脳出血で無職になった親父のブログ

脳出血を経験してスピリチャルに目覚めたオッさんのブログ

車大好き世代(´⊙ω⊙`)

2018年07月30日 15時07分50秒 | 昭和の時代
昭和の男は車が大好きな人が多かった(^。^)

ファッションには無頓着でも、やたら車🚗にお金をかける男子の多かったこと(^。^)

私の友人もその1人でしたが。
当時はタイヤはピレリー
アルミホイルはスピードスターやハヤシが大人気

ステアリングはモモ(^。^)
エンジンルームにはソレックス。
キャブレターです。昭和51年に排ガス規制が施行されキャブレターは電子燃料噴射装置へと変わりましたので若者達は、それ以前の車を中古車で買ってキャブレターを交換するのが大流行です。

トヨタのDOHCエンジン。
ダブルオーバーヘッドカムシャフトのエンジン。
これとの相性は良くて。
エンジン音も最高でした。

ホーンはミツバとか。
今の車は格好いいです。
性能も抜群です。

でも。昭和の名車にはなんとも味わい深いものを感じるのです。
メーター一つとっても
スピードメーター、タコメーターなどアナログ。
シフトも五段のミッションシフト(^。^)

お金のある人はシートも変えたり。
レカロが人気(^。^)
別にラリーに参加するわけでもないのに
室内にロールバーなんか入れたり(^。^)

自分で車をカスタマイズするのが楽しいのです。

人気の名車は
トヨタなら、セリカ
日産ならスカイラインが定番でしたが。
マツダはサバンナ
いすゞはベレッド
三菱はランサーやギャラン

でも意外に
日産のローレルやトヨタはマークⅡGSS
渋いところで人気があり
女の子からは不人気でしたが 男子からは絶大な支持を受けていたのが
トヨタのカローラレビンもスプリンタートレノ
27レビンのカラーはモスグリーン。
純正オーバーフェンダーがトレードマーク(^。^)

昭和の名車(^。^)
今では博物館にあるのかなぁ。
コメント

感動があった時代(^。^)プロローグ♩

2018年01月20日 16時34分27秒 | 昭和の時代
2018年(^。^)ホント、便利な時代です。
私が生まれた昭和30年代は戦後復興の時代でしたから物を粗末に扱うと、それはそれは親から怒られました。食べ物などは残すと激おこされましたねー(ㆀ˘・з・˘)
物心ついた頃は大抵の家庭にはお風呂や電話などなく銭湯に行ったり電話は電話ボックス。
クルマは走ってましたが今のような渋滞などなるはずもなく。
路面は幹線道路は舗装されてましたが少し入ると未舗装道路ばかり(@_@)
家電製品も漸く白黒テレビ📺や冷蔵庫が普及し始めた時代。
洗濯機?ンなものありません。
母は、タライに洗濯板。洗濯石鹸で洗ってましたよ。乾燥機?もちろん、ありません。アパートと共用庭に干してました。もちろん他の家族も同じ庭で。(^。^)驚きでしょ?
冷蔵庫を買う前には氷がないので今のような季節に風邪を引くと氷屋さんから氷を買ってきてゴム製の水枕に水と氷を入れて、タオルを巻いて寝かされたのを覚えています。
今では『冷えピタ』みたいな便利な物がありますが当時は、大変σ(^_^;)
そう言えば、街の停電などしょっ中でした。
電力供給力が未だ未だでしたから。雷なんか⚡️鳴ったら停電とか。
その度、ローソク🕯で灯りを灯すのです。
ウチは蛍光灯ではありませんでした。
白熱灯の裸電球に💡傘がついた室内照明でしたから、これも、しょっ中、電球切れを起こすんです
そんな不便な昭和30年代だからこそ。
ちょっとした事に感動出来たんです。
コメント

鉄人28号のオモチャに驚愕の値段(╹◡╹)

2017年12月21日 07時32分25秒 | 昭和の時代
昭和(^。^)
先日、テレビ番組『なんでも鑑定団』を見ていると昭和30年後半から40年にかけて人気アニメのオモチャが驚きの値段が(╹◡╹)
それは横山光輝さんの漫画。『鉄人28号』のリモコン式ブリキのオモチャ(^。^)

なんでも鑑定団でも、よく出てきますが大抵は20万円から30万円くらい。
それがー!な、な、なんと400万円。
は?それって貴重な掛け軸とか?焼物ではなく、単なるオモチャ(^。^)

現在での残存数は25体。そのうちの一体(^。^)
漫画雑誌の懸賞で作られた珍品なのです。
状態はよく綺麗。
持ち主の方は30万プラス、七万円で買ったロレックスを渡したそうな。(^。^)
このロレックス?本物??
それはさておき。鉄人28号は今の50代から60代半ばのおじさんが子供の頃のヒーロー。
大人気の漫画でした。

でも400万円?凄くないですか。
コメント

ロックにハマったぁ(^。^)初めてのエレキ

2017年11月07日 09時42分29秒 | 昭和の時代
テスコ製のテレキャスターを買って帰った私。
いきなり?両親から叱られました。
『エレキなんか買ってどーすんねん!音を出したら近所迷惑やろ?すぐに返して来い!』
は?自分の新聞配達で稼いだお金で何を買おうと自由やろ?とばかりに親に言っても聞き入れてくれず、結局は母親と返しに行ったのです。
京橋のダイエーの一階にある楽器とレコードを売っていた『ワルツ堂』
今でもあるのかなぁ。
店長さんは気持ちよく返品に応じてくれました。

テレキャスターは元々はフェンダーというアメリカ製のエレキですが、それをコピーしたモデルを買いましたが。音に特徴があり、どちらかと言えばリズムを刻むと軽快で気持ちいい音が(^。^)
ライドギター担当なら良いかもです。(^。^)
私はテスコ製の2万円。
初めてのエレキは僅か3日だけ手元にあったのみだったです。
コメント

ミュージックシーン(^。^)

2017年11月07日 09時42分12秒 | 昭和の時代
初めて買ったフォークギターはアリアというメーカーで10000円でした(^。^)
ビニール製のケースと音叉をオマケ。
中学一年の時でした。(^。^)

当時の日本はフォークソング真っ盛り(^。^)
吉田拓郎、井上揚水が二大巨頭(^。^)
テレビに出ない!がポリシーの2人。
もちろん、この2人だけではありません。
岡林信康、ガロ、かぐや姫、遠藤賢司、あがたもりお、などなど。(^。^)
メジャーなのが吉田拓郎と井上揚水。
吉田拓郎の代表曲は旅の宿や結婚しようよ。
井上揚水は傘が無い、人生が二度あれば、氷の世界などなど(^。^)
ギターを買ってまずコードを覚えることが基本です。AmやG7とかCなどのコードは直ぐに覚えるのですが?
覚えても音が出なかったのがFとかB♭が大苦戦。
私のアリアのギター は安物でフレットからの弦高があって尚、きつかった(´⊙ω⊙`)
友達のギターで漸く音が出るようになったものの。自分のギターでは音がでない(´⊙ω⊙`)

それと調弦が最初のうち全くわからんのでふ。
音叉を使ってGをハーモニック音で合わすのですが?どうなったら?音が合っているのか?わからない(´⊙ω⊙`)友達から、ほら!これ!音がぶれてる時は合ってないねん!
と言われても当の私は???。
あれこれと時間をかけ
やーーっと音合わせの方法が理解する始末。
『お前、音感あるんか?』とまで言われたのです。
なんとかコードをジャカジャカすることは出来ても、チットも面白くなーーいのです。

そんな頃、友達が『これ!絶対、カッコエエゾ!フォークなんか、聞いてられへんで!』フォークなんか?って(`・ω・´)

友達の家に行き当時はレコードでした。CDなんかは💿まだまだ後の時代(^。^)
レコード盤に針を落とし流れてきた音は
ディストーションの効いたハードロック(^。^)
ディープパープルのスモークオンザ ウォーターという曲。そしてハイウェイスターでした。

もう衝撃的!友達はレコードを変えて次に聴かせてくれたのがエリッククラプトン率いるクリームのクロスロードなど。
更に衝撃的なのはジェフベックでした。
ライブ・アルバムの中の『迷信』これはスティービーワンダーの曲をカバーしてたのですがギターにトーキングモジュレーターを繋いだ音は、とても衝撃的かつ新鮮。
エレキギターに痺れたのはいうまでもありません。そして私はフォークギターには見向きもせず新聞配達のバイトでテスコ製のテレキャスターモデルを買ったのですが。これが問題となったのです。(´⊙ω⊙`)
コメント