大家族・長期村の日々奮闘記

夏長期2018 閉村、その後

子どもたちのはしゃぐ声がなく、シトシトと静かな雨が降っている黒松内です。

8月19日のカヌーコースの閉村をもって、2018年の夏長期のプログラムが全て終了しました。
大きな事故・病気・怪我なく無事に終えることができ、楽しかった、また来るねという言葉をたくさん聞くことができ嬉しく思います。
ご参加、ご支援いただいたみなさまに心より感謝申し上げます。

一時には総勢60名にもなったたくさんの子ども、大人たちと生活を共にし、まさしく大家族になれた夏でした。
「黒松内は私のふるさとだから」ある子どもがそう言ってくれました。
私たち常勤スタッフにとっても、毎年夏に来てくれる子どもたちが一年経って成長した姿を見られるのをとても楽しみにしています。まるで年に一回会える親戚のような気持ちです。

今年は3年ぶりに夏の「40㎞ウォーク」を行いました。
やはり久しぶりの夏の開催ということで、40㎞ウォークが初めての長期村参加者も多かったです。
また、宿泊でははじめての「ほたるの里」や冒険カヌーコースでも「洞爺湖」「倶多楽湖」と、今年初めてのフィールドもありより楽しんでいただけた部分もあったのではないでしょうか。

私にとってもチーフディレクターとしては初めての夏長期でした。
想いや狙いを達成できた事もありますが、もちろんそうでなかった反省点もあります。
ですが、たくさんのボランティアスタッフや実習生、大人たち、そして子どもたちに支えられ、同じ空間で出会えた皆と共にこの夏長期をつくってこれたことを心から嬉しく思います。



夏休み以外も、毎月のイエティくらぶや冬長期、春長期と一年中ぶな森は活動しております。
そしてなんと、来年度の夏長期は20周年!
また黒松内で、みんなと会える日を楽しみにお待ちしております。


2018夏長期 チーフディレクター
くま こと 熊手若葉

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最近の「2018夏の長期キャンプ」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2022年
2021年
人気記事