元VSやんちゃ隊のスカウターのボログです(笑)

何故という疑問を持つことから始まる楽しさを知ろう(^_^)v
色々とご意見をお待ちしています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

※冬の知識 雪崩※v3

2018-01-07 12:05:06 | さとぴょん

やんちゃ隊のみんな

そろそろ、積雪のことも耳にするようになってきたね

そこで、ちょっと早いかもしれないがけど雪崩についての予備知識を覚えておこう

 

雪崩と言っても、二つの種類があるんだよ

  1. 春先に起こりやすい融雪期の全層雪崩
  2. 降雪が続く極寒期の表層雪崩

 

全層雪崩とは、

春先に気温の上昇によって地面を流れ落ちるように積雪全体が滑り落ちる雪崩だよ、時速は40~80キロ

 

発生しやすい条件

・春先の降雨後、急な温度の上昇

・過去に雪崩が発生した斜面

・斜面に背破折の亀裂がある

 

表層雪崩とは、

古い積雪面に新雪が滑り落ちる雪崩だよ、時速は100~200キロ

 

発生しやすい条件

・気温が低く、旧積雪の上に短期間で大量の雪が積もったとき

・急斜面で、雪庇や吹き溜まりのできている斜面

・0°以下の気温が続き、吹雪や強風が伴うとき

 

共に雪崩の前兆現象としては、

・雪庇ができている場所

(山の尾根からの雪の張り出し)

・巻きだれ現象

(雪崩予防柵からの雪の張り出し)

・スノーボール 特に注意が必要

(斜面にころころ落ちたてくる、ゆきのかたまり)

・斜面が平らになっている

(斜面に元の地形がわからないほど平らに雪が積もっている場所

・クラック

(斜面にひかき傷のように雪の裂け目がある、全層雪崩の危険性が大)

・雪じわ

(ふやけた指先のようなしわ上の雪模様)

 

起こりやすい場所

1.斜面が30度以上の場所

2.落石注意看板などがある場所

3.低木がまばらな植生の斜面

4.笹や草に覆われた斜面(裸地より発生しやすいので注意)

これからスノーボードやスキーなどの時期が来る、ゲレンデでも雪崩は起こる場合があるよ注意しようね

やんちゃ隊の資料庫も参考に

http://scout.o.oo7.jp/nadare.pdf


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ※2018年頭の挨拶※ | トップ | ※ボーイスカウト雑学 ・歴史... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

さとぴょん」カテゴリの最新記事