眼力Blog

反日国の動向をウォッチしています。
自滅する韓国を看取るブログです。
政治、時事問題なども扱います。

難民救世主 メルケルドイツ首相

2015年09月13日 | アメリカ

>移民歓迎のドイツ、流入増でミュンヘンなど破裂寸前
2015年09月13日 09:05 発信地:ミュンヘン/ドイツ AFP

 【9月13日 AFP】「黄金郷」への入り口として、連日数千人の移民・難民が到着するドイツ南部バイエルン(Bavaria)州ミュンヘン(Munich)の当局は、流入する人々のあまりの多さに、同市が破裂寸前であると述べている。

 同州オーバーバイエルン(Upper Bavaria)地区のエバ・ヘングライン(Eva Hinglein)報道官は、12日だけでも州都であるミュンヘンの駅に「少なくとも1万人」が到着することが予測されると語った。

 同日の現地時間午前0時から午前10時30分までの間に、当局は3600人の移民を確認した。ミュンヘンのディーター・ライター(Dieter Reiter)市長は、「この展開にとても困惑している」、「もうこれ以上、難民にどう対応していいかわからない」と述べた。

 ジグマル・ガブリエル(Sigmar Gabriel)副首相は10日に連邦議会で、9月初めの8日間に入国した約3万7000人を含め、ドイツには今年、これまでに45万人の難民が到着していると述べた。

 ミュンヘンの駅では今も、到着した人々を歓迎するサインを持つ人々がみられる。しかし、多くのボランティアたちが歓声を挙げ、食料品や子どものおもちゃを手渡していた数日前と比較すると、その数は格段に少ない。歓声は、駅に到着した列車から移民らが降りるのとほぼ同時に、登録のための歓迎センターに案内する警察官の日常的作業に取って代わった。

 それでも、到着した移民らは感謝の意を表し続ける。「問題はドイツ人じゃなくて、(移民・難民が)多すぎることだ」とシリア人のアブデルさん(22)はAFPに語った。さらに、流入の数が大幅に増加したにもかかわらず、「ドイツ人は、それでも僕たちを歓迎してくれるし、食料を含む全てを用意してくれる」、「オーストリアとドイツでは人々はすごく親切だ」と彼は付け加えた。

 しかしミュンヘンでは、移民らの数が、受け入れ可能な数の限界に達しようとしている。そうした移民らを収容するために、同市は軍の力を借りて仮設ベッドを設置するなどしている。

 同国メディアは、ミュンヘンなど南部の都市が担う重圧を取り除くために、北部に大規模な歓迎センターが建設される可能性があると報じた。しかし、同国政府はその可能性について言及していない。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3060129




 難民「メルケルさんは私たちの救世主です。」

きっと難民たちは礼拝のたびにメルケルさんに感謝するんでしょうね。

ドイツが移民受け入れに積極的とわかれば、これからますます難民がドイツ目指してやってきます。

それにしてはこの画を見ると、戦禍を追われた着の身着のままという感じではありませんね。



これってごく普通の労働者にしか見えませんけどね。

これ本当に難民なんですか。

最近の難民は思っていた以上にずーっと上品で労働者風なんですね

メルケルさん、それが目的だったんでしょうか。

 

コメント

THAAD配備「韓米首脳会談で議論しない」=韓国国防部

2015年09月12日 | アメリカ

 >THAAD配備「韓米首脳会談で議論しない」=韓国国防部
2015/09/10 16:35 聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官は10日の国政監査で、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題が10月の韓米首脳会談で議論されるかどうかについて与党セヌリ党国会議員から問われ、「現在のところ、議論されないものと理解している」と述べた。

 今年の韓米定例安保協議(SCM)でも話し合われないのかと重ねて尋ねられると、「THAAD配備問題はまだ米国政府内で検討中と承知している」と述べ、両国の協議はそれが終わってからになると説明した。

 朴槿恵(パク・クネ)大統領は来月16日、米ワシントンでオバマ大統領と首脳会談を行う。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2015/09/10/0900000000AJP20150910002400882.HTML



 今月末には朴槿惠大統領に先駆けて習近平中国主席が訪米します。

オバマ大統領になって以降は良好な米中関係でしたが、今回の訪米は厳しいものになりそうです。

その様子を見てからの朴槿惠大統領の訪米です。

 今回の中韓両首脳の相次いでの訪米は偶然とは言え、なにか歴史的意義を感じます。

米国務省の外交は日本の外務省にどこか似ていて優柔不断な姿勢が多いのですが、オバマ政権下、多分これが最後の北東アジア外交になるのでしょうが、一荒れしそうな感じが致します。

今の時期から韓国国防部が、THAAD配備は「韓米首脳会談で議論しない」と予防線張っていますが、外交部だけでは判断しかねる問題です。

これは朴槿惠大統領の高度な政治判断で決着するしかないのです。

実際は韓国にとって、THAAD配備はあってもなくてどうでもよいものです。

そもそも配備の必要性を主張したの米国防省ではなく、韓国駐在の米軍司令官からでた要求です。

THAAD配備というより出来ればXバンドレーダーAN/TPY-2の配備の方が重要な意味を持つのでしょう。

THAAD及びXバンドレーダーAN/TPY-2の配備を、一番警戒しているのは北朝鮮ではなく中国なのです。

XバンドレーダーAN/TPY-2とはどんなものでしょうか。

弾道ミサイル発射の早期警戒、発射・弾着地点の予測、追尾、弾頭とオトリ等の識別、効果判定の他、発射されたTHAADミサイル追跡および、中間飛行経路のアップデートもおこなう多機能レーダーです。

1000キロ以上先の物体の動きもとらえることが可能とされる。

配備予定のレーダーはトレーラーでけん引する移動式で、全長約13メートル、高さ約3メートル。直進性が高い電波を高出力で発射する。Xバンドとは8ギガ~12ギガヘルツの高い周波数帯を指す。

レーダーは複数の弾頭やおとりを識別する能力を持ち、探知距離は最長で4千キロ超とされる。

韓国に設置すると、ほぼ中国全土から発射される弾道ミサイルを捕捉できます。

勿論、北朝鮮の弾道弾ミサイルも捕らえます。

日本には青森県に既にXバンドレーダーAN/TPY-2が配備され、京都にも配備されました。

青森配備は、主に北朝鮮の弾道弾ミサイル用に計画されたものですが、京都に配備されたことで東シナ海にも監視の目が届くようになります。

ともかく韓国に配備されると、中国国内のミサイル網が丸裸となりかねません。

ですから、絶対に中国にとっては受け入れ難い代物なのです。

先日の軍事パレードに朴槿惠大統領を招待し最大限の厚遇を与えたのも、一つの理由はこのTHAAD配備を拒否させるためでもあるのです。

もし朴大統領が訪米でこの問題を前進させるようなことがあれば、中国は黙っていないでしょう。

韓国にとっては現実問題として、THAAD配備を拒否することで米国の不興を買うより中国の制裁の方が怖いのです。

先日も述べましたが、軍事パレード出席は米国から中国へ舵を切った韓国の歴史的方向転換なのです。

既に韓国が中国の経済圏に取り込まれ、中華圏無しでは成り立たない国になっているのです。

米国が幾ら不満を言っても、韓国には中国を取るか米国を取るかの二者択一で中国を選択せざるを得ない状況に自らを追い込んでしまったのです。

明治期日本が果たした役割を、今度は米国が味わう番だということでしょうか。

日本と違って、欧米人は裏切りには目には目、歯には歯ですから、どうなることやら韓国大ピンチ。

と思うのは日本的感傷でしょうか、二大強国を手玉にとってやったニダ

そんな自慢が韓国の尹 炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官の口から飛び出しそうな予感がするんですが・・(わらい

コメント (2)

オバマ政権の対中弱腰外交で、米政府は危機的状況

2015年07月01日 | アメリカ

米中戦略経済対話でもオバマ大統領の影は薄かった。

 アメリカの報道では、南シナ海での中国の“力による現状変更”に対して、アメリカは中止を改めて要求したし、オバマ大統領自身も、中国代表団との会談の中で、「緊張緩和」のための具体的措置を求める発言をおこなったという。

それは、大統領による「異例の言及と抗議」だったと。

ところが対話後の米中4者による共同記者会で、中国の楊国務委員に「中国は領土主権や海洋権益を守る断固とした決意を再確認した」と、言われている。

中国側は、アメリカから経済制裁等の具体的な対抗措置への示唆も言及もなく、いつも通りの「口先介入で終わる」ことを、とうに見越していたのである。

アメリカの「異例の言及と抗議」など中国側はどこ吹く風と、オバマ大統領の弱腰を見透かしている。

在米の米国政治の動向に詳しい日高義樹氏は、
「オバマ大統領は、基本的に米国の経済的な利益のみを考えて中国との協力関係を強化しようとしている。」と見ている。

米国でも傲慢な中国への危機感を持つ議員や知識人が急速増えていて、活発に発言し出している。

オバマ政権が中国に対して弱腰な態度を取れば、米国内でもオバマ政権への批判が一気に噴出しかねない。

>【世界を斬る】オバマ政権の対中弱腰外交で米政府は危機的状況 相次ぎ辞任する専門家
  2015.07.01 zakzak
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150701/dms1507011140001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150701/dms1507011140001-n2.htm

 米国防総省から最近、ハドソン研究所に移ってきた中国専門家が私にこう言った。

 「この9月、2年ぶりに米国で米中首脳会談が開かれる。オバマ大統領が、習近平主席に対して中国の不法な領土侵略やサイバー攻撃を厳しく非難し、『止めなければ断固たる措置をとる』と警告しなければ、米国の国際的な指導力は一挙に失われる

 ワシントンでこうした意見が出始めているのは、習主席の訪米の前触れともいえる中国の恫喝外交がすでに始まっているからだ。

 6月23日から2日間にわたって、ワシントンの国務省で開かれた米中経済戦略会議の席上、米側が米政府機関に対する中国の無法なサイバー攻撃について抗議したところ、中国側は強圧的な態度でこう反撃した。

 「米国は事実をしっかり調査したのか。感情的にならず、対応策を考えてから提案を行うべきだ。一方的に中国を攻撃し続ければ、事態は悪くなるだけだ」

 米側は最新技術を駆使して、一連のサイバー攻撃が民間企業を装った中国軍の情報機関によって行われたことを突き止めている。そのうえで、抗議したが、中国側は傲慢な姿勢を崩さなかった。

 中国は、南シナ海における公海上の不法な埋め立てと軍事施設の建設についても高圧的な態度をとっている。米中経済戦略会議の前、中国人民解放軍の首脳は、南シナ海の岩礁を埋め立てて作った人工島周辺の空域を「中国の防空識別圏として設定する」と一方的に宣言した。

  このように中国が、国際法から、とうてい認められない行動をとり続けているにもかかわらず、オバマ大統領は中国との友好関係を強調し、迎合的な姿勢を崩そうとしない。この結果、米政府内では深刻な混乱が始まっている。

 つい最近、ホワイトハウスのアジア中国問題担当の専門家が、中国に対して弱腰のオバマ外交に不満を表明して辞任した。それと前後して、中国問題について、ホワイトハウスとの連絡を担当していた国防総省の中国専門家も辞任した。

 ホワイトハウスの内実に詳しい友人は、私にこう言っている。

 「習主席を迎えるにあたって、対中国戦略を組み立てる専門家が誰もいなくなってしまった。このままでは、オバマ政権は困った状況に陥る」

 オバマ大統領は、基本的に米国の経済的な利益のみを考えて中国との協力関係を強化しようとしている。中国とのビジネス関係が悪化すれば、立ち直り始めた経済が再び後退すると心配しているのである。そのうえ、米国には、中国と肩を組んで世界秩序を維持するのが現実的な国際政策であると考えている指導者も少なくない。

 中国の脅威に直面している日本や東南アジアの国々は、米国に頼るだけでなく、まず中国の不法行為を阻止するという確固たる政治的姿勢を示し、自らその能力を持つ必要に迫られている。

 ■日高義樹(ひだか・よしき) 1935年、名古屋市生まれ。東京大学英文科卒。59年NHKに入局し、ワシントン支局長、理事待遇アメリカ総局長を歴任。退職後、ハーバード大学客員教授・同大諮問委員を経て、現在はハドソン研究所首席研究員、全米商工会議所会長顧問。



コメント