楽学天真のRead & Think

読書はこころの泉。
目がかすれるほどに読みたくなる。
私の乱読記録として、このサイトを再開する。

論語 第1部 孔子の生涯

2019-09-02 09:43:59 | 読書

論語 第1部 孔子の生涯

 私も古稀が近づき、人生の黄昏にさしかかっている。理系バカの私は、文系であれば恐らく基本である漢文や漢詩が大の苦手。50年前、高校一年で登場した段階で早くも脱落したまま「読まず、聞かず、言わず」で来た。しかし、明治初期に時代を開き、国を担った若者たちは、儒学を学んだ江戸時代の下級武士や庄屋名主の類の上層農民出身がほとんどであった。そこで、人生の締めくくり方を学ぶためにも「論語」に接することにした。ゆっくりと。

 この書は、論語に熟知した著者が、これから人生を始める子たちへ向けて記されているので、分かり易い! 若い時代にこのような書、あるいは教育に出会ったいたら人生も全く違ったもの、あるいは更なる深みのあるものになっていたかもしれない。と、嘆いていても、始まらない。

そのような事柄は他にも山のようにあるのだから。

 もっとも有名な

 15にして学を志し、30にして立ち、40にして惑わず、50にして天命を知る。60にして耳したがう。70にして心欲するところ、外れなし。

って、孔子が亡くなる(72歳)前の彼の人生の振り返り。

孔子が生きたのは今から2500年以上も前、日本では弥生時代が始まる頃のこと。日本列島には文字もなく、原日本人の縄文人があちこちにいた時代のことである。その時代に、現代人とほとんど変わらない心を持った人がいたこと、それが巡り巡って今へ伝わっていること、そのことに改めての驚きがある

この驚きを高校生の時にもっと深く知っておきたかった。でも知らなかったからこそ人生を歩めたという側面もあるかもしれない。論語のいう十年刻みの振り返りで、別途整理し、それを残しておこうとまずは改めて思った次第。

 

コメント

近ずく古希

2019-09-01 06:53:09 | 人間

 

古希の年齢が近ずいている。かつては稀な古き年齢だったという意味だ。今に日本では平均寿命より10歳は若い。でも平均と個別は異なることは統計の基本。

人間の人生などいかに儚いかをまざまざと実感する。この70年は世界の激動とも重なっている。日本も昭和の後半と平成丸ごと。

残り人生は明らかに余生である。

そこで、理系人生だった私には明らかに不足していた人間理解、社会理解。

今更、孔子の「論語」じっくり勉強してみようと思う。

 

 

コメント

海辺のカフカ

2019-08-31 08:42:19 | 読書

海辺のカフカ

2ヶ月程度かけて、通勤時の信号待ち時間などを繋いで読み終えた。

舞台が、高松の施設図書館らしき場面が舞台。東京から徳島、そしておそらく津田の松原を抜けて運命の出会いに到るまでの場が、かつて過ごした讃岐の空気が蘇る。人は、皆それぞれが別世界のマイノリティーに生き、彼岸(あの世)も我岸(この世)も超えた世界の共有に最後の安らぎを得る。村上春樹がなぜこんなにも受けているのか、若い時に周りではざわめいているのに関心もなく、関心を持とうともしなかった。しかし1Q86を読んで以来、これだ!と思い、村上の全著作を、相当に遅ればせながらも読んだ。彼の作には最後に救いがあるので、それを求めて読みたくなるのだと、1読者になり切った。場面を飽きさせずつなぐ。サスペンスと人のつながりを求めるロマンと夢の世界のファンタジーをつなぐ世界。次は、ノルウェーの森をまたゆっくり読もう。

それにしても文庫本は目に辛い。

コメント

サバイバル組織術 佐藤優

2019-08-31 07:57:59 | 読書

 

風貌が怪しげである(失礼!)が、堀の内を経験した人であるが故に筆は鋭い。自分の読書感想を使いながら人間社会のつながりなしにしか生きられない人と組織を論ずる。組織も結局人で決まる。社会的動物としての性と生存本能に裏打ちされた人間。幼き時から老い、そして世を去るまで苛まれる組織と人間の問題、永遠のテーマである。

 私も還暦を過ぎ、定年退職を過ぎ、定年後の研究費の継続を背景とした臨時雇用も終わり、様々な組織も古希を前に終了しようとしている。そのどうしようもない過ぎゆく時間をどのように生きるべきか。おそらく多くの人が抱えているテーマなのだろう。様々に関わってきた組織と自分、何を残して去っていくべきか、そのような動機で本書を手に取った。人間関係を3区分せよ。

 

それぞれの関わりにおいてA,B.Cという具体例を挙げてのメッセージは印象的であった。これは決して口に出せるような事柄ではないが重要だ。

私は、人間関係を家族を含めたプライベート、研究活動、そして学界を含めたコミュニティーと3区分している。それらの人間関係を更に濃厚に応じて3区分するのが良いということらしい。ポイントはそれらの濃淡は経験を通して流動して行くということである。きちんと整理して粛々と、と勇気をいただいた。

コメント

社会主義と民主主義 現代をどう生きるか

2019-04-30 20:50:36 | 歴史

連休 

 平成の終わり,令和の始まりの日に、書棚を整理しようと決意。書棚として表に出ているものは目につくのでなんとか眺めながら整理しているが、書架に眠ったものはすでに15年以上眠っている。終活としてこれらを整理しておかねば、残されたものが迷惑する。もうそのような歳だ。

 というので、学生時代に手にしたもので、よく記憶していないものを1つづつ片付けよう。柳田謙十郎 社会主義と民主主義 現代をどう生きるか 1973年刊、日中出版 Amazonでは¥44

 学生時代に買ったもの。当時、中国は文化大革命、ソ連は相次ぐ東欧侵略、共産主義世界に対する幻想が急速に失せていく時代。一方でアメリカはベトナム戦争で敗退し、世界は迷走している。日本共産党は中国から罵られ、中国共産党との間にあった日中友好協会は分裂させられる。

 そんな時、戦前戦後を生き、1950年に共産党に入った京都大学の西田哲学教室出身の哲学者柳田が75歳の高齢にて記した共産主義賛辞の書。「共産主義の理念・理想は間違っていない。間違っているのはその理解の足りない世界の指導者たちだ」との主張。

 当時、そのような主張を異口同音にのべる彼らの主張を耳にした記憶があるが、理想が実現するまで「相当に長く自由を制限され階級社会は社会主義でも続く」論に、何を求めて人々は生きるのか、との問いに本質的に答えているようにはやはり思えない。自由・平等・平和・博愛の順序を間違うと争いが起こるのが歴史の常だと思う。自由より前に平等があると抑圧が優先してしまう。

 戦前戦後の長いトンネルを抜けて見つけた後半生の人生の選択、「共産主義の理想」を晩節に際し、間違っていたとは思いたくない、という「唯我独尊」の叫びでしかないのではないだろうか。後半を読んで異なる見方ができれば追加的に記そう。

 

 

 

コメント