自走式移動胃袋 ~ The nomadic stomach ~

旅(ツーリング)と食(B級グルメ)の記録と記憶、願望を現在・過去・未来とつらつらと書いています。

大森海岸・甲斐そば で 春菊天そば

2017年01月19日 | 地元食 ~ 神奈川&東京
朝イチで大森界隈に御用がありまして、出社前にチョイと寄り道をいたします。 家を出る前にふと思い出したのが大森海岸駅チカのとある立ちそば屋…いや、着席タイプなので立ちそば系に分類するかはビミョーです。 あっ、麦の城ではありませんよ(違)



まっ、雰囲気&価格は立ちそば屋ですね (^o^)



さてさて、頼みたいのは春菊天そばにトロロごはんのセットですが、券売機の都合によりたぬきそばとトロロごはんのセットに春菊天というチケットを購入いたします。



オーダーの際に、天ぷらを載せるか別盛りにするか、天かすは入れるかを問われましたが、ノッケのヌキでお願いいたします。



時間帯もよかったのか、茹でたてて&揚げたてでやって来ます。 大ぶりの春菊はかなり上手に揚げられていますし、出汁の味がなんともヨイ出来デス♪ 残念なのは麺が少しばかりヤワなトコロでしょうか (^_^;)



ほぼほぼ蕎麦を啜り終わってからトロロごはんに取りかかりますが、全卵なので味付けに迷います。 とりあえず少な目に醤油をかけ回しますが味が尖ってイマイチなので、丼に残した出汁を投入いたします。 ふむ、正しいトロロごはんの食べ方ではないかも知れませんが、かなり好みの食べモノに仕上がりました (旨)



この後、大森駅経由で川崎に戻るのですが、立ち寄りついでに狙っていたチケットが取れなくてガックリときたのはチト想定外でありました (-_-)

甲斐そばそば(蕎麦) / 大森海岸駅大森駅平和島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

コメント (3)

伊勢佐木町/ 黄金町・ステーキハウス TERA で ハンバーグステーキ

2017年01月18日 | 地元食 ~ 横浜
比較的チャレンジングなアサゴハンというかアヒルゴハンをいただいた夜は、我妻と姪っ子を誘ってのバンゴハンとなります。 かなり寒い晩でしたので姪っ子を少し待たせてしまったのはかわいそうでした(謝)



コチラ、ステーキTERAは 人気のスペイン料理屋だったエルニョスキのリニューアルらしき店であります。 ギリギリで予約ができたので奥の落ち着いた席に案内いただけました。

メニューを眺めますとそれほど多くのラインアップはありません。 メインはイチオシらしいブラックアンガスビーフのハラミステーキ、焼肉屋ですとザブトン称される部位のチャックフラップは脂身少な目&歯応えも適度にある肉肉しいモノ、そして安定の王道ステーキのリブロースが各々200g/300g/400gから選択できます。 合わせるソースは『鉄板焼ソース=にんにく醤油』『アイオリソース=にんにくマヨネーズ』、『おろしポン酢』、『オリーブオイル&結晶塩』など6種類からセレクトできるとのことです。 一方、ハンバーグは、180g/ 250g/ 400gからの選択で、ソースはおろしポン酢かデミグラスソースの2種です。

まずはワシはカールスバーグの生ビールで、両名はテケトーにノンアルとかカクテルを頼んでおります。 でもって、早々の登場は生ハムとサラミの盛り合わせになります。 コチラは前店からの流れでしょうか…流石!という感じのヒトサラになります。



ほぼ続けて…とりあえずという感じでセットのサラダとスープがやってきます。 ちなみに我姪はスープとゴハン、ワシはセットなしにしております。



その後のインターバルの後…ようやく登場するのはワシのハンバーグステーキ+目玉焼きになります。



ふむ、400グラムにしては控え目な感じですねぇ… 総じては肉肉しさも十分で食べごたえもあります。



ちなみに、我妻のリブロース 200グラム+オニオンチップは順当な線です。



そして、肉食系のはずの我姪はハラミ 200グラム+オニオンチップと予想外に地味なオーダーです。



いつの間にやら生ビール → ハイネケンの瓶ビールを飲み干しておりまして、このアタリからは角ハイボールに切り替えております。 そんなですから、ワシが頼んだガーリックライスは、ライス抜きのハズの我妻に若干量を搾取されてしまいます。 予想外に上品なお味でしたから、リブロースがちょっと重いと言っていた我妻にはヨイ箸休めになったかと思います。 



う~ん、ハンバーグやステーキ肉の断面が上手に撮れなかったので、代替品としてトマトサラダでも紹介しておきましょう(/- -)/



開店からまもないはずですが以前の客が附いているのか、土日ということもあるのか、かなりの賑わいでした。 肉は焼き時間がかかるので仕方がないのですが、回りを見ているとデリバリーにかなりの時間がかかっているようで少し気になります。 まあ、肉質や焼き方は流石!というトコロでありまし、アメリカンなステーキハウスとは一味違うので使い方次第ではかなり楽しめると思います。

ステーキハウス TERAステーキ / 阪東橋駅黄金町駅吉野町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

コメント (10)

品川・常盤軒 で 品川丼

2017年01月15日 | 立ちそば放浪
土曜日出勤のアサゴハンはどうにも川崎でイメージが湧かないので、東海道線をそのまま乗り過ごして品川まで移動します。 ということで、常盤軒ですが、一応は評判のよろしい山手線ホームの大崎寄りの店舗を選択します。 ネットでは店名が「品川そば22号店」という記載もありますが、常盤軒の暖簾が下がっておりますねぇ… このアタリのビミョーなトコロは、株式会社常盤軒と同常盤軒フーズが両立しているトコロに謎があるのでしょう (-_-)



さてさて、そろそろ胃力復活に向けた取り組みを開始しないとなりませんので、ピピッと食券を買って、一人で切り盛りしているニイサンに「そばでね!」とお願いいたします。 常盤軒…実に久しぶりですねぇ…

  

ということで、品川駅は常盤軒名物の品川丼に玉子そばを添えての 850円となります。



品川丼というのはかき揚げ丼といえばかき揚げ丼ですが、昔は漁師町でもあった品川宿で、漁師たちが自分で獲った魚をさばいたり、揚げたりして丼にしたところからと言われているようです。



合わせますのは「玉子そば」で決して「月見そば」ではありません。 だって「かけそば」に玉子をオンされただけで何も足さない何も引かない…というヤツですもの(笑)



とりあえず、軽く麺リフト&断面紹介…力弱いですねぇ…干しエビとゲソの切れ端が少々入ってはいるものの薄焼きのお好み焼きみたいなかき揚げは断面紹介をするまでもなくペラペラです…



それでも、一応は丼断面を習作としてアップしておきます。 この程度では新設予定となっています皿丼部門の部門賞すら目指せません(下)



この品川丼の作成過程は温かい白飯に最初にタレを少しかけまわし、その上にタレに一回漬けたかき揚げをオンさせるのですが、かき揚げがペラペラなのでアッという間に冷めてしまいます (-_-;) この時点でそば側の玉子は崩しておりませんでしたので、黄身を丼にオンし、且つかき揚げをそば汁に沈めまして全体を卵とじ丼というかTKGモドキにして掻き込むことといたしました。



圧倒的に炭水化物比率が高いゴハンは、これでほぼ満腹というトコロなので、胃力の回復も8割方かと思います。 しかし、コチラはホームにあって便利といえば便利ですし、他にもヲトクそうな丼モノやヨサゲなカレーそば&うどんもありますが、どうにも選択肢に入りづらいですかねぇ…



ビミョーなアサゴハンを食べてしまったなぁ…と思いつつ、川崎の事務所へ戻るワシでありました。

品川22号そば店立ち食いそば / 品川駅北品川駅高輪台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

コメント (8)

川崎・島田屋 で メンチカツ定食

2017年01月13日 | 地元食 ~ 川崎
新年早々ケッコーハードな日程であります。 この日は朝4時から湘南アタリで稼働して川崎駅界隈に戻ったのは朝の10時半… お腹は空いていますが、それよりカラダが冷えきっているので温かいモノをいただきたくて、事務所に戻る前にアヒルゴハンをいただくことにいたします。 だが…しかし…時間が中途半端なので迷います。 24時間営業系のチェーン店ならありますが、あまり魅かれません。



ということで、久々というかおそらく1年ぶりの島田屋であります。 実はアサヒルゴハンには使いませんが、夜呑みには時々使ってはおります(笑) さ~て、それはさておきロールキャベツがあればヨイなぁ…と思っていたのですが、残念ながら本日のラインナップにはありません (/- -)/  ふむ、それではメンチカツ定食にマカロニサラダを付けることにいたしましょう (笑)



メンチカツ、アップ!



無意味にマカサラ、アップ!!



もっと無意味に、メンチ断面アップ!!!



いつも通りのメンチカツにマカサラでしたが、この季節に冷奴はチトキツイモノがありましたね(笑) まっ、大盛りにしませんでしたが、断食明けて1週間のワシには十分な量でありましたし、久しぶりのジャンク系のゴハンも悪くないなぁ…ということです。

そうそう、新年なのでお雑煮定食というのもありましたが、外食で雑煮というのもの気が乗りませんでした。 ちなみに、断食明けの我家の年初アサゴハンにキチンとした雑煮をいただいてはおりますよ(旨)

島田屋定食・食堂 / 川崎駅京急川崎駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント (8)

戸塚・カミカゼ で 醤油焦がしネギラーメン

2017年01月11日 | 地元食 ~ 横浜
年末年始の休みは長かったのですが、金曜スタートの土曜日&祝日の月曜日が出勤という日程ですので、日曜日は少しだけ寝坊というかベッドの中でゴロゴロと時間を潰した後、藤沢へと御用聞きに向かいます。 ちょうどアヒルゴハンのタイミングということもあり、我妻を載せたJKを横浜新道を出たトコロ、いわゆる箱根駅伝の戸塚中継所エリアに滑り込ませます。 2軒並んだラーメン屋で狙うのはカミカゼ、ヲトナリにはまるもり製麺は又の機会といたしましょう。



コチラのカミカゼという店はそれなりの歴史があって閉店と再開を繰り返しているそうですが、昨年の前半まではまるもり製麺の場所で尋(ひろ)という店をやっておられました。 ふむ、ラヲタのミナサマにすればケッコー語れる話のようですが、我妻はそんな歴史は知らないのですが、あえて説明もいたしません。

並びはないものの9割方埋まっている状況でしたが、男性客1名がスバヤク動いてくださりカウンターに二人が並べる席を作ってくれました(礼)

 

テンポよく作られているのと、品数を絞っているのでそれほど待たずにデリバリーされてきます。 まずは、我妻の塩ラーメンのご紹介! スタンダードながら見た目からも美味しさが伝わってきますね(見)



そして、ワシのオーダーが到着します…って、セットモノ…じゃないことにしておきましょう(微)



醤油葱焦がしラーメンは元祖神奈川淡麗系とやらで、細めのストレート麺に透明感はあるのに旨味も深いスープがほどよく絡みます。 トッピングはチャーシュー、太目のメンマ、海苔、刻みネギとシンプルですが、必要にして十分とったトコロです。



久々のラーメンですから、お約束のスープアップと、麺リフト!



そして、セットじゃありません…などと言い訳をしつつ頼んだチャーシューライスはほどよきサイズの丼にほどよき量が盛られています。



このチャーシューライスには炙りたてのチャーシューと極太メンマが2本載っていますが、白飯の中にも角切りのチャーシューがゴロゴロと入っているのは想定外でした(驚) 麺を最初にいただいてからコチラに向かいまして、最後は我妻の塩ラーメンのスープを貰い受けて雑炊にして〆ました。



断食明け間もないので全体に塩味がキツく感じられましたが、かなりのレベルのラーメンと思います。 でもね、麺とスープのマッチングはヨイのですが、低加水のストレート麺がイマイチワシの好みではないので再訪はビミョーかなぁ?

カミカゼラーメン / 戸塚駅踊場駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

コメント (6)