自走式移動胃袋 ~ The nomadic stomach ~

旅(ツーリング)と食(B級グルメ)の記録と記憶、願望を現在・過去・未来とつらつらと書いています。

1st ロット_1@新横浜・戸隠 で 和風マヨネーズそば

2017年02月24日 | 地元食 ~ 横浜
完全復活にはまだ距離がありますが、8割方くらいまで体調は戻ってきておりますし、我妻もどうにか罹患を免れたようで一安心しております。

さてさて、2月13日…実は、ブログには上げていませんが12日の夜から続いた弾丸移動からインフルエンザが誘ってくれた40度1分という夢の世界を経てあっという間に過ぎた2週間でありましたが、リアルタイムレポでサクッと触れた食ネタをいくつか拾っていくことでリズムを取戻していきたいと思います。

ということで、2月13日のリアルタイムレポから、和風マヨネーズそばのエントリーになります。



この日は朝2時半起きで湘南エリアで午前中を過ごした後は新幹線で大阪に向かったのですが、乗車前の新横浜の駅でヒルゴハンをいただいたわけです。



12時少し前に到着したのでスンナリと案内されましたが、その後は続々と近隣のリーマン等々が入店してきてアッと云う間に満席となります。



おそらく2年半ばかり前のコチラの記事に刷り込まれていたのでしょうか、新横浜駅の篠原口というキーワードでふっと思い付いての訪問です。



冷たいそばの上に、胡瓜、玉ネギ、さやいんげん、そして、かつおぶしと刻み海苔が乗りますが、ポイントは何と言っても大量のマヨネーズ=たっぷりマヨになります。 



蕎麦にマヨネーズ…実は、独身時代のワシは自宅メシの時に作って食しておりました。 全く合いそうにない組み合わせに見えますが、レベルとしては合う、合わないは個人差という程度のモノと思います。 おそらく、メキシコ暮らしの時に大量に持参した乾麺の蕎麦を消費する中で味変として編み出したものと思いますが、まあヒトに勧めたことはありません…というくらいの「恥ずかしメシ」というヤツかもしれません。



大盛りにしたのですが、蕎麦だけなのでアッと云う間に完食してしまいますが、さすがに追加でカツ丼を頼むほどでもなく…



この後は新幹線に乗りまして新大阪へ向かいます…と、こんな感じでしばらくの間は、リアルタイムレポからトコロドコロ抜き出す感じで記事をアップしていこうと思います。

戸隠 新横浜店そば(蕎麦) / 新横浜駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2

コメント (2)

ご報告の続き…桜木町・あぶら屋 で 大海老天丼

2017年02月22日 | 地元食 ~ 横浜
どうにかこうにか復活を遂げつつありますが、60時間以上も寝たきり状態でしたから身体が鈍り切っています。 身体ナラシの散歩のついでにヒルゴハンもいただこうと考えるも諸事情を考えると人混みはNGですし、混みあう店や風通しのよい店、若しくは換気の悪い店も避ける必要がありますので、食べたいものとのバランス等々と合わせて考えると悩みは深いです。 勿論、折角なので平日のみのランチ店がよいしなぁ…

などと考えつつ、とりあえず戸部 → 花咲町界隈を巡回していきますが、まともに歩くのは2日半ぶりなので歩くだけで少しフラフラするのと、関節というよりも筋肉がキシキシいったりします。 それでも一所懸命歩いていきますと徐々に身体がほぐれていく感じが出てきます。 ようやく…とまではいきませんが、なんとか桜木町駅近くにたどり着きます。 途中でもいくつか誘われる店もありますが、途中で停まるとシンドイかなぁ…とがんばりました(笑) でもって、選択しますのは、天麩羅 あぶら屋 という店になります。 コチラは駅から通称(?)裏野毛方面=音楽通り沿いにあります。 有名なコティベーカリーの並びですからすぐに分ります。



コチラを選択した理由は日曜日休みはともかく昼営業のみということもありますが、それは土曜日に行けですね(微) えっと、店舗構造的には、カウンターのみ、全体にコンパクトな造りで高温多湿に近いにもかかわらず、換気は十分、且つ13時過ぎなのでそれほど混みあっていない…等々と本日のワシに必要な条件が揃っております。

ということで、大海老天丼(大盛り)であります。 ちなみに海老は車海老とのことです。



注文を受けてから揚げているので少々時間はかかりますが、大将がテキパキと進めているのと、実はそれほど具材が多くないので進行自体は早く進みます。 天麩羅が揚がるタイミングから始まる、白飯の盛り付け、しじみの味噌汁を含む配膳を経てセットの完成までのネイサン達を含む一連の動きが実に気持ちよく流れます。 パッと見というか、食べた瞬間も油切れが悪いかなぁという印象はあるのですが、油がヨイのでもたれる感じは全くありません。

ちょっと引いてみましょう。



メニューはシンプルにして十分(優) バリエーションは多いようですが、組み合わせでうまく緩急をつけていますし、普段は基本の天丼か定食Aで十分でしょうし、ハレの時の選択肢は大きく広がります。 あっ、右の写真をクリックすると大きくなりますよ♪

 

ワシワシといただいていきますが、カラリというよりややシットリという感じの出来上がりに箸が停まりません。 白身魚の天ぷらですが、キスではなくメゴチかな… タレもタップリかかっているので最後まで美味しくいただけます。



手持ちのアルコールティッシュで軽く食器の縁を拭い、ナプキンを含めてそっとポケットにしまいます。 あらかじめオカネも用意しておいたのですが、大盛り無料だったり、有料のつもりだった揚げカスが無料だったりとちょっと嬉しく焦ります。 食べている間に咳のひとつも出ませんでしたし、まあ、リスク拡散はほぼナシだったかと思います。

ちなみにコチラは油脂類の卸業をされている商店のセカンドブランド(?)とのことで、その縁から実にヨイ油を使われているとのことです。 さすがに、胃腸と足腰を同時に稼働させましたので少々疲れて我家へ帰るべく、日ノ出町駅へと向かったわけです。 流石に歩いて帰ると翌日への影響が少し心配されましたのでね(笑)

いやはや、なんとも、いつも通りの食レポでありますが、一応は復活の御報告に代えさせていただきますね(謝)

天婦羅 あぶら屋天丼・天重 / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

コメント (18)

ご報告

2017年02月21日 | リアルタイムレポート(実況版)
概ね48時間ぶりのアップになりますが、その半分以上が熱にうなされておりました(病) 決して油断をしていたつもりもなく、ハードな旅程の中で体調管理にも気を付けていたはずですが、見事にインフルエンザ診断を受けてしまいました(仰)

予兆的なものとしては、金曜日に九州から着地した時の春一番でまき散らされた花粉のせいと思い込んでいたかすかな喉と鼻の違和感ですかねぇ… でも、寝台ではしっかりと濡れマスクを装着して翌朝には気にならなくなっていたのです。 そして、外湯その1ではナカナカ暖まらないなぁと思った時も、夜神楽見物の時にふいに襲われた時も、よもや風邪、ましてや風邪の予兆とは思ってもいませんでした。 おかしいなぁ?と思ったのは、その晩に妙な寝汗をかいた後で、無理はしないように気持ちを一段切り変えました。 といっても、アサゴハンの後に再び外湯に入ったりしたので、あまり真面目ではなかったと、今では反省しております。

かなりの深手を負っているのに気付いたのは、電車で温泉津から松江に移動中の電車の中、転寝から覚めた時になります。 明らかに発熱しているとまではいかないものの、かなりの体調のワルサなのですが、とりあえずヒルゴハンにしましょうと松江駅でウロウロと店を探す間も急速に食テンションも下がります。



だって、このワシが地味なイカ&ネギとろ丼のフツー盛りですよ(笑)



チェーン居酒屋のランチですからネギとろは期待していなかったのですが、それもマアマア、そしてイカは地産のはずですからいうまでもありません…って、結局は食レポかい(爆)

さて、ヒルゴハンの時はさすがに変だったのでしょう。 宿主サンにおおいに心配をされまして、ドラッグストアを探し当てていただいたり、イロイロと気をつかわせてしまいました。 松江からバスで瀬戸内方面に向かわれる宿主サンに別れを告げましたワシですが、どうしようかと急激に思考力を失いつつある脳味噌と相談いたします。 当初予定の松江城&松江おでん昼酒はパスするのはトーゼンとして、松江のカフェの類で時間を潰すのも店にも悪いし、自分も辛いしなぁ…ということで、一番時間のかかる方法=電車での移動といたします。 松江→米子の各駅はガラガラです。



米子駅で境線に乗り換えますが、鬼太郎電車も予想通りの人口密度なので周囲への迷惑度は最小に留められています。



米子空港はラウンジでの1時間ばかりの待機となりましたが、こちらも独占状態なので気を使わずに済みましたが、最も周囲へのリスク拡散度が高い満席の飛行機は、インフルエンザ診断を受けていないことを善意(?)に解釈して高級マスクに責任をなすりつけることにいたします。 いやはや、この時点では飲んだ風邪薬が効いたのかとても楽になっていたので、なんとも、無理をしても帰らんとしたわけです。

その回復も瞬間的だったようで、横浜に帰り着いた頃には再びの体調不良でヨロヨロと我家にたどり着きますと、手足顔を洗って即寝ますが、その前に測った体温は38度超! 我妻に心配をかけつつも、全くヨユーが無いので甘えさせてもらいます。

その後は、寝汗をかいて着替えた時に測った40度1分、翌朝に病院に行く前に測った39度7分、イナ〇ルを飲んでもすぐに熱が下がるわけもなく、その後12時間以上も38度代が続くというシンドさがありました。 起きて熱が下がらなかったら再診に行くかとか、いざとなったら躊躇わずに救急車を呼ぼうとかの会話を我妻といたしましたが、日付変更線前に37度代に入ると、後はスッと熱が下がります。 それが今朝のことですが、さすがに40度越えの熱はアラカン近い世代には厳しいモノがあり、本日はほぼ終日ベットの中で過ごしておりました。 まあ、ボチボチ立ち直ってきましたが、会社ルールでは熱が下がってから48時間+α を空けることとしており、明日も出勤が不可ですのでノンビリと体力回復に努めたいと思います。

拙ブログの読者の皆さんにご心配をおかけしたことにもお詫びを申し上げないといけないのですが、やはり心配なのは宿主サンと我妻にインフルエンザが感染っていないかなので、こればかりはそうなったら謝るしかないですよねぇ…

季節の変わり目というか、花粉も飛び回る季節も近いので、皆様もくれぐれも健康にはご注意くださいませ(願)
コメント (16)

羽田の夜

2017年02月19日 | リアルタイムレポート(実況版)
長い1週間でしたが、無事に終了とは言いづらいですかね (-_-;) 調子に乗ったつもりはないですし、かなり気を付けていたはずが、ケッコーな風邪を引き込んでしまったかもしれません。 インフルじゃないと思いますが、明日の朝がどうなるか…



ラストの宿主サンとのツアーも楽しめましたが、最後にちょっと心配をかけてしまいましたかね? ありがとう&ごめんなさいですね (^_^ゞ

また、読者の方にもご心配をおかけしたようですので、我妻を含む皆さんには、ごめんなさい&ありがとうですねぇ…



ということで、先ほど羽田に無事ランディングいたしまして、リムジンバスで横浜に向かっております。 さて、この1週間のリマスターですが、ふむ、どうしましょう? 未だに正常な判断力が戻っていないので、来週アタリに考えますね♪

とりあえず、自分で自分に言っときます… お疲れ様でした!
コメント (3)

米子の午後

2017年02月19日 | リアルタイムレポート(実況版)
温泉津から松江までは順調に移動したと思ったのですが、車中でウトウトして、目を覚ましたら… 思いっきり体調が悪化しております (-_-;)

宿主サンに心配をかけたくないので、明るく振る舞いますが、チトツライ… けれど、ヒルゴハンはいただかなければということで、軽めにしています。



全然軽くないという意見もあるでしよまうが、まっ、フツー盛りですしねぇ… あっ味噌汁はしじみ汁でしたよ (^o^)



食後は風邪薬を買いましょうとお付き合いいただきましたが、まさかインフルじゃないよなぁ…と不安になります。 岡山経由で帰るという宿主サンと別れまして、少々悩みましたが、電車でタラタラと空港に向かうことにあたします。 まあ、下手に喫茶店とかに入るより電車の方が環境がヨイですからね(/- -)/ でもって、米子で境線に乗り換えて空港に向かっております。



ああ、大山が美しい…



調子に乗って外湯なんぞに入ったのがよくなかったのですかねぇ…



コメント