自走式移動胃袋 ~ The nomadic stomach ~

旅(ツーリング)と食(B級グルメ)の記録と記憶、願望を現在・過去・未来とつらつらと書いています。

はるたび_2016_1日目

2016年06月26日 | 旅や食 ~ 関東
☆ はるたび_2016 … まとめはコチラから♪
★ リアルタイムレポはコノアタリから♪

無理矢理の発信 … という感じでスタートさせましょう…ということで、はるたび_2016のAR=アナログリマスター版となります。 右半分と銘打ちました2016年のGWを使ったはるたびシリーズは、既に帰着から二か月近くが経ってしまいました(唖) 9泊10日=全2760キロというソレナリのツアーですので、その記憶が薄れないうちにということに加え、ナニヨリ脳内シミュレーションでなつたび企画をしっかりと組み上げようとする時に思い出さざるを得ないのでチャチャッと片付けたいと思います。 なんて言いつつ、おそらくは全30回近くなるかも…

まっ、ソンナコンナで遡ります4月末の晴天の祝日がスタートとなったわけデス♪



午前中はゆっくりと支度をして…というのは、前日までにエネルギーを消費しきっておりますので、スッカリノンビリとした出発になりました。 トーゼンながら今回の旅の相棒はベム坊で、走行累計 93,880キロからのスタートとなります。 

首都高・羽横線から環状、東北道と走り抜ける道中に特段の出来事はないのですが、やたらと風が強くて油断するとトンネル出口や箸の上では1メートル近く振られたりヒヤヒヤしましたねぇ… って、一部はまとめ記事からのコピペです(謝)



初日のグンマーでは太田市で昔からの友人夫妻と軽い宴を持つことになり、我妻も電車に乗って駆けつけてくれました。 会えば楽しいだけのメンバーですから、何のストレスもなく過ごすことができましたのは旅の幸先ということでございましょう。 などとノンビリとした書きっぷりではありますが、実は友人夫妻にワシの宿泊先まで迎えに来てもらったのはヨイのですが、ワシが約束の時間ギリで駆け込む一方で、我妻の乗った電車が事故で大幅に遅れるとのこと(呆) あらためてメールを読み合わせると到着までケッコーな時間があるようなので一風呂浴びることができがのはちょっとラッキーでした。

無事に我妻とのランデブーも成功し、友人夫妻の案内で太田市内のコザレタ居酒屋に赴きます。 でもって、気力が充実していないままに、パシャパシャと料理写真だけ撮っていきます。



勿論、酒の方はスイスイと進み、写真にある以外もモロモロの料理をいただいていきます(旨)



約束をした時に、我妻が群馬県は太田名物の黒やきそばとやらを所望していると伝えたのですが、太田焼きそばは居酒屋とかに無いとのこと… 無理矢理っぽいのですが、持ち込みとした岩崎屋のパッケージは店の了解を取っていたようです…多分…



明るいうちから呑み始めておりますので、酒を飲まない我妻の比較的正しい記憶&スマホに残った画像から推定するに…ワシ達3人は相当なヨッパだったようで… いつのまにやらホテルの部屋で二次会デス♪



まっ、旅のスタートは景気よくいきましょう! ということでございました。

どこまでイキオイが続くかは分かりませんが、コノアタリでスタートさせておかないとなつたびがスタートしてしまいますので、少々焦っております。 実は、この「はるたび」と夏休みの「なつたび」はワンセットなのでなんとかするように頑張ります。 一方で、アップしそこなっているネタも山盛り&合間でのプチ遠征とかも予定しておりますので順不同的なアップはご容赦ください。

【1日目の軽いサマリー】
 神奈川 (0) ⇒ 東京 (1) ⇒ 埼玉 (2) ⇒ 群馬 (3) = 125キロ/ 125キロ

(続く…)
コメント (8)

新横浜・鐵匠 で ゴマだれつけ麺

2016年06月25日 | 地元食 ~ 横浜
静岡駅前で美味しい鮪丼をいただいた後は、藤枝に移動して仕事をキリキリとすませますと、静岡にクルマで送ってもらいます。 18時前かぁ…ということで、少々の無理を言いまして、ヲキニイリのサウナに行先を変更いたします。

ノンビリと1時間半ばかりを過ごして、1時間に一本の新幹線(ひかり号)を逃さないように早めにバス停に移動します。 静岡駅でちょこっと買い込んで、プシュッとすればあっという間に新横浜です。



この日は仕事が長引けば静岡で宴会になりそうだったのと我妻もデートとのことで、バンゴハンはソトメシになります。 まさか、ここから遠征をかけるわけにもいかないのでエキナカでサッと済ませることにいたしまして、ラーメンでも啜ろうと鐵匠に入ります。



まずは生ビールと餃子を頼みまして、餃子到着時にメインの麺をオーダーします。 餃子自体は可もなく不可もなく…というより、ややNG気味の焼きの甘さが感じられます。



まっ、多くは求めますまい…なんて思っていると、予想外に多くの量の麺がデリバリーされます(汗)



最近はコレシキでも少し怯むようになりましたが、まあ…問題のカケラもありません(余)



総じては可もなく不可もなく… コンナトコロでしょう。



ツルツルと麺を啜り、チャーシューを齧り、煮玉子にちょいと醤油をかけたりしていきます。



量的にはまあままというトコロでしたが、コノアタリで大人しく帰ることにいたします。 しかし、当初予想が外れまして相変わらず慌ただしい日々が続いております…

鐵匠ラーメン / 新横浜駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1

コメント (5)

静岡・清水港 みなみ で 鮪三昧丼

2016年06月23日 | 旅や食 ~ 中日本
いやはや…なんとも…仕事に忙殺される日々が続きます。 個々には重いの軽いのがありますが、御役目で本人対応ではないといけない案件が湧いてくるのです… まっ、そんな中でも近距離&電車&ヲヒトリサマの出張は割と楽をさせていただいております。

ということで、アサイチの横浜市内での某所訪問から直接に静岡へと移動することになり、うまくヒルゴハンを静岡駅界隈でいただくことに成功いたします。



静岡駅前なのに「清水港」というのはさておきまして、こちら「みなみ」は人気店なのでヒルドキは常時数名の待ちはありますが、キャパがそれなりにあるのとネイサン達のオペレーションがキリキリとしているので、待ちもそれほど気になりません。



前に4名ほどいましたが、待つほどもなくカウンターに案内されまして、頼みますのは本日の日替わりということで、鮪三昧丼(特盛り=酢飯大盛り+具沢山)になります。 んっ、四種乗せなのに三昧…3味ではありません(笑)



光線の加減が悪く、若干は撮影時に調整してみたもののテカリがヘンに出てしまっておりますが、現物はナカナカの美しさで、本鮪の赤身、鮪中トロたたき、キハダ鮪赤身、鮪漬け炙りが山盛りデス♪ ちなみに手前の鮪赤身6片の内、右2片が本鮪と思われました(確)



サイコロ状のたたきにサラッとかけまわす醤油はヲミセスペシャルの甘口&塩味控え目で、具沢山の丼にはほどよい味付けとなります。 でもって、軽く断面写真を撮ってみましたが、断面と認識されないようなショボさは、酢飯の絶対量が少ないせいでございましょう。



勿論、魚屋系列の店ですからネタに問題もありませんし、酢飯の具合もバッチリです…が、白飯好みのワシとしては選択肢があってもヨイなぁ…なんて思ったワケです。 結構、久しぶりという自覚はありましたが、ブログを手繰ってみたらなんと3年ぶりの訪問でありました(遠)

引き続きというか、前後を含めていくつかの小ネタもあるのはあるのですが、またまた…はるたびレポが遠くなりますので、いかがいたしましょうか(嘆)

清水港 みなみ 海鮮丼 / 静岡駅新静岡駅日吉町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9

コメント (2)

戸部・バーグ で カレー

2016年06月20日 | 地元食 ~ 川崎
前回からの流れでのバンゴハンネタです(笑) まさか4年振りとは思えませんが、久しぶりなのは確かですねぇ…



ということで、今週のヲススメ=ポークソテーカレー ← 大盛り+ルーおおめ+生卵バージョンになります(笑)



コチラではメガ盛りを頼めるか試したことはありませんが、枇杷灸の後に一風呂浴びてビールもクピクピやっておりましたので十分な量と思います(満) 勿論、コチラでも生ビールをいただいておりまして、ポークソテー部分をツマミにしております。



しょうもないアップ写真でも挙げときます(無)



ちなみに我妻は牛ヒレステーキカレーのスタンダードバージョンになります。 世間的には辛いレベルのカレーではないのですが、我妻には少々辛かったようです。

  

でもバーグというとヤッパリ石ちゃんですよね(笑)



一応、ブログの過去記事をアレコレやのリンクを張っておきますね(推)

カレーとハンバーグの店 バーグ 戸部店カレーライス / 高島町駅戸部駅新高島駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3

コメント (8)

横浜駅西口・味奈登庵 で パクチー蕎麦

2016年06月19日 | 地元食 ~ 横浜
既に読者の方は諦めつつある…というか、呆れられているであろうはるたびレポの掲載に目を瞑り、何回か小ネタをアップしておきます…って、似たようなコトを前にも書いたような気がします(省)

さてさて、ようやく休めた土曜日は、歯医者 ⇒ 定期健診 ⇒(昼食)⇒ 枇杷灸 ⇒ (夕食)と盛り沢山の動きとなります(忙) さて、その昼食=ヒルゴハンはタイトルを「パクチー蕎麦」としておりますが、正しくは牛もつとパクチーせいろになります。



横浜市民には馴染の深い味奈登庵ですが、有名なのは富士山盛りになります。 久しく富士山に登っていないので、オーダーしようとしたら限定メニューは大盛りドマリとのこと…



まっ、大盛り程度でもソレナリですから許してやりましょう(笑)



でもって、パクチー盛り! アップ!



昨年の夏に別系列のチェーン店でパクチーそばをいただいておりますが、ビミョーに評価がされていたのかもしれません(微) まっ、味奈登庵なのでミニマムレベルは確保されていますが、この日は茹でが長かったらしく麺表面がビミョーに荒れております(推)



牛もつが入ったつけ汁は温かいので、まずはスルスルと啜ります。 蕎麦を半分ほどいただき牛もつをある程度片付けた後でパクチーを暫時投入する作戦は、つけ汁が冷え込むのは防ぐコトが主たる目的になります。 しかし、このパクチーですが日本国内産なのでしょうが、香草度が低いのは一般人狙いなのでしょうか…

そして、コチラは我妻オーダーで、同じく季節限定メニューの鱧と万願寺甘唐辛子のつけ天(普通盛り)になります。



鱧一個と甘唐辛子半個の天麩羅を搾取しましたが、揚げたてというプラス要因も加わり、大変美味しくいただけました。 一応の予告は明日の記事は夕食=バンゴハンになりますので、はるたびレポはもう少し後で…

味奈登庵 横浜天理ビル店そば(蕎麦) / 横浜駅新高島駅神奈川駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

コメント (9)