ブリの森づくりプロジェクト  

~森の再生からブリの来るまちへ~  小田原市無尽蔵・環境(エコ)シティ  ブリの森づくりプロジェクト 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「箱根のシカ」展・箱根ビジターセンターにて7/24まで開催

2016-05-24 08:49:23 | 小田原山盛の会

特別展「箱根のシカ」
5月14日~7月24日
主催:箱根自然解説活動連絡協議会
協力:小田原山盛の会

問い合わせ先 箱根ビジターセンター 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根 164
電話 0460-84-9981
環境省箱根ビジターセンター
http://hakonevc.sunnyday.jp/

昨年度から箱根山地にてシカ調査をしております小田原山盛の会の取り組みと調査結果も展示しております。


シカ展


環境省ブースもあります。
シカ柵による内外調査や、自動カメラによる調査が行われています。


山盛の会ブースではシカ調査の様子や、調査するシカの生活痕跡の紹介など・・。
自然を見つめる目を養う事がとても大切です。


昨年度の調査結果。箱根も丹沢の一歩手前となっています。


今年度は守らなくてはならない希少植物の宝庫、仙石原湿原に侵入するシカのルートや周辺への影響を調べています。(写真が縦にならない!)

・・・・
小田原山盛の会 シカ調査の参加者募集!

対象 中学生以上の一日歩ける方 
日程
5/26(木)仙石原のゴルフ場周辺や早川周辺
5/31(火) 、6/5(日) 、6/23(木)、6/30(木)
(場所は未定ですが、ゴルフ場周囲の予定です。)

集合 小田原駅西口早雲公像前8:20
又はセブンイレブン仙石原店 9:00集合
車を置く必要がある場合は金時神社9:00集合(随時)となります。
終了時間 16時頃 小田原駅帰着17時頃
植物の名前を覚えたい方、動物に興味のある方、自然が好きな方、是非ご参加下さい!
無料です。

お問い合わせは
小田原山盛の会
川島範子
090-9349-7014
norako.k@nifty.com
コメント

海遍路シンポジウム(小田原)

2016-05-20 22:03:40 | ブリ海コーナー
2016.5.18、海遍路シンポジウムに参加してきました。
シーカヤックで世界の海を旅し、行く先々の魚をワイルドに食らい、人々の暮らしを見つめてきた八幡暁さんの講演、素晴らしかったです。
自然度最高レベルの冒険家です。

山梨県では地域住民と一緒に、シカが捕獲し、それをみんなで解体してバーベキューをしたとか。
近々その様子が神奈川新聞に掲載されるらしいです。

海の旅や川の遡行は現代社会の慣習や行政との戦いだそう。
戦いながら、人々が忘れかけた自然との付き合い方を、過激に、楽しく伝てくれます。

八幡暁さん、小田原に是非また来てくださいね。

先日立ち上がったばかりの
おだわら環境志民ネットワークのフェイスブックに早速その日の写真と記事が出ました。
環境政策課の皆様、大変お疲れ様でした!

https://www.facebook.com/おだわら環境志民ネットワーク-229746930717821/?fref=photo

追記
神奈川新聞記事


【ひとすじ】
海洋冒険家・八幡暁(上)海抜0から見つめる
http://www.kanaloco.jp/article/78904
海洋冒険家・八幡暁(中)海は冒険家のしなやかさ
http://www.kanaloco.jp/article/78872
海洋冒険家・八幡暁(下)「野生スイッチ」に導かれ
http://www.kanaloco.jp/article/78845

命の現場 狩猟編(上)人にとって幸せとは 八幡暁が航く
http://www.kanaloco.jp/article/175199


ぶり森のらこ記
コメント

海遍路(小田原シンポジウム)

2016-05-13 21:56:00 | ブリ海コーナー




海遍路(小田原シンポジウム)
『海遍路 小田原シンポジウム ~海を歩く、見る、聞く、そして繋ぐ~』
(主催)NPO法人 海遍路
シーカヤックで海辺のまちを巡る「海遍路」。その土地の暮らしを体験し、自然と暮らしの関わりを考えます。
5月19日(木)に小田原を出発し、10日間で大磯、江ノ島、逗子、葉山、横須賀、横浜などを巡ります。

【日 時】5月18日(水)
     シンポジウム 17:30~18:45(開場17:00)
     懇親会 19:00~20:00(会費2000円)
【会 場】レストラン&ショップ えれんなごっそ
     〒250-0032 神奈川県小田原市風祭245
     電話:0465-23-7373
【参加費】入場無料
【講 演】
「森里海連環学の未来」:田中克氏(京都大学名誉教授/NPO法人海遍路理事)
「海遍路とはなにか」:山岡耕作氏(高知大学名誉教授/ NPO法人海遍路理事長)
「生きること遊ぶこと」:八幡暁氏(海洋冒険家/ NPO法人海遍路副理事長)

【申 込】小田原市環境政策課へ電話(0465-33-1473)/50人先着順

【関連イベント】
「早川じゃぶじゃぶ!」~風祭の河原から出発し河口までを散策します!!~
自分の暮らしてる町の川ってどんな風になってるのかな?新発見があるかも!

【日 時】5月18日(水)
【場 所】12時30分:えれんなごっそ集合!(参加無料)
濡れてもよい服装で。ビーチサンダルは不可。(雨天中止)

皆様のご来場、お待ちしております。

(後 援)小田原市/神奈川新聞
(協 力)鈴廣かまぼこ
(事務局)NPO海遍路
     ℡ 080-9240-8905
     E-mail greatseaman@churanesia.jp
コメント

小田高自然環境フォーラム6/19(日)で、 「鴨の命は、里の水田でつながっている!」も講演

2016-05-08 15:37:07 | ブリ森講座
 
小田高自然環境フォーラム6月19日(日)
 社会人向けで、自然環境をテーマに毎年行っている講演です。質疑応答もありますので一緒に地域の環境課題の解決について議論しましょう。

特に最終セッション「鴨の命は、里の水田でつながっている!」で、冬みず田んぼ(冬期湛水田)・雨みず田んぼによる鴨、カエル、ドジョウ等の自然再生の地域運動を私(伊豆川)が発表します。森里川海の連携として象徴的なカモの不思議な通勤と、鴨が激減している課題とその解決策(地域活動)を話します。ぜひおいでください。

●主旨 最終セッション「鴨の命は、里の水田でつながっている!」
 鴨は毎晩水田に通勤してるってご存知でしたか?
 箱根の芦ノ湖に、数十年前まで何千羽も越冬していた鴨は、年々減少し今や100羽程度。このままでは、もうすぐ地域絶滅します。酒匂川水系の鴨もかなり減少してます。
 実は鴨は毎晩、人知れず、水田に通勤してるのです。そして二番穂、落ち穂を食べて飢えをしのいでいたのです。しかし圃場整備による冬期乾田とトラクターによる秋越しの普及により、採餌可能な水田がほとんどなくなってしまいました。
 そこで、水田の冬期湛水を少しでも普及させ、鴨の餌場確保やトウキョウダルマガエル、ドジョウ、ヤゴ(トンボの幼虫)等が死なずに越冬できる環境を少しでも残そうという自然再生運動です。
 この冬に鴨の餌場確保に成功した冬期湛水田の実験結果も発表します。
 また営農に負担の少ない冬期湛水の手法を説明しますので、賛同農家を増やし自然保護貢献米を増やしましょう。高級ブランド名「あしがら鴨米」とかいかが?
●実験結果:http://blog.goo.ne.jp/burinomori/e/fdb25c58d50688b32818a883e208d16d
●地域運動:http://blog.goo.ne.jp/burinomori/e/0ce780f648006cc93b054be700f21259

■■■■第7回 小田高自然環境フォーラム■■■■
▼日 時  平成28年6月19日(日)午後1~4時半(注意 時間変更)
▼話題と講師(各40分間発表と休憩)
1.「地震を予知する魚たち」
   ●作家・小田 淳(日本ペンクラブ名誉会員)
2.「植物さん 緑色はお嫌い?~~色のいろいろ」
   ●小暮克彦(小田高12回生 森林インストラクター)
3.現役生物部の活動報告
   ●在校生(小田高生物部)  
4.「鴨の命は、里の水田でつながっている!」
   ●伊豆川哲也(小田高39回生 足柄冬みず田んぼプロジェクト代表、
           日本野鳥の会・西湘ブロック会員)
   (15時半頃開始、時間は余裕をもってお越しください。途中入退場可)(注意 時間変更)

▼コーディネーター 牧林 功(生物部OB会長)
▼会 場  神奈川県立小田原高校 集成館ホール(視聴覚教室)
地図は下記。小田原駅西口から徒歩15分。百段坂経由。タクシー駅から約5分
〒250-0045神奈川県小田原市城山3-26-1 TEL0465-23-1201
▼参加費無料。申込み不要。▼一般社会人向け。どなたでもOK。農家の方歓迎!
▼講演内容をまとめたレジュメ集を無料配布。
▼主催:小田高同窓会「樫友会」/小田高生物部OB会/酒匂川水系の環境を考える会/小田高生物部
▼後援:小田原市/FMおだわら78.7MHz
▼フォーラムお問合わせ090-1420-0241(中山)
▼掲載ホームページ:http://odakoshirodamo.blog.fc2.com/
と http://odako.org/web/information/cat5/post-49.html
▼地図

またはhttp://www.odawara-h.pen-kanagawa.ed.jp/zen/2_annai/toiawase.html
▼本ブログ掲載:伊豆川哲也(冬の雨みず田んぼ・冬みず田んぼ連絡会長)
 izkw_tetsuya@yahoo.co.jp、携帯090-4963-8860、 小田原市浜町4-20-12、 http://www.facebook.com/izukawa1、ブリの森づくりプロジェクト会員、日本野鳥の会西湘ブロック(沼代サシバプロジェクト)会員、日本鳥学会員、環境省自然公園指導員、博物館学芸員
コメント

新緑の三国山ブナ巨木林探索 ~箱根の秘境をあるく~

2016-05-06 23:19:22 | 小田原山盛の会



~箱根の秘境をあるく~
  新緑の三国山ブナ巨木林探索
【講師】 田代道彌さん(博物学者)
【時】 5月22日(日) 少雨決行


【集合】 小田原市西口早雲公像前
      Am8:00・出発Am8:20

今回は杓子峠側から登り、新緑のブナ巨木林をじっくり散策します。
ハルトラノオ、シコクスミレ、コチャルメルソウの群落が豊富に見られます。
対岸の芦ノ湖・神山を眺めながら、尾根道を行き、
湖尻峠から、深良水門に下り、湖畔を湖尻に向かいます。

【受講料】 3000円 (保険代含む)
【持ち物】 筆記用具・お弁当・飲み物・軍手・雨具・折りたたみ傘。
お持ちの方は双眼鏡・ルーペ。雨具は必ずお持ち下さい。
中止の際は前日21時までに連絡します

【当日の行程】 小田原駅西口早雲公像前 8:00集合、メンバーの車に分乗し、8:20出発 ===9:20芦ノ湖キャンプ村トイレ===10:00芦ノ湖スカイライン5.1㎞Pより登山開始・・・11:30三国山・お昼・観察12:20出発・・・13:00ブナ巨木林観察・・・14:00湖尻峠・・・14:30深良水門14:50・・・15:20芦ノ湖キャンプ村・・・湖尻ビジターセンター(トイレ) 16:00==小田原駅西口17:00頃  
※終了後、魚がしにて懇親会があります。自由参加です。 
費用3500円位。

【お申込み】 小田原山盛の会 川島まで 住所・氏名・電話番号をお知らせ下さい。

メール norako.k@nifty.com

ファックス0465-36-4815 
電話090-9349-7014(夜間)
コメント