ブリの森づくりプロジェクト  

~森の再生からブリの来るまちへ~  小田原市無尽蔵・環境(エコ)シティ  ブリの森づくりプロジェクト 

「小田原くくり罠塾」塾生募集のお知らせ♪ 

2021-05-13 20:24:27 | ブリ森講座
「小田原くくり罠塾」塾生募集のお知らせ♪ 


昨年度に引き続き、小田原市とNPO法人おだわらイノシカネットにより、
小田原市市民提案型協働事業「小田原くくり罠塾」開催致します。
シカの生息密度急上昇で、今、箱根山地の豊かな自然は危機に瀕しています。
イノシシも増えすぎて、離農者や耕作放棄地があとをたちません。
シカやイノシシを捕獲する人が足りません。

2020年度塾生は塾で半年以上にわたり、とめ刺し、解体、罠つくり等の経験を積み、現在個人での捕獲、数人の捕獲チームでの農林地での捕獲、林道奥地での組織的な捕獲活動などで活躍しています。
ジビエや狩猟に興味のある方、自然や農林業を守りたい方、是非ご応募ください。
特に生息密度の急上昇が起こっている箱根町、箱根山地の静岡県側にお住まいの方、またはそこで捕獲が出来る方、歓迎いたします。

月に2回、水曜日か日曜日の見まわりに参加でき、
月に1~2回の日曜日午後の講習会に参加できる方、是非ご参加ください❢

詳細はこちらをご覧ください。
小田原市 | 小田原くくり罠塾 (city.odawara.kanagawa.jp)

記載事項に、参加可能な曜日も加えてください。
ご応募お待ちしています!

ブリ森のらこ(イノシカネット事務局)
コメント

三島フォレストクラブ森林塾のお知らせ♪

2021-04-09 23:25:03 | ブリ森講座
箱根山の反対側の、三島フォレストクラブ森林塾のお知らせです♪
集材までこなす「出来る」ボランティア団体です。
是非御参加あれ!










コメント

12月6日シカ問題見学会&講習会~小田原くくり罠塾公開講座~

2020-11-27 23:12:43 | 本プロジェクトの活動趣旨・構成団体

二子山県有林のシカの群れ 2020.11月

~小田原くくり罠塾公開講座~ 
NPO法人小田原山盛の会・NPO法人おだわらイノシカネット・小田原くくり罠塾 共催
箱根山地で爆発的に増加するシカ

「シカとの共存には数のコントロールが不可欠」古林賢恒 (元東京農工大森林生物保全学研究室)
「センサーカメラによるシカの生態」川島範子 (小田原山盛の会)

時;2020年12月6日(日) 13:00~16:00 参加無料
第1部 小田原市役所3階全員協議会室 座学13:00~14:30
第2部 林業被害地見学会 久野のヒノキ幼齢林見学14:40車に分乗し被害地に移動。
16:00小田原市役所駐車場にもどり解散。
※「小田原くくり罠塾」は2020年度、NPO法人おだわらイノシカネットと小田原市が協働でシカ、イノシシの捕獲者を養成する事業です。

●今、箱根山地で急激に増えているシカ。捕獲対策の遅れは農林業の衰退、生態系の破壊を招きます。小田原山盛の会はシカの生態を調べ、捕獲に役立つ情報の収集を行っています。箱根山地や林業被害の現状、ホットスポット等をお伝えします。是非御参加ください❢

お問い合わせ、お申込みは、
●NPO法人小田原山盛の会 事務局 川島
burimori.p@gmail.com ☎090-9349-7014

コメント

小田原くくり罠塾で1日体験しませんか?

2020-11-27 22:28:50 | ブリ森講座
小田急タビカで体験しよう!


くくり罠で捕獲したシカ。


捕獲したイノシシの解体風景。

イノシカネット、小田原くくり罠塾の体験
https://tabica.jp/users/174180?prcd=l7b6X

今、小田原の森林や里山では、イノシシやシカによる森林や畑への被害が多発し、農林業や生活環境への影響が大きな問題になっています。農林地や自然を守るため、私たちはイノシシやシカの捕獲者養成講座を実施しています。
くくり罠塾でくくり罠の設置体験や、捕獲時の保定、とめざし、解体を見学してみませんか?
鳥獣の捕獲に興味がある方、森林の生態系について学びたい方、是非ご参加ください!!

対象
 大人18歳以上。運よく当日捕獲した場合は、とめざしの見学がありますので、ご了承の上ご参加ください。

タビカこの体験が旅になる。
https://tabica.jp/
コメント

小田原くくり罠塾

2020-06-06 00:06:30 | ブリ森ニュース


小田原市との協働事業「小田原くくり罠塾」のお知らせ

近年森林里山地域では様々な要因により、シカやイノシシの生息密度が急上昇しており、森林破壊や耕作放棄が進行中です。
私たちの生活環境や生態系を守るためには、適正な生息数に戻す必要がありますが、そのためには捕獲者が全く足りない状況です。
そこでこの度、小田原市と協働で、捕獲効率の高いくくり罠による捕獲者の育成を、林道奥地にておよそ半年間の実施致します。

ワナの設置、見回り、点検、捕獲時保定、とめざし、解体まで、一連の作業を繰り返し体験していただきます。また、月に一~二回は捕獲に関わる様々な講習会を実施致します。
小田原市や箱根山地にて将来くくり罠捕獲に携われる方を募集いたします。
新型コロナの影響により一日に同行していただく人数、座学での入室人数を制限しながら実施となります。申し込み多数の場合は抽選となったり、曜日や日程についてご相談させていただく場合があります。
最終的なご参加の可否や日程につきましては、7月2日頃の決定となります。
只今、市のホームページにてご案内しております。

案内チラシ http://www.city.odawara.kanagawa.jp/global-image/units/435260/1-20200525102241.pdf

小田原市ホームページ http://www.city.odawara.kanagawa.jp/municipality/industry/agricult/event/p29444.html

くくり罠塾にご参加ご希望の方は、
住所・電話番号・氏名・性別・年齢・職業・くくり罠免許有無・現場実習希望曜日、参加可能なおよその回数/月を記載し、メールまたはFaxでお申し込み下さい。
月1~2回日曜日午後に行われる「捕獲に関わるいろいろな知識講習会」は必修です。

申し込み締め切り 6月30日
お問い合わせは以下のメールか、穂田芳雄(携帯;090-4228-7460 )までご連絡ください。

※は@に置き換えてください。

NPO法人 おだわらイノシカネット 事務局 川島
メールアドレスPC  burimori.p※gmail.com 





コメント