元VSやんちゃ隊のスカウターのボログです(笑)

何故という疑問を持つことから始まる楽しさを知ろう(^_^)v
色々とご意見をお待ちしています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

※野帳・のちょう・やちょう・フィルドノート※

2012-06-27 10:30:06 | さとぴょん
"スカウト"とは、言葉本来の意味からいえば、「地形情報や色々な事を観察し、その詳細を報告するために戻つてくる者」=「斥候者」のことです。そして、その報告をよりわかりやすく正確に他の人に伝え役立つものとするための記録が『野帳』なのです。
野外活動のため下見を実施した、また、ハイキングの観察記録として、『野帳』を作成します。
そして後日、それの『野帳』を基に略地図を作成し誰にでもわかりやすく色々な情報が書かれている報告書を完成させるのです。
「大縮尺の地図が数多く市販されているので、それにルートを書き込めばOK…」何て考えない事。せつかく自分の足で集めた、みじかな情報が生かされない事となつてしまいます。
野帳と記憶とスケッチだけで市販の地図では得られない、自分達だけの地図を作り上げてみよう。
(無論季節背景天候等も情報の一部だと言うことも忘れないように)
本来、『野帳』は測量作業において、現地で測つた方向、方位、距離、高さ及び地物などを直接記録し、これによつて正式な測量図の作成や、測量計算の基礎こなる最も重要な資料の事です
ところで、『野帳』は“ヤチョウ"と 一般的に呼ばれていますが、『野鳥』と区別するため、“ノチョウ"とも呼ばれることもあります。BS用語としては“ヤチョウ"又はフィールドノートと呼びますね。
※ボーイスカウトの『野帳』には一線法・二線法がありますが、二線法の方がより詳しい情報等が書き込めます。
次回の集会の時に詳しくふれてみようかな(^_^)v
野帳書式


コメント