FCウイングス

FCウイングスのブログ
コーチ、父兄、選手、OBの思いがつまったブログ!

五年生 ~3月20日 栄町長杯~

2013-03-27 07:23:07 | ウイングス
3月20日は、栄レインボーグラウンドにて『栄町長杯』に参加してきましたぁ\(^-^)/

ウイングスオフ日に、急遽入った大会の為、5・4年生の合同チーム12名(GK2名)で帯同が川口コーチ・片桐コーチ・祐作コーチでの参加。

15分ハーフの『予選リーグ~順位別トーナメント』の大会形式。

結果から報告。
予選リーグ
対成田FC 1-1(1-1・0-0) 得点:ヒロト
対クレストSC 0-3(0-2・0-1)
リーグ3位となり、3位トーナメント進出。

トーナメント
対成田SSS 1-0 (1-0・0-0) 得点:プリヤ
対酒々井FC 0-1 (0-0・0-1)

順位はつかず、1日通して1勝2敗1分。
チームMVPはショウタロウでしたぁ♪♪♪


内容としては、
全体的に『遅い』!!足の速さとかじゃなくてね(^_^;)『感じてない・予測してない』のかな?

ルーズボールに対する反応がまず遅い。さらに、自分にボールがきた時点では無策に見える。
ボールに触ってない時間の方が長いのがサッカー。その時間は休憩じゃないし、観客になる時間なんて無いよ?次のプレーの為の準備の時間だよ。
とりあえず前に向かう。行き詰まる。まわりは味方が困ってから、動き出す。
これじゃ、相手に『時間』をあげて『守りやすく』させてあげてるのとおんなじだよね。

『俺かな?』って感じで、慌ててプレーをしても良いプレーはできないしね。
とっさのプレーにしても、止まった状態からじゃないハズ。
いろいろ考えて、動いて、チャレンジしての繰り返しが経験値になって、次のプレーに生かされるんじゃないかな?

ヒロトの得点シーンは、スピード感があったし、予測・準備してたのがわかったよね♪
みんな、すべてのプレーが遅いワケではない。
だからこそ、『もったいないなぁ』って思ったかな…


サイドバックのニシ・ショウタロウ、ボランチのタイセイのプレスはかなり効果的だったよねぇ(^o^)
あんなに体を寄せられると、相手はイヤだろうね。センターバックのリュウノスケ・マサシはしっかりフォローに入れてたし、落ち着いてた(^з^)-☆やりやすかったんじゃないかなぁ♪♪♪
MVPはショウタロウだったけど、DF陣はみんな気合いはいってたね(≧m≦)

GKリョウスケはかなり技術が上がってる!!
特にキャッチングは安心感◎
常に『動いてる』からか、余裕すら感じさせてたよ(┓^ω^)┛))


今週末には、『百合台招待』があります。
どの大会・試合もそうだけど、『もう一回』は無いんだよね。
勝ち負けの前に、『その時のベスト』を出し切ったかどうかが重要☆
今大会の最終試合では、その面ではかなりもったいない。
4試合目だから飽きちゃったのか、疲れたのか…
絶対もっと戦えたハズだよ!!
試合中もそうだけど、ベンチに戻ってきた時の顔つきが『やりきった感』が無かったもん…
イナズマカップではできたんだから、百合台招待でもできるよ、きっと♪♪♪






最後になりましたが、大会運営に携わったみなさん、、対戦チームのみなさん、ウイングスファミリーのみなさん、ありがとうございましたm(__)m


今週末も行くよ♪♪ の祐作 記




コメント (2)

六年生 ~卒団~

2013-03-23 19:41:13 | ウイングス
今日、3月23日がウイングス6年生の練習最終日。(24日は地域のマラソン大会に出席の為)

祐作コーチは、2・4・5・6年生と4年間もみんなとサッカーができました(^-^)v
サッカーの技術や理解、集団行動での個人の成長を間近で見られたし、一緒に苦楽を共にできた事に感謝、感謝♪♪
『送る会』では、口下手なんで上手く感謝を伝えられず、最後のブログにて思い出と共に少しダラダラと…


攻撃的な選手が多いこの学年。

ピンチの多いウイングスゴールを守ってきた、GK・DF陣から。

DFラインが高かったから、ペナルティエリアの外どころかハーフライン付近までが守備範囲の『超攻撃的なGK』のヨッシー♪♪♪
5年生の時の『栄町長杯』での酒々井FC戦が印象的。ほぼ相手ペースだったし、ピンチだらけの試合。ヨッシーが何点分のピンチを救ってくれただろう。結果、ウイングスがワンチャンスをモノにして1-0と完封!!
この試合からじゃない?ヨッシーがウイングスの『守護神』としての覚醒が始まったのは。
どの試合も常に声を出し続けてチームを盛り上げてくれてたね(^^)d
永井杯では、壁の指示もマスター(?)できたしね♪

もう一人のゴールキーパー、ハルカ。
『野性的』な守備が持ち味♪
顔でも腹でもどこでもいいから守る!!みたいなプレーには誰もが敬意。
瞬間的な読み?反応?はピカ一♪♪
ヨッシーとはタイプが違う事もあってか、ホント良いライバル関係になってて、お互いに成長していく姿には感動(T-T)

チームの『まとめ役』、コウシロウ。
センターバック・ボランチと、真ん中で体を張り続け、ウイングスの土台としての存在感があったね(^-^)v
展開力もあるし、頼りになる一人。
ヨッシーとのやりとりもベンチからは『名物』として楽しみだったよぉ♪
守備・戦術の理解度はダントツNo.1だね!!

『特攻隊長』、ショウ。
ショウのポジションは、接触プレーや体を張って守る事が多かったと思うけど、一度も倒れなかったよねぇ(^m^ )
『痛みよりボール!!』みたいな?まさに『闘神・ショウ』
さらに、リフティングがチームNo.1♪♪♪
あの短期間での急成長は、かなりの努力だったんだろうなぁ(^o^)/

『ヘディング』と言ったら、シュウセイ。
4年生の合宿だったか、北澤コーチの鋭いコーナーキックをバッチリ合わせてゴールしてからは、プレスキックの時はみんなで『シュウセイ、上がれ!!』のウイングスの武器になってたねぇ(≧∀≦)
攻めのポジション希望のシュウセイらしく、『FW気質のDF』として、ガンガン上がってサイド攻撃に厚みを作ってくれてたね♪

まさに『発展途上』のリュウキ。
みんなより経験値が少ないながら、高いポテンシャルで急成長中!!
中学で化けてほしいねぇ♪期待してるよ♪
あのFC根郷戦での、オーバーラップは完璧だったしね(^з^)-☆
ホントに試合の度に成長が見られたし、みんなの良い刺激になってくれてたよねぇ♪♪♪

ムネタカが初めて練習参加した時の、ミニゲームでは、いきなりのダントツ得点王!!『新星、現れる!!』って感じだったよねぇ(^q^)
あと、体の使い方がすごく上手い♪
いろんなポジションをやってもらったけど、あのスルリと相手とボールの間に体を入れるプレーでの守備はかなりGood!!だと思うなぁ(^_^)


『もってる男』、トキヤ。
あの運動量とスピードで、中盤を良くも悪くもひっかきまわせるのはスゴイの一言♪♪♪
チームを鼓舞する声かけは、ウイングス全体の成長の『核』だったね(^o^)
さらに、藤崎SC戦での決勝点みたいに『何か』欲しい時に、何かをやってくれちゃうトキヤにはベンチはいつも(いろんな意味で…)ワクワクしてましたぁo(^o^)o


サラリと『美技』を魅せるユウト。
事前にいろいろ考えて動いてるから、ボールを持った時には、『ユウトの時間♪』みたいな?なんか、もうすでに『大人』だったねぇ(^_^;)
多分みんな、『ユウトに負けたくねぇ』って思ったんじゃないかなぁ?コーチ陣含めてね(汗)
ジュニアユースでは、もっとワガママなプレーも見たいなぁ(^o^;)


レノンは『妄想ファンタジスタ』。
『球』の扱い方のセンスはピカ一だね♪♪♪
イメージ通りにできた時のプレーは、サッカー的に『エロい』って感じだったよ(??∀??)
最後らへんは、『泥臭さ』も出せてて、前めでの体を張ったプレーが起点になってたよねぇ♪
基礎力を高めて、『ファンタジスタ』になりきれよぉ♪

『ボールに好かれる』ユウタ。
ユウタのいるトコロに球が来るのか、ユウタが感じてるのか。
こういうのは、練習で身につくモノじゃないからねぇ(^^)d
ハイボールに強いのも特徴だしね♪♪
あと、『レフティ』なのに、『頭』と『右足』で得点を重ねてたのが素晴らしい!!
実は、ストライカーはユウタだった…?(^^)v


ショウセイは『オールマイティー』な選手。
そつなくこなす、というより『何でもできる』っていうイメージだね♪♪
なかでも、相手DFの裏を取る動きは秀逸。
前線でサバけるようにもなってきて、プレーの幅が広がってきてたね(^_^)
エステレーラ戦での得点は、興奮してベンチで思わず『大騒ぎ』しちゃったよ♪♪


『頼れる男』、ミツアキ。
FWとして出れば、得点に絡む♪
DFとして出れば、相手キーマンに仕事をさせない♪
MFでは、攻守にわたって、チームのサポート♪
『大人』になってきたミツのプレーは、『できる事』と『やりたい事』、仲間に『求める事』と『サポートする事』みたいな感じで、全体を考えてるなぁ、ってのがよくわかったねぇ(^^)d
JSC CHIBA戦や成田FC戦では、ミツも『もってる男』だったね\(^_^)/

ユウマは、『職人』だったよねぇ(^_^)/
『ユウマゾーン』に球がはいると、みんな『職人技』に期待しまくってたし、足元の技術はかなり高い!!
省エネなユウマ。でも『詰め』のシーンでは、フィールド内の21人が止まってても、必ずユウマは走り出してたし、その得点も多かったよね♪♪
その『嗅覚』的なモノは大事にしなよぉ♪♪♪

怪我でかなり悩まされたタケル。
ベンチから見てる時も、藤崎SC戦の3分間でも、『冷静』&『ハイセンス』。
フィールド内で、あの『落ち着き&安心感』は、なかなか出せないよ(^^)v
しっかり治して、中学サッカーでも『クール』なプレーに期待してるよぉ( ゜∀゜)o彡゜

と、ホントはもっともっと書きたいけど、長くなりすぎだね…( ´_ゝ` )=з

いろいろ書いたけど、

『祐作コーチの方がまだまだスゴい!!』
ハズ… かな…?

だから、たまにはウイングスに遊びに来て、
コーチ達に『さらなる成長』を見せにきなさい!!!(笑)(笑)

もちろん、サッカーを続けてくれて、良い報告が聞ければ嬉しいけど、ただ遊びに来て一緒に球蹴りするだけでもいいしねぇ♪♪♪
卒団しても、いつでもウイングスは君たちのホームだからねぇ\(≧▽≦)/\(≧▽≦)/


こんなに、個性的なメンバーが揃っていたのに、『てっぺん』からの景色を一緒に見られなかったのが最大のやり残し…
ただ、『上手い』から『強い』チームになれた永井杯。あれが最後の大会だったのが、救いかな。
みんなは、『やればできる!!』

一人じゃ難しい事もあるだろうけど、仲間がいるんだから助け合える、1+1がいくらにでもなるのがサッカーだよ!!
これは、いろんな事にも通ずると思います。

『仲間』、これは一生の宝物。
ハセママやコーチ達もその仲間だし、困った事でもあったら『話』をしに来なよ(^^)v

と、また長くなりかけた…


とにかく、祐作コーチは、ただただ楽しかった。ホントに楽しかった。みんな、ありがとう~(ノ^▽^)ノ~~~~


最後になりましたが、これまでの練習・大会・練習試合・イベントの企画・運営・送迎など、、ウイングスファミリーのご協力に感謝しますm(__)m
楽しい時間をめちゃくちゃたくさん過ごせ、めちゃくちゃたくさんの思い出ができました。
ありがとうございましたぁ\(^o^)/




いつも以上に長文失礼しました…
2012年度 6年生担当コーチ 祐作 記

コメント (2)

六年生(最後の大会) ~3月9日 永井杯~

2013-03-11 21:50:10 | ウイングス

泣いても笑っても、この六年生にとって最後の大会「永井杯」に、参加してきました
もちろん、全員の15名で。

永井杯は、96チームが集う大きな大会。3/9 は各予選会場(16会場)で、3チームによる予選リーグが2つ組まれ、各リーグの1位同士で、会場代表を決める日でした。試合は20分ハーフ(20-5-20)。得失点差等を考えなければ、3連勝すれば 3/16 の決勝トーナメントに進めます。1試合でも多く、このメンバーでサッカーを楽しみたいよね。。。 さあ、行くぜ

ちょっとだけ前振り。千葉市 松ヶ丘小学校会場でしたが、同じ予選リーグには、千葉県でも有数の強豪「藤崎SC」、同じ会場のもう一つのリーグには、全国ベスト8の超強豪「JSC Chiba」がいました。 選手達は、強者揃いの中で戦えることもあり、気分はMAXでした

☆ 予選リーグ1試合目: vs 小中台FC ☆
初戦ということもあり、前半は固さが抜け切れていなかったかな。
前半5分に1点先制はしたものの、その後はキーパーとの 1対1 を外したり、フリーの状態でシュートしてるのに、枠を外したり
ディフェンス陣は、頑張って失点の気配は無いので、もう少し落ち着こうよ
1-0 で前半は終了。
ハーフタイムで、「自分達のサッカースタイルを貫こう!焦るな!」との祐作コーチの気合いが入り、後半スタート。
後半はパスも回り出し、後半立ち上がりで立て続けに得点。そのまま勢いに乗って、後半は5-0  6-0 で快勝でした。
この試合で良かったところは、全員の運動量が豊富でパスコースを作り易くしていたことや、周りからの声がよくでていたことかな。
ピンチもチャンスも、周りに何をして欲しいかが、徹底されていた。チームとしてまとまった感があったね
この勢いを、次戦に持っていきましょう

☆ 予選リーグ2試合目: vs 藤崎SC ☆
前述の通り、相手は強豪
それなのに、とある事情で 急遽 2名が出場できず
全員で戦いたいこの大会。この試合で終わらせるわけには行きません
Here we go!

前半、個人技で勝る相手は何度となくサイド攻撃や、細かいパス繋ぎで攻めて来ましたが、ウイングスの集中力は凄まじかった
ボール支配率は 30:70 位だったけど、文字通り全員でディフェンス。そこに時折みせるウイングスのカウンターがあって、チャンスは少なからずあったが、相手もそれを警戒している。
コート中盤での攻防は「胃がキリキリ痛む」。でも、見応えがあったな~。 0-0 で前半終了。
過去最高の集中力+体を張ってたよね。
選手の顔には、疲労感と同時に充実感が漂っていました。
ハーフタイムは、選手同士でポジションの修正指示や、要望が話されていた。成長したね~。
さあ、後半開始

後半も立ち上がりから、過去最高の集中力+体を張っていて、「本当にウイングスか?」と思ってしまうほどでした。後半のボール支配率は 35:65 位、後半15分まで 0-0。
相手方のフリーキックのピンチも、ヨッシーの完璧な壁の指示(たぶん、初めて?)と、ディフェンス陣でしのいだ。ここまで、頑張ったことで流れが来た!
ミツからのロングボールをつないで、最後はトキがほぼフリーの状態から決めた 1-0 で勝ち越し
ここで、ケガで長期離脱していたタケルの出番、3分間の出場ながらナイスパスを連発。そして、 1-0 で勝利
アディショナルタイムの1分間が長く感じたな。。。
会場代表決定戦へコマを進めました。

出場メンバー全員が、実力以上に頑張れていた。周りからの声がよくでていた。
チームとしてまとまった感が、1試合目以上に出ていた。
次の試合は、この試合に出場できなかった2名も出場できます。文字通り「全員」で臨むぜ

☆ 会場代表決定戦: vs JSC Chiba ☆
前述の通り、相手は全国ベスト8 の強豪 でも、全く臆する態度が無いのは、ウイングスの良いところ 緊張感というよりも、状況を楽しんでいるモード。
Here we go!

藤崎SC戦同様、前半、個人技で勝る相手は何度となく仕掛けてきましたが、藤崎SC戦かそれ以上の、過去最高集中力+体を張ったプレーで、凌いだね
JSCさんは、ドリブルが多かったので、それを二重、三重のディフェンスで、止めて、自由にさせなかった。 ベンチでは、緊張感で逆に笑顔が出てしまった   0-0 で前半終了。
ハーフタイムでは、さずがに疲労感が漂っていた。傷んでいる選手もいたけど、やる気は十分。
しかも、この試合もハーフタイムでは、選手同士でポジションの修正指示や、要望が話されていた。コーチは、何もできませんよ。成長したね~。
さあ、運命の?後半開始

相手ベンチのコーチ指示も結構、厳しくなってきて、JSCさんのメンバーに必死度も伝わってきた後半8分、本日初失点 0-1
「下向くな! まだまだ時間はあるぜ!」とベンチから声をかけたら、「あたり前でしょ!」というような顔つきの選手達。。。 成長したね。

コート中盤での攻防が更に激しさを増してきた後半12分に、ミツが決めました。1-1の同点に追いつきました
先制されると、圧倒的に弱かったこのチームが粘りましたね。
その後、3本の相手フリーキックをも凌いで、後半終了。
同点なので、会場代表を決めるPK戦に突入です

PK戦は時の運。。。 どうなるかは判りません。ドキドキで見ていましたが、残念ながら 2-4 で、会場代表にはなれませんでした。
でも、間違いなくこのメンバーでのベストゲームを、最終大会に持ってきた
今日の経験は、今後にも絶対プラスです。
コーチは、今思い出しても「涙」ですよ。感動で。
今日は全員が MVP 
チームとしてまとまった感が、ここまであったのは初めて

前週の「卒業合宿」が一体感を、更に呼び込んだのかもしれませんね

最終の大会で、ここまで楽しませてくれた選手達ありがとう。。。最高だね、君たちは。
最後になりましたが、大会運営頂きました皆様、対戦頂いたチームの方々、ありがとうございました。保護者の方々、スタッフの皆様、ありがとうございました。

6年生担当コーチ 川口 記

P.S. 翌日(3/10)のチーム練習は、コーチも選手も気が抜けてたな~。仕方ないか~。

コメント

3年生 ~3月9日 マクドナルド・キッズサッカー 3年生大会~

2013-03-11 17:17:38 | ウイングス

3月9日、千代田ライガーさん主催のマクドナルド・キッズサッカー3年生大会に参加してきました。

この大会は、8人制の大会となっており、形式としては、9日は予選のリーグ戦という事で、4チームで1リーグの組み合わせとなり、リーグ内で上位2位までが翌日10日の決勝トーナメントに進める方式でした。

3年生はいつも人数が多いという事情がある中、今回2チームエントリーが出来て喜んでいたのですが、そういう時に限ってお休みのメンバーが多く・・・
結局、2年生から、ミユウ、ダイキ、リョウゾウ、ユウキの4名にヘルプで来てもらい、挑んできました。
チーム編成及び試合結果は、下記の通りです。

【Aチーム】
ユウセイ、マサル、キョウヤ、カケル、リョウ、コウスケ、アキト、フミヤ、ケイスケ、イブキ、ヤマユウ

◆Aチーム試合結果
第1試合 VS 千代田ライガーA     0-3 敗退
第2試合 VS エスフェローザ八千代  1-0 勝利
第3試合 VS ポカルスFC        0-3 敗退   1勝2敗でリーグ戦敗退

【Bチーム】
タクヤ、シュウゴ、トモキ、シュウタ、ウスユウ、ジュン、ツヨシ、ミユウ、ダイキ、リョウゾウ、ユウキ

◆Bチーム試合結果
第1試合 VS 北習志野FC B   0-2 敗退
第2試合 VS 村上SC        1-5 敗退
第3試合 VS 千代田ライガーB   1-1 引分    2敗1分でリーグ戦敗退

今回、Bチームを担当していて、第1試合、第2試合と、AチームとBチームの試合が重なっていたので、Aチームの試合は第3試合目しか見れませんでしたが、その試合を見た感想としては、ハッキリ言って全然動けていなかったね
特に、自陣や中盤あたりで相手からボールを奪った時に、フリーになってパスを受けようという動きをする人間がほとんどいない。ほとんどの人が、その時立っている場所でボールを受けようと待っている。
守備面でも、いつものように相手のドリブルに簡単に足出すだけで、抜かれても取り返そうという動きも無く、ゆっくり戻っていたり・・・。
厳しい事を言う様だけど、そういう『動けない』『走れない』試合をしているようじゃ、良い結果なんて残せるわけ無いよね。
学年最後の大会で、最後の試合の出来としては、非常に残念な試合内容でした。

Bチームの試合については、2年生4人が非常に躍動感あふれるプレーを見せてくれました。特に、第2試合目にドリブルで相手DFを抜き去り、最後に相手GKまでも抜き去って決めたリョウゾウのゴールと、第3試合目のミユウのドッカンミドルシュートは圧巻でした
守備に関しては、3年生メンバーを中心に組み立てましたが、やはりディフェンスの仕方が甘いというか何と言うか・・・。
別にDFが前線へ上がってはいけないという事はないけども、DF全員上がってしまったら、DFの位置に誰もいなくなるでしょ。
もし1人でもDFの位置に残っていたら、もう少し失点が防げたかも。皆、ボールに集中しすぎて、ボールを追うのは分かるけど、『バランス』というものを考えないとね。
でも、3試合ともよくボールを追えていたし、第3試合目の前にコーチが話した事を理解してくれたのか、第3試合目は『誰にボールを蹴ったのか?』『どうしてそういう動きをしたのか?』がとても明確で、良い試合でした。

3年生としては、最後の大会だったので、決勝トーナメントに残り、良い成績を残したかったのですが、2チーム共に残念な結果となってしまいました。
結果は仕方ないとしても、結果を受けて『悔しい』と思った人が何人いるか、その人数が多ければ多いほどチームは強くなると思います。

3年生最後のブログなので、本当は1人1人に一言と思ったのですが、人数多いし、長くなるので、止めておきます。
もし、自分の分だけ、『コーチからの一言』を聞きたい人がいたら、いつでもコーチに聞きに来て下さい。

最後に、大会主催の千代田ライガーさん、対戦チームの皆様、有難うございました。
また、保護者の皆様、チームスタッフの皆様、ヘルプに来てくれた2年生4人、本当に有難うございました

3年生担当コーチ 片桐 記

コメント

四年生~3月2日、3日ブロック交流大会~

2013-03-07 21:47:43 | ウイングス
遅くなりましたが…
3月2日、3日にブロック交流大会に参加してきました。


休みはタイセイが2日間休みでタカヒロが土曜日休みでした。

土曜日は

予選 成田FCナポリ 1-1 引き分け
   高津レッド  0-4 敗北

順位決定戦 クレンサ栄 3-2 勝利

この日は予選3位で通過し順位決定戦では勝ち結果6チーム中5位。
結果は良くなかったのはもちろん内容もうーんって感じ…でした。
1試合目は相手の人数も少なくて数的優位だったのに勝ちきれなかった。前半は比較的よく出来てたけど後半はロングボール1本でやられてDFはあれだけ風が強かったらもっと警戒しないとね。

2試合目はセットプレーで失点。マークができてないのと試合序盤だったのか足が止まってた。全然防げた失点。
2点目は相手がうまいのもあったけどそこから一点でも取り返すとか気持ちがなくなりすぎ。
後半も2失点。ポジションをちょっと崩してやったので難しかった場面もあったかな。けどよく2点で防げたのかな。

3試合目は前半にいい形で点を決めて良く出来てるのかなって思い、後半は無失点で抑えるってハーフタイムで確認したのにまさかの2失点。全員が攻め気なのはいいことだけど自分勝手にドリブルしたりオーバーラップしたりしてカウンターに警戒しなくなっちゃうのは違うよね。前半3点勝ってるだけで試合には勝ってないんだから試合の最後まで集中しないと!!


日曜日は
予選 成田FCミラン 2-1 勝利
   大和田アズーリ 1-0 勝利

順位決定戦 エストゥーロ 1-0 勝利

予選1位で通過し順位決定戦でも勝利し見事優勝!!!
内容も良くも悪くも収穫がありました。
1試合目は先制して追いつかれ勝ち越すというあまりなかったパターンでの勝利とセットプレーでユウスケのきれいなヘディングシュートでゴールが決まり勝つことができたね。ただ失点がコーナーキックでやられてしまい前日同様のやられかただったのでこれはやっぱり課題だね。

2試合目は先制したあとなかなか追加点がとれずDF陣も後半足が止まり攻められる場面が多い中リョウスケ、リクト中心に最後のところでなんとか体を張って防いでいて頑張りが見えたかな(^。^)
辛勝でした…(>_< )

3試合目は勝てば優勝ということでモチベーションが高かったものの…。序盤から押し込まれる場面が多くなかなか自分たちのやりたいことができず難しい試合。攻撃も単調で迫力に欠けてしまいいつもの悪いパターン。それでもDF陣が頑張り、プリヤのゴールで先制しそのまま試合終了。そして優勝!(^^)!

四年生になって市長杯やウインターズカップでは決勝で負けてしまい悔しい思いをしてきて一応4年生最後の大会で優勝できたのは選手達はもちろん嬉しかっただろうしコーチ達も嬉しかったです。全部ギリギリで勝てた試合だったしそういう試合を勝てたのは大きいよね。今までが「あと1点」とか「あちょっとで勝てた」っていうのを経験しているだけにね。この日の全体の内容としても少しずつ崩しの動きがでてきてうまいなぁと思うのも何個あって良かったかな。ただ実力が同じや上の相手とかとやるときこそ単調になるんじゃなくて自分たちのサッカーをやってそこで成功して自分のものになるんじゃないかな。だから最後の試合はちょっと心残りがあるけど…。


そしてたぶん4年生としてのブログを書くのは最後だと思うので最後に一言ずつ…
ハルト キャプテンとして1年間チームをよく引っ張りました。プレーも安定していて良かったよ。
リョウスケ 4年生チームの守護神として活躍したね。チーム全体が1番見えてるんだからもっと声がかけられるようにならないと。
タイセイ DFリーダーなんだからもっと強気でいてほしいのと、そして狙ってオフサイドがとれるようになれるといいな。
リクト 最近1番伸びてる選手かな。守備でも体を張って1対1でも負ける場面が少なくなったね。
ソラ もっと基礎の部分を丁寧にやることと攻めあがるタイミングとかもっと良くなればもっと上手くなれるよ。
トモヤ もっと人に当たることとボールを持った時に何がしたいか明確になれば良くなると思うよ。
ソウタ トップ下で攻撃だけじゃなく守備も献身的でいいね。味方がボール持った時にかおを出す回数が増えるといいな。
マヤ 今回の大会だけ見ると良かったけど全体として見るとまだまだかな。期待の選手の1人なのでもっと泥臭く頑張ってほしいです。
レン ドリブルもキレてるし裏へのとびだしも悪ないけど決定力が上がってきてほしいな。あと身長ね(笑)
プリヤ 最近色々考えてプレーしてるのが伝わってくるね。1人よがりなプレーが減ってきて周りをうまく使えてるしこれからに期待できるね。
ジュンヤ 最近サッカーが楽しめてる感が伝わってくる。もっと止める、蹴るの基礎ができてくるといいな。
リュウスケ プレー自体は全然悪くないしもっと経験を積んで自信が持てると上手くなれると思うな。
ユウジ 途中怪我で離脱しちゃった分基礎がおろそかになりがち。ボールへのしつこさももっと欲しいかな。
ユウスケ 最近はFWとしてプレーして点も決めてるけどチャンスの数からしたら少ないなぁ。1回のチャンスをもっと大事に!!
ヤタカ 前から敵にプレッシャーを与えてチームの為に頑張れるところがすばらしい。自分の特徴をふまえてプレーできるともっといいな。
リン FWで点をとってきたり頑張ってるかな。もっと敵選手にプレッシャーを与えたり嫌がるプレーをしてほしいな。
ショウタロウ すごい情熱家かな。ベンチでも1番声を出しているし、試合に出たい気持ちが強いよね。だから試合にでたとき自分が何をしたいかをもっと考えてほしいかな。
ハヤト もっと自分がどういうプレーをしたいのかを考えるのと自信が持てれば良くなるとおもうよ。
タカヒロ タカヒロも試合でもっと自分を出してやりたいことを見つけて基礎力が上がれば良くなれるよ。

てな感じで長文失礼しました(>_<)

最後に対戦してくださった相手チームさん、会場設営してくださったチームのみなさん、ウイングス父兄、スタッフ風が強くて寒い2日間お疲れさまでした。

四年生 担当コーチ 大斗 記 

コメント (1)

六年生 ~3月2日・3日 合宿・卒業記念大会~

2013-03-06 17:46:51 | ウイングス
3月2・3日は、茨城県神栖市波崎にて合宿を兼ねての、卒業記念大会に参加してきましたぁ(^o^)v

学校行事と重なった為、ハルカがお休み…(T-T)



大会について。
『優勝』にあと一歩、が多かったこの学年。
ウイングスとしての活動が残りわずかになり、『思い出づくり』の楽しい合宿にする事はもちろんだけど、『優勝』を目指してのバチバチした大会にしよう!!
と、気合い十分で会場に向かいましたぁ(≧m≦)


1日目は、3チームによるリーグ戦。
第一試合、八原SSS・A(茨城)戦。
ユウトの鮮やかループシュートで先制したものの、前半のうちに追いつかれ、後半は3失点…
結果、1-4で黒星スタート。
チャンスは作れていたし、ウイングスの時間帯はそれなりにあった。ただ、ウイングスは『確実性』に欠けたプレーが多く、バラバラというより『ギクシャク』したまま終わっちゃったかな?
(数人、慣れないポジションをやってもらった事はあるにしてもね)
止める・蹴る・競る・走る・声を出すの一つ一つが『雑』だと、その先のプレーはできないよねぇ( ̄Д ̄;)


第二試合、岩槻SSS(埼玉)戦。
ウイングスは『プレスの早いチームに弱いねぇ』、って感じかな?
開始早々から、相手の寄せに圧倒されて受け身になってしまい、ウイングスの時間帯がほとんど作れなかったね…
もちろん我慢の時間はある。だけど、このチームは『受け』じゃなくて『仕掛けて』いかないと。
ミツの神風フリーキックで一点返したあたりは仕掛けてたし、だから相手陣内でフリーキックを得られたんじゃない?
結果は1-2で負けだったけど、点差以上に力の差があったかなぁ(*_*)


2日目、
最初の目標とは違っちゃったけど、『交流トーナメント』での優勝を目指すよぉ♪♪
トーナメント一回戦、P.F.P cume戦(埼玉)。
開始12秒で失点。さらに3分にも失点。さらに1失点して前半終了。
ミスはしょうがない。自分のミスを取り返そうとして気負い過ぎちゃうのもわかる。
ただ、『焦り』を伝染させるようなプレーはいただけないね。
後半はディフェンスからチームの締まりが出てきて、チャンスもちらほら。期待できそうな感じだったけど、終了間際に失点し、結果は0-4で負け。
後半は、やっと少し『らしさ』が出てきたかなぁ、って感じ。
イイ時のみんなを見てるから、もっともっとできる!!って思った。けど、相手が強い中で、ハーフタイムで気持ちをきりかえて『らしさ』が出せた事は成長だね。

フレンドリーマッチ、カマラッサ勝浦戦(千葉)
この試合は、『意識』が違ってたね(^^)d
まだまだギクシャク感が残ったままだったけど、『やろう』としてたのが伝わってきたねぇ(^з^)-☆
結果も、3-0と無失点勝利♪♪♪


2日間通して、
コウシロウは安定感あったねぇ。相手の攻撃を『遅らせる』ってのをホントに理解してるし、実践してる。
おかげで、コウシロウから始まるディフェンスはチームで守れてる感があったね。

ユウトは、ボールをほとんど失わない。チャレンジとキープが明確だからだね。ボールをもらう場所も考えて(展開を予想して)『動いてからもらう』から余裕ができる。

ムネの『散らすプレー』はチームに厚みを。もっと『チャレンジ』プレーをいれても面白かったかもね。


全体的に課題は、やっぱり『止める・蹴る』だね。フリーな状態でも雑。なんでかな?
ダイレクトプレーも多いのも、『止める』事から逃げてるだけの場合があるような…
『ダイレクトでやろうとしたから失敗した』とか『ダイレクトだからちょっとズレても大丈夫』みたいな?
ダイレクトだって丁寧にやらなきゃ意味ないでしょ。急いで雑になって失敗するなら、丁寧にゆっくりの方がいイイんじゃない?(ん~、上手く言えてないけど…)


それと、相手もイメージしてる・対応してくる事をもう少し考えるとイイと思うよ。
自分達のイメージはかなりイイ感じでできてきている。

ただ、ドリブルで突っ込んでいく。ゴール方向にパスを送り続ける。
こればっかりじゃ難しいんじゃない?
二人かわしたのに、一回後ろ・横にパス。とか、
外から中にパスがはいったのに、もう一回外を使う。とか、
ポストプレーばっかりだったのが、いきなりゴールに向かう。とか、
みたいな?(もちろん、チームのセオリーや流れはあるから、ワガママプレーとは違うよ)

自分達もそうでしょ?相手のプレーをみて、対応していくし、「こうくるかも?」って対策練るでしょ。
そこを突破していくのも大事。むしろ、イメージ通りにいければ最高でしょ。
でも、アイデアをひろげていくのも面白いんじゃないかな?
判断ひとつで劇的に状況が変わることもあるし、それは『逃げ』じゃないよ?
どうしても突破しなきゃいけない場面もあるし、主導権争いもあるけどね。
(これも言葉で表すと難しいね)


っと、この時期にまで愚痴っぽく…(^_^;)








ウイングスとしての最後の大会、永井杯が今週の土曜日にあります。
この仲間とできる最後のバチバチ。
1試合でも多く、一秒でも長く濃密な大会にしようねぇ(ノ^▽^)ノ~~~
最後のホイッスルの時、「もっとやっていたい」とか「もっとできたかも」はあると思うよ。みんなはまだまだ成長期。常に基本はしっかり、チャレンジは忘れずに☆
最後の試合中にも成長できるからね(^^)v
ただ、それぞれみんなのプレーをそれぞれが目に焼き付けられるような、ウイングスの仲間は
最高だぁ♪♪♪
って思えるような『らしさ』全開の試合をしようぜぇ( 'Θ')ノ~☆
目指せ、フクアリだぁぁ~~ε===(っ≧ω≦)っ


最後になりましたが、合宿・大会の企画運営をしてくださった皆さま、対戦してくださったチームの皆さま、ウイングスファミリーの皆さま、楽しい2日間をありがとうございましたm(__)m

六年生担当コーチ 祐作 記

コメント (1)