元VSやんちゃ隊のスカウターのボログです(笑)

何故という疑問を持つことから始まる楽しさを知ろう(^_^)v
色々とご意見をお待ちしています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

※世界の弥栄『いやさか』の始まり※V2

2015-11-20 20:36:19 | さとぴょん

やんちゃ隊の諸君スカウト活動をしていると、祝声でボーイ以上になると必ず弥栄いやさかをするね(^-^)
※弥栄※て何時から始まったんだろう(*^_^*)
そしてどんな意味が込められてあるのかな(^-^)

日本でスカウト運動が始まった時、佐野常羽(さの つねは)は、ロンドンの郊外にあるパウエル卿直伝のギルウェル指導者訓練所に学んだ、その時13ヶ国の入所者していた。
ある時、所長のイルソンは、その全員に各国の「スカウトの祝声をやってみよ」といった。
佐野は「イヤサカ(弥栄)」をやって、その意味はエヴァ・グローリーだが、良いことはますますよくする、失敗も禍い転じて福となすの意だというと、イルソンは喜び、発声法は日本のが一番いい、その上哲学がはいっている。
日本のが一番だとして「以後このイヤサカをもって本訓練所の祝声とする」といった。
以後、ギルウェル訓練所の祝声を「弥栄」とすることに定めた。
(ボーイスカウト日本連盟、およびギルウェル指導者訓練所の祝声)
それから、戦後はじめて私がここへ行ったら英国のスカウトが「イヤサカ」と迎えてくれた。
ここでは戦時中も平気でこれをやっていたと聞き、私はビックリした。
その後も続々として、この訓練所に、世界のこの道の指導者がやってきて、訓練を受けては帰る。
みんな、この「イヤサカ」をもらって各国に帰ってゆく。
それで世界のよきリーダーは、これを知らぬ者はなくなった。

ボーイスカウト十話(10)
「弥栄」世界に広がる
三島通陽 より


佐野常羽
ギルウェル指導者訓練所(ギルウェル・パーク)に
日本人として初めて入所
ボーイスカウトイギリス連盟の最高功労章である
シルバー・ウルフ章を贈られる

コメント

※温故知新家型テントでキャンプをしよう※

2015-11-17 16:18:50 | さとぴょん

やんちゃ隊の諸君

温故知新という言葉を知っているかな

「古きを訪ねて新しきを知れば正に師なり」と孔子は言っている!

そこでだ家型テント立て方の注意点・ペグの配置を知っておこう(^^)/

一度立て方も実践してみよ(^^)/

家型テントは、小さければ一人で、8人用くらいなら二人で立てられる(^^)/

そんなスキルも身につれたいね(^^)/

コメント

※THE PATROL LEADEWRS’ HANDBOOK第2章ギャングとしての班※

2015-11-14 20:38:16 | さとぴょん

やんちゃ隊諸君

今回は、班長の手引 第2章からだよ、長文だけどスカウトたちだけでなく指導者にも読んでほしい(^_-)-☆

イギリス版毛利の三本の矢のたとえ話そっくり。こういう例話は,イタリアにもある。いわゆるリットリオ(団結〉の話も紹介しているよ(^_-)-☆

B - P は”スカウティング・フォア・ボーイズ”中で,いとも明快に班のことをギャングと呼んでいるが、もちろん,それは40 年も前の話であった。その後月日を経るにつれギャングという語はあまり芳しくない意味に―乱暴者や不良が感覚の集まり―よく使われるようになってしまった。さて明らかに,ギャングといっても班は良いギャングであるに違いないが,悪いギャングと共通の要素を持っている。いっぱしのギャングであれば,いろいろのことをみんなでしなければならないし,ギャングの一員はその首領に服従しなければならないし仲間同士が互いに信頼し合わなければならない。非常に明らかなことではあるが言わなければならないと思うからあえていうが諸君の班が持たなければならない資質の一つは「良いギャング精神」すなわち班員は、まず第一に互いに堅い友情で結ばれた友達であり共通の興味を分かち合う者であり,一諸に物事をやり同じような事をする連中の群であるということである。ギャングの一員であるということは一つの特権であり, 班の一員であるということはそれ以上に大きな特権である。しかし権利にはすべて責任が伴うものである。諸君が班長であろうが新入りのほやほやであろうが,諸君はいつも班の名誉と願わくば栄光に対して責任があることに変わりない。なんでも一緒にするという意義は何なのだろうか? 重要な事の一つは,班員が互いに近くに生活しているということである。もちろん,学校隊とか閑村地方という例外はあろうが,一般的に班は班員が互いに,しばしば顔を合わせることができるような範囲内におかれるべきであるという。狭い意味では, 彼らは必ずしも一緒にスカウティングをしているわけではない。私がここで狭い意味といったのは, 彼らは必ずしもスカウトクラフト〈作業〉を実行しているのではなく,ギャングとして他のここと―写生にいくこともあるだろうし,フットボールをしたり,みんなと誰かのクリスマスパーティーに出席したり―をしているためである。私は始めてギャングの仲間入りをしたときのことを思いだす。それは6 歳くらいだったと思う。どうしてそうなったのかまるっきりわからなかったいいまでもがてんがいかない。しかし確かにギャングの仲間入りをしたことに大変誇りを感じていた。実際私が仲間入りできたのは私のせいではなく,私の物わかりのいい叔父が無分別にも私にくれた空気銃のせいだった。とにかくこのギャングのリーダーは私が空気銃を持っているのは非常に危険だと決めつりですぐに自分が管理することに決めてしまった。〈空気銃は一体どうなってしまったのだろうか,それが空気銃の見納めだった〉しかしこのことで大切なのは,私がギャングの一員であることに誇りを持っていたことである。私は喜んでリーダーに従うつもりだったし,事実,何かとてつもないことをする覚悟でいた。このギャングにはいろいろな儀式があったが,その一つに,新入りはわらじ虫を食べることになっていた。こんなことを諸君の班に取り入れることをすすめる気はないが―きっと諸君にだってそんな気はないだろうが―スカウトというものはどんな命令にも進んで従うことを班長に対して証明しなければならないものである。もちろん,班長にもよろうが,かつて私がもった班長のようなでたらめな命令を出したり不愉快な命令を出したりする班長はいない。諸君の班はまとまっているという意味でギャングぶりを発揮してほしい。すなわち物理的にはまとまって種々なことを行い,他の点では互いに助けあって困難をぬけだすことによって―要するに一つのチームとして行動することによって。ここで私は指導ということについてもう少し話をしたいと思う。指導の方法には三種類がありその内の二つは悪い方法であり,あと一つは良い方法である。悪い指導方法の一つは,全く指導力がない,すなわちいつもめちゃくちゃにやることである。誰一人として発言をしないし,誰も決定を下さないしまるっきり指導する者がいない。この方法は全く見込がありません。班長は全〈無気力で,無能力で責任感などは持ちわせていない。誰にでも気に入られたいという気持は本能的に起きるものであるが,班長という者はすべて,いつも誰かれなくみんなを満足させることは不可能なことを知っているべきである。どうにか幾人かの人を満足させることができれば,それで万事申し分ないのである。次に悪いのは,独裁的な指導方法である。この場合,班長は決して誰にも相談をしないし,アイディアを求めようとしないし自分一人ですべてを決定し,自分が間違っていることがはっきりしたときでさえも,「僕は班長なのだ,君たちは正しかろうと間違っていようと僕の命令どおりに実行しなければいけない」といったようなことを口走って,無理を押し通そうとする。これは,いわゆる「地獄の底行き」という方法である。誰にも相談をしないような班長には班員やギャング仲間はすぐ見切りをつけるものであるから,この方法はあまり効果的ではない。いつもいざこざがたえない班は長続きしない。また当然のことだが独裁的な班長は,あまりいい奴とはいえないし,班員がついていこうとは思わない類のものである。第三番目は最高であり,スカウティングのみならず人生一般に通ずる唯一の指導方法であると私は考えるものであるが,納得させて指導するやり方である。すなわち班長である諸君は,仲間が諸君を受け入れ尊敬し,指導を望んでいるために指導するのである。少しばかり他の人々と協議するという問題に話を戻そう。8 人ぐらいの編成の隊では, 8 人の違った人間がいることをいつも頭におかなければならない。中にはある点に非常に優秀だが他の点には,あまりよくない者がいるし,中には年は下であるけど料理や開拓作業とか漕艇とかウッドクラフトに異常な才能を示すスカウトもいることだろう。ある者は他より観察にすぐれていたり,その他の感覚が非常に発達した者もいよう。班長としての諸君の任務は個々のスカウトの才能を班全体のために役立たせるように使うことにある。誰も諸君が完全であることを期待してない。必ずしも諸君が実技の面で,班において最高のスカウトであることを期待しない。班の2番,4 番スカウトの方が,ある特殊なスカウト活動においては班長よりすぐれていることも正しく,よくあることである。いいかえれば,諸君がいま指導している班員に,諸君がよりすぐれているから,指導の任にあたっているのではない。最も優れた班長にしても―あるいは他の社会の指導者にもあてはまるが―活動面では特別に精彩は放ってはいないが,人を指導する方法を知っている者たちである。すなわち彼らは活力を呼び起こす方法や自信を高めさせる方法を知っていて,それによって各人の能力を最高に発揮させ,班全体に役立つように各班員の才能や技能を生かす方法を知っている。諸君は、三銃士、の話を知っていると思う。彼らは班を作っていたともいえよう。彼らがなした事には我々がそのまままねをしてはいけないようなこともあるが,彼らのモットーである”一致団結”は班が当然採り入れるべき類いの考え方であると思う。不思議なことに団結の力について私が最も良く思い出すのは私がまだ幼なかったときに読んだ話である。実は,その話は私が本を読めるようになって最初のころに持っていた本の1 冊に載っていた。多分その話を読むのに,苦労したことや,短い物語ではあったが読むのに非常な時間がかかったので,それを覚えているのだろう。諸君はその話を耳にしたことがあると思うが,いずれにしても,その話はここで披露する値打ちがあると思う。生涯一生懸命働いたおかげで立派な成功をおさめた一人の老人が,病いに倒れ余命がいくばくもないことを知った。老人には三人の丈夫で立派な息子がいた。彼らは父親のために働いてきたし,だいたいにおいて老父に服従してその教えを忠実に守っていたが,息子同士はあまり仲が良くなかった。自分が死んだあと,息子たちはたぶん喧嘩し,農園は分割され,せっかく皆で築き上げた財力もうしなってしまうように老父には思われた。老父はこのことを大いに心配した。誰だって自分が一生懸命働いて作りあげた物がなくなろうとしているのを見過ごすわけにはいかないだろう。そこで,ある朝,老父は三人の息子たちを呼びにやり自分の枕元に集まらせた。老父は1 メートルくらいの長さで,太さで2 ~ 3 センチくらいの棒の堅く縛った束を床から取り上げた。三人の息子たちは非常に力が強かった,とくに上の二人は近所で評判の力持ちであった。老父は年下の弟lζ様の束を渡していった。「おまえは兄たちほど力は強くないと思うが,この棒の束を折ってごらん」年下の息子は棒の束を取り上げ一生懸命に折ろうとしたが折れなかった。次に二番目の息子に様を渡していった。「おまえは弟より力が強い,さぁ折ってごらん」そこで,彼は汗を流しながら一生懸命がんばったが彼の努力もむだだった。そこで非常に力が強く自信満々の長男の番になった。彼は棒を取り上げ,ひざにあてて全体重を様にかけて折ろうとしたがそれでも棒は折れなかった。そこで老父は様の束を取り、縛ってある紐を切った。そして息子たち一人一人に様を一本ずつ渡して「さあ,折ってごらん」と言った。なんの苦労もなく,三人の息子たちは棒を折ることができた。そこで老父は言った。「ねえ,わかっただろう。棒が束ねられていた間は,おまえたちの強い力をもってしでも,折ることができなかったが,いったんその紐を切ってしまえばもはや簡単に折ることができる。わしの生命はそう長くはない。わしが死んだら,いいかい,兄弟が力を合わせるより他にないのだ。もしおまえたちが力を合わせれば,いつまでも強く,栄えるであろうし,分かれてしまえば,おまえたちはこの棒の一本の力さえないのだ,そして没落してしまうだろう」スカウティングは,われわれを, 特に班員を一つに結ぶ独特の組がある。これはただスカウトの、ちかい、と、おきて、を実行するだけである。との事については,後で詳しく述べるが,スカウトの、ちかい、と、おきて、は我々スカウトを強める紐であり,心から打算を捨てて受け入れなければならない紐であることを考えていただきたい。我々の班が成功か失敗かは,「我々の責任なのであって,けっして私〈班長〉の責任ではない」という覚悟を常に持ちたいものである。

〇班員より, すぐれているから班長になったのではない。
〇人を指導する方法を知っているからなったのだ。
〇活力を呼び起こす方法を知っているからなったのだ。
〇自信を高めさせる方法を知っているからなったのだ。

スカウティング誌(S.58(1983)- 7 月号より

コメント

※ボーイスカウト雑学・アケイラ※

2015-11-04 17:42:10 | さとぴょん

やんちゃ隊のみんな

今回は、君たちにはちょっと早いかもしれないが、雑学としてアケイラバッチの話しをしよう(^^)/

リーダーになるには、ボーイスカウト説明会→研修所(基本訓練)→実修所(上級訓練)があるんだ!

基本訓練終了でウォッグル 

上級訓練終了でウォッグル・ギルウェルチーフ・ウッドバッチの着用が認められるんだ(^^)/

今は、ウッドバッジしかないけれど、ある一時アケイラハッジというものがあっただよ。

それは、初期の短い期間、ウルフカブのトレーニング(日本で云う月の輪)には、別のシステムがありました。1922 年から1925 年まで、ウルフカブトレーニング完修者には“狼の牙”または班長章が与えられました。そして、“狼の牙”は革紐にビーズの代わりに一つの牙を吊るしました。ウルフカブ・トレーナーは、2 つの牙を着用しました。これらの牙は骨歯牙または木の複製でしたが、現在そのものはわずかに現存だけなんだ。

アケイラバッジ

アケイラは、Packの頭で、大変賢い、年寄のオオカミの事だよ(^0_0^)

ジャングル ジャングル おいらの世界 おいらのお国
頭領アケイラ おさめるジャングル
おれはモーグリはだかではだしおれの先生はバルーにバギヤー
ジャングル ジャングル おいらの世界 おいらのお国
頭領アケイラ おさめるジャングル 

 

コメント

※言葉の表記から活動内容が分かる※

2015-11-01 08:42:32 | さとぴょん

やんちゃ隊のみんな

各隊の表記だよ(^^)/

この言葉の意味違いが分かれば、活動内容も分かってくるんじゃないかな!
もう一度、今の活動を見直してみよう(^^)/

Beaver Scout Colony (コロニー)集団

Cub Scout Pack    (パック)群れ

Scout Troop            (ツループ)分隊

Venture scout Unit  (ユニット)基本単位

Rover Scout Crew    ( クルー)乗務員・仲間・ 隊・班

このことは、スカウトたちだけでなく、よき指導者になるために理解してほしいことかもしれないね(^^)/

コメント