食品のカラクリと暮らしの裏側

食品の安全・安心が総崩れ、また政治・社会の矛盾や理不尽さも増大  暮らしの裏側の酷さやまやかし、危険性・不健全さに迫る!

検証8・安倍退陣と共にカジノ推進・賭博政治そのものを終わりに!広がる反対運動*赤旗だより/少数派

2020年09月29日 | 政治情勢2
Ns170minoritytp 少数派シリーズ/政治情勢(赤旗だより)
検証8・安倍退陣と共にカジノ推進・賭博政治そのものを終わりに!広がる反対運動

Akahatan01

■腐敗と利権の温床であるカジノへの国民の批判はますます強まっています
投稿はしんぶん赤旗を活用しております/カジノを中核とする統合型リゾート(IR)を「成長戦略の目玉」といって推進してきた安倍前首相が退陣しました。新型コロナウイルス危機の中でカジノは完全に時代遅れのビジネスとなっており、安倍政権のカジノ解禁路線の行き詰まりは明白でした。安倍首相辞任を契機に、カジノ断念を迫るたたかいが求められます。カジノ誘致に執着している松井一郎大阪市長(日本維新の会代表)は「IR実施法という法律があるから、だれが首相になっても進んでいくと思う」とのべました。菅義偉当時官房長官は民放テレビ番組で、「IRは観光政策を進める上で必要不可欠と考えている」と語りました。カジノを推進してきた政治家たちは、失速させないため躍起となっています。

安倍首相は第2次政権発足直後の2013年3月、「(カジノは)メリットも十分にある」と国会で答弁し、カジノ解禁へかじを切りました。そして、16年12月にはカジノ解禁推進法を、18年7月にはカジノ実施法を、国民の強い反対を無視して強行成立させました。しかし、カジノを忌避する国民世論は根強く、カジノ解禁への政府のスケジュールは、遅れに遅れています。国内のIR施設の制度設計を示す政府の「基本方針」決定すら、当初の「今年20年1月をめど」という予定から、無期限先送りの状態です。秋元司元内閣府副大臣(自民党離党)らが逮捕されたカジノ汚職事件は、金の力で裁判での証言をねじ曲げようとした証人買収事件にまで発展しました。腐敗と利権の温床であるカジノへの国民の批判はますます強まっています。

■カジノ前のめり安倍前政権の異常な賭博政治は首相退場とセットで一掃する時
さらにコロナ感染拡大が、世界のカジノ事業に与えた影響は決定的です。感染拡大の震源地になりかねないカジノは世界各地で閉鎖され、再開後もこれまでのように客をカジノに詰め込む営業はできず、賭博収益がほぼ消失しています。どこのカジノも対前年比9割以上の収益減少で、世界的なカジノ企業の財務状況悪化は顕著です。1施設につき100億ドル(約1兆円)かかるという日本のIRに投資できるカジノ企業は、事実上、見当たらなくなっています。最も意欲的だった世界最大の米ラスベガス・サンズですら、日本からの撤退を表明しました。巨大な国際会議場、展示場、ホテルやエンターテインメント施設で客を集め、その客をカジノに誘導することで巨額の賭博収益をあげるというIRは、もはや成り立たなくなっています。

これまでカジノ誘致を正式表明した自治体は横浜市、大阪府と市、和歌山県、長崎県です。東京都なども誘致に意欲を示しています。いずれの自治体でも、カジノに反対する市民の運動が大きな広がりをみせています。横浜市では、誘致の是非を問う住民投票条例制定を求める直接請求署名が50万人を目標に開始されました。過去のどの政権よりもカジノに前のめりな安倍前政権がもたらした異常な賭博政治は、安倍首相の退場とともに一掃する時です。

しんぶん赤旗の複製可能範囲内において、投稿者によって一部割愛や
それに伴う接続文章等の修正・タイトル付けを行いました。


投稿者からのひと言/安倍前首相と名乗りを上げた地方自治体が根本的に間違っているのは、カジノで日本経済を盛り返そう・地方活性化しようとしていることです。カジノは、利益の9割が米国本国に還流されるのです。またギャンブル依存症者が増大するのは、諸外国の例でも顕著です。日本人に不幸をもたらし、日本の経済にも貢献せず、ただただ米国資本の飲まれていく政策は許されません。

Sankoub
検証7(改憲2)・安倍退陣とともに改憲策動そのものに終止符を打つことが重要

Akahatatop

この記事についてブログを書く
« 長寿王国・沖縄崩壊、過去平... | トップ | 1990年代後半の回転寿司... »

政治情勢2」カテゴリの最新記事