自走式移動胃袋 ~ The nomadic stomach ~

旅(ツーリング)と食(B級グルメ)の記録と記憶、願望を現在・過去・未来とつらつらと書いています。

白楽・じょんならん で 野菜タンメンうどん

2017年03月25日 | 地元食 ~ 横浜
完全に時系列無視、且つ紹介するのは期間限定メニュー… もし、拙ブログを食情報のネタ元とされている読者の方がいればゴメンナサイ(汗)

まっ、ソンナコトは気にせずに、久々の白楽はじょんならんネタになります。

コチラは我夫婦ヲキニイリの讃岐式饂飩屋でケッコー長く贔屓にしております。 とある休日に久々に参りますか?ということで、JKを引っ張り出しての出動デス♪

開店丁度の入店で、カウンターの一番奥に案内されます。 待つこと茹で上がり時間で、まずは、我妻の釜揚げ天麩羅うどんデス♪



我妻がコチラでぶっかけ系以外を頼むのは珍しく、且つ天ぷらも海鮮系というのも珍しいですね(稀)



ワシは野菜タンメンうどん…「タンメン」と「うどん」という名称が両立するのかはさておきまして雰囲気は伝わりますね(混)



コチラは太っ腹で開店以来のウェルカムカードを持参すると鶏天が1個オマケに付くのデス♪ 我妻は鶏肉が苦手ですからワシの追加トッピングへとシフトするわけですね(追)



熱々のうどんに熱々の野菜炒め(?)と鶏天ですから食べるのに苦労はしますが、タップリの生姜と合わせて身体が温まります。 ええ、寒い頃のネタなんですよ(笑)



珍しく我妻が「大盛りにしておけばよかった」なんて言うほどに釜揚げが気に入ったようですが、コチラはボリュームたっぷりですので大盛りにするのはご注意ください。 えっ、トーゼンながらワシのは大盛りですよ(爆)

じょんならんうどん / 白楽駅東白楽駅

昼総合点★★★★ 4.0

コメント (2)

立ちそば放浪・エキナカ で 3杯

2017年03月24日 | 立ちそば放浪
ちょいとネタも溜まっておりますので、いくつかまとめてしまいましょう。 一応、シリーズ的に…

一杯目は、大船駅のかまくらそば! この日は朝から平塚界隈に行くことになり、横浜駅に到着すると東海道線が怪しい感じでしたが、横須賀線は大丈夫そうなので、とりあえず大船まで行くことにして、車内でチェックすると東海道線はちょっとした遅れだけのようです。 安心したからというわけではありませんが、軽くアサゴハンをいただくことにして、かまくらそばに入ります。



タッチパネル式を睨みますが、迷っているわけではなく目当てのモノが見つけにくかったのです(笑) ということで、憧れの小柱天そばデス♪



横から眺めてみましょう。



次は、段ずれさせてみましょう。



ゾゾッと啜り上げれば…ふむ、コンナモノですかねぇ? 元々はぶらくりサンに刷り込まれISGサンNSIさんに煽られておりましたが、複数回挑戦するも大体が遅い時間で売り切れだったのです。



勿論、美味しかったのですが、期待値が高すぎましたかねぇ…

2杯目は京急は追浜駅のえきめんや! この日は現場作業の応援なので、ヒルゴハンがどうなるかも見えなかったのでシッカリとアサゴハンをいただきます。



酉年限定らしい鶏三昧そば… 一見、何が三昧だか分りませんが、鶏唐揚+錦糸卵+そぼろらしいです。



少し甘めの汁と柔らかめ麺は駅蕎麦の典型ですね(普)



ヒルゴハンはまあままのボリュームでしたが冷えた弁当でしたので、アサゴハンに温かいモノをお腹に入れておいたのはセーカイでした(偉)

さて、本記事の最後になる3杯目は、横浜駅の濱そば! わさび菜紅生姜天そばに生玉子を落としております。



季節限定メニューに追加トッピングをすることはあまりないのですが、川崎から横浜経由で湘南地方で長時間拘束がみえていたので元気をつけようとしたのでしょう…って、昭和のヲヤジの発想ですよね(昔)



どうにも記憶が薄いなぁ…というトコロで調べてみましたら紅生姜天は2月の仕込みでありました(古) ふぅむ、どうにも2月のインフル事件あたりから全体にバランスが悪いなぁ…という感じが続いております。

まっ、しばらくは会社生活も私生活もバーチャル生活も地味目の進行といたしましょうかね(緩)
コメント (4)

川崎・スリーアミーゴスの宴_の後で

2017年03月23日 | 地元食 ~ 川崎
年齢のせいなのか、油断したのか…ちょいと伏しておりました。 咳や鼻水も出ないというのも、熱の出方も前回と同じだったので、インフルかと思いつつヨロヨロと行ったクリニックでも最初は「この前がAでしたから、今回はBですかね?」と言われたのですが、結果はシロ(幸) それでも38度3分はケッコーシンドイのです。

そんな状況でしたのでブログもアップできずにおりましたが、再開はスリーアミーゴスの宴の最終回、いそのサンのトコロからパクッた写真からスタートです。 ぶらくりサンもですが、花粉症対策ということで毎年この時期はコンナカッコをしております。  



さてさて、タイマーの点滅はしていないようですが、翌日キビシイ日程とのことで一足お先の御帰りです。 そんなナカ、いそのサンとワシは遠出もしたくないですねぇ…ということで、動線上にあり、且つワシの最近のオキニイリ・リンガーハットに連れ込みます。 もう、お酒はヨイですかねぇ…ということで、マチマチにオーダーをしますのは、いそのサンが定番の細麺皿うどん!



ワシはレアモノの、まぜ辛そば! 花椒(ファージャオ)がケッコー効いていますし、追い花椒もできる仕様ですので、これはぶらくりサン向けですね(笑) 途中でどうとでも変わってもヨイ前提ですが、一応の想定ハシゴルートの最終でぶらくりサンにはコチラを食べていただきたいなぁ…などと思っていたのですよ(推)



意外と野菜がたっぷり…というか、やたらキャベツの芯が多く、見た目より野菜がたっぷり入っておりますのは〆炭にはあまり向きませんね(笑)



マゼマゼいたしますが、「彼」のような呪文は唱えませんが、追い花椒にオイルを垂らしたりしてゾゾッと…というか、とりあえず食べ進みます。 元気があれば最終的にはコチラに白飯&温泉玉子をブチ込んでいただくはずですが、〆炭なので自粛しておきます(次)



テケトーに酔っておりますし汁麺とは違って多少ダラダラ食べても大丈夫なので、旅話とかウォーキング話などアレコレしながら、ほどよき感じで満腹になりました。 大人のワシ達なので、横浜に戻っても一杯! なんてことにはなりません(偉)

お互いに利害関係がほぼ無いのにソレナリに好みが被っていてる、そしてナニヨリも常識のレベルを共有できる御二人との呑み会は実に楽しいものでありました。 多分、ブログという共通項がなければスレ違いの3人だったはずですからナニカ不思議です(縁) また、遊んでいただきたいなぁ…とお願いをして(本編=スリーアミーゴスの宴=はおしまい)というとにいたします。 ありがとうございました。
コメント (6)

川崎・スリーアミーゴスの宴_2

2017年03月20日 | 地元食 ~ 川崎
宴_1のいむらを出ましたワシ達は、テクテクとビミョーに駅に向かいつつハシゴの二段目を捜します。 この流れですと御二人が予想するのは、三惚だったと思いますが、この日の昼はカレーか中華気分だったのが…結局はコンビニメシにしたので、その両立を目指したワケです。

狸小路飯店という意味不明の店名の中華屋ですが、ナニヤラぶらくりサンの昔馴染みの店だったようです。 だからというコトでもないでしょうが、入店早々にぶらくりサンが軽くバトルを始めます(笑)

BKS「ドラゴンハイボールはありますか?」
ヲミセ「???」
TM2「いやいや、メニューにありませんから…」
BKS「紹興酒をね、ソーダで割ることができますか?」
ヲミセ「ちょっと分からない」
BKS「ハイボールをねぇ、ウィスキーじゃなくて紹興酒で作ってください。」
ヲミセ「ちょっと聞いてきます。」
ISG「大丈夫ですよ(決)」
ヲミセ「はい、できますよ」
BKS「そうですよね」
ISG「大丈夫でしたよね(決)]
TM2「よかったですねぇ…」

やりとりの詳細はテケトーですが、とにかくカンパ~イ♪



オトーシはナント…マカロニサラダ(驚) コチラに店に行くことを予告していなかったのに&マカサラ好きのぶらくりサンでも個別オーダーはできなかったハズなのに…ヲソロシキはぶらくりパワーですねぇ… あっ、ワシもスペシャルオーダーをかましたわけでもありません(爆)



さてさて、オーダーはきくらげとタマゴの炒め物!



木耳愛の激しいぶらくりサンに木耳多めでデリバリーしたのですが、ビミョーな遠慮をされるのが不思議でしたが、ちょっとしたワケがあったようです(責)

そして、鶏カレー炒め! 実はコレが食べたくてコチラの店を選択したというのが隠された理由でありました。



ちなみに、狸小路飯店という店名ですが、なんでも昔は北海道は狸小路発祥のチェーン店だったのが、本家が倒産したかナニカで独立して店名を代えずに継続されているようです。

ナンテ言っているうちに、一番最初に頼んだ餃子がやってきます。 まっ、餃子好きのぶらくりサン向けのオーダーであります。



コノアタリでいそのサンがぶらくりタイマーを気にされるのと合わせて、〆炭をどうするかの質問が出されます。

BKS「タイマーは点滅もしていないのですが、明日も早いのです。」
ISG「じゃあ、コチラで〆ますか?」
TM2「(三掘で天丼を食べることを想定して →)そういえば、この前のISGサンの天丼の写真はひどかったですね(笑)」
BKS「天丼は奥行があるので難しいのですよねぇ(嘆)」
ISG「いやいや、それはさておいて〆をですねぇ…」
TM2「タマには写真ネタでツッコミを入れさせてくださいよ…ヒック」
BKS「ボクは〆炭はちょっとねぇ…ウップ」
ISG「じゃあ、ハシゴを昇りますか?」
BKS「天丼は奥行があるので難しいのですよねぇ(微)」

ということで、_2があれば_その後もあるということで…

狸小路飯店中華料理 / 川崎駅京急川崎駅尻手駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

コメント (12)

川崎・スリーアミーゴスの宴_1

2017年03月19日 | 地元食 ~ 川崎
スリーアミーゴス… 拙ブログのコアな読者には説明するまでもないけれど、2年半ばかり前に突如として表舞台に登場したヲヤジ3人組…コアじゃない読者の方には少しばかり解説の必要があるかと思いますが、そもそも英語のスリーとスペイン語のアミーゴスを組み合わせてヨイのかというのはいつも気になっております。 しかも、最初はスリーアミーゴ…て単数形だったし…(疑) まっ、気の合う五十路世代の3人=爺の落書き横浜生活のいそのサン天下泰平ブログのぶらくり佐藤サン、そしてワシの3人組みですが、中華ランチ探偵団の酔華サン濱のおいしい小路のヌシさんが加わることもありますが、今回はピュアな3人組デス♪ 拙ブログにしては珍しくすっかり出遅れまして当初狙ったコラボの出来ず仕舞いとなったのは反省ですが、そのアタリはぶらくりサンの記事とかいそのサンの記事とかもご参照ください。

この日は、ちょいと急なお誘いがありまして、フッという感じで予定が空いたり決まったり… まっ、無事に宴日程が成立いたします。 さて、当日はワシだけ遅れ気味の到着なのは想定内ですが、ぶらくりサンに予約いただいて川崎駅西口の井魚家いむらの席が確保されているので安心です。



確かに、先に始めておいてくださいとお伝えしておりましたが…約束の時間に3分しか遅れていないのにキレイに生ビールの一杯目が消えかけているのは何故でしょう? ソンナコトはさておき、前回は昨年12月の断面大賞の審議委員会でしたから…んっ? ピュアに3人というのは実はヲハツかもしれません(惑)

さてさて、ソンナこともさておきまして、このお通しは鰤の血合いまでいかない腹身を上品に煮たヤツと青柳のヌタですが、このお通しだけでケッコーな肴になります。



パラパラと第一ロットで頼みましたが、カキフライが一番に登場いたします。 順番から行くと刺身が先の方がヨイのですが…ヨシとしましょう(違)



カキフライにかける情熱…もしくは、牡蛎愛が伝わるショットをご紹介! とりあえず断面ではなく単品写真と合わせましょう(適)



コチラの店を利用する時は宴席も多く、コースというかヲマカセにすることが多いのですが、今回は個別オーダーとしております。 それでも、3人分の刺身の構成はヲマカセにしております。



ヨイトシをしたヲトナ達が写真をパチパチと撮っている姿は如何なモノかとも思いますが…まっ、ブロガーの性としてお許し願いましょう(待)



既にいただいております麦焼酎=「知心剣(しらしんけん)はワシの中ではコチラの店のデフォルトなのですが、何故か見つけてもらえません… 最終的には見つけ出してもらえたもののヲトナリのテーブルとの取り合い ⇒ 譲り合いを経て入手したものデス♪



ほどよく飲んで、ほどよく食べていきまして、テケトー&エエ加減な話をしていくのですが、実は今宵の宴で一番盛り上がったのはナント絹のパンツの話…

BKS「絹のパンツって身体にヨイらしいねすねぇ?」
ISG「それは、絹のパンツを脱がせる行為が心身にヨイ影響を与えるということでしょうか?」
TM2「脱がせる際に絹か否かはあまり関係がナイかと思いますが?」
BKS「そうじゃなくて絹のパンツを穿くのは健康にヨイらしいのです!」
ISG「えっ、男が絹のパンツを穿くとのがヨイとおっしゃっているのですね!」
TM2「パンツなんか穿かない方が気持ちヨイですよ!」
BKS「ナニか寝る時に穿くと気持ちがヨイらしいですねぇ?」
ISG「絹のパンツって、何処で買うのでしょうかねぇ?」
TM2「だから、寝る時はパンツを穿かない方がヨイのですよ(笑)」

おそらくは、鰰(ハタハタ)の唐揚げ=干物のハタハタを丸のままで揚げている=を肴に延々とかような話をしていたかと思います…



ポリポリとハタハタの唐揚げをいただきつつ、ボチボチと次の店のコトを考えていきます。 今回はハシゴはするまいと、地自分のココロのナカでも口に出しても宣言しておりましたが、所詮はハシゴ好きのヲヤジ達ですからねぇ…

コチラでの〆代わりに頼んだのは、流れを無視しての鰻の肝焼きで、コレはいそのサンの視線の先にある壁メニューから拾ってしまいました(笑) まっ、コレもヨシということにしておいていただきましょう(願)



このアタリで焼酎のボトルもほぼ空いておりますので、コチラでの〆は止めておき軽めにハシゴを登る提案をいたしますと、意義は一切出てきません(笑) ソコソコの時間になってはおりますが、ぶらくりサンのタイマーもブルーのままでありますので、サクッと…_1 があれば _2 には続きますよねぇ…ということで (^_^ゞ

井魚家いむら居酒屋 / 川崎駅尻手駅京急川崎駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

コメント (14)