楽学天真のRead & Think

読書はこころの泉。
目がかすれるほどに読みたくなる。
私の乱読記録として、このサイトを再開する。

歴史の不思議-意識的タブー?

2008-06-11 05:33:39 | 歴史
最近、人間の歴史に少々はまりぎみである。世の中、近代から現代に関して、声高に歴史を見直せ、という声が大きい。
しかし、歴史は時間が経つとどんどんバイアスが増幅する、と思っているので第二次大戦直後に育った私には、あまり興味はない。生き証人が山といた、その時の方がより真実に近いと思っている。

しかし、これぞ究極のバイアスではないか、と思うのは以下。

私は、そもそも日本のはじまり、日本人の起源に関してずーと変だへんだと、わからず、いまだどこの本でもお目にかかっていない、教科書にも全く書いていないことがある。(もちろん単なる趣味だから、読書数は全く少なく、きっとどこかの研究者は指摘していると信じたいが)。

今日はその1。

原日本人は縄文人であり、それはアイヌの人たちに引き継がれている。それは先の国会決議でもはっきりとした(決議をしたから真実という事ではないが、最近のヒトゲノム解読もはっきりとそれを示している)。

問題は弥生人だ。弥生人は渡来人。ということは中国大陸からきた。しかも、その時代は紀元前4~5世紀。その時代の中国は春秋戦国時代。すなわち、皆、殺し合いをしているのだ。すると、当然のごとく、大量の難民が発生する。それらは弱き人。まだ中国では文字は統一されてはいない。農業を携えてくるわけだから知識人ではありえない。

だから、時代が進んで、世紀が代わり、後漢の時代に朝貢して、王様(地方の親分)の印をもらうなんてことは弥生人にとってはあたりまえのことなのだ。そんなことも全く教科書には書いていない。

弥生人とは、その時の中国からの大量の難民なのだ、とはどの教科書にも全く書いてはいない。
最近のヒトゲノム解読は多くの日本人と中国北部の人たちとの共通性は極めて高い事を証明している。
すなわち、同族なのだ。

これを聞いて、エ?!と思う人が多いだろう。

嫌な思いする?それとも、「あ、そ」。
と受け流せる?
もし前者なら、そこにはなにがしかのバイアスが心の中にあることを疑った方が良い。
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 疑似科学入門 | トップ | 司馬遼太郎の日本史探訪 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気になってました (hisa)
2008-09-20 03:34:17
日本人…
日本ってアイヌ人が先住民だった。
ってのは知ってましたが、アイヌ血族じゃない私は一体何人??
ルーツは蒙古班があったからモンゴル????
ってイマイチ日本人の定義がわかってなかったけど納得☆
アナタは縄文人タイプ?弥生人タイプ?
とかカテゴライズする記事を雑誌で見たのは
・目が二重で毛深い
縄文人タイプ
・目が一重で毛が薄い
弥生人タイプ
とかってのを思い出しました(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事