フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

ツァイスイコンSWとアベノンレンズ

2017-12-01 11:00:00 | カメラ

ツァイスイコンSWとアベノン28mmF3.5

ツァイスイコンSWとアベノンレンズの取り合わせです。

 雰囲気、とても良いのでは・・・大きな丸いファインダーとレンズのデザインが、よくマッチしていると思います。ファインダー取付シューは、レンズの真上に配置されています。

 軍艦部です。ストロボに直結するホットシューとファインダー用との2つのシューがあります。
 シャッターは、絞り優先のAEと電子シャッタースピード設定のマニュアルモードがあります。

 絞り優先のAEの場合、シャッタースピードが3色のLEDランプで表示されます。

 3つのLEDランプの色(左が赤、中央がオレンジ、右がグリーン)で、シャッタースピードが分かります。写真の点灯しているランプ、中央のオレンジと右側のグリーンでは裏蓋背面の表示から、シャッタースピードは1/60~1/125と云うことになります。

つまり

🔴〇〇 1/8~1/15
🔴🔴
 1/15~1/30
🔴 1/30~1/60
🔴🔴 1/60~1/125
〇〇🔴 1/125~1/2000

と云うことです。

 マニュアルでのシャッタースピード設定の時は、中央がグリーンになり、それが点灯した時が適正露出になります。露出アンダーまたはオーバーの時は、左のランプまたは右のランプが点灯します。露出過不足を知らせるこの時のランプの色は、赤になります。

🔴〇〇 露出不足
🔴🔴
 1絞りアンダー
🔴 適正露出
🔴🔴 1絞りオーバー
〇〇🔴 露出オーバー

 ファインダーが無いためシャッタースピードを、LEDランプの位置と色で表しています。とても良く考えられていますねぇ、感心します。

 

~~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ミノルタ35MODEL-Fの修理 | トップ | シクラメンとミニカトレア ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カメラ」カテゴリの最新記事