ブリの森づくりプロジェクト  

~森の再生からブリの来るまちへ~  小田原市無尽蔵・環境(エコ)シティ  ブリの森づくりプロジェクト 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

結果発表!真夏の河川最高水温一斉調査と河川環境の評価(NACS-J方式)

2013-09-19 01:09:33 | ブリ川-いろいろな川
お待たせしました!
真夏の河川最高水温一斉調査と河川環境の評価(NACS-J方式)の結果発表です!

 今夏は「ブリの森づくりプロジェクト」の市民活動の一環で、小田原・箱根・丹沢地域で、神奈川県下河川水温一斉調査(石綿進一先生、神奈川工科大)に調査協力すると同時に、日本自然保護協会(NACS-J)の手法を使った川の環境評価を行いました。
 なお、神奈川県全地点での水温については石綿進一(神奈川工科大)先生がネット等で結果を公表予定です。
 ブリ森では、今回の活動を、きっかけにして、川の環境の評価や、多自然川づくりを地域の市民と行政の共同でやりたいと思ってます。

■なぜ???夏期の高水温測定???
 例えば、「アユの生存限界水温の32.8度越え地点が県内にある」!
 水温は河川生物の生存を左右する。特に、夏期の最高水温は、死をもたらすことがある。ところが自治体が行っている定期調査(公共用水域の常時監視)では地点も少なく、また河川の平均的な水温計測に重点がおかれ、高水温時間帯を対象としてない。このため今夏の調査を実施しました。


調査は、下記の調査方法1と2を行いました。
■調査方法1 「神奈川県下河川水温一斉調査」
これは、真夏の高水温時間帯(昼過ぎ)の水温を測るもの。
 2013年8月11日午後1~4時の間に測温。良く流れてて水深15cm以上の箇所。
 主体:神奈川工科大学 石綿進一氏。コーディネーター:飯田ふさえ氏。
 参加団体:NPO法人神奈川ウォーターネットワーク(会員)、金目川ネットワーク(会員)、小田原市ブリの森作りプロジェクト、他有志。

■調査方法2 川の環境評価(日本自然保護協会手法)
 下記のかわいい絵を見て川の評価が地域住民で簡単に点数評価できるすぐれもの。
水温は県下一斉で行いましたが、川の環境評価(日本自然保護協会手法)は、今夏は、ブリ森プロジェクトだけが独自に行いました。日本自然保護協会NACS-Jでは約5年おきに全国で実施してます。 出典http://www.nacsj.or.jp/project/ss2010/manual.htm


■結果は以下の通りです。
結果に色分けをしました。赤・オレンジは悪い環境、逆に緑・青は良い環境です。
各水系は上流から順に並べてあります。
■■■■■■早川水系■■■■■■



■■■■■■山王川水系■■■■■■


■■■■■■酒匂川水系(丹沢方面と小田原市内)■■■■■■




■講評(参加者、関係者の感想)
●Aさん:水温調査だけでなく、川の環境評価まで広げたことは意義のあることだと思っています。ぜひ、今後市民レベルでの環境評価活動を展開していってほしいと思います。
●Bさん:河川行政は、まず治水(洪水防止)。治水が可能な範囲で川の環境を守っていく。そして子供たちが遊びたくなる川にしたい。
●Cさん:山王川は、3面護岸区間が多く、景観、生物環境として好ましくないので、土地の制約から拡幅は困難だと思うが、できる箇所から改善してほしい。また、住民が水際に降りれる箇所(親水箇所)が少なく、住民が川への関心を持たなくなる原因となっている。
 今回の活動を、きっかけにして、川の環境の評価や、多自然川づくりを地域の市民と行政の共同でやりたい。
●Dさん:昔の川や水路を知る人も少なくなった。昔は田んぼや人々の生活との密接な繋がりがあった。昔の事、本当の自然を伝える事、より自然な河川環境を考えていく事、人と川との繋がりを取り戻す事、ブリの森づくりPJで発信して行きたい。
●Eさん:久野川の下河原橋はだいぶ前に3面護岸をされてしまい、景観、生物の量は久野川中流以上の流域では最悪になってしまいました。下3面護岸は、景観、生物として好ましくないので、改善したい。
●Fさん:良い川ってなんだろうと改めて思った。
●Gさん:生物など環境の視点と災害(治水)のバランスが難しい。
●Hさん:自然にやさしい川を!
●県東部の鶴見川を担当した魚類専門家:軽く30℃を越えた場所が多く、33℃なんて場所もあった。
 アユに限らず、在来の淡水魚は、高水温に弱いです。特に渓流域に生息する、ヤマメやカジカなどは、22℃を越えたら、かなりやばいです。そのため、全国的に渓流魚の分布は縮小しています。また、カゲロウやトビケラなどの渓流に生息する水生昆虫も高水温には弱いため、結果として高水温により魚のエサも減少します。
 高水温の原因としては、地球温暖化の他にも、森林破壊や利水による水量の低下、畦畔林の減少なども関係しています。(幸い「アユの生存限界とされる32.8度を超え」は小田原・箱根・丹沢では無かった。)

■今後の展望
今回の活動を、きっかけにして、市民に川への関心をもっと持ってもらい、川の環境の評価や、できる箇所から「多自然川づくり」を地域の市民と行政の共同でやりたい。
「多自然川づくり」の詳細は下記HP等をご覧ください。出版物もいろいろ出てます。
→国土交通省HP http://www.mlit.go.jp/river/kankyo/main/kankyou/tashizen/pdf/kangaekata.pdf#search='%E5%A4%9A%E8%87%AA%E7%84%B6%E5%B7%9D%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A'
→九州大学島谷教授 https://sites.google.com/site/shimataniyukihiro/oo-shizen-gawa-dzukuri/dou-shino-duo-zi-ran-chuandzukuri
→(独)土木研究所 河川生態チーム萱場祐一 http://www.zenken.com/kensyuu/kousyuukai/H24/584/584_kayaba.pdf#search='%E5%A4%9A%E8%87%AA%E7%84%B6%E5%B7%9D%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%82%8A'

■次回調査(H26年?)への課題
①ブリ森プロジェクトメンバーだけでなく、多くの地域住人が参加できる仕組みにしたい。
②同じ地点は、数年では、環境評価の結果はほとんど変わらないので地点を増やす?
③よく見られる鳥(サギ類、セキレイ類)や魚、水辺の植物の写真付き手引きを配って楽しめるようにしたい。
④前回調査結果を手にしながら比較調査できるようにしたい。
⑤本人が担当した測定箇所だけでなく、その周辺も含めて、住民レベルでの改善提案・要望を集めたい。
⑥他の河川の市民活動(久野川の渓畔林再生等)ともリンクしたい。

■読者の皆さんの感想や要望の「コメント」お待ちしてます。
以上、ブリ森&野鳥の会 伊豆川哲也
コメント

小田原市の鳥コアジサシ3年ぶりに繁殖成功(^。^)

2013-09-13 22:11:57 | ブリ川-酒匂川の環境
ブリ森の活動や野鳥の会西湘ブロックの活動に参加して頂いている、西湘タイムスの記者、岡本勇太さんが、酒匂川で繁殖するコアジサシ(小田原市の鳥、環境省が絶滅危惧種に指定)のこの夏の繁殖結果と今後の課題をまとめてくれたので、その記事を掲載します。岡本さんありがとうございました。
ブリ森&野鳥の会西湘ブロック 伊豆川哲也



コメント

新刊『日本の湿原』(原口 昭:著)を読んで仙石原湿原を考えてみよう

2013-09-10 19:17:25 | ブリ森研究室(書籍・文献・学会案内など)
ようこそ「ブリ森研究室」へ
ブリ森研究室は、ブリ森プロジェクトの直接の活動紹介ではないが、ブリ森活動のヒントやお手本になりそうな、書籍文献や、他の団体による学会や講演会などの案内を掲載するコーナーです。
--------------------------------
★新刊『日本の湿原』(原口 昭:著)を読んで仙石原湿原を考える

湿原(ここでは湖沼や浅海域ではなく狭義の湿地)。近場で言えば、早川の水源にもなっている箱根の仙石原湿原。登山好きには、尾瀬の大湿原や高山湿地。身近なところでは、小田原などの谷戸の放棄水田跡地が湿地に戻って、モウセンゴケが白いかわいい花を咲かせていたりします。
 陸でもなく、沼でもない。 水陸の境界に位置する特殊な環境、こんな不思議な環境である湿地には人気の花も多いですね。
 しかし湿原の自然理論は、いままで短編的な物ばかりでした。しかしやっとまとまった書籍ができましたので紹介します。
 箱根の仙石原湿原の保全活動に役立つかもしれないので、個人的に1冊注文しました。読むのが楽しみです。2013年10月10日までなら、下記の方法で注文すると特別割引で買えます。
よろしければ皆さんもどうぞ。
以下、出版社からのメールを転載します。


『日本の湿原』(原口 昭:著)
ISBN978-4-915342-67-7/214ページ(モノクロ)
A5判・並製/定価 本体2,800円(税別)(送料 1冊の場合160円/2冊以上実費)
(9月11日新発売)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
発売記念特価2,600円(税込・送料込)でお送りします。
※2013年10月10日までのご予約・ご注文に限ります※
※『メーリングリストjeconetを見た』と明記して下さい※
〔ご注文方法〕
郵便番号・住所・氏名・電話番号等と書名・冊数を明記の上,
以下のメールアドレスかFAXにて当社へ直接お申し込み下さい。
書店等での割引販売は行っておりません。
(公費等でご購入の際には必要な書類をお知らせ下さい)
order@seibutsukenkyusha.com/FAX 03-3445-6947
(お支払いは同封の郵便払込票,または銀行振込でお願いいたします)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【内容紹介】
 一般に「湿原」とよばれている生態系は,水陸の境界に位置する特殊な環境に
あり,希少な生物種の保全,豊富な水資源の水理・水質環境の調整,泥炭などの
有機質土壌による地球の炭素循環の調節など,さまざまな機能をもつ。
 湿原の生態的役割や環境調節機能の重要性が認識されるようになってから,日
本でも多くの研究者が湿原に目を向けるようにはなったが,湿原の多様な機能を
総合的に解析し,これを自然科学的基盤に基づいた保全に結びつけようとする研
究は現在もなお十分であるとはいえず,貴重な湿原保全のために基盤となる研究
成果のいっそうの蓄積が必要とされている。
 本書では,実際に筆者や,筆者が共同研究者とともに行った研究をもとに,モ
ノグラフ的に個々の湿原の紹介を行う。個別の湿原の紹介のなかで,これまでの
研究成果をレビューしつつ,湿原のおかれた状況とその問題点を整理し,保全に
関する意見を述べたい。筆者がそれぞれの湿原のもつ問題をどのような観点でと
らえ,それに対してどのようなアプローチで研究を行ったのかをいくらかでも理
解いただけることを期待して本書を執筆した。(はじめにより抜粋・改変)
〈「海洋と生物」誌の好評連載「日本の湿原」を大幅に見直しし,1冊の単行本
になりました。〉

【目次】
● はじめに

● 序章 日本の湿原の価値とその機能 ●
 1.湿原の研究/2.湿原とは/3.湿原の価値・機能・魅力/4.湿原の分類
/5.日本の湿原研究の流れ/6.日本の湿原に関する文献/7.日本の湿原

● 第1章 海洋と湿原 ●
1-1 砂丘と塩湿地-春国岱-
 1.春国岱の生物多様性とその要因/2.海洋性の湿原/3.世界に2例しかない
砂丘系アカエゾマツ林/4.春国岱の森林構造と更新/5.森林の立地環境とその
遷移/6.春国岱の今後と保全に向けて
1-2 北海道東部の海洋性湿原-霧多布湿原-
 1.海洋性の湿原/2.霧多布湿原の成立/3.霧多布湿原の植生/4.海水の浸
入と植生による緩衝帯/5.ハンノキ林の立地条件/6.霧多布湿原の保全に向けて

● 第2章 霧と湿原 ●
2-1 霧によってつくられた湿原-落石-
 1.落石/2.霧と湿原/3.落石周辺の湿原植生/4.アカエゾマツ林/5.霧
が運ぶ物質/6.大気降下物と樹木の相互作用/7.土壌凍結と渓流水/8.落石
周辺の湿原の保全

● 第3章 山地の湿原 ●
3-1 北海道北部の山地性の湿原
 1.北海道北部の湿原/2.苦頓別湿原/3.泥川湿原
3-2 火山がつくる湿原-九重-
 1.火山性の湿原/2.火山灰の降灰による植生の変化/3.湿原の涵養水/4.
流域内の水の相互連環/5.タデ原湿原の植生/6.めまぐるしく変化する湿原植
生/7.過去の植生の変遷と火山活動/8.火山と野焼きと共生する里谷地

● 第4章 人と湿原 ●
4-1 浅茅野湿原
 1.湿原への有機物負荷/2.湿原の化学環境と植生
4-2 サロベツ湿原
 1.湿原の排水による農地への転換/2.泥炭の採掘と植生の回復
4-3 都市の中の湿原-深泥池-
 1.都市型湿原/2.深泥池の浮島/3.深泥池の植生/4.深泥池の泥炭層とそ
の維持機構/5.浮島の浮沈運動と水質の関係/6.浮島の下にある水層の水質
/7.水質に関する環境問題/8.水位変動にともなう土壌の物理化学的環境の変
動/9.湿原の再生複合体理論/10.浮島の微地形とミズゴケの生育/11.ミツ
ガシワとその成長/12.微地形上の酸化・還元状態と植物の分布/13.都市型湿
原の問題

● 第5章 湿原の生物と生理生態的特性 ●
5-1 ミズゴケ
 1.ミズゴケの分布/2.ミズゴケの光合成
5-2 ヨシ
 1.塩湿地のヨシ群落/2.汽水域でのヨシ群落とリンの関係/3.ヨシの耐塩性
5-3 ミドリムシ
 1.底生のミドリムシの分布/2.ミドリムシの光合成
5-4 土壌微生物による有機物分解
 1.土壌微生物のはたらき/2.微生物による有機物の分解

● 終章 湿原の保全にむけて ●
 1.世界各地でみられる硫酸による環境汚染/2.水環境の保全(湿原の修
復)/3.日本の湿原の今後

● おわりに
● 参考文献
● 索 引

【著者紹介】原口 昭:北九州市立大学国際環境工学部教授


(お問い合わせ)
株式会社 生物研究社
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-27-501
TEL:03-3445-6946 FAX:03-3445-6947
order@seibutsukenkyusha.com
http://www.seibutsukenkyusha.com/
(ブログ)http://aquabiology.blog93.fc2.com/
(twitter)http://twitter.com/aquabiology
(facebook)http://www.facebook.com/aquabiology
コメント

箱根のブナ林を見よう!育てよう! 9月14日 明神・明星ヶ岳観察会

2013-09-08 22:31:05 | 小田原山盛の会
明神ヶ岳のブナ

今年はブナの実が豊作。

明神ヶ岳から明星ヶ岳を望む。

ブナ林の植物観察会。
講師;田代道彌さん


主催:小田原山盛の会 後援:ブリの森づくりプロジェクト かながわトラスト助成事業

第1回; 明神ヶ岳9.14 (土)
第2回; 白銀山・三国山10.26(土)
第3回; 金時山11.2(土)


昔、箱根の標高800m以上には豊かなブナ林が広がっていました。
しかし現在は開発や人工林への転換などで面積を減らしています。
今年は数年ぶりにブナの実が豊作。
小田原山盛の会では種子を採取し、苗づくりを予定しています。
一緒にブナ林特有の草花や樹
木、そこに住む野鳥などを観察し、種子の採取を体験しましょう!
(種子採取はシードトラップに落ちているものを回収する簡単なものです。)

【集合】小田原駅西口早雲公像前・AM8:20出発
【対象】小学生以上の歩ける方
【費用】①②一般1500円(高校生以下1000円)
    ③2500円(高校生以下2000円)
※終了後、「魚がし」にて懇親会あり。費用3000円位。(自由参加)

【持ち物】筆記用具・お弁当・飲み
物・軍手・防寒具・雨具・折りたたみ傘。(杖・ストック) お持ちの方は双眼鏡・ルーペも。
【お申し込み】住所・氏名・年齢・電話番号を明記の
上、TEL・FAX・メールのいずれかで小田原山盛の会事務局川島まで。
norako.k@nifty.com 携帯090-9349-7014

■9.14(土) 明神・明星ヶ岳観察会(乗用車分乗・定員20名・やや健脚向き)
小田原駅==久野足柄林道==金次郎登山道…明神ヶ岳…明星ヶ岳…奥和留沢見晴コース…久野足柄林道==小田原駅5:00頃
(この回は種子採取はしません。ブナ植栽候補地の視察を兼ねていますのでご了承ください。)

白銀山ブナ林(実験林 ブナの実に袋がかかっている。)

三国山ブナ林には巨木がある。

■10.26(土) 白銀山・三国山観察会(乗用車分乗・定員20名程度)
小田原駅=ターンパイクP…白銀山(種子回収)…ターンパイクP==湖尻峠…三国山…湖尻峠==小田原駅4:30頃

4.15金時山のブナ林

■11.2(土) 金時山観察会(マイクロバス・定員28名・やや健脚向き)
小田原駅==広域農道==足柄峠…金時山(種子回収)・金時小屋にて昼食…長尾山…乙女峠…乙女口==小田原4:30頃

■予備日12.14(土) いずれか中止になった時の振替日。
雨天中止の場合は前夜9:00までに連絡します。

●田代道彌さん元強羅公園園長・箱根カルチャー主催・小田原の城と緑の会会長・
箱根の植物・動物・歴史に造詣が深いです。
コメント

スズメバチに刺されたら!!対処方法

2013-09-01 23:47:32 | ブリ森講座
 野山にスズメバチ類はよくいます。スズメバチ類は、1年で死んでしまうので、春は巣が小さいのですが、働き蜂がだんだんと増えて、夏、秋と巣もだんだん大きくなってきます。
 スズメバチ類も森林生態系の立派な仲間で、スズメバチがいることは、餌となる昆虫類がたくさんいる良い森林生態系です。でも、やはり刺されては痛いのでスズメバチ対策の知識を付けておきましょう。特に秋は、スズメバチの個体数が増えて勢力が拡大してるので注意です。
 かくいう私も、先日、ブナ林の遷移を勉強しようと天城稜線の猫越岳に行っていたら刺されてしまいました。上の写真が、その時のキイロスズメバチの巣です。仲間と歩いていたのですが、誰かが踏んづけたとか枝払ったたハチに当たったとかしたのでしょう、ハチは家族制なので巣の近くだと家族総出で攻撃してきます。偶然、登山道の真上に巣が有り、気がついたら何匹ものキイロスズメバチに囲まれてました。手にしていたメモ帳で、腕に留まったハチをはたきながら走って逃げたんですが、2箇所も刺されてしまいました。あ痛たた(+。+)アチャー。
 良くいるスズメバチには、黄色みの強く攻撃的なキイロスズメバチ、とっても大きく攻撃的なオオスズメバチ、小さくて黒っぽいクロスズメバチがいます。どれも基本的には、よほど巣に近づいたり脅かさない限り、刺したりしませんが、野山で、藪をかき分けたら枝がスズメバチに当たってしまったり、近くを飛んでいて追い払おうとしてはたいてしまったりすると、スズメバチも自分や仲間を守るために攻撃してきます。特に黒い物に攻撃するそうです。熊がハチ好きなのでその防御のためとか。
 運悪く刺されてしまったら、
①毒を吸い出す。次に②石けん水でよく洗う。といいです。

①毒を吸い出す
 下の写真のような注射器型の吸い出し器があると強力な吸い出しができます。ポイズンリムーバーとかイクストラクターなどの名前で、輸入物が何種類か数千円で通販で買えます。刺された(または蛇などに咬まれた)部位の形に合わせて先端の透明プラスチックの部分を交換します。注射器型のピストンの中に強力な吸い込み機構があって、人間が口で吸うよりもよっぽど強力に吸い出ししてくれます。私はカミソリをセットにしてます。頭やスネなど毛が多いと吸引したときに空気漏れで吸引力が弱くなるので、毛を剃ります。



 こういう装置がない場合は、指でつまんで押し出すとか口で吸い出すとかします。ただし口で吸い出す場合は、口に口内炎や歯槽膿漏などがある人は、そこから毒が血管に入りますので、あまりおすすめできません。

②石けんでよく洗う。
石けんが傷口に入って良くないのでは?と医者に聞きましたが、大丈夫だそうです。皮膚科医によると石けんでよく洗うと多少毒が体内から出るそうです。毒は水溶性が高いと言うことなのでしょうか? 皮膚科医によると石けんがない場合は水で洗うだけでも良いそうです。

下記も参考になります。(イクストラクター付属の説明書より)


 大抵の人は、大なり小なり数日腫れるので、医者に行って強力な消炎鎮痛剤(飲み薬と塗り薬)を処方しましょう。
残った塗り薬は、アウトドアに出かけるときの救急セットにいつも入れておくと安心です。
 ハチで恐いのはアナフィラキシーショックです。アレルギーの過剰反応で、人によっては呼吸困難や意識がなくなり、さらには死んでしまう人もいます。私の以前いた会社の同僚で、スズメバチに刺されアナフィラキシーショックを起こし数日間入院した人がいました。厚生労働省の調査によると、日本では蜂刺されによるアナフィラキシーショックで年間20人ほどが亡くなってます。
 アナフィラキシーショックの恐れがあるかどうかは、数千円の血液検査で判りますので、検査しておくと安心です。
 皮膚科等の病院に行き、注射器1本分の採血をして、検査機関に送ってもらいます。1週間程度で医者に検査結果が来るので、それをもらいにもう一度病院に行きます。この検査は花粉症や食物アレルギーの検査方法と全く同じです。
 アレルギーショックは、ハチの毒タンパク質を抗原とする抗原抗体反応なので、ハチの種類により過剰反応をするかしないかが異なります。ハチ類は、ススメバチ類、アシナガバチ類、ミツバチ類の3種類で検査ができます。私が受けた検査結果は以下のようでした。

これによると、私の場合は、
「ミツバチ類には、弱いがアレルギーの過剰反応の可能性がある。」
「ススメバチ類とアシナガバチ類には、アレルギーの過剰反応の可能性はない」
と言う結果でした。
ミツバチ類は毒性自体が弱いので、まあ同時に相当の個体に刺されない限り大丈夫という医者の説明でした。
ということで私の場合は、何度ハチに刺されても、腫れるだけで、呼吸困難や死んでしまう恐れはないというメデタシ・メデタシでした。
アナフィラキシーショックは、抗原抗体反応なので、ハチ刺され1回目よりも2回目の方が圧倒的に起きやすいです。なので、一度ハチに刺された経験のある方は、2回目に自分が死んでしまうかどうかを確認する意味で、血液検査をおすすめします。
血液検査以外にも、スクラッチテストという簡単なテスト方法もあります。
詳しくはこちら
http://allergy72.jp/bee-allergy/treatment.html
 なお、検査の結果「アレルギーの過剰反応の可能性が高い(アナフィラキシーショックを起こしやすい)」と診断された場合は、対処療法として、自己注射薬(アナフィラキシー補助治療剤)を常に持ち歩くと言う手があります。
 食物アレルギーの子どもが持ち歩いてる自己注射と同じです。エピペン注射などのことです。
 応急処置法で、アナフィラキシーショックの症状を緩和する注射を自分でぶちゅーットしてアレルギーが強烈に起こるのを遅らせ、その間に病院に駆け込みます。
この自己注射薬の処方には専門の医師の診断が必要です。2011年9月に保険適用となり、健康保険による一部負担で処方を受けることができるようになりました。
 もうひとつの対策は、根本的治療で、減感作療法/アレルゲン特異的免疫療法といわれてます。気の長い治療法で、蜂毒アレルギーの原因となっているアレルゲン(蜂毒成分)を徐々に身体の中に入れて慣らしていき、過剰なアレルギー反応を抑えていく方法です。注射により、定期的に少しずつ抗原の濃度、量を増やしながら治療をおこないます。この治療は、一部の専門の医療機関において、自由診療で実施されています。
 これらについても詳しくはこちら
http://allergy72.jp/bee-allergy/treatment.html

ブリ森レポーター、鳥学会員 伊豆川哲也
コメント