ブリの森づくりプロジェクト  

~森の再生からブリの来るまちへ~  小田原市無尽蔵・環境(エコ)シティ  ブリの森づくりプロジェクト 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

箱根・仙石原シカ問題見学会❢

2016-10-16 01:03:11 | 小田原山盛の会
「箱根・仙石原シカ問題見学会」のお知らせ❢
主催;NPO法人小田原山盛の会 
後援;神奈川県・箱根町

日時; 10月27日(木)
集合; 仙石原湿生花園AM9:30 終了PM3:00ごろ
費用; 1000円(資料代含む) 定員25名 先着順


2016年 仙石原地域のシカの生活痕跡分布図
は出現した採食痕、足跡、糞・ディアラインなど。ゴルフ場周辺やススキ原周囲の防火帯など、人の手の入った刈り払い地などのパイオニア群落は、シカの餌場となっています。

見学コース; 主催者の車に分乗
仙石原湿生花園P9:30==アオキの採食現場==ゴルフ場周辺の主要な餌場==林業被害地(片平地区町制50周年植栽事業地)==耕牧舎跡の碑(植生保護柵の設置場所)==仙石原浄水場センター(囲いワナ設置場所)・昼食・話題提供・意見交換==仙石原湿生花園P解散15:00頃


2016年仙石原緊急報告書

小田原山盛の会は今年度のシカ調査として、仙石原地域を重点的に行ってきました。箱根内輪山側は鳥獣保護区となっており、通年シカの定着が見られ、顕著な影響が出ています。
様々にシカに利用され、劣化のみられる地域をご案内し、その特徴を知り、箱根のシカの管理に関わる方たちと意見交換をします。農林業被害をともに考え、具体的な対策を検討していきます。管理捕獲が始まっている箱根町の事例もお伝えいたします。是非ご参加いただければ幸いです。

「話題提供者」(一緒に現場を見ながら意見交換)

古林賢恒氏(元丹沢大山学術調査副団長・当会シカ調査指導者)
濱崎伸一郎氏(野生動物保護管理事務所、環境省ブレイン、環境省シカ調査)
山根正伸氏(神奈川県自然環境保全センター・分布拡大エリアシカ対策)生態系を守るには?
環境省箱根自然事務所(仙石原湿原・箱根山地を守る対策)
箱根町環境課(囲い罠・狩猟による管理捕獲の取り組み) 
東京神奈川森林監督署(国有林におけるシカ対策)

見学の内容
1.シカが定着できる生息環境って? 
年間餌がある(主要な餌場、厳冬期の主要
な餌アオキが広く分布)
2.林業被害 オスジカによる枝角コスリ・
剥皮・甘皮の採食
3.生物の多様性の劣化 植生保護フェンスの
内外の植生の比較を通して知る

シカ対策に向けての取り組み
1)箱根山地でどのようにシカを捕獲するのか 
2)箱根仙石原におけるシカの捕獲方法 
3)生物の多様性の劣化を防止するために植物の遺伝子をプールする

「ハのひとしずく」
 
森が燃えていました。森の生き物たちはわれ先にと逃げていきました。でもクリキンデイという名のハチドリだけは、行ったり来たり。くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます。動物たちはそれを見て「そんなことをしていったい何になるんだ。」と言って笑います。クリキンデイはこう答えました。「私は、私のできることをしているだけ。
(辻信一監修、光文社刊)

【持ち物】 
お弁当・飲み物多め・雨具・筆記用具
【お申込み】 氏名・住所・電話番号・所属・集合地・マイカー利用などをご記入の上、メール、fax、お電話のいずれかで、NPO法人小田原山盛の会川島までご連絡ください。

お申込みは、
norako.k@nifty.com
090-9349^7014
コメント