中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

「獅門酒楼」にて舌平目のランチ

2014年03月31日 | 中華街(大通り)
横浜中華街の平日ランチで舌平目を扱う店は「獅門酒楼」と「一楽」くらいだろうか。なかでも「獅門酒楼」ではよく出される . . . 本文を読む
コメント (12)

「興昌」にてバラ丼+ワンタンのランチ

2014年03月28日 | 中華街(関帝廟通り)
関帝廟通りで独特のファサードを残す「興昌」。夜になると昔懐かしいネオン管を使った看板が輝きだす . . . 本文を読む
コメント (12)

石川町「助一」でバンドホテルの話を聴いた後は「Art Baboo 146」にて三線を聴く

2014年03月26日 | 中華街(台南小路・太平道・その他路地)
3月上旬のことだが、歴史好きの仲間3人と一緒に、石川町にある「いろり焼き 助一」に行った。美味しいものを食べるのも楽しみであったが . . . 本文を読む
コメント (20)

ギャラリー&カフェ「Art Baboo 146」 でエスニックランチ

2014年03月22日 | 中華街(台南小路・太平道・その他路地)
ここは中山路と香港路を結ぶ極小路地裏 . . . 本文を読む
コメント (10)

「白楽天」にて525円のキーマカレー

2014年03月21日 | 中華街(大通り)
「週末中華のしっぽ」を運営している本須さんの記事の中に「白楽天」でカレーライスが登場しているという情報があった . . . 本文を読む
コメント (8)

「一楽」で魚介系のランチを楽しむ

2014年03月19日 | 中華街(大通り)
11日の日替わりは「ヤリイカのゲソフライ 麻辣ソースがけ」だった。イカの身の部分をフライにしたのも好きだが、ゲソはもっと好き . . . 本文を読む
コメント (17)

クイーンエリザベス号を見たあとはアメリカに思いを馳せてチャプスイを食べる

2014年03月17日 | 中華街(大通り)
クイーンエリザベス号が16日深夜、横浜港に入港したという。船体があまりにも巨大なので、干潮時でなければベイブリッジをくぐれないため、夜中の到着に . . . 本文を読む
コメント (10)

先週の「獅門酒楼」は鉄板焼きランチが凄かった

2014年03月17日 | 中華街(中山路)
先週も「獅門酒楼」で美味しいランチを堪能することができた。まずは10日の週替わりから「鶏もも肉のパン粉揚げ 特製ソースがけ」 . . . 本文を読む
コメント (8)

クラシック音楽の流れる食料品店「さかもと」

2014年03月15日 | 中華街(市場通り)
 市場通りにある食料品店「さかもと」。私が「味覇」を買うのは、ここと決めている。250gのものが530円という安さが足を向けさせるのだが、もう一つの理由は . . . 本文を読む
コメント (12)

「聚英」にて上品な酢豚を味わう

2014年03月13日 | 中華街(関帝廟通り)
久しぶりに「聚英」を訪ねてみた。それというのもランチの価格を下げたので、どんなものか確認したかったからである . . . 本文を読む
コメント (2)

「チャーシュー屋」にて“すき焼きセット”で温まる

2014年03月11日 | 中華街(南門通りシルクロード・媽祖小路)
ずっと気になっていた「チャーシュー屋」の“すき焼き”だが、先週の寒い日、仕事帰りに立ち寄って食べることができた . . . 本文を読む
コメント (14)

「蓬莱閣」で蒸し餃子ランチを食べたあとは…

2014年03月10日 | 中華街(関帝廟通り)
池波正太郎は『鬼平犯科帳』、『剣客商売』など戦国・江戸時代を舞台にした小説を数多く残している作家だが、そのかたわら旨いものを食べ歩く美食家としても知られていた . . . 本文を読む
コメント (12)

「接筵」にてカレー丼とトマトタンメンを食べてみた

2014年03月08日 | 中華街(関帝廟通り)
「接筵」の先代・勢津栄興さん(故人)は横浜マイスターだった。名鑑にはこんなことが書かれている . . . 本文を読む
コメント (8)

「一楽」にて春を味わう

2014年03月07日 | 中華街(大通り)
今週の月曜日は「一楽」の日替わりランチで白魚が登場するというので二人でお店を訪問 . . . 本文を読む
コメント (6)

再び「獅門酒楼」の座敷でランチ

2014年03月06日 | 中華街(中山路)
先週の金曜日のランチは4人で「獅門酒楼」に向かった。いくぶん出遅れた感があったので、お店に入れるかどうか心配していくと . . . 本文を読む
コメント (8)