ブリの森づくりプロジェクト  

~森の再生からブリの来るまちへ~  小田原市無尽蔵・環境(エコ)シティ  ブリの森づくりプロジェクト 

箱根山地シカフォーラム

2020-02-12 09:27:32 | 小田原山盛の会


箱根山地シカフォーラム
~シカの生息密度を抑え本気で箱根を守るには?~

主催:NPO法人小田原山盛の会 後援:小田原市 
日時: 2月29日(土) 13:00~17:00
場所: 小田原市生涯学習センターケヤキ大会議室(会場12:30)

新型コロナウイルス感染防止のため開催を延期します。
日程が決まりましたらご案内いたします。


第一部 調査報告等 13:00~
●止まらない林業被害・ダニ調査・アオキで誘引捕獲 川島範子氏 (NPO法人小田原山盛の会) 
◆くくり罠チームでシカ50頭捕獲 穂田芳雄氏 (おだわらイノシカネット) 
●静岡県のマダニ媒介性感染症・・・大石沙織氏 (静岡県環境衛生科学)
●低密度下で利用頻度の高い餌植物の栄養価とアオキ、スギ、ヒノキ、ササ 
 古林賢恒氏 (元東京農工大森林生物保全学研究室) 
◆箱根に生かす全国の事例・・・森洋祐氏 (野生動物保護管理事務所)

県市町村森林管理者の取り組み14:40~
●国立公園でのニホンジカ対策・・・石川拓哉氏 (環境省富士箱根伊豆国立公園管理事務所長)
◆神奈川県の取り組み・・・松本開地氏 (神奈川県環境農政局自然環境保全課)
●箱根町の取り組み・・・佐藤仁夫氏(箱根町環境課)
◆湯河原町の取り組み・・・露木豊和氏(湯河原町農林水産課)
●小田原市の取り組み・・・新倉和宏氏・根津昌弘氏 (小田原市農政課・環境保護課)

第二部
パネルディスカッション15:40~17:00
・・・・・
小田原山盛の会のシカ調査も今年で5年が経過しました。
わずかな期間に箱根山地はシカの影響で植生劣化が進行し、農林業被害は多発し柵なしでは成林しない、営農できない状態となりました。
スギ・ヒノキ新植地では枝葉や樹皮を採食され、角こすりされる苗の調査を継続してきましたが、それと同じことが自然林でも起こり、山の木々が失われ続けています。
また同時にマダニの分布も拡大し、湯河原町では今年5月にダニによって媒介される紅斑熱の患者が発生しました。
小田原市域でも紅斑熱を媒介する種類のマダニの分布が確認されました。
私たちは仲間とくくり罠による捕獲団体をつくり、今年度小田原市久野で55頭のシカを捕獲しました。
後戻りできないほどの植生劣化、森林機能の低下に至る前に、私たちは今何ができるのか。
箱根山地の捕獲体制強化を考えるシカフォーラムを開催します。
是非ご参加くださいますようお願いいたします。

問い合わせ
NPO法人小田原山盛の会事務局 川島
メールアドレス 
携帯 090-9349-7014
コメント

芦ノ湖の水をもっと早川に流そう❢ 災害防止のためにも。

2020-01-11 23:57:49 | ブリ森ニュース


先の台風で芦ノ湖の水位は上がり大被害となりました。
水位は湖尻水門ができてから上がってしまい、今回の被害につながったと勝俣正次さんは分析しています。
過去の水位に戻すこと、そのために常時早川に清らかな水を流すことの必要性を訴えています。
早川の上流は枯れ沢になっています。
また大涌谷の火山泥等も流れ込み、生物の生息環境としては劣悪な早川上流です。
箱根町の流域環境と防災の観点から、芦ノ湖の水を見なおす、千載一隅のチャンスとなりました。
箱根町の英断を望みます。

ブリ森のらこ



コメント

正木隆さん 三島で講演 ~針葉樹の森から広葉樹の森へ~ (森林総研)

2019-08-28 22:09:38 | ブリ森講座


箱根山の対岸、三島市で開催される公開講座のお知らせです。
主催; 三島フォレストクラブ
箱根西麓森林塾公開講座
針葉樹の森から広葉樹の森へ~簡単ではないその道のり~
https://mishima-life.jp/groupHP/mfc021214/0034.html

9月8日(日)10:00~12:00
三島市民生涯学習センター3階
お申込み・お問い合わせは
NPO法人三島フォレストクラブ事務局
Tel : 090-8157-1278
e-mail:mishimaforest@gmail.com



正木さんご著書
https://www.amazon.co.jp/%E6%A3%AE%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%90%86%E3%83%BB%E5%8E%9F%E5%89%87-%E8%87%AA%E7%84%B6%E6%B3%95%E5%89%87%E3%81%AB%E5%AD%A6%E3%81%B6%E5%90%88%E7%90%86%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%A3%AE%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A-%E6%AD%A3%E6%9C%A8-%E9%9A%86/dp/4881383574/ref=pd_lpo_sbs_14_t_0?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=1F61FJEBYYEYE9DHNV4Z
コメント

みんなでお城を作る会「立ち枯らし伐採」8月25日(日)

2019-08-19 22:21:21 | 天守の森
【8月25日(日)】伐採の見学・枝払い体験のご案内



昨年12月2日に「御用材プロジェクト」(*)として立ち枯らしを施した
辻村山林内の80年生の杉の木が伐採されることになりました。
その伐採の見学・枝払い体験を実施いたします。

日時:2019年8月25日(日)10時〜12時(雨天中止)
参加費:1,000円(昼食込み)


集合場所:辻村植物公園バス停(受付後辻村山林にご案内いたします)
参加申し込み方法:以下のアドレスに「お名前」と「参加人数」をお知らせください。
info@odawara-oshiro.org

詳細ページURL:http://www.odawara-oshiro.org/web/events/events.html



認定NPO法人 みんなでお城をつくる会

(*)御用材プロジェクト
小田原⻄部に広がる森林には『天守の森』と呼ばれる小田原藩有林を今に引き 継ぐ由緒ある森が残されています。
『天守の森』は間違いなく小田原城整備のために植えられた森林です。
そこには樹齢150年〜300年の巨木があります。
大事に育てられた樹々ですが持続する美しい森を保つには、計画的に伐 採・植樹・間伐を繰り返す必要があります。
人によって育てられた森林は使われなければ山が荒れるだけです。
これだけの大木を使うためには公共的な施設にこそ使われるべきです。
天守のことに限らず小田原城内にある木造建築群の修理、修繕にも使って欲しいと願いこのプロジェクトを開始しました。

珍しい立ち枯らし伐採、ぜひその効果を確認
してみてください!

コメント

芦ノ湖の水を早川に流そう!

2019-08-16 10:37:18 | ブリ川-いろいろな川
6/9、第10回小田高自然環境フォーラムにて、
早川流域環境懇談会の勝俣正次さんが、芦ノ湖の水を早川に流し、早川の水の浄化を訴え講演しました。





芦ノ湖の水利権は静岡県側にあり、増水時のみ早川に流れる仕組みになっています。
そのため上流部は枯れ沢になっている部分もあり、次第に支流からの水が早川に集まってきますが、
早川の水は十分な水量があるとは言えません。
川の生態系のためにも、また火山性泥の浄化のためにも芦ノ湖の水が常時流され、
豊かな水量を確保することが望まれます。



芦ノ湖の水は湖尻水門ができてから伏流水が早川に流れなくなってしまったこと、
そのため昔に比べて芦ノ湖の水位が上がっていること、
常時早川に水を流しても問題ないこと、
防災のためには常時流すことが望ましいこと、
などを勝俣さんは訴え続けています。

箱根町の皆様、是非芦ノ湖の水を早川に!

ぶり森のらこ
コメント