元VSやんちゃ隊のスカウターのボログです(笑)

何故という疑問を持つことから始まる楽しさを知ろう(^_^)v
色々とご意見をお待ちしています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

※ボーイスカウト十話(4)  文明病とキャンピング※

2017-02-24 14:32:00 | みんなの意見

  日本にボーイスカウトができたてのころ、われわれがユニホームを着て道を歩くと、「ジ ャンボリーが通る」という。後藤新平がユニホームで地方に行くと「後藤さんのジャンボ リー姿」と新聞がかく。ジャンボリーとは、もともと、アメリカ・インディアンのことばで祭典のようなもので、 これをパウエル卿が、スカウト運動に使って、いまや世界語になった。 ところで、近ごろは「ジャンボリー・スカウト」という言葉がある。それはジャンボリ ーだけ出て、あとはサヨナラのスカウトで、これは全くけいべつされる語なのだが、それ は子供が悪いのではない。指導者が悪いのである。ジャンボリーはたしかに、子供にとっ て楽しい。またためになるものだが、そこまでくる日常の継続した訓練こそ大切である。 もうひとつ、スカウトというとすぐキャンピンクを連想する。それくらいスカウティン グとキャンピングはつきもので、もっとも重要な訓練のひとつである。しかし、これとて、 これだけがスカウト訓練のすべてではない。 キャンピングなき、スカウティングは考えられない。しかしキャンプへ行くまでの日常 訓練、また終わってからあとの訓練が大切である。 キャンピングはひとつの仕上げといわれる。秋から冬、春夏へと、進級制度を生かした プログラム、いいかえればカリキュラムが基礎となって、ここにキャンピングでその仕上 がりとなり、その間にも心身がみがかれるべきである。 小さい少年のキャンプを定義して「少年を、家庭、学校より隔絶して、大自然の中に、 新しい生活環境を、自らの手で築き上げ、指導者が少年と寝食を共にして、生活指導する」 といったことがあったが、初歩の少年には、そこへゆくまでのプロセスが、指導者にも少 年にもよき勉強であらねばならぬ。それを近頃、キャンプ流行で不用意にと飛び出す人々 をよく見かけるが、ハラハラさせられることだ。心構えなきキャンピングは逆効果となる 場合が多い。 またある友人は「キャンピングとは人間と自然とのコンペティションだ」と定義したが、 おもしろい表現だ。自然が人造りをするとは、日本でも古来、考えられて、修行の大道場 とされた。役行者(えんのぎょうじゃ)などは、それを行ったもっとも偉大な先達だが、 われらは、それを青少年に向いたように楽しさのなかでやろうとするのである。 いまや、人間は世界的に、文明病にかかっている。これに反省を与えるのは、大自然の ふところにはいってみることである。 皮肉作家のジェームス・バリーの戯曲に「アドミラブル・クライトン」というのがある。 これは、文明人が大自然の中に投げ出されたときの姿を、皮肉ったものだ。そのあらすじ は、英国のローム伯爵は、議会でも、世間でも、もてはやされた人物で、人間は平等だと の考えをもった貴族である。 彼には3人のお姫様がいて、長女は学問があるのが自慢の種、2女は美人であるのを鼻 にかけ、3女は素直な娘である。この一家は、忠実で素朴な従者クライトンと口達者なオ ッチョコチョイのアーネストをつれてヨット旅行に出かける。 大暴風雨にあって、船は難破し、無人島にはい上がる。そうなると、貴族も、学問のあ る人も、美人も、ここでは役立たず、クライトンひとりが、立ち働いてみなを生活させる。 木の繊維でナワをない、衣をつくり、家をつくり、魚と獣を獲り、マッチがなくとも木 と木をすりあわせて火をつくる。クライトンの力でみなが生活すると、主従転倒の位置と なり、3人の娘がクライトンに恋するが、彼は3女と結婚しようとしたトタン、英国から 軍艦が助けにきて、みなを本国につれ帰る。 アーネストはクライトンの手柄をとって、すべて自分がやったと宣伝するが、クライト ンは平然として、また元の忠実な従者で過ごす。これには文明病への風刺がある。

コメント

※どこか似ている※v2

2017-02-17 20:48:00 | さとぴょん

※どこか似ているね※

仏教には、慈悲という言葉があります。
慈悲は、神や仏の我々に対する愛、また、昔は親の子供に対する愛をさしました。
神や仏は目で見ることができません。
これら目に見えないものの大いなる愛を慈悲、または慈愛と呼んでいます。
慈悲は与えるばかりで、お返しを求めません。
あげっ放しの無償の愛です。
目に見えない大いなるものの愛は、慈悲を与えたことで、相手が少しでも苦しみから逃れ、心が癒されればいいと思うばかりなのです。
これはボランティアの精神にも通じるもので、ボランティアは奉仕するだけで、その奉仕に対する報酬や賞賛を相手から求めません。

後藤新平の言葉
「人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そしてむくいを求めぬよう」という言葉です。

コメント

※ 感謝 やんちゃ隊ボログ 開設2000日 ※

2017-02-09 07:00:00 | リーダーより

やんちゃ隊のボログ開設2000日を迎えられました

ありがとうございます

やんちゃ隊のスカウトや応援を頂いた皆様に、感謝します

これからも、ボログ・資料庫を、よろしくお願いします

やんちゃ隊リーダー 一同

コメント