Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

たぶん、はじめて

2017年12月31日 | 日々のあれこれ
昨日は餅つきだった。
でも私は右腕の痛みを理由に欠席。
家にいるのに参加しなかったのは、たぶん、生まれてから初めて。
学生時代に帰省が間に合わなくて不参加はあったかもしれない。

ちょっと罪悪感はあったが、まるで使い物にならない人間がいたって邪魔なだけだろうし、
私自身も居心地が最悪だろうし、ということで、家でのんびりしていた。

餅を丸めるのも無理。丸めた餅をもろぶたに入れていくのも無理。
もろぶたを運ぶのも無理。当然というか、つきたての餅をちぎるのも無理。
こんな人間、邪魔なだけでしょ(笑)

まぁ、従妹の家が一家全員で来てくれたらしいし、子どもたちも一生懸命丸めていたらしいので、いいか!

結局、右腕(右肘)の痛みは今年中には取れなかったなぁ。
というより、コレはもう、腫瘍系の痛みかもしれない。
_| ̄|○…

とにかく、今年一年、ありがとうございました。
来年もまたよろしくお願いします。
良いお年をお迎え下さい。
コメント

やったね!

2017年12月30日 | 日々のあれこれ
昨日のお昼すぎ、またまた従妹の子ども・4歳女児襲来。
右腕に負担のない範囲で遊んであげていた時に、ふっと魔が差した。
私自身を指差し、
「この人、だ~れ?」
と聞いてみた。
これまでの彼女だったら、笑ってごまかしていたと思うんだけど、昨日の彼女は違った。
はにかみながらも「Chiakiちゃん」とはっきり言ってくれた。

やった~!!呼んでくれた~!!
実は初めて、ちゃんと呼んでくれたんだよね。
上の子は3歳くらいで呼んでくれていたけど、まぁ、そのあたりは比べたって仕方のないこと。

またDVDラックを漁りながら、「キュウレンジャーはないの?」と聞いてきたので、夏の劇場版を貸してあげた。



母は「大丈夫なの?」と心配していたが(子どもに見せるのに刺激が強すぎないかという点で)、
「全国の劇場で公開されているものだし、普通のテレビシリーズよりちょっと戦闘シーンが多いという程度だから」
と説明すると納得していた。
「Episode of スティンガー」に比べたら、刺激は全然ないよな…。

で…。
今一番困っていること。
この子に「なんで(戦隊シリーズ)好きなの?」と質問攻めに合うこと。
大人相手だったら、色々と言えると思うんだけど、何しろ4歳児。
4歳を納得させられるような答えが未だ見いだせていない(トホホ…)。
コメント

2017年を振り返る

2017年12月29日 | 日々のあれこれ
昨年がとんでもない年だったから、今年はそれに比べたら、まあ良い年だったかな、という印象。

大きな出来事としては、車を買い換えたこと。
人気の車種ということで、納車は3月だったけど、契約は1月。
お年玉キャンペーンを利用して契約した。
おかげで、結構たくさんのオプションをつけることが出来た。

もう一つの大きな出来事は、家の修理が終わったこと。
ここまで来て、3度目の地震が来たらどうしよう…なんて恐怖もあるんだけど…。
昨夜も寝入りばなに揺れたので、余計に怖かった(震度1だったんだけど、横になっていたから怖かった)。

あとは、例年通り遠足にも参加できた。
1月に行われた遠足は、想像以上に寒く、デジカメを取り落として壊してしまったっけ。
10月の遠足では、まさかの台風
直撃って程じゃなかったけど、しょっちゅう受信する「猛烈な雨」予報には参った。

台風がらみでもう1つ。
今年は直撃もあったね。
家に足場が組まれている時期だったから、崩れないかとヒヤヒヤだったよ…。
でも防音というか防塵というか、ネットを撤去してあったので崩れずに済んだ。

まぁ、こんなところかな。
今年も今日を入れてあと3日。
このまま無事に年を越せますように。
コメント

小学校の印象に残っている先生

2017年12月28日 | 遠い日への回想
何でか分からないけど、ふと思い出してしまったので、書いてみようと思う。
学校にいる間、ほとんどの時間を共有していた担任の先生たちは除く。
担任となった先生たち以外で、強烈に印象に残っているのは、教頭先生。
たぶん、3年か4年の頃に赴任してきたんだと思う。

愉快な先生で、口癖は「少年少女諸君」。
6年のときには、職員室の掃除当番がクラスに割り当てられていて、数週に一度(1週間)の頻度で職員室の掃除に行っていた。
なぜか職員室でさえもエアコンのない学校で、夏場は扇風機、冬場は石油ストーブで暑さ寒さをしのいでいた。
あ、もちろん扇風機やストーブがあるのは職員室のみ。保健室にはストーブだけだったかな。
校長室は…知らん。
掃除の時間になると、その扇風機やストーブは一斉に消される。
そして冬場は地獄の窓全開。
職員室に残っていた先生たちへの宣言もあるんだろうけど、教頭先生がそこで一言。

「少年少女諸君、今日も掃除を頑張りましょう!!」

その言い方が全然押しつけがましくなく、逆に面白いので職員室の掃除は楽しかった。
教頭先生のこの言葉が押しつけがましくなかったのは、教頭先生自身も一緒に掃除してくれていたからだと思う。
毎日ではなかったけど、時間に余裕があるときなどは、子どもの手に負えないようなところは引き受けてくれていた。
そして、冬場は掃除が終わる2~3分前には窓を閉め、再びストーブに点火。
「手を温めて行きなさい」と我々がストーブの周りに陣取ることを勧めてくれた。

楽しい教頭先生だったと思う。
卒業後、すぐに校長先生に昇進したというのを新聞で知った。
ご存命ならば、80代後半ぐらいじゃないかと思うのだが…。
なんだか懐かしく思い出していると、凄くしんみりしてしまった。
コメント

年末だから…

2017年12月27日 | 日々のあれこれ
痛めている右腕の治療のため、整形外科を受診。
今年最後の受診。

診療は明日までなのだが、今日も大盛況。
9時半頃受付して、全部終わったのが11時頃。

年末だから、もう少し時間がかかるかな?とも思ったけど、電気治療が想像以上にスムーズに行ったおかげで
ロスした時間がほとんどなかったのも幸いだった。
10日前ぐらいに処方されたシップを再度処方してもらってから帰宅。

これでよほどのことがない限りは、病院受診も今年はないだろう。

コメント

2018年新戦隊・情報解禁

2017年12月26日 | 戦隊・感想・雑談
やはりというか、放送開始月の2ヶ月前の26日に新戦隊の情報解禁。

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(東映公式)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(テレビ朝日公式)

2つ戦隊が同時進行か。
面白い試みだとは思うけど、どのように展開していくのだろう?

「怪盗」ではなく「快盗」というところが、悪役とは違う一面を持つという風に見ていいのかな?

まだキャストが発表になっていないけど、このあたりは年明けなのかな?
「ジュウオウジャー」や「キュウレンジャー」は番組発表と同時だったから、ちょっと意外だった。

どんな人がキャスティングされているのか、楽しみに待っておこう。
「キュウレンジャー」や「キョウリュウジャー」みたいに、いろんな世代が入り交じっているといいな。
コメント

仮面ライダービルド第7話~第16話

2017年12月25日 | 仮面ライダー・感想・雑談
低空飛行ながらも、見続けている。
だって、色々気になることだらけだったんだもん…。

ナイトローグの正体も、ブラッドスタークの正体も、結構匂わせていたからか、意外性はなかった。
まだナイトローグの正体が分かっていなかったときに、マスターじゃないか?と思ったこともあるけど。

戦兎の本当の姿(?)は驚いた。
まぁ、なんてややこしいことをやってしまったんだ、マスターは。
本来の記憶が戻ったとき、戦兎がどうなるのかがちょっと怖いな…。

で…。
次回以降は「戦争」ですと!?
うわー…。
なんだか、こういう展開ってイヤだなぁ…。
ここで脱落する可能性が高まってきた。

たしかに、日本が3つに分断されたという事態を上手く生かせてないなというのは感じていたけど…。
まさかこういう展開になるとはね。

ところで。
万丈にかけられていた冤罪はぬぐい去れたのだろうか。
彼らの中では解決しているけど、社会的にはまだ…のはず。
もしかしたら、年明け1発目の放送で、さらっとナレーションで「冤罪が晴れた」とかで流されるかもしれない(笑)
コメント

宇宙戦隊キュウレンジャーSpace.43

2017年12月24日 | 宇宙戦隊キュウレンジャー
こういうラストになるとは…。
ラッキーにとっては辛い結果になってしまった。
それでも、やはり司令が言うとおり、お父さんのためにも、全宇宙の開放を実現しなければ。

OPがなかったので、まるで最終回のような展開。
宇宙を一から作り直すという、ドン・アルマゲのすさまじい野望。
あのラストでもまだまだ生きているようだし。
それにしても、いきなりドン・アルマゲが「僕」と言い出したのには驚いた。
もしかして、あの人に乗り移っている?
今度はツルギに試練が訪れるってことなのかな…。

ラッキーとお父さんの辛い別れがあった後は、ブリッジでクリスマス会。
え?彼らの地球にもクリスマスってあったんだ。
ジャークマターに支配されていても、そういうイベント事は行えていたんだとちょっとビックリ。

年が明けると、本格的に最終決戦に突入するんだろうけど、この作品、本当にハッピーエンドで終えられるのだろうか…。
コメント (4)

またかよ!

2017年12月23日 | 時事・ニュース
熊本市職員また「ただ捨て」 自宅ごみを勤務中の部下に依頼 56歳管理職

このニュースが出た時は、開いた口がふさがらなかった。

だって、前に問題になったのって2年前だよ!?

開いた口がふさがらないー2015年7月31日

今回、ゴミ処分を依頼した所長、ゴミの運搬の指示をした作業長に停職処分が下った。
運搬にあたった人物たちも何らかの処分があったようだけど、そこまでは詳しく出なかった。


「停職」なんて甘すぎる!「免職」だ!と母は憤慨している。
まぁ、「免職」にするにはちょっと弱いんでしょ。
もうすぐ今年も終わることだし、年内に退職して貰えたらいいんでないかい?
相当降格もされているようだから…。
それも視野に入っているんじゃないかな。

それにしても…。
昨年は地震の所為で、色々と免除などが行われていたから発覚しなかったけど、ずっとこういうことが行われていたりして…。
ホント、「役得」は止めて欲しいよ…。
コメント

うんざり

2017年12月22日 | 時事・ニュース
「白鵬部屋みたいな感じになった」 宮城野部屋元後援会長が苦言

よくまぁ、毎日毎日、話題の尽きないことで。
NHKのニュースでも大々的に取り上げるんだもんなぁ。
最初の暴行発覚のニュースと、その続報として2日くらいなら、特に気にならなかっただろうけど、
ここまでグダグダとやり続けられるとこっちもゲンナリ…。
他にニュースがないんだろうけど、もう少し違うニュースを取り上げてくれぇい。

この話題、一体いつまで続くんだろうねぇ。
年明けまで?
当事者たちはしばらく続くとして、ニュースにすることはないでしょ。
何か区切りがついたときに、「あの事件はこうなりました」程度の2~3分の報告ニュース程度でいいよ…、と思ってしまう。
コメント

ブラック校則ねぇ

2017年12月21日 | 日々のあれこれ
「ブラック校則」なる言葉を最近目にするようになった。
生まれつきの頭髪の色を黒く染めろとか、そういう類いのものが例としてあげられている。
近所にも、「天然の茶髪」の子がいるけど、こういう子も将来黒染めを強要されるのだろうか。
まぁ、まだ幼稚園児だから、もっと大きくなればもう少し黒くなるかもしれないけど。

私も校則には振り回されたなぁ…。
中学の時は、防寒着禁止。
マフラー?とんでもない!
手袋?自転車通学の者だけね。
コート?あんなダサいもの必要ないだろ!
タイツ?何それ?

男子は学ランの下に派手な色のトレーナーも着込めたけど、女子はブレザーだったので、Vネックの薄手のセーターがせいぜい。
黒・紺・グレーあたりなら、上着の隙間からチラリと見えてもスルーされていたが、色がつくと「脱げ!」。
男子は完全スルーなのに…と不満はあった。
言う勇気なんてなかったけどね。

高校に入ると、防寒着解禁。
学校指定のコートだったけど、一切の防寒着禁止の学校から進学した身には十分すぎるくらい。
私から見て特に厳しい校則はなかったかな。
在学中にルーズソックスが流行りだしたんだけど、それが禁止されたくらい。
元々ルーズソックスなんて見向きもしない高校生だったから、全然問題なし。
ルーズソックス禁止のあおりを食らって、靴下の長さまで決められたのはちょっと辛かったかな。
くるぶしの高さまで、というもの。
それより長くなったら折り曲げてくるぶしの高さにしろ、と。
買い直す必要はないよ、という措置だったんだろうけど、微妙な長さで指導を受ける人多発。
まぁ、その場で折り曲げればいいだけなので、特に反発はなかったけど…。
ルーズソックスをはきたい人たちが大反発していたくらいかな。


ブラック校則…。
自分の意志で何かやったわけではないのなら、それは「個性」として尊重して欲しいなと思う。
コメント

嗚呼、12月20日

2017年12月20日 | 遠い日への回想
12月20日。
カリキュラムが変わっていなければ、私が卒業した大学学部学科専攻の、卒業論文・修士論文提出日。

ドタバタした年もあったけど、基本的には穏やかに過ぎていったという印象が強い。

私の卒業論文は、20日が月曜日だったということもあるのだが、その前の週の金曜日には提出した。
だから20日はのんびりと午後から大学へ行ってみたのだが…。
いいものを見損ねたらしいΣ(゚д゚lll)

ゼミに置いてあった連絡ノート(いろいろ雑談などを書きなぐれるヤツ)に、書いてあった一つの絵。
今にも天に上りそうなホワ~ンとした表情、そして背中には天使の羽。
周りにはハートマーク。
その絵を見て固まっていたら、
「あ、それ○○くん(同期)。本当にそんな感じだったよ~」
と先輩が教えてくれた。
卒論を書き終え、ナンバリングしているときに、思わずニヤニヤしていたのを後輩男子にスケッチされた、と。
ナンバリングまで行けば、もう終わったも同然。
天にも上らん気持ちはよく分かる。
でも、あの○○くんがねぇ…。
見てみたかったぞ~~~!!

今の卒論提出などはどのようになっているのだろう?
もしかしてオンライン提出とかになっているのかな?
教務課へ行く時間も含めて、時間と格闘していたあの時代、なんだか懐かしいな…。
コメント

ドヤ顔 エモパー

2017年12月19日 | 日々のあれこれ
9月に携帯を新調してから、充電の期間が長くなった。
東京へ行った時は、凄まじい勢いで消耗していたが、熊本に戻ってからは元に戻った。
そして、つい最近、今までの最長記録を樹立。

前回充電を開始した時点からのカウントになるので、充電中の2~3時間も入っているのだが…。

なんと、62時間!!

さすがに、充電開始時の電池残量は14%ぐらいだったが、ここまでとは。

携帯に搭載されているAI、エモパーもこんな顔になった。



十分ドヤ顔していいと思います♪

今までの経験上、48時間を超えて充電せずにいると(充電が切れずにいると)、ドヤ顔が登場する確率が高い。

丸2日充電せずにいられるのは助かるわ~♪
コメント

「おんな城主 直虎」

2017年12月18日 | 大河ドラマ
NHK大河「おんな城主 直虎」最終回は12・5%でフィニッシュ

ついに終わってしまった…。
幕末の井伊直弼くらいしか知らない井伊家の歴史。
昨年の「真田丸」が高評価を得ていただけに、どうかな?とちょっと心配だった。
でも、そんな心配はすぐに吹き飛んだ。

「真田丸」は、あっちの付き、こっちに付き、どの強国につけば生き延びていけるか、というお話だったのに対し、
「直虎」は、大大名の配下にあり、その大名の顔色を伺いながら、自分たちがいかにして生きていくか、というお話。
菅田将暉さん演じる万千代の物語ももうちょっと見てみたかった気もするが、
そうなると、直虎時代のあらゆることが霞んでしまいかねないかな。

登場人物がみんな魅力的だった。
家臣たちのみならず、百姓から盗賊に至るまで、みんなに慕われた直虎。
それぞれに置かれた場所で懸命に生きている。
そして、その懸命に生きている命こそが、井伊谷を支えている。
だからこそ、一時潰れてしまっていた井伊家が再興されたのだと思う。

万千代に与えられた「直政」の名。
「直」は井伊家の証だとわかっていたが、「政」はどこから来たのだろう?と思っていた。
まさか、小野家の「政」だったとは…。
そこまでは考えなかった…。というか、本来その「政」を継ぐべき人がすぐそばにいるのに?という疑問はあるが(笑)


さて、来年は「西郷どん」。
前に放送された「篤姫」とキャストが一部重なっているが、今度はどんな一面を見せてくれるのだろう。
楽しみに待ちたい。
コメント

宇宙戦隊キュウレンジャーSpace.42

2017年12月17日 | 宇宙戦隊キュウレンジャー
今回はロボ総力戦だなぁと思ってしまった…。
そうだ、来週はクリスマスイブ。そういうことか。

ガルが無事で本当に良かった。
シーザーが何かしたようにも見えたけど、どうなのかな?
あれだけの大怪我で、戦線に復帰したガル、タフですなぁ。

ラッキーの心の乱れが生んだ、ピンチ。
オリオンシップにアスラが乱入するという事態。
「宇宙か、父か」と迫るツルギも冷たいように感じるけど、でもそういう二択になってしまうんだよね…。

スティンガーが過去の自分とラッキーを重ね合わせて、ラッキーに言葉をかけていた。
うん、あの役目はスティンガーにしかできないことだと思う。
肉親が敵に回っているというのは、スティンガーしか経験していないのだから。
ラッキーが出した答え。
「宇宙も救う、父親も救う。」
ラッキーらしいな。
叶えられるといいね。

ところで…。
前回も気になってはいたんだけど、ツルギの身体に異変が起きている?
そのツルギが、ドン・アルマゲのもとへ…。
司令がやたらと「最後の決戦」を強調していたし、色々と気になることだらけだなぁ。
コメント (2)