ブリの森づくりプロジェクト  

~森の再生からブリの来るまちへ~  小田原市無尽蔵・環境(エコ)シティ  ブリの森づくりプロジェクト 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

箱根山地のシカ問題を考える懇話会&見学会 ~丹沢の轍を踏むな❢ 箱根を守ろう❢~

2017-05-18 21:56:53 | 小田原山盛の会




~丹沢の轍を踏むな❢ 箱根を守ろう❢~
第2回 箱根山地のシカ問題を考える懇話会&見学会


時: 5月26日(金)12:oo~17:00 現場見学&意見交換
集合 12:oo 小田原市役所東側P 少雨決行
講師;古林賢恒さん(元東京農工大森林生物保全学研究室・シカ専門家)
   濵﨑伸一郎さん (野生動物保護管理事務所)

1.現場見学……車に分乗し、アオキ過食圧地・角こすり被害地・樹皮食い被害地へ12:00~15:00
2.懇話会(意見交換);生涯学習センターけやき3階和室に移動 15:00~17:00終了
参加費; 1000円 資料保険代含む
【定員】30名 【集合】①市役所東側P 12:00
 電車の方は、②小田原駅西口早雲公像前11:30送迎車あり。終了17:00 (帰りもお送りします。)
【持ち物】飲み物・雨具・筆記用具  (申し訳ありませんが、見学の時間確保のため昼からの開催とさせていただきました。お昼は移動中の車の中で食べていただいても結構です。)

【お申込み】氏名・住所・電話番号・所属・集合地などをご記入の上、
メール、fax、お電話のいずれかで、NPO法人小田原山盛の会川島までお申込みください。
norako.k@nifty.com fax0465-36-4815 電話090-9349-7014


 神奈川県のシカ問題も50年が経過した
 
  土壌の表面には腐植があり、土壌を団粒化して保水力や透水性といった
機能を高めていますが、森林を伐採すると雨が直接地面をたたき、それが
損なわれます。シカが土壌を踏みつけると同じことが起こります。
 地上部が無くなった根(伐根)は十数年かけて腐り、地下部に大きな洞が
出来ます。大雨が降ると常に崩壊する危険にさらされます。植栽した苗木が
順調に育つとその洞に根が貫入し、土壌の崩壊を防ぎます。


枯死している角こすり被害木 (小田原市久野)


これまでは少なかった杉檜の樹皮食いが始まった

しかし現在、箱根山地の新植地では、シカによる角こすりや樹皮食いの被害が出現しており、すでに被害率20-30%の場所があります。毎年確実に累積し、土壌崩壊が危惧される山になります。


広大なアオキ群落がシカの口の届く範囲が食べられていた(小田原市久野)


アオキ群落が軒並み食べられ、小さいものは枯死していく。踏み荒らされた土壌は裸地化する。


裸地化して樹木の根がむき出しになっている。裸地になると土壌流出が始まる。地面は植物や落ち葉がないと雨水が浸透しない。

 樹林内に広く分布するアオキの群落も今、急速に失われつつあります。アオキはシカにとって栄養価の高い冬場の食べ物ですが、アオキが失われると丹沢山地同様、スギやヒノキの枝葉食いが本格的になる事が予想されます。シカが定着し、過食圧がかかると裸地化が始まります。人工林の斜面も踏み荒らされ、土壌の浸食が進んでいきます。
 シカ問題が丹沢から箱根に移行してきました。丹沢でシカ問題が大きな社会問題になって50年、同じ轍を踏んでは進歩がありません。一刻も早く、官民あげてシカの増殖を止める対策が必要です。 
 シカ被害のメッカ、丹沢や伊豆半島でシカの調査を行い、幾度となく箱根に足を運んでいる古林賢恒氏、全国規模でシカの調査を行い、現在、環境省箱根事務所の委託調査をされている野生動物保護管理事務所の濱崎伸一郎氏を講師に迎えて、箱根のシカ問題の現場を見学し、意見交換を行います。皆さんの叡知が、今こそ必要です。「百聞は一見に如かず」、林業被害、植生の劣化の現場を先ずは自分の目で確かめて戴ければと思います。

・・・・・・・

どなたでもご参加いただけます。
今回小田原市のバックアップをいただいております。
官民挙げて早期に捕獲対策を確立して行く必要があります。
箱根山を丹沢にしないため、皆様ご協力お願いいたします。
シカ調査では、林業被害のカウントなども行っています。
現場を見ていただくのが第一歩かな。

ブリ森のらこ記


コメント

~昔の風景と生き物の宝庫~ 沼代・里山の植物と野鳥観察会

2017-05-14 00:15:14 | ブリ里-農業コーナー



~昔の風景と生き物の宝庫~
沼代・里山の植物と野鳥観察会

主催;NPO法人小田原山盛の会 共催;サシバプロジェクト実行委員会

5月20日(土)
講師;田代道彌さん
現地レクチャー; 野鳥の会西湘ブロック頼ウメ子(サシバプロジェクトと沼代の生き物) 小田原山盛の会; 天野忠明 (竹の活用について)

一年中地下水が染み出る沼代は、今では貴重となった棚田の残る地域です。
トンボや水生生物の宝庫でもあり、かつては営巣していた猛禽類のサシバの復活を願って野鳥の会が棚田の再生を行い、山盛の会が里山で拡大中の竹林を整備しています。
昔懐かしい風景の中には辻々に石仏があり、雑木林やコナラ林からはいろいろな野鳥のさえずりが聞こえてきます。
奇跡的に残っていた里山の生き物は、どのような環境の中に住んでいるのでしょうか。
身近な自然を観察するとたくさんの発見があります。是非ご参加ください❢

【集合】小田原駅西口 早雲像前出発AM 8:20 (桜の馬場集合8:50)
【受講料】1500円(保険代・資料代含む) 
【持ち物】 筆記用具・お弁当・飲み物・敷物・軍手・雨具・折りたたみ傘

【当日の行程】
小田原駅西口早雲公像前、乗用車に分乗し8:20出発 ===沼代桜の馬場9:00出発・・・竹林整備地(天野)・・・・棚田再生地(野鳥の会)・・・・周辺棚田里山観察・・・六本松・・・・忍石・・・・コナラ林など・・・・桜の馬場15:30===小田原駅西口16:30頃(全行程7~8㎞。農道などの歩きやすい道が多いです。観察しながらゆっくり歩きます。)
※終了後、魚がしにて懇親会があります。費用3500円位。

【お申し込み・お問い合わせ】 住所・氏名・電話番号を明記の上、
小田原山盛の会事務局 川島まで。
携帯090-9349-7014
メールnorako.k@nifty.com  
コメント

第4回「森で遊ぼう!」大盛況でした!

2017-05-01 21:54:18 | ブリ森ニュース
4月29日(土)に行われた、第4回「森で遊ぼう!」西武小田原店イベント、大盛況のうちに終了しました。
ご参加いただいた皆様、ご協力いただいたダイナシティの皆様、本当にありがとうございました。
今回は第4回となり、だいぶ慣れて来て、皆さん楽しんでご参加していただいたのではないかと思います。
準備はたくさんの皆さんにご協力いただき、つつがなく開催にこぎつけました。
木や竹にふれあい、体験するコーナーでの達成感の笑顔がとても印象的でした。
小田原ならではの地場産に取り組む人々や、森里の再生に関わる人の輪が、
市民へ、次世代へとつなげていく取り組みです。
今年もたくさんの方に見て触れて、遊んでいただきました。






クイズラリー(森里川生き物のクイズ)景品進呈。もりの恵~あしがらの杜で 




おだわら森の仲間 ベンチ作成・丸太切り体験・森の射的ゲーム








小田原山盛の会 竹ぽっくり・笛つくり・木の名前当てゲーム・子供チェーンソー


小田原山盛の会 箱根シカ問題紹介パネル




小田原山盛の会 沼代竹林整備紹介パネル




小田原山盛の会 シカの角・頭骨ほか 右の人伊豆川君(あしがら冬水田んぼの会)






農政課 かまぼこ板積み木・木のプール




工匠会・NPO法人小田原名工舎 カンナ削り体験・実演・道具展示






郵便局 木葉書によるお手紙体験。切手など販売。






林青会 木琴・蛇の平均台・キイチロウなど木のおもちゃで遊ぶコーナー。



パネル展示・ほか
・ブリの森づくりプロジェクト…森と生き物のつながり
・おだわら森のなかま…渓畔林・人工林整備・木材利用など


・おだわら環境志民ネットワーク


・日本野鳥の会西湘ブロック・サシバプロジェクト…(サシバと棚田の生き物?)








・あしがら冬水田んぼの会…ホトケドジョウ・カモの羽・自動カメラ撮影写真など


・美しい久野里地里山協議会…野遊び探検・久野川の生き物




・フォレストアドベンチャー…小田原藩林と小田原城の300年の木パネル・森の妖精
・和留沢プロジェクト…里山畑でジャガイモ作業など、農・食の再生


・森谷公房 木工品販売


・認定NPO法人みんなでお城をつくる会 小田原城天守閣木造化の取り組みパネル(手前) 

皆様本当にお疲れ様でした!!!!

ぶり森のらこ記
コメント