FCウイングス

FCウイングスのブログ
コーチ、父兄、選手、OBの思いがつまったブログ!

5年生 県大会 1次リーグ

2017-11-19 19:41:11 | ウイングス

県大会 1次リーグ

1試合目  対 蘇我SC 0-3

県大会独特の雰囲気、緊張感の中初戦。

相手は夏頃に一度TMをしてもらった相手でした。

前半はうちのペースでゲームを進めていましたが、

なかなか点が取れない前半。お互い球際は激しく、

観ていても、面白いゲームだったと思います。

しかし、決める所をしっかり決めれない嫌な雰囲気。

逆に、相手は前半0-0でオッケーの展開。

後半は、

点が取れず焦るウイングス。

後半勝負の蘇我SCさん。

勢いは、相手にありました。

カウンターから裏を取られ、

サイドから中へのパスに合わせてゴール。

この失点から立て続けに2失点。

万事休す。

2試合目 対 大久保SC 0-1

敗戦からの試合で、試合への入り方が不安でしたが、

選手達は上手く試合に入っていきました。

この試合でも球際への寄せも厳しく、

選手達は勝利を目指し戦ってくれました。

どちらが先にゴールを決める取るか、

1点取った方に、試合が傾く。

そんな感じの試合でした。

しかし、ここでもうちはノーゴール。

こんなにゴールが取れない選手達を観るのは

初めてだと思います。

それだけ、相手も必死だし、

県大会の1点とは価値がある物だと思います。

 

2試合通して、10回やって10回負ける相手ではなかったと思います。

その勝てる回数の時に、選手を持っていってあげれなかったのが

自分のコーチとしての力の差、力の無さ、だと痛感しました。

選手のみんなも3回自分に「なぜ」と考えてみてください。

なぜ、負けたのか?点が取れなかったから。

なぜ、点が取れなかったのか?シュートが打てなかった。

なぜ、シュートが打てなかったのか?ラストパスがズレた。トラップがデカくなった。

そうやって、自分で問題点をだし、自分で解決してみると、

自分は何が出来なかったのか、それに対してどうすればいいのか。

きっと出てくると思います。

いつものトレーニングの時に、トラップを数十センチ単位でこだわるのか。

いつものトレーニングの時に、パスの質、スピードをこだわるのか。

自分の意識次第で普段のトレーニングが数倍変わると思います。

それが出来る選手ってのが、ここからまた伸びていくのだと思います。

まだまだ大会など続くので、これからもチャレンジしていってもらいたいです。

支部予選、ブロック予選、ブロック順位決定戦、県大会、選手のみんなに

ここまで連れてきてもらえて、コーチは嬉しかったです。

最後になりましたが、大会関係者、対戦チームの方々、ウイングスファミリーの

皆さんいろいろとありがとうございました!

5年担当コーチ 平田        記

 

コメント

5年生5ブロック順位決定戦を終えて

2017-09-26 18:41:26 | ウイングス

5年生5ブロック1位で突破しました〜!

対戦相手がベストであったかは別として

1位で県大会に出場は良かったと思います。

ここまで連れてきてくれた選手達に感謝です。

そこで、5ブロック順位決定戦を戦った

選手それぞれにコメントを。

ヒラタガゼッタソポルト

ひろと  7.5

相変わらず、キャッチングやセービングは安定。

後ろからの声もよくし出し、守備陣を安定させた。

前への飛び出しも勇気を持ってチャレンジしていたが

まだ、足元のボールの処理が自信なさそう。

失敗を恐れずもっとチャレンジして欲しい。

パントキックはだいぶ良くなり、これからに期待。

りくお 7.5

キャプテンとしてチームを引っ張る事に悩んだのか

試合序盤は緊張感が抜けず、ミスを多発。

もっと強豪相手になるとそのミスから失点をし

さらに下を向いてしまう事になりかねない。

しかし、試合が進むにつれ緊張感が抜けてきてからは

キャプテンとして、DFとしてチームをまとめ

DFラインをまとめ全試合完封勝利に貢献

今後は試合の入り方を克服し始めから積極的なディフェンスが

出来る様になる事に期待したい。

りゅうご8.0

ハードワークで相手に仕事をさせない所はさすが

抜かれても、必死にくらいつきピンチを潰してチームに貢献

夏の合宿頃から1対1に抜群に強くなった感が。

スタメン落ち、トレセンなど苦い思いをして

一回り成長した感じ。ボールを取ってからの攻撃

ボールのない時の攻撃への意識をもっと高く持つと

相手にとって怖いDFになれる事に期待。

しょうご7.5

市長杯に続き、慣れない左サイドハーフのポジションのなか

得意のドリブルで相手を翻弄する所はさすが

キックも正確でコーナーキックも徐々に

チームの武器になってきている。

慣れないポジションだったがしょうごなら

上手くやってくれるだろうと期待に見事に応え

負傷選手の穴を完全に埋めてくれた。

試合後半になってくると、だんだんと足が止まってきてしまい

守備のラインを形成出来なくなる時間帯も

今後、必要な時に必要なだけ動くという判断を

身につけ、攻守に活躍出来る事に期待。

れんと7.5

相変わらず中盤での激しいプレスは見事

危険を察知して守備にまわり、

相手の攻撃を速めに潰して未然にピンチを防いでいた

ボールを奪ってからの展開力は

以前より高くはなったが

ファーストコントロールをもっと大事にすれば

もっと楽にボールをさばけるはず

中盤からの攻撃参加は相手に怖さはあるが

フィニッシュの正確性が低く、

追加点をなかなか取れず、追加点をもっと取れれば

ゲームをもっと支配できたと思う。

1つ1つのプレーの質を上げられるかが今後の課題

はると7.5

中盤でのキープ力は、チームの上がるタイミングを作り

チャンスを演出。ドリブルからのサイドへの展開などもあり

相手に的を絞らせないなど、終始中盤を支配。

ドリブルでの中央突破なども試みて積極的な姿勢も

ドリブルやフリーランニングにもっと緩急をつけ

相手DFやMFともっと駆け引きをすればもっと

自由なプレー出来る時間が増え

チャンスを演出し自らゴールも狙っていける

もっとスピードにこだわってプレーする事に期待

しゅんすけ8.0

ウイングスのスピードスター

サイドでの存在感は他を圧倒。

さらに攻撃だけでなく守備でもハードワークをサボらない所は

観ていて気持ちのいい選手。ゴールが欲しい時には

必ず取ってくる所はさすが。あとは、この先

自分より足の速い相手にどれだけ引き出しを持っているかが

大事になってきそう。

相手との駆け引き、味方との駆け引き、ボールのない所で

どれだけサッカーが出来るか今後に期待。

いおり8.0

ボールを持ったら抜群のテクニックで相手を抜き

ゴールを奪ってチームに貢献

プレスバックも最近はサボらず、前線からの守備意識もだいぶ良くなってきた

相手DFにとって、嫌なFWって何だろう?

多分、常にゴールを狙っている選手だと思う。

まずファーストチョイスはゴール。

それが無理ならドリブル、パスなどを一瞬で判断

出来るのが怖いFWだと…

相手の嫌がるFWになれる事に期待。

ともき7.5

久しぶりに自分がコーチングする試合で出場

6年生のヘルプなどでなかなか見れなかったけど

6年生のゲームでだいぶ揉まれてきた感があり

恵まれた身体を活かしてハイボールのキャッチは

だいぶ安定してきた。足元も技術があり、キックの質も良い

パントキックはいっきに攻撃に繋がりチームの武器になっていた

前へのの飛び出しはまだ遠慮がち。失敗を恐れず飛び出し

DFとも声をかけあい守備を安定させらる様になる事に期待。

ふうま7.5

FWでの起用に見事に応え1得点

なかなかAチームに上がれず、本人も悔しい思いを何度もして

久しぶりのAチームの試合でのゴールは本人も嬉しかっただろうが

こっちも実は凄く嬉しかった。

Bチームのキャプテンとして努力していた事は

知っています。でもそれだけでは試合に出れない事も

気づいているはず、自分の課題と向き合い克服して

Aチームに上がってくる事に期待。

しょお7.5

DFとして出場。まだまだ相手を抑える事は出来ないも

必死に相手に食いついていこうとしていた所は良かった。

ボールを取りに行って抜かれる事は仕方ない。

そこで諦めず行く事が大事。

平日の夜にスクールに行って努力してる事も知ってます。

伸びしろしかない。

これからAチームのDFのポジション争いに食い込んでくる事に期待。

まさと8.0

サイドハーフで懸命にプレー。

何度かチャンスを作るシーンもあり、

今後の成長が楽しみな選手。

コーチに言われればやれるのに

言われないとやらないなんてもったいない。

マラソンだって、短距離だって

学校では速いの知ってる。

サッカー楽しんだ者勝ち、そんな姿に期待。

こうせい7.0

怪我が完治していないので

今回はベンチを温める時間が長かった。

自分のチームベンチから観る機会が

今まであまりなかったと思う。

どうだったかな?

ポジションを取られる危機感

自分のいないチームの不甲斐なさ

試合に出たいという気持ち

サッカー選手、怪我は付き物だけど

怪我した時に怪我とどう向き合って

時間を過ごすか。

この充電期間が明けてからの

サッカーにたいしての立ち振る舞い、活躍に期待。

 

なお、今回のコメントに対して

クレームなどは受け付けません!笑笑

誤字脱字等ご了承下さい。

 

5年生担当  平田 記

 

 

 

 

コメント (1)

BOA SORTE 5年生市長杯

2017-09-19 13:36:15 | ウイングス

久しぶりにブログ書きます!笑笑

9月18日、岩名運動公園にて佐倉市少年サッカー選手権大会が開催されました!

担当の5年生は2チームエントリーで大会に挑みました!

各チーム共それぞれ目標を持ち大会に挑みました!

Aチームは優勝を目指し、Bチームは支部予選で引き分けた志津FCさんに勝利する事。

選手それぞれがコーチにやらされるのではなく、自分で考えて、判断してチャレンジする事をいつもトレーニング中から意識させています!日頃のトレーニングの成果が出る事を気にしながら目標達成に挑みました。

まずはBチーム

支部予選では勝利出来なかった志津FCさんとの試合

必死にボールに食らいついてなんとか無失点でしたが、なかなか点が取れず0-0でPK戦で勝利!なかなか攻めの形が作れないのも課題ですが、本当に闘えてるかな?接触プレーから逃げてないかな?球際でしっかり相手と闘うという所から逃げていたら試合ではまだ勝てないかもしれません。

準決勝 FC佐倉戦

開始から、声が出て、スピードも、体力も技術も自分達より上の相手でした。結果は0-9で敗戦。志津FCさんに勝利して満足してしまったかな?自分達より強い相手と勝手に判断して試合の途中で諦めてしまったのかな?誰も負けるつもりで試合に出てる選手はいないと思います。それでも点差をつけられ途中で切れてしまった感じなってしまい、自分も線審をしていて声を掛けてれあげれずちょっと悔しい気持ちで一杯でした。

3位決定戦 中志津SC

大差での敗北からまだ気持ちが切り替えられない感がありましたが勝てば3位という試合。前の試合より、球際でしっかり相手と闘い、ボールを取られたら取られた人がしっかり追い、ボールを持ったらただ蹴らずにチャレンジする。前の試合より格段と良くなっていました。しかし結果は0-3で敗戦。4位という結果で終わりました。大会を通して無得点だったのが勝てなかった大きな理由になりそうです。

次はAチーム

1回戦 白銀T-REX

開会式直後の試合と言うこともあり、ウォーミングアップ、グラウンドのチェック等全ての事に時間が足りない状況での試合でした。Aチームは当初9人で挑む予定でしたが怪我の為8人で戦う事に。試合前に決勝まで行って、決勝も大差で勝っていたらその選手を1分間出場させるのはどうだろう?と選手に聞きました。本人も怪我の状況をみて出場したいと、他の選手達も決勝まで連れて行くから一緒に出よう!と優勝とは別にもう1つ目標を立てて挑みました。試合序盤はなかなかゴールを奪えず初戦の硬さかなと思いましたが、1つゴールを決めたら結果は13-0で勝利。

2回戦 根郷FC

他の試合の結果を見ると、勝ち上がってくると思っていたチームが初戦で姿を消していきトーナメント大会の怖さを感じながら2回戦。相手はお互い手の内を知っているやな相手でしたが、先制点を取り、相手が動いてきた所で2点目を取り理想通りのゲームプラン。しかしその後追加点が奪えなかったのが気になりますが、しっかり取りこぼさず勝利。

準決勝 中志津SC

いよいよこれに勝てば約束の決勝戦です!しかし交代の選手もいないので若干疲労感が出てきた選手達。足の痛みや暑さとの戦いにもなってきました。コーチとしてはジュニア世代でどこまで頑張らせるのか?昔なら痛い所があっても無理して試合に出場させられましたが今はそういう訳にはいきません。しかし、自分の悩みとは逆に選手達はしっかり相手と闘う事を辞めずゴールを決めたら怪我でベンチにいる選手の背番号19を指で作りベンチに見せてくる選手。ちょっと感動。結果は7-1  無失点でいければよかったですが失点をしてしまいました。DFの上がるタイミングと上がった後のカバーリングの連携ミスからの失点。防げた失点でしたね。しかしその後下を向く事なく、すぐに追加点が奪えたのは良かったポイントだと思います。失点してズルズルいき、自分達でリズムを悪くするチームを沢山見てきましたから。

決勝戦 FC佐倉

準決勝でBチームが敗れた相手。同じ日に同じ相手に2回も負ける訳にはいきません。決勝戦の前に5年生スタッフ、選手が全員で円陣を組み一言。「絶対に優勝するぞ!」なんかチームが1つになった感じ。なんの不安もなくなった気がしました。試合の内容も相手を圧倒し点差は6点。時計は残り1分、ここで怪我で出場予定のなかった選手を出場させるためピッチに。それを見た選手達からは拍手で迎えてみんな笑顔。またここで感動。1分間の出場でしたが周りの選手は彼に点を取らせようとゴール前で打たずにパス、シュートは…ポストにカーン!ドラマの様にはいかないのが現実。6-0で勝利して見事優勝。優勝よりも大事な事を選手達から教えてもらった気がします。

まとめ

選手の皆さんお疲れ様でした!自分の中でどうだったか?どう良かったか?考えてみてください。そして自分で点数をつけてみてください。どうしてそう思ったか?どのようにすればその点数より良くなるか?考えてみてください。コーチに言われた課題よりも自分で見つけた課題の方がわかりやすいと思います。

最後になりましたが、大会を運営してくださった方々、関係者の方々、対戦相手の方々、そしてウイングスファミリーの皆さんいろいろとありがとうございました!

 

5年生担当   平田  記

コメント (1)

優勝オメデトウ、尾てい骨震えました 7/16 2年生 サマーフェスタ

2017-07-18 07:28:36 | ウイングス

久し振りのブログアップです。

7月16日は、セレステ成田JFC 主催のサマーフェスタに参加させて頂きました。
毎年、お誘い頂いていて私の中でも、思い出が一杯詰まっている大会です。(セレステさん、ありがとうございます)
今年は、何と30チームの参加です。

2年生は 陽路 が負傷で応援団なので、8人参加。猛暑ですが、陽路 の分まで頑張りましょう。

午前中は予選。5チームでリーグを作り、各リーグの順位によって、午後の順位リーグ、決勝戦となります。

選手たちは、コーチ達の期待を裏切らず? 朝一番は動きがカタイ。焦りましたよ~。
接戦もありましたが、予選リーグを全勝。
参加賞のアイスを食べて、体冷やして、午後の1位リーグに臨みました。

1位リーグ参加は、6チームあるので、3チーム毎にリーグを組み、各リーグの1位が決勝戦を行います。

1位リーグとなると、対戦相手のレベルがちょっと高い。そのような中、6月上旬からシツコク練習してきたディフェンスと、3対1が機能し始めました。2試合とも接戦をものにして、決勝戦に進出。毎週、成長が目に見えるから、コーチは、やめられないです。
決勝戦の相手は、成田ボレイロさん。他学年でも、お世話になっております。

ここでも何とか接戦をものにして、優勝! 金メダルをゲットしました!

真成、雄心、大智、純星、未來、蓮斗、悠吾、志珀
頑張りましたね。オメデトウ!

コーチは、尾てい骨震えました。だって、相手チームに合わせず、自分達のサッカーに徹したたから。

・相手を外に追いやるディフェンス
・手で相手を止めるのではなく、体をしっかり入れる
・味方がボールを持った時に、パスコースを作るフォロー

完璧ではなくても、意識していることは十分感じられました。

そして、優勝するまでのトータルで、犯したファールが 2。受けたファールは 12。
「引っ張る」、「押す」、「ひっかける」で止めても、先に繋がらない。しっかり体をつかって、追いやる、止めるができていたのかと思います。

優勝はしましたが、トラップとドリブルの精度はイマイチですので、また練習していきましょう。

最後になりましたが、大会を主催頂いたセレステ成田JFC様、対戦してくれたチームの皆様、そして応援しくださったウイングスファミリーの皆様ありがとうございました。

低学年担当コーチ 川口 記

コメント

三年生~半年を振り返って~

2015-11-02 09:38:55 | ウイングス
今頃になって三年生のブログ初投稿になりますが・・・
11月1日をもって長かった県大会への挑戦も終わりました。
結果は県ベスト16でした!!
とても素晴らしい結果です(*^_^*)
その間には市長杯も2連覇!!

半年を振り返るとコートやゴールの大きさに慣れることや、オフサイドってなにってとこから始まってよくここまで来たなって感じています。
半年前は県でベスト16になるなんて全く想像もしていなかったし、5ブロックでどれだけ戦えるのかなぁって思っていたくらいでした。
しかも一敗しかしていません。

ただ県大会のレベルの高さには驚きました。みんなもあと一人ってとこで相手が抜けなかったり、相手の方が一歩出だしが早かったり勝ったかもしれないけどレベルの高さを感じたと思います。
コーチも試合では勝つことが出来たけど、内容に目を当てると相手に負けている部分はたくさんあったし、特に感じたのはウイングスはまだまだ他のチームに比べると身体能力だけでサッカーをしてる印象だったかな。もちろん身体能力ってすごく大事な要素だけどそこにもっと頭を使って考えてサッカーが出来るようになるとチームも強くなると思うよ!
またこういう大会に参加したいと思ったし、そのためには、あるコーチも言ってましたが16人が同じモチベーションじゃなきゃダメなんだよね!
1人でも適当にやっている人がいたらそういう雰囲気が伝染しちゃうし、みんなが本気だったら手を抜いていい瞬間なんてないはず。

今大会で出場出来た人、出来なかった人いたと思います。出場出来た人は現状に満足せず練習すること!次の大会で試合に絶対に出れる保証はありません!
出来なかった人はなんで出れなかったかを考えてほしいです。
どこかしらに欠けている部分があったはずです。土日の練習以外で自主的にボールを触れていたか、試合中にボールや相手に恐れず戦えていたか人それぞれ課題があると思います。
そして君たちの成長がなければチームの成長もありません。

そしてチームとしての課題としてはみんなも分かっていると思うけど試合の立ち上がりの悪さだと思います。こういうレベルの高い大会だとそういう隙は逃してくれないよね。緊張してしまうのはしょうがないことだし、それとどう向き合っていくかだよね!
もちろん緊張をほぐせるような言葉かけが出来ていないコーチの責任もあるけどね。
緊張の他にも試合前のアップの雰囲気はどうだったかな?
上にも書いたけど16人が同じモチベーションで出来てたかな?適当にやってる人はいなかったかな?
試合に出るからちゃんとやる、出ないから適当にやるじゃチームとして良くないよね。

あとは、県大会とか市長杯だけに限らないけどもっと色んなプレーにチャレンジする姿勢がみたいなぁ。
例えばだけど今少しやってるオーバーラップとかサイドを広く使うとかね・・・
大会はもちろん勝つことが第一目標だけど練習試合でも勝つことだったり得点を取ることだけにこだわりすぎな気がするんだよね。
絶対に負けたくない気持ちは大事だし捨ててほしくないけど、普段やらないワンツーだったりフェイントとかにチャレンジして勝つ方が成功体験にもなるし、それでミスして負けても次につながる負けだし次失敗しないためにアドバイス出来たりするよね。同じ負けでも意味が全然違うよ!
むしろこういうプレーがしたいんだとか出来るようになったんだとアピールするチャンスだからね。
みんなが初めてやることに一回で成功するなんて思ってないし、前向きな失敗は大歓迎だよ!
いつも怒られるのはただサッカーをしてるとかなんとなく試合に出てるように見えるからなんだよね。

半年分もブログを溜めておくと止まらなくなっちゃうのでこの辺でストップさせておきます(>_<)

最後になりますが父兄の方々も半年の間練習試合、5ブロック予選、そして県大会にご協力してくださりありがとうございました。皆様のご協力あっての市長杯優勝や県大会ベスト16という素晴らしい結果を残せました。あまり喋る機会もないのでこの場を借りて感謝申し上げます。
今後ともよろしくお願いします。
また、帯同審判してくれたコーチの方々も協力ありがとうございました。

FCウイングス 三年生担当コーチ 大斗 記
コメント (5)

一年生 ~2015 市長杯~

2015-09-24 07:30:53 | ウイングス

9月21日は、佐倉市少年サッカー選手権(市長杯) が開催されました。

1年生は2チーム編成で臨みました。私は、FCウイングス B (シュウヤ、コウセイ、レンジ、ユウセイ、ユウキ、サクア)を担当しましたので、彼らの奮闘振りを、簡単に試合報告します。

初戦の相手は「FC 根郷 B」
明らかに選手達が緊張している。動きが堅い。その緊張感をほぐせないまま前半終了(0-5)。コーチの責任です。
しかも、GK サクアが負傷で交代。(試合終了まで、ベンチでは泣かなかったね。偉いね。)
後半に向けて、選手毎に一つだけ役割を指示。後半は、堅さも取れて動きも良くなってきて、ボールの支配率も上がったのですが、2失点して、合計 0-7 の敗戦。

2戦目の相手は「中志津SC」
練習試合もしている相手なので、実力的には大きく差は無いかなと、勝手に思っていました。
GK サクア の負傷が計算外でしたが、皆で盛り上げていきましょう。
先制されるも、コウセイのシュートが決まり、前半は 1-1
後半に向けて、今回も選手毎に一つだけ役割を指示。指示されたことは、できるように頑張っていましたが、団子状態から出たボールにディフェンスが戻りきれずに失点。合計 1-2 の敗戦。
この試合で目立ったのが、トラップミス。 チャンスになる局面は多々あったのですが、ことごとくトラップミスで、機会を逃してしまった。
まずは、ボールを止められないとね。選手には言ったけど、来週からトラップ練習に力入れますよ。

3戦目の相手は「ユーカリが丘・白銀T-REX 連合」
フレンドリー戦です。「最後は勝って、お母さん、お父さんにガッツポーズしよう!」という試合前のミーティング通り、全員が元気一杯でプレー。 8-0 の勝利!
最後はガッツポーズで終われました。

各選手に一言コメント。
シュウヤ: 攻撃にも、守備にも、献身的な動きができるね。キャプテンとして頼りになります。ハットトリックもできて良かったね。
コウセイ: 今大会は5得点でした。得意のドリブルに、さらに磨きをかけてね。
レンジ: ドリブル、フェイントは結構できるのだから、自信を持って試合でも使ってみよう。期待してますよ。1得点できたことは自信になったのでは。
ユウセイ: 運動量は、チーム一番。ディフェンスのしつこさも、チーム一番。あとはトラップの正確さと、ドリブルの精度ですね。
ユウキ: 体を入れて、相手ボールを奪える技はピカ一でしたね。ボールを奪った後に、どう攻めていけるか。。。ドリブル、フェイント頑張りましょう。でも、1得点できたことは自信になったでしょう。
サクア: GK として、チーム一番。フィールドプレーヤーとしてのスキルを上げるには、もう少しトラッブとキックの精度をあげましょう。足は、超速いから良いプレーヤーになれますよ。

最後になりましたが、前日からの準備、当日も朝早くから会場設営しくださった皆様、大会幹事の方々、対戦してくれたチームの皆様、そして応援しくださったウイングスファミリーの皆様ありがとうございました。

1年生担当コーチ 川口 記

コメント (3)

百合台招待1日目♪

2015-04-06 00:10:46 | ウイングス

3月28日(土)、29日(日)で市川の百合台招待新6年生大会に参加してきました!慣れない8人制のサッカー大会だったので、あまりいい結果は期待できないと思っていました!

その中で選手が何を考え、何を得るか、そちらに重きをおいていました。

初戦ですが、前年度の覇者で茨城のチーム(茨城は8人制が盛ん)エスペランサ総和さん、8人制に慣れていてとても嫌な相手(逆にコーチにとっては得るものがあるいいチーム)でした!

序盤から相手は細かいパスと2列目からの飛び出しにあわせたロングフィードを織りまぜていい攻撃をしていました!

ウイングスは個人で対応している感がありましたね。これだと、後半のスタミナが心配です!

相手はしっかりチームで連動していて、やはり強い!印象でした。

前半まさかのカウンターからの将の先制点♪

まぁ、よく決めたね!

攻めは単調で内容も良くはないけど点を取れたのは良かった!

その後ズルズルと失点。

声かけも無くなりスタミナも無くなり,,,。

結果は1-7の惨敗。

チーム力、戦術の差が大きかった。指導不足を痛感しました。(T-T)(やっぱりコーチも8人制の戦術をもっと勉強しないと簡単には勝てない。)

選手も失点が重なっていくにつれて声かけもカバーリングもなくなりやられたい放題。

こうゆうときにキャプテンだったりチームの中で大黒柱になれる選手がいないのは,,,。

 

気持ちを切り替えて次戦!

VS北貝塚FCさん。

結果は2-0で勝利!

得点はりょうとこうすけの2得点。

失点もなく、結果はナイスです!

内容は、やはりコンビネーションは少なく縦への単調な突破が多く相手のレベルが上がるにつれて通用しなくなっていってしまうことを選手たちに理解してもらたいです。

選手たちには伝えたつもりですが、寺崎小で練習しているパスゲームや、ワンツーパスからのシュート、サイドに開いてからのセンタリング等の攻めのコンビネーションを実践で使えるようにしていかなくちゃ強豪チームやましてや佐倉市で1番になんてなれないぞ!

選手たちにはサッカーの楽しさはもちろんですが、11人(8人)で行うスポーツの難しさや、上手くいって勝利したときの嬉しさ、辛い練習が実って試合で使えたときの一体感とか、色々教えたいことがあるのに上手くいかないねぇ。(愚痴になっちゃいました。(T-T))

各選手に厳しいことも言いましたが、明日は3位トーナメントで試合をすることになりました!

コーチとしては、5年生としての最後の大会なのでなんとか選手達には、よい結果、良い内容で終わらせてあげたいと思いつつフォーメーションやら作戦やらをしっかり考えて明日を迎えたいと思います。

 

会場提供、本部運営、関係各位に御礼申し上げて、百合台招待1日目を閉じたいと思います。

2日目もすぐにアップしたいと思ってまーす。

 

上杉⚾達也

コメント

2年生 ~年間200試合の成果って? & 2年間ありがとう!~

2015-03-23 07:42:24 | ウイングス

年度末を迎えて、ふと今年度を振り返ると、練習試合を含めた対外試合が、年間で200試合を超えていた。
対外試合は基本的には断らない方針でいました。
保護者の方々、スタッフの方々、その他関係者の方々、いつもご協力頂きありがとうございました。

対外試合では勝っても、負けても、引き分けでも、良かったところ、改善すべきところが、嬉しさ、悔しさを伴って選手達は理解できるし、感じられるはず。(理想的には)
2チーム編成を組むことが多かったこの学年だったので、各選手が年間100回、そのような機会があったということですね。
折角の機会を、コーチも選手も活かしきれてたかな  

最近、試合終了後に選手同士で、修正すべき点を話し合っているのを見ていると、頼もしく感じることもありますが、まだまだ一部の選手間での話。他の選手にもそういう意識が芽生えて欲しいですね。
コーチとしての課題でもあります

昨日も伝えましたが、川口コーチは、来年度は新1年生のコーチになります。
皆が1年生の時から担当なので、2年間担当したことになります。皆と練習・試合ができて本当に楽しかったです。
選手達、保護者の方々、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

ウイングスからいなくなるわけではないので、今後も何かと絡むと思いますが、その際はよろしくお願いします。

2年生担当コーチ 川口 記

コメント (1)

2年生 Aチーム 2/1 ゼンニチカップ

2015-02-02 08:03:35 | ウイングス

2/1 は、ゼンニチカップに参加してきました。

今年は126チームが一同に競います。この学年は、昨年3位に入っていることもあり、気合十分で臨みました。コーチも、ドキドキです
予選は3チームによるリーグ戦で、リーグ 1位のみ決勝トーナメントに進出します。
上位を狙うには、遠い道のりですが、はりきっていきましょう
2年生は A, B の二チーム編成です。私は、A チームを担当したので、その奮闘ぶりをお伝えします。
Aチームは、コウセイ、ハルト、リュウゴ、リクオ、レント、フウマ、トモキ

予選1試合目: vs FC 高津 B
  最近も練習試合で戦っている相手です。お互いの手の内を知っているので、一方的な展開にはならないだろうし、
  朝の試合で体の動きが堅いので、まずは守り重視
  GK トモキ、DF リクオ、リュウゴ よろしく頼みます 
  コウセイ、ハルト のホットラインとリュウゴの上がりもあって、先制  追加点
  代わって入った、レント、フウマも動きよく、追加点
  リクオ、トモキ、リュウゴが確実に失点を防いで、3-0 の勝利です
  
(おまけ) 試合後、7人全員とも全身泥まみれ。急遽、全員の体をタオルで拭きましたが、
   寒空の中、つらかったね
     着替えとタオル持参必須  は、来週の1年生大会参加者と来年以降の申し送り事項です。。。
   でも、失礼ながら、あまりに泥だらけで、ちょっと笑っちゃいました
 
予選2試合目: vs 夏見FC C
  船橋市のチームです。初めて対戦する相手です。トモキが、フィールドでのヤル気十分で、
  フィールドとして先発  GK リュウゴ で試合開始
  結果は、17-0  7人全員が得点でした。(ハットトリック:4人)
  トモキはフィールドでも活躍できるね
  決勝トーナメント進出です
  
決勝トーナメント1回戦はシード枠で、2回戦から始まります。
  
決勝トーナメント2回戦(ベスト16決定戦): vs 桜台FC A
  白井市のチームです。初めての対戦ですが、どうやら当たりの強いチーム
  最近の練習試合で当たりの強かったチーム。。。 FC 根郷 さんとの練習試合が参考になりそう
  DF 2人体制でいきましょう。リクオ、リュウゴよろしくお願いします 
  守護神 トモキと リクオ、リュウゴ の頑張りに、ハルト、コウセイ、レント、フウマ が見事に応えて、
  5-0 で勝利
  ベスト8 をかけた試合に臨みます。

(おまけ) 桜台との試合で、レントの放ったミドルシュートがゴールネットを突き破る
   タイガーショット (ネオ ではない ) 記録よりも記憶に残るゴールでした
  
決勝トーナメント3回戦(ベスト8決定戦): vs つくし野SC
  我孫子市のチームです。初めての対戦ですが、大柄な選手が多いな
  守り重視でいきましょう 
  前半に、どうやって入ったのかわからない リュウゴ のイリュージョンシュート
  が決まって、1-0 でリード。
  ところが、後半に入ると、こちらの攻撃・守備パターンが読まれ始めました
  後半2失点で、1-2 の敗戦
  後半2分~3分にかけて集中力が切れていたな。。。
  ベンチから、もっと指示出せば良かったかな。。。 反省
  
試合後、リュウゴは相当悔しがっていたが、他の選手達も、いつもとは違う表情。
表現方法は、選手達それぞれ違いますが、悔しさを感じていた様子。。。
  
この悔しさをバネに頑張りましょう  と言いたいところですが、
相当頑張らないと、もっと上位には行けないかな。
ウイングスが練習や試合を頑張っている間に、他のチームも頑張っている。。。。
ウイングスが今まで、100 頑張っていたのを、110 に上げても、他のチームは 110 頑張っているかも。
そうなると、120 頑張らないと。。。
   
長いブログになってしまったので、各選手へのコメントは割愛しますが、今日のMVPは。。。
全員の声かけ
良いプレーには賛辞、緩慢なプレーには叱咤。 選手間で、よく声をかけていた。
折角、チームを組むのだから、この一体感は何物にも代え難いよね
    
最後に、朝早くから集まって頂いた、選手達、父兄、スタッフ、大会を運営頂いた皆様、大会関係者の皆様、一緒に試合をしてくれた相手チームの皆様、本当にありがとうございました。
   
2年生担当コーチ 川口 記  

コメント (5)

二年生~12月23日 レシアス杯 U-8 スカイチーム~

2014-12-24 19:09:55 | ウイングス

12月23日は、レシアスSC主催のレシアス杯 U-8 に参加してきました 
場所は、茨城県神栖市の神栖総合グランドです。今の2年生としては、最長遠征距離です。

6人制の試合だったので、2チームでエントリーしたのですが、インフルエンザの猛威に勝てず、メンバーが足りなくなったので、急遽1年生 2人(シュウト、ハヤト)にヘルプをお願いしました。彼らは「オーシャンチーム」に入りました。
その活躍ぶりは、タイトコーチがレポートしてくれるでしょう。

自分は今回「スカイチーム」担当でしたので、彼らの健闘振りを紹介します。
チームメンバーは、フウマ、レント、リュウゴ、コウセイ、ギンジ、トモキ の6名でした。控え選手ゼロです。
予選Bリーグに入りました。6チームリーグで、A, Bリーグの各上位2チームが決勝トーナメントです。
(オーシャンチームは、予選Aリーグ)
予選が5試合、決勝トーナメントに行ければ、更に2試合。最高で7試合。耐久レースだね。

「オーシャンチーム」の本日の課題は、パスを回して点を取る
失敗しても全然OK。とにかく視野を広くもって、動いてフリーでボールを受けよう。

予選リーグ 1~4試合目  4勝
本日の課題である パスを回して点を取る ができてたね。
4試合とも無失点で、合計得点が20だったから、得点力不足も解消されつつあるね。
というか、パス回して、フリーでシュートが打てれば、決まる確率が高くなるのがわかったかな
フウマ、レント、リュウゴ、コウセイの中盤カルテットは、機能していた。4試合で決めた1-2パスと、
1-2-3 パスが合計で29回。
ギンジのアンカーはしっかりと相手の攻撃を防いでいた。
トモキは、GK でも無失点の活躍に加え、フィールドプレーヤとしても2得点した。

予選リーグ 5試合目 vs 宮本JSC
最大の難関です。優勝候補であることは事前の調査でわかっていたのですが、どこまで通用するか。。。
ここまで 宮本JSC は 3勝1分、ウイングス スカイは4勝だったので、引分けでも予選リーグ 1位通過。
でも、結果は 0-1
宮本JSCが4勝1分でBリーグ1位、ウイングス スカイは4勝1敗で2位通過。
決勝トーナメントでリベンジだ

決勝トーナメント 準決勝 vs ウイングス オーシャン
準決勝は、ウイングス同士の対戦。決勝トーナメントに2チームともに進めたのは嬉しいね
結果はスカイチームの勝利で、決勝に進みました。
(オーシャンは、3位決定戦で勝って、見事に表彰)

決勝 vs 宮本JSC
リベンジと思っていたのですが、返り討ちにあってしまいました。0-3  で敗れて 準優勝 です。
控えなしの7試合目で、体が動かなくなっていたのは事実ですが、それ以上の差を感じたな。。。
基本練習に、もう少しまじめに取り組まないと。。。
来週からの課題だね

ここで、大会本部から MVP 選定の要請が。。。 全員に MVP をあげたかったですが、そうもいかず
リュウゴ を選定しました。
この大会だけの活躍はもちろん、普段の練習態度を加味しての選定です。

2年生は、まだまだ、練習試合や大会が続きますよ。
失敗を恐れずに、試合中にいろいろと試してみましょう。

長くなってきたので、この辺で終わります。

最後になりましたが、大会主催の方々、対戦してくれたチームの皆様、そして朝早くからの移動、応援を
頂いたウイングスファミリーの皆様、選手達。ありがとうございました。

二年生担当コーチ 川口 記

コメント (1)