『植物 オヤジ』

日々出会う植物たちの「たくましさ」と「美しさ」を再発見する、ハードボイルド・ボタニカルライフ。
ときどき美食を探訪。

六月の風にのれ

2014年06月29日 | 日記


六月のクチナシ。

こんなに寄ってはいけない。
色香に誘われたアシナガバチが強い匂いにとらえられ
なかなか離れられずにいる。
オレも鼻を近づけたらクラッとした。
花びらの色もまた危険な白だ。

ただ、今頃の湿ったぬるい風に乗って遠くから一瞬香る甘い匂いはいい。
夜道で「おっ」と足を止め、垣根の向こうを見るとかすかに白い花が見える。
これくらいがちょうどいい。
忘れていた昔の出来事をふと思い出すように。

六月の風にのれ!クチナシ。

      

嗚呼、ボタニカル!
コメント

Inprinting 〈刷り込み〉

2014年06月28日 | 日記
       
友人のマンション5階、ルーフバルコニーでカルガモが子を産んだ。
詩のような牧歌的な絵に見えるが、これは戦いの序章だ。

①子育て編…何か大きな鳥がうちの植木鉢で何かを抱え込んでいる。
      カルガモ?なんで?友人宅は広大な公園の隅に建つマンションなのだ。
      抱えていたものは果たして、卵だった。そして、感動的な誕生へ。
②旅立ち編…ほほえましい子育てを見て楽しむが、こいつら、どうやって池に帰るのだ?
③帰還作戦…「オペレーション・トモダチ」カル子救援活動の開始。
      子らを段ボールにおさめ、近所の森の池に移動させる大事業。
      森の飼育員に指導を仰ぎ、5階から池へ移動させる。遷宮並みの大仕事だ。
      なぜか。そんな作業をカル親がだまって見守るわけがないのだ。
      必死で抵抗し、敵(友人夫婦)にアタックを繰り返す。
      友人の心中を察すると心が痛む。「いい加減にしろ(怒)!」
④誘導作戦…親が子らを運ぶ段ボールを見失わないように上空の親カルを見上げながら
      慎重に池まで移動する。
      しかし、ドラマのように、果たして親は見失う。
⑤感動再会…池近くの森に段ボールをそっと置き、離れて親の帰りを見守ること○○時間。
      「来た!!」再会にむせび泣く親子たち、ではなく友人夫婦(たぶん)
      こちらにはどのカルガモか見分けがつかんが、当人たちは分かっているのだろう。

と、いった感動物語だった。このときは。
そして、2年後、デジャブは訪れる。

「またや~」
友人のメール第一報に腹を抱えて笑った(ゴメン)
この短いフレーズにすべて凝縮されている。
子が親になり自分の生誕の地に帰ってきたのだ。
どうみても子らは6,7羽いる。この子らも親になり、また帰ってきて…。
刷り込みは永遠につづく。

かくも自然はばかばかしいほど単純でわかりやすい。
「もうやめてや~」と大阪弁で嘆きながら「今年はもっとうまく連れて行こう」と
にんまりしている夫婦の顔がうかぶ。
「グランドマザー」、立派です。

動物も楽しい。



      
      

コメント

『ヘッドロック野郎と紅一点』

2014年06月25日 | 日記

ベランダの柔道家、ヤマホロシに花が咲いた。
以前書いた、ハーブにさえヘッドロックをかます曲者だ。
くねくねと曲がって上を目指す、上昇志向のかたまり野郎が
小さい、星の子みたいな花をつけた。
これで周囲を安心させるつもりらしい。
そのすきにさらに周りを踏み台(足がかり?)にしてもっと出世したいはずだ。
「おまえの魂胆はわかっている」と思いつつ、紫の星の子はかわいい。
「だまされたふりをしてやろう」とオレはつぶやくが、すでにだまされている。


この世界には手を出すまいと思っていたが
ついにこんなかわいい子を買ってしまった。
ニチニチソウ、180円も魅力だった。
ベランダはハーブとチランジアの地味世界だったので
このピンクは異様に目立つ。
かわいいこの子をさらにおおきく(株を)しようと
断腸の思いで摘心した。
切った花は花瓶の中で蕾を開こうと日々頑張っている。
まさに日々草。
かわいさと強さに合掌!

 嗚呼、ボタニカル!
コメント

水中攻防戦

2014年06月22日 | 日記

引っ越してきたら出窓があったので、水草を置いてみた。
水中は風が無い。動くものが欲しかったのでメダカを10匹入れてみた。
草はたちまち繁殖して、どこに何匹潜んでいるのかわからない。
一月たち、水を入れ替えると何と2匹に減っていた。
オレとしては繁殖して20匹くらいになったかと思っていたのでショックだ。

作戦を変え、クロ出目金を投入した。
その間も水草は次々と枝葉を伸ばし、円形の水槽は立体迷路と化した。

心配したメダカとクロデメの攻防はなく、円満にやっている。
ただ、クロデメは緑の立体迷路に苦戦している。
頭が引っかかって動きにくいのだ。
さぞかし己の顔かたちを恨んでいるだろう。

やっとトンネルを確保したのか、最近は朝ご飯の時は上手に浮かんできている。
金魚も学習するのだ。
水草とクロデメの引き分け、勝ち点「1」。


路上のテッポウユリ。
白い銃口で優雅に通行人を狙う。
撃たれたものは花を買って帰るだろうか?

 嗚呼、ボタニカル!
コメント (2)

ブラジルから来た少女

2014年06月21日 | 日記

ブラジル生まれのダニア。
魚の骨みたいな葉っぱのデザインと
黄色くソリッドな花のインパクトに圧倒され、買う。

ブラジルらしく明るい黄色は元気にしてくれる。
Oi ブラジリアン!
サッカーがんばれ!

嗚呼、ボタニカル!
コメント