ブリの森づくりプロジェクト  

~森の再生からブリの来るまちへ~  小田原市無尽蔵・環境(エコ)シティ  ブリの森づくりプロジェクト 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第5ダイナシティイベント「森で遊ぼう!」

2018-05-04 07:22:03 | 小田原市環境イベント




4月28日、ダイナシティウエスト一階キャニオン及び正面玄関にて「森で遊ぼう!」を実施しました。
昨年に引き続き小田原市農政課・環境政策課のご協力のもと、森林木材関連団体に声掛けし、森林整備と木材・竹材利用PRを中心に、丸太切り、カンナ削り、竹切り、竹細工体験など、木に触れ、体験するコーナーを設置し、また木の遊具で子供たちの遊ぶスペースを設け、来場者に小田原の木や森と触れ合う場を提供しました。











当日は人気歌手のFM実況中継と重なり、午後になり尻上がりに増えて終了間際は片付けるのがもったいないくらいになりました。











今回は「木と竹で遊ぼう!」「森里の生き物を知ろう!・お絵描きしよう!」の二つをテーマで実施し、森林里山保全の大切さを伝え、木や竹と触れ合うコーナー、及びそこに生息する昆虫・野生鳥獣・里地の水生生物など、お絵描きコーナーを設けて実際の生き物を観察し描くコーナーを設置しました。





新しく設置した森や水の微生物クマムシなどを顕微鏡で見るコーナーも人気で、スタッフとの交流を楽しみじっくり観察していく子供たちが多く見られました。

正面玄関ではカンナ削りや、竹細工のぽっくりや一輪挿し作り、丸太切り体験コーナーで体験し、身体を動かし木や竹の材や、カンナや鋸といった道具に初めて触れる子供たちが、作業の面白さと達成感を味わい、大喜びでした。



林青会のきいちろう犬に子供を乗せて引くお父さん、お母さんの姿、









屋内ではかまぼこ板積み木、木のプールで飽きずに長時間遊ぶ子供たちもいました。子供や親の笑顔を見てスタッフたちも共に楽しみ、大変やりがいを感じるひと時を過ごす事ができました。



ブリ森クイズラリーでは今年はクイズの木を竹で作成し、7問のクイズを配置し、関係するブースにヒントを貼り付けるなどし、たくさんの親子に楽しんで頂きました。配布するクイズ回答・解説用紙には参加団体のPRも掲載しました。

各団体紹介のパネル展示も充実していました。


フォレストアドベンチャー森の妖精













皆様大変お忙しい中、この企画にご参加いただきありがとうございました。
お蔭様で大変有意義な一日を過ごす事ができました。
小田原市の森や木の取り組みを是非次の世代に繋げていき、地場産業の活性化を推進するとともに、環境の豊かさ、つながりの大切さを、これからもお伝えしていきたいものです。
ご助成いただいた森林協会様、ご参加いただいた関係団体の皆様、ご助力いただいた小田原市の皆様、本当にありがとうございました!
コメント