自走式移動胃袋 ~ The nomadic stomach ~

旅(ツーリング)と食(B級グルメ)の記録と記憶、願望を現在・過去・未来とつらつらと書いています。

川崎・小星星麺 で 汁なし担々麺

2016年07月29日 | 地元食 ~ 川崎
たまには、なかよしリンクの方と軽くコラボでもしてみるかなぁ… ということで、はるたびレポをちょいと飛ばしての軽めネタを上げておきましょう。

はてさて、我妻のケッコー強めのリコメンドに従いましての禁酒日は、ビミョーな時間なので選択肢は少なく、やむを得ずアゼリアのグルメッセを徘徊いたします。 ビールすら自主式に禁じていますし、なんとなく焦点が定まりません。 かなり奥まで歩きまして、タマにはヨイかなぁ…ということで、小星星麺もいう店に入ります。



時間も遅いので、スキスキですね (^_^;)



チケットを買った汁なし担々麺(火拳)は大盛りにしておりますが、餃子の類は控えておりますのはアルコール抜きだからということにしておきます(悔) ちなみに自動式にミニゴハンが付いてきます。



軽くアップ!



ワシは怪しい呪文も唱えませんし、花山椒や辣油もかけ足しませんが、シッカリとマゼマゼはいたします。



シッカリと紙ナプキンを使っているものの、白ワイシャツでしたので、さすがに麺リフトなんて危険な技は使えません(笑)



食べ始めはそれほど辛くないのですが、用心して山椒や辣油は控えたままにしておきますが、結局、最後まで辛さに箸が止まるほどではありませんでした。 そのせいか、味にイマイチ深みが感じられなかったのが残念でした。 結構ひき肉が残りましたトコロには白飯を投入して〆といたしますれば、追加でアルコールを入れなくても済む程度のソコソコにお腹も満足いたしました。



さてさて、週末ははるたびレポにシッカリと戻らないと夏のツアーのスタートに間に合わなくなりそうですねぇ (/- -)/

小星星麺中華料理 / 川崎駅京急川崎駅八丁畷駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1

コメント (2)

はるたび_2016_6日目_3

2016年07月27日 | 旅や食 ~ 北海道
☆ はるたび_2016 … まとめはコチラから♪
★ リアルタイムレポはコノアタリから♪

ワシとしてはゆったりと札幌入りをしようと思っていたのですが、予定よりかなり遅れてお宿に到着いたします。 お気に入りではありますが少々お高目の宿なので、うまいこと割安に手配できれば選択するのですが、今回は先行予約が効を奏しております。 NKT サンと約束していた夕食に向けて、パタパタと身繕いをします。 でもって、早い時間なら大丈夫でしょうと行った店で二連敗…



センターへ戻りつつ、アチコチと電話いたしましてどうにか第三番手の店で席を確保できました(安) しかし、だるまは相変わらず混んでおりますねぇ…



行く先は八仙という塩ジンギスカンがウリの店でありますが、ナカナカ怪しい店であります。



仕切りたがりっぽい店主サンに案内されましたテーブルに座りまして、一年半ぶりの再開には生ビールで乾杯デス♪ お通しは山クラゲでしたかねぇ…



コチラは基本的に塩ジンギスカンしかありません(微) イヤハヤ立派な肉ですよねぇ(賛)



炭火でジワジワと…



実は次のヤキヤキ写真はセカンドロットだったりして(笑) 網焼きの塩ジンギスカンというヤツは実に美味しいですね(旨)



お互いにワシワシといただく中、チョコッとサイドに、キムチとか辛味葱とかも追加しております(喰)



選択肢が無いに等しいので同じモノを追加いたします。



しかし、この後はドッと疲れが出たのか、NKTサンには申し訳なくも、一次会でお開きとさせていただくほどに体調が悪化してしまいました (^_^;) 不本意ながら自覚もないままの体調不良というヤツでリアルタイムではミナサマにご心配をおかけいたしましたこと遅れ馳せながらお詫び申し上げます(礼) 勿論、〆炭もいただけませんから、ヨロヨロとお宿に帰る途中の夜桜がちょっと切なかったです(悔)



思い返せば、この日は朝から細かいトラブルやタイミングの悪いコトが多く、リズムに乗れていない嫌な感じがしていたのです(泣) ツアー中はケッコー頑張ってノンビリしているつもりですが、日頃の疲れを引きずったままにロングツアーに突入したので、それが原因のひとつでしたかねぇ…



ベム坊もお疲れの様子でしたし、ゆっくり休んで翌日に備えることにいたします。

(続く…)

八仙焼肉 / すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)豊水すすきの駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメント (4)

はるたび_2016_6日目_2

2016年07月26日 | 旅や食 ~ 北海道
☆ はるたび_2016
… まとめはコチラから♪
★ リアルタイムレポはコノアタリから♪

広尾で対雨フル装備に変更するのと合わせて、早めの給油をしたのが幸いいたします。 ケッコーな降りの中をひた走るので、トーゼン襟裳岬はパスして天馬街道を駆け抜けます…が、もう泣きそうなくらいでありました。 太平洋側に抜けても一向に回復の兆しがみえないので、浦河辺りでヒルゴハンをいただくことにしますが、当初はもっと先まで行くはずでしたので店はノーチェック(忘) スマホでのチェックをするヨユーなんてありませんので、旧式の脳内アーカイブを捲りまして、浦川の町に入ってすぐの角を曲がれば…ラーメン まさご がありました(嬉)



無事に滑り込みましたが、水も滴るイイヲトコなので遠慮しいしい入店します。 北海道仕様の店ですから入り口付近には余裕があるので、ヘルメットだの雨具だのを置かせていただき、カウンターの隅に座ります。



まっ、このような時は迷わずに、正しく味噌ラーメンと行者にんにくぎょうざを頼みます。



味噌ラーメンアップ!



甘みと辛味の混じった味噌味はほのぼのと温まりますし、伝統的なサッポロ系の麺との相性も、昔ながらという感じであります。



行者にんにくが刻み込まれた餃子ですが、それほどの存在感はないもののヨイ感じに焼けておりますので白飯が欲しくなるはずなのですが、思い返しても何故かオーダーしておりません(疑) まあ、ラーメンも大盛りにしなかったし、チト疲れていたのでしょう…



ほどよくお腹も落ち着きましたので再起動いたしましょう(発) 実はヲトナリが同系列の銭湯なので、ちょこっと魅かれましたが15時からとのことで諦めます。



この後は、ひたすら札幌に向けて雨の中を走るのですが、立ち寄ろうと思っていた静内の桜並木=丁度満開のハズ=も雨に負けてパスして先を急ぎます。
 苫小牧アタリから雨足は弱ってきたのですが、この日は全般的にヘタレモードだったのと、途中で仕事絡みのいくつかの連絡をしていたこともあり、札幌入りはかなり遅くなってしまいました(泣)

(続く…)

ラーメン まさごラーメン / 浦河駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

コメント

はるたび_2016_6日目_1

2016年07月24日 | 旅や食 ~ 北海道
☆ はるたび_2016 … まとめはコチラから♪
★ リアルタイムレポはコノアタリから♪

そうだ 北都、行こう。なんてミニツアーが挟まりまして、はるたびツアーのレポートの後半戦は全10日の6日目からとなります。

全道規模で雨模様のようですが、とりあえず十勝地方は怪しい雲行きではありますが、未だ雨は降ってはおりません。 ソコソコに早起きをいたしまして、お宿の周囲をウロウロいたしますが、ビミョーな天気が気になります。



さてさて、アサゴハンをいただきましょう。



焼きさんま、行者にんにくの玉子とじ、茄子の煮浸し、豆腐の味噌汁… まっ、正しい日本のアサゴハンに近いですかね?



プレートのヲカズの各々はそれほど量がないので単体でパクパクといただき、白飯は納豆と行者にんにく漬け、そして卵かけゴハンとしていただきます。



大変美味しくいただいたアサゴハンの後はグズグズと出発を渋ります。 全道規模で雨模様のようですが、とりあえず十勝は降ってはいないので、とっとと出発すればヨイのでしょうがねぇ…



とりあえず雨具を着ないでのデッパツですが、うっすらとたなびく霧の中を走りますのは実に中途半端なので早めに雨具を着ておきます。 順調に進んておりましたが、広尾を過ぎたアタリから本格的な雨になりますので、防雨対策をフル装備にグレードアップしますが…それでも泣きが入る雨へと…

続く…
コメント (2)

木場・和鮮しんま で 三点盛り合わせ丼

2016年07月23日 | 地元食 ~ 神奈川&東京
あまり気の進まない研修がありまして、これまでほぼ縁のない東京は江東区の木場を訪れます。 横浜から新橋、日本橋と少々面倒ですが、乗り継ぎも悪くなくヨユーを持って到着いたします。 午前中の講義が予想外に面白く、12:時半までアッという間で、スッとヒルゴハンにでかけます。

軽く下調べをしておりましたから、一直線で和鮮 しんま という海鮮丼がメインの店になります。



丁度、一巡した頃なのか、それほど込み合っていませんが、相席が基本のようです。 そうそう、入店時に入り口脇に置いてある、おしぼりと湯飲みは各自でピックアップするのを忘れてはなりません。 しかし、ナカナカお安い価格設定デス♪

 

アッという間に登場したのは三点盛り合わせ丼(白飯大盛り)になります。 リーマン御用達でしょうから、作り置きはトーゼンでしょうね (^_^;) それはさておき…「丼」のネーミングなのに刺身が7別盛りとなっておりますが…まあ、ソコは突っ込まないようにしてあげてください。



鯛が少々乾燥気味だったり、マグロの気が抜けていたりというのは、値段からしてみれば、御愛嬌というヤツにしときましょう(笑)



まっ、白飯は美味しく炊けていたので、ヨシといたしましょう。 ソレナリの盛りのヨサでありましたし、それ以上に十分に食べ進むバランスに注意したつもりが、やはり白飯が不足気味となっての終了となったのはやむをえませんかねぇ…



食後は、木場の町を散策いたしますが昭和の喫茶店とか流行りのラーメン屋とかに誘われますね (笑)



まっ、トーゼンながら午後の講義では睡魔との戦いに4割弱のエネルギーを費やさざるを得ませんでした。

和鮮 しんま魚介・海鮮料理 / 木場駅門前仲町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

コメント (6)