も拝観出来て丸。境内を含め周囲の山々の万緑の変幻自在な緑の美しさ、素晴らしい。ここも清水同様に舞台のような作りで周囲の山々を見渡せる!

長谷寺から長谷寺駅への帰路中、グッディのTVロケクルー(笑い飯の哲夫が…)に遭遇(妻と二人でなおかつ周囲に人影無しで声かけられそうだったので足早にその場を去る)6/13に放映らしい
コメント

鹿が …大吉山〜宇治上神社〜宇治神社

2016-05-18 23:04:09 | 🚶 歩く
🚶〜三室戸駅前〜さわらぎの道〜宇治の大吉山〜展望台〜宇治上神社〜宇治神社〜宇治川右岸堤
🚶8483歩5.67km14F

何と大吉山登山道途中、突然、上の方から大きなガサガサ音があって上から落下物か犬かと、身構えたら、何と二頭の鹿が重なる様に山肌を見事に転ばず眼の前を下って行くのと遭遇、鹿は下方の宇治上神社の方へ…あっという間の出来事でした。

新発見!驚きもさる事ながら、こんな所に野生鹿がいたとは!上からぶつかってきたらチョイ負け。
鹿は昨年5/15北山の太田神社以来の事
東山から醍醐へと渡るけもの道が?

しかし何かと遭遇が多い自分だが⁈確率的に凄くまれな確率かとまずない、奇遇…奈良公園や動物園なら…この時期は鹿の移動期?
貴重な体験!(◎_◎;)
コメント

伏見陵界隈を

2016-05-14 23:26:08 | 🚶 歩く
16)🏡👬〜京阪丹波橋駅🚶〜丹波橋STへ荷物持ちーその後(駅のキザミカレーうどん食す)駅からテクテクと

〜桓武天皇柏原陵
〜桃山城(城内以外Ok)〜伏見北堀公園
〜下る様な道の深草大亀谷古城山沿い
〜大善寺
〜旧奈良街道で
🚶15933歩10.88km21F

伏見桃山城の連立復興天守閣を久し振りにまじかに見たがなかなかのもの、天守閣見応えあり こじんまりと、
キャッスルランド時代が懐かしい

丹波橋駅が高い位置に有り古城跡の陵墓が高地でそこからは下り行程で比較的楽に歩けた。
コメント