中華街ランチ探偵団「酔華」

中華料理店の密集する横浜中華街。最近はなかなかランチに行けないのだが、少しずつ更新していきます。

「聚楽」の肉まんを食べて分かったこと

2015年05月01日 | 肉まん
中華街でランチを食べたあと、町内を散策中になんとなく物足りなく感じて「聚楽」で肉まんを購入 . . . 本文を読む
コメント (6)

正しい座り食い

2012年03月06日 | 肉まん
熱いスープの入った焼き小籠包を、店頭周辺で立ち食いする人たち。休日ともなると大通りは彼らで埋め尽くされ、そこから溢れた人たちが近隣店舗前で飲食する光景も見られる . . . 本文を読む
コメント (18)

「百八十六番餃子」のしみだれ豚まん 

2008年02月17日 | 肉まん
「しみったれ豚まん」ではない。「しみだれ豚まん」 . . . 本文を読む
コメント (2)

白黒決着をつけよう ~パンダまん & ダンパまん~

2008年02月10日 | 肉まん
「横浜大世界」の4楼で売っていた“ダンパまん”をご存知でしょうか。何だろう、どんな饅頭なのか、と思う方もいるかもしれませんね . . . 本文を読む
コメント (8)

肉まん8個 いっき喰いに挑戦!  ~関帝廟通り・豊味亭~

2007年12月29日 | 肉まん
肉まん8個、いっき喰いに挑戦してみました . . . 本文を読む
コメント (11)

肉まんを欲しがるネコ

2007年08月11日 | 肉まん
上海路で二人の女性が肉まんを立ち食いしていました。すると、どこからともなく . . . 本文を読む
コメント (2)

関帝廟通り「紅棉」のミニ肉まん

2007年05月29日 | 肉まん
90円肉まんを引っさげて「皇朝」が横浜中華街に参入してきてから、どうやらミニ肉まんが流行してきたようです。「大珍楼」、「耀盛号」なども . . . 本文を読む
コメント

北京小路「耀盛号」の子豚まん

2007年05月18日 | 肉まん
小さい肉まんが流行のようである。その火付け役は「皇朝」だろう。あの90円肉まんが登場してから . . . 本文を読む
コメント

聘珍樓中山路売店の「竹の子入り肉まん」

2007年02月11日 | 肉まん
聘珍樓売店(中山路) 【価格】250円 【重さ】124g 【直径】9cm 【具材】肉・竹の子・クワイ・椎茸・キャベツ(?) 【特徴】 聘珍樓の肉まんの特徴は、クワイのシャキシャキ感。それと、下敷きが経木であるということ。これは、いい。ビニールなんかとは比べ物になりません。  甘めの皮が美味しい。「日日華」ほどではありませんが…。具もそれなりに美味しい。  小型の肉まんが流行っている昨今 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

「耀盛号」の肉まん

2007年01月10日 | 肉まん
耀盛号(北京小路) 【価格】300円 【重さ】170g 【直径】11cm 【具材】肉・キクラゲ・あとは不明 【特徴】 ここの肉まんは阿媽肉包という名前で出ている。この阿媽とは『お母さん』という意味だ。  色は黒とは言わないが、白くもない。筋はかなり不鮮明だ。  中身は赤の混じったこげ茶色。中華系の香りがプーンとしてくる。  和の鉄人・道場六三郎が推薦するここの肉まん、肉はひき肉ではなく . . . 本文を読む
コメント (2)

大通り「老維新号」の肉まん

2007年01月08日 | 肉まん
老維新号(中華街大通り) 【価格】200円 【重さ】116g 【直径】10cm 【具材】肉・タケノコ・ニラ 【特徴】店の表示には「特製激辛ぶたまん」と書いてある。「江戸清」だけでなく、ここでも“ぶたまん”という言葉が使用されているようだ。ただ、「江戸清」と違うのは、価格がとても庶民的なこと。この直径、重量で200円とは!  見た目の特徴は、端正な風貌で、スジも折り目正しいというところか . . . 本文を読む
コメント (4)

西門通り「満福楼売店」の肉まん

2006年09月06日 | 肉まん
満福楼売店(中華街大通り) 【価格】300円 【重さ】214g 【直径】11cm 【具材】肉・椎茸・タケノコk・キャベツ 【特徴】共通の包み紙使用。皮の色はわりと濃い。スジは不ぞろい。皮が柔らかくて甘い。具はピンクがかっていて、中華テイストを感じる。  かつては、売店の先に中華料理店を持っていたのだが、そこは今、「千嬉楼」になっている。  横浜中華街探偵団のホームページ→「ハマる横 . . . 本文を読む
コメント (2)

西門通り「大珍楼」の肉まん

2006年09月05日 | 肉まん
大珍楼(西門通り) 【価格】100円 【重さ】60g 【直径】6cm 【具材】肉・キャベツ(?) 【特徴】「皇朝」の肉まんに匹敵する価格と小ささ。ここでは「肉まん」と言わず「ブタマン」という。さらにその前に修飾語がついている。「復刻版 幻香港ぶたまん」と。  店頭の貼紙に5つのこだわりが書かれていた。  1.作ったその日に販売  2.冷凍庫には保存しない  3.こだわりのフワフワの皮 . . . 本文を読む
コメント

中華街大通り「聘珍茶寮」の肉まん

2006年09月04日 | 肉まん
聘珍茶寮(中華街大通り) 【価格】340円 【重さ】228g 【直径】11cm 【具材】肉・椎茸・タケノコk・玉ネギ・クワイ 【特徴】専用の黄緑色の包み紙使用。わりと色白。スジはすっきりしている方。肉まんの下敷きは通常、紙という店が多い中、ここは経木を使用。皮は旨い。  具材がまた凄い。クワイのシャキシャキ感がたまらない。タケノコもカットが大きいので存在感がある。他の具もかなり大振りだ . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (1)

中華街大通り「香港飯店」の肉まん

2006年09月04日 | 肉まん
香港飯店(中華街大通り) 【価格】260円 【重さ】170g 【直径】11cm 【具材】肉・キャベツ 【特徴】専用の包み紙使用。わりとスジははっきりしている方だ。上部のひねりも利いている。肌の色はどちらかというと黄色がかっている。皮は乾燥タイプ。塩味が濃いかも。 横浜中華街探偵団のホームページ→「ハマる横浜華街」へ . . . 本文を読む
コメント