自走式移動胃袋 〜 The nomadic stomach 〜

旅(ツーリング)と食(B級グルメ)の記録と記憶、願望を現在・過去・未来とつらつらと書いています。

巡業_2016_2

2016年05月26日 | 地元食 〜 川崎
今回の巡業のツライのは、距離が中途半端に近いということでしょうかねぇ… 出張先は朝が早いので4時とか5時に始業して、10時前には終了というパターンが多いのです。 今回の巡業先は仙台まで含めても事務所から概ね2〜3時間の距離なので、多少の「遊び」を挟んでも午後2時くらいにはフツーに事務仕事ができるのです。 まっ、月イチくらいなら問題はないのですが、終わりは平均すると夜の9時くらいなので続くとチトツライものがあります。

さてさて、そんな中の一日ですが、千葉から事務所に戻るなら午後イチハン…13時30分での約束で問題ないでしょう…と設定したシロートさん相手の打ち合わせに間に合うかギリギリのトコロになってしまいました。 ところが、たまさか乗り継ぎが良く、川崎駅に到着した時点で15分のヨユータイムができておりました。 ふと目に入ってしまったのは、駅ナカのラーメン直久です。

いただくことにしたヒルゴハンはカレーセット(塩)というヤツです。 前回と比べると当たり前過ぎてチトツマラナイかなぁ…



とりあえずアップでご紹介しても、可もなく不可もなくというヤツでしょうか…



それでも悲しいブロガーの性で、麺リフトとかカレーアップとか…写真を撮ってしまうのですよ…



ワシとしては悪い評価ではないのですが、そろそろダブル炭水化物をフツーに頼むのはひかえた法がヨイのではないか…などと考えたのは、疲れのせいなのか… 歳のせいなのか… って、もうすぐ誕生日かぁ (^_^;)
コメント

巡業_2016_1

2016年05月23日 | その他もろもろ
先週から業務巡業というヤツで関東メインで東日本を回っております。 ヲエライさんと同行なので食ネタなんぞは拾えないのですが、備忘を兼ねて写真をちょこっとご紹介しときます (^_^ゞ

大体が早朝スタートで、ホテルのアサゴハンなんて食べられることがマレなので、合間で近場の立ち食いそばやらモーニングをいただければラッキーですね… これは千葉の梅郷でしたが、サンドウィッチもコーヒーも美味しかったですね (^o^)



夜は居酒屋系のコースが多いのと、写真が撮りづらいのでネタはほぼ拾えませんが、東北は盛岡じゃなくて、仙台でいただいた〆の冷麺はちょっとステキな写真でしょ (笑)



比較的ノンビリできる日はアサゴハンもホテルでしっかりといただきます。 変則的な動きなので、仙台から川崎の事務所に出社して、夕方から房総に移動して泊まりとか怪しい行動になるのです…



まっ、こんな暮らしが6月中頃まで続くわけです (°Д°)
コメント (10)

保土ヶ谷・中華堂 で CRG

2016年05月21日 | 地元食 〜 横浜
いやはや…なんとも…ナカナカリカバリーが出来ない中、歯医者に行かないといけないし、会社に残した雑事を片付けないといけないし…という狭間でのヒルゴハンは国道1号沿いにある中華堂というフツーの町中華になります。 クルマで走っていると毎回ウッスラと気になるのは、30年ばかり前に先代の店に亡きヲヤジ殿と何回か行った記憶に引きずられているのでしょう。



品数は多くはありませんが、基本は抑えていますよね(受) あっ、左の二つはクリックすると大きくなります。



さてさて、頼みましたのは支那そばその2セットという、高菜と海苔が追加トッピングされたラーメンとチャーハンのセットに餃子で、いわゆるCRGフルセット=(C)チャーハン+(R)ラーメン+(G)餃子という町中華における王道の組み合わせになります。 我妻から何を食べたか問われた際に「町中華でCRG!」と告げると、
「チャーハン、ライス、餃子よね!」
ですと… まあ、炭水化物をヲカズにどこまで白飯を食べられるかチャレンジじゃないのですが…



まずは「C」ということでご紹介するのはチャーハンであります。



パラパラ系とシットリ系の真ん中アタリのほどよき炒め具合は、かしさ満点デス♪ コチラには昔からあるニンニクチャーハンというのがあり、ヲヤジ殿がよく頼んでいたのですが、スッカリ忘れておりました(懐)



そして「R」ということでご紹介するラーメンというか支那そばは町中華スタンダードに合致しておりまして何の文句もありませんし、その2という上級バージョンにしたので追加トッピングの海苔や高菜、ニンニクチップがうまく味変に役だってくれます。



ちょこっと各パーツをアップでご紹介しておきますが、ケミカル感も無く、美味しくいただけます。



最後の「G」にる餃子はキッチリと焼き上げられた美しい出来なのですが、町中華の餃子であればもう少しグズグズした感じがワシの好みだというのは贅沢なのでしょうね(笑)



コチラの店ではいつのまにやらタンメンが人気になっているとの情報もありますので、次回はタンギョー(タンメンに餃子)+ニンニクチャーハン(大盛り)でいってみましょうかねぇ(爆)

中華堂中華料理 / 保土ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

コメント (12)

モロモロ・人間ドックの話

2016年05月18日 | その他もろもろ
予告しておりました巡業ですが、なにせヲエライさんとの同行仕事ですからリアルタイムで上げるようなネタのない日々の中… 無理矢理に抜け出してて行った人間ドックですが、鼻からの胃カメラを担当したコゾー医者のド下手なこと(涙) いまだに右鼻の奥が疼きます…それでも…とにかく…無事に午前の部を終了いたしましてのヒルゴハンです。



軽めのランチという位置づけですから、さような健康食でも問題ありません。 なぜなら午後にも検査があるのです…



「何杯でもお代わりしてください!」くらいの勢いで勧められましたが、まあ地味に押さえておきます。



最近のドックは午前中の検診が終わったトコロで簡単な説明があるようなのですが、今回の問診ではほぼほぼオールクリアとの結果をいただきました(喜) 勿論、経年劣化はありますので、γ-GTPとかで軽く引っかかりますが、ほぼ無視できるレベルです。 たとえば血圧は 118-78 でしたし、他の数値も一般的なモノは標準値ど真ん中でしたし、酒呑み要注意項目は標準上限値をほんの少し超えたアタリでした。

マーカーの結果や午後に行った脳ドックなどを含めた正式な結果が出るのは3週間後アタリとのことですが、一応は…週2の禁酒日でも設けるかなぁ…という程度には自分の健康には気をつけたいと思います。

いやはや…頑張ってはるたびレポの準備をしなければなりませんが…なんとも…先が見えません(苦)
コメント (8)

はるたび_2016_まとめ

2016年05月15日 | 旅や食 〜 国内
週明けから巡業に出ることになっておりまして、あまりに間が開くのもなぁ…ということで、右半分ことはるたび_2016のまとめからリマスター版を無理矢理にでもスタートさせることといたします。

ということで…

1日目(神奈川 (0) ⇒ 東京 (1) ⇒ 埼玉 (2) ⇒ 群馬 (3) = 125キロ/ 125キロ)

実は、今回のGWツアー=はるたび_2016のオリジナル計画は、なつたび_2015の終了直後から練りに練ったプランだったのですが、諸事情により大幅な変更を余儀なくされてしまっております。 具体的にはなつたび_2016のアタリでご説明したいと思いますが、10連休という滅多にない機会を活かしてのロングツアーだったのが、まっ、ソノ半分ということになります。



ツアー出発までにエネルギーを消費しきっておりますので、当初予定の6時出発は無理だったかもしれないなぁ…と思いつつ、スッカリノンビリとした出発になりました。 トーゼンながら今回の旅の相棒はベム坊ということになりまして、走行累計 93,880キロからのスタートとなります。 首都高・羽横線から環状、東北道と走り抜ける道中に特段の出来事はないのですが、やたらと風が強くて油断するとトンネル出口や箸の上では1メートル近く振られたりヒヤヒヤしますねぇ…



さて、この日は群馬は太田市で昔からの友人夫妻と軽い宴を持つことになり、我妻も電車に乗って駆けつけてくれました。 まあ、会えば楽しいだけのメンバーですから、何のストレスもなく過ごすことができましたのは、旅の幸先ということでございましょう。

2日目(群馬 ⇒ 新潟 (4) = 325キロ/ 450キロ)

この日もノンビリ行程でしたので、榛名湖を周ったり、水上でヒルゴハンをいただいたり…という感じで新潟入りいたします。



ヒルゴハンが重かったのと、休み前の疲れが出たのでケッコーグッタリと過ごした新潟の夜でありました。

3日目(新潟 ⇒ 海の上 = 5キロ/ 455キロ)

北海道行きのフェリーに乗るのにさしたる苦労もありませんし、乗ってしまえば翌日の朝まですることもなく文庫本を読んだり昼酒をいただいたりとノホホンと船旅を楽しみます。



翌朝は早いので早めに寝ようと思いますが、昼寝をしたこともあり眠りが浅いのは自業自得… まっ、時間だけは長く横たわっていられたのが嬉しかったなぁ…

4日目(海の上 ⇒ 北海道 (5) = 630キロ/ 1085キロ)

この日はある意味、本ツアーのハイライトでした。 早朝に小樽に着き、グダグダとしながらも結局は最北端=宗谷岬まで走ることになりました(苦)



到着時+1度という気温が陽が昇るのと北上するのとビミョーなバランスで一桁台の気温の中を走り続けた半日でした。



まっ、最北端からの南下はなんのかんのでヨユーでしたし、この夜はブロ友の道楽パパさんとの密会が予定されていたりするので、下道メインでの630キロ走行もそれほど苦にはなりません。



このアタリの詳細は個別記事をお待ちくださいませ♪

5日目(北海道界隈 = 220キロ/ 1305キロ)

北海道の明けた朝はダラダラと過ごして、いざ出発という時に会社絡みのトラブル発生(泣) 半日同行いただく道楽パパさんをお待たせしたのはお詫びするしかないとして、前日と全く違う陽光の下、うまいこと連携の取れたプチツーリングが楽しめました。



なんて油断をして&調子に乗った状態でソロとなったワシですが、日勝峠のピークで路面が凍っていたのにビビりまくったのはココだけの秘密です。



この日のお宿はとほ宿というか、とまるんグループの相部屋民宿…十勝平野のど真ん中でヒトリだけ個室を確保しております(笑)



まっ、北海道の真ん中近くというトコロですかね(央)

6日目(北海道界隈 = 330キロ/ 1635キロ)

目覚めれば雨… は降っていないので軽く乱舞します(嘘)



雨が降ってればストレートに札幌を目指すつもりが、霧は濃いものの雨が降っていないので、えりも回りのコースを選定いたしましたが、途中からシッカリと振られました。 静内の桜並木が満開という情報を入手しつつも、片道5キロの寄り道もできないくらいの状況… まっ、早々に札幌に入ることにいたしましたが…



流石にこの日は体調がキツクなり、夕食をご一緒いただいたNKTサンにはご迷惑をおかけいたしました(謝)

7日目(北海道 ⇒ 海の上 = 90キロ/ 1725キロ)

体力回復の意味もあり、無茶な早起きは控えて過ごすことにいたします。 アサゴハンの後は、御用ということで昼過ぎまでお勤めをいたしますが、その後は札幌市内で少々ウロウロいたします。



最終的にはネットカフェというトコロで時間を潰してから本州向けのフェリーに乗り込みます。

8日目(海の上 ⇒ 青森 (6) ⇒ 岩手 (7) ⇒ 秋田 (8) = 305キロ/ 2030キロ)

ちょと遅めの到着ですが、青森から岩手へと下道を走ります。



渋い街道食堂や間もなく閉店するデパートの展望食堂とか…



秋田の夜は立ち寄った某酒場で某政治家の方と隣席になり日本の将来について熱く語りあったというのは、その時点では職業・旅人のワシにとってはチト余計でありました(冗) まっ、面白かったのですが…

9日目(秋田 ⇒ 山形 (10) ⇒ 宮城 (11) ⇒ 福島 (12) = 340キロ/ 2370キロ)

ラス前となりましたこの日は朝から本降り… オヒルゴハンの予定変更をKZ7サンにお願いしてダラッとしたスタートになります。



それほど寒くなかったので問題はないのですが、走っていてもそれほど楽しくもありません… が、オヒルゴハンをご一緒したKZ7&えっちゃんと過ごした2時間ばかりは楽しかったですえぇ(嬉)



でもって、蔵王越えというか淡々と山形道から宮城、福島と走り、何故に最終宿泊地が二本松になったのかは、やはり詳細版でね(説)

10日目(福島 ⇒ 栃木 (13) ⇒ 茨城 (14) ⇒ 千葉 (15) ⇒ 神奈川 = 390キロ/ 2760キロ)

長きに渡ったはるたびも最終日は、比較的キリキリと出発いたします。



宇都宮でいただくアサゴハンhが餃子定食というのはネタですが、その後は茨城、千葉と周り八街で饂飩を啜った後は一直線で我家に向かいます… といっても、アクアライン経由の遠回りというのにはビミョーな理由があるわけです。



さてさて、この記事だけ読むと何が何だか分からないまとめとなってしまいましたのはご容赦いただくとして、累計で2760キロを走りましたはるたび_2016の概要でございます。 キチンとした日毎の記事に取り掛かるヨユーはまだなさそうなので、どうなりますことか…

(続く…)
コメント (6)