食品のカラクリと暮らしの裏側

食品の安全・安心が総崩れ、また政治・社会の矛盾や理不尽さも増大
暮らしの裏側の酷さやまやかし、危険性・不健全さに迫る!

40日後に還付金が振り込まれるのを待つだけ!そして次年は申告書を郵送で/医療費控除27

2019年06月19日 | 医療費控除(還付申告)
S2taxtp250 医療費控除(還付申告)シリーズ27

Part6/初めての還付申告は郵送ではなく税務署へ行こう編2
■還付申告のスキルをマスターすれば生涯得する
40日後に還付金が振り込まれるのを待つだけ!そして次年は申告書を郵送で
税の仕組みを覚えて支払う必要のない税金を取り戻そう

X200710222320324829

■<前号からの続き> 申告が終わっても次年のために仕込みをしておこう
無事、申告が終わり、ほっとしていることでしょう。せっかく税務署へ行ったならそのままから帰るのではなく、次年度の仕込みをしておきましょう。もう次の年の、「医療費控除(還付申告)」が始まっているのです。さらなるステップアップをすべき、会場にある関連資料を持って帰るとかなり参考になります。用紙・資料は、大幅な税制改正がない限り次年以降にも活用できます。
   Arrow2
(1)関係書類
手書き用の指定「確定申告書」用紙1式(カラー印刷)
 *実際に使用しなくても、参考に持ち帰ったらどうでしょうか。

(2)税の説明資料 (税に関心を持つと役に立つ資料です)
・「令和O年分所得税の確定申告の手引き(申告書A用)」
・「医療費控除を受けられる方へ」 (チラシ)
・「令和O年度版暮らしの税情報」 (30ページ以上の冊子、または1枚ごとのチラシ)

■還付金が振り込まれる前にお知らせハガキが送られてくる
税務署にもよりますが、還付申告終了の3~4週間後に、口座振込のお知らせハガキ(国税還付金振込通知書)が郵送されてきます。そして、その1週間後に振り込まれます。それをもって、一連の還付申告の手続きは終了です。

■申告書の控用紙やコピー書類は保存しておこう
提出書類(控)は、全て保存しておきましょう。そうすれば、次年以降、大変、役に立ちます。
①【重要】領収書は5年間の保管が義務付けされているので、期間内は廃棄しないこと。
<任意>
②「源泉票」のコピーは、第一表[控用]の裏面などに貼付しておく。
③還付金のお知らせハガキも、同様に貼っておきましょう。

■還付申告が慣れた方は次年から郵送すると大変便利です
ノウハウをマスターし慣れたあなた、いよいよ次年からは、楽して「確定申告書」を郵送してみましょう。郵送申告するための、要領を説明します。
   Arrow2
(1)申告書は、一般のA4判対応の封筒を使います。宛名面に、「申告書同封」と書いて下さい。但し、申告書は二つ折りしないこと。

(2)郵送先の税務署名と住所は、「国税庁のHP」TOPページ、申告書入力画面の「住所・氏名等入力」に掲載されています。

(3)受理押印が必要な方は第一表・第二表の[控用]を同封し、忘れずに返送希望の旨のメモ(形式なし)と、必要料金の切手を貼付した返信用封筒も入れます。押印を必要としない方は、同封は不要です。

(4)自宅近くに管轄税務署がある方は、休日や平日夜の会社返りに申告書を入れた封筒を、「夜間・時間外受付ポスト」に直接投函しても構いません。切手や税務署の住所記入は不要も、同様に「申告書同封」と書いておきましょう。

(5)提出した申告書に間違い・不足箇所などがあると、税務署から確認電話が入ることも考えられます。ある程度、答えられるように心積もりしておいて下さい。

■還付申告を済ませると少し大人になったような気がする
記事作成者の知り合いには、サラリーマンも、極力、「還付申告」に行けと言っております。散々、ブツブツ言って嫌がっていた奴が、申告を終えると「少し大人になった」と口を揃えて自慢します(笑)。税の仕組みを知れば、税を少なくできます。これからは、ぜひ『税』を考えていきましょう。

昨今は総務・労政部署が劣化し、年末調整をやらなかったり、杜撰な対応の会社が目立ちます。そのため、特に非正規社員などはご認識のないまま税金を余分に取られている方が大勢います。これでは、支払う必要のない税金を一生払うことになってしまいます。対策することを、節税ではなく「防税」と呼んでいます。皆様もできるだけ税に詳しくなって、医療費控除以外にも親や家族の扶養控除・社会保険料控除などにも注目すれば、もっと還付金が戻って来ます。

■還付申告の落とし穴?多年分を1度に行なうと漏れを生じ「大損」する
「医療費控除(還付申告)」は過去5年分遡ってできても、一遍にするなと申し上げてきました。その後あなたが税に目覚めて、前述のような「控除」の漏れを見付けたとします。しかし既に「医療費控除(還付申告)」で確定してしまっていたら、もう追加・変更できないのです(注)。従って最初は一番古い分(例えば5年前の分)に留めます。そして慣れたら視野を広げ(勉強して)、他に「控除できるもの」を見付けて下さい。そして、順次、申告を進めましょう。
/申告後1年以内だったら、「更正の請求」と言って変更ができます。

■医療費控除(還付申告)シリーズをご覧頂いた方へ御礼
「医療費控除(還付申告)シリーズ」も、これで完了です。皆様、ご理解頂けたでしょうか? 皆様がお分かり次第、当シリーズから遠ざかってしまうのは何とも寂しい次第です。しかし一人でも多く、「確定申告(還付申告)」を始めとする税金(税制)に詳しくなってもらうことが励みです。今までご覧頂いた皆様には、あらためて感謝と御礼を申し上げます。

Ntaxpt3 このほかの記事をご覧になりたい方は、ページ右上「医療費控除(還付申告)」を
クリック願います。そして、冒頭ページのリンクインデックスからお移り下さい。

Odayakatoptp

この記事についてブログを書く
« 医療費控除(還付申告)シリ... | トップ | 140字◇香港100万人デモ... »

医療費控除(還付申告)」カテゴリの最新記事