元VSやんちゃ隊のスカウターのボログです(笑)

何故という疑問を持つことから始まる楽しさを知ろう(^_^)v
色々とご意見をお待ちしています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

※慢 まん※

2017-10-27 06:00:00 | ひとりごと

慢 まん

他人と比べて、自分を誇ったり過剰評価して、思い上がる心を慢といいます。家柄、財産、地位、知識、能力、容姿など、比べることの出来る事柄では、何にでも起こりえる煩悩のひとつです。

心の状態で、七つに分けたものを七慢といいます。八慢、九慢、という分類もあります。我慢はその中のひとつです。

   七慢 しちまん

1.慢まん  自分より劣っている人に対しては自分が勝っている、とうぬぼれ、同等の人には、自分と等しいと心を高ぶらせる。

2.過慢かまん  自分と同等の人に対して自分が勝っているとし、自分以上の人は自分と同等とする。

3.慢過慢まんかまん  勝っている人を見て、自分はさらに勝っている、とうぬぼれる。

4.我慢がまん  自負心が強く、自分本位。

5.増上慢ぞうじょうまん  悟っていないのに悟ったと思い、得ていないのに得たと思い、おごり高ぶる。

6.卑慢ひまん  非常に勝れている人を見て、自分は少し劣っている、と思う。

7.邪慢じゃまん  間違った行いをしても、正しいことをしたと言い張り、徳が無いのに有ると思う。

 以上は、阿毘達磨品類足論あびだつまほんるいそくろんと言うお経の第一巻の辯五事品から。お経により七慢には色々な呼び方があり、順番も異なります。

  八慢

    慢・大慢・慢慢・我慢・増上慢・不如慢・邪慢・倣慢

  九慢 くまん

九慢は少し表現が異なります。色分けしたように、七慢の慢・過慢・卑慢の三種類からの展開です。我慢がいろいろ並びます。

我勝慢 がしょうまん

我等慢 がとうまん

我劣慢 がれつまん

 

有勝我慢 うしょうがまん

有等我慢 うとうがまん 

有劣我慢 うれつがまん

 

無勝我慢 むしょうがまん

無等我慢 むとうがまん

無劣我慢 むれつがまん

 我慢 がまん

 我慢は一般的に、自分を押さえて耐える、という意味で使われますが、本来は自分を偉いと思い、他人を軽んじることです。

 仏教では、自分に執着することから、自分を高く見て他人を軽視する心が生まれる、と考えます

コメント

※秋のやんちゃ隊集会について※

2017-10-26 14:27:16 | リーダーより

やんちゃ隊のみんなへ

10月28日からの秋のやんちゃ隊集会を台風の為中止にします

次回開催の参加をお待ちしいてます

やんちゃ隊リーダー 一同

コメント

※ローバーリング ツゥ サクセスから※

2017-10-09 09:11:28 | さとぴょん

やんちゃ隊のみんな

罵倒という言葉の意味をしているかな?

ひと前で、相手を激しい言葉でののしり空いばりをすることを言うんだよ

それは、自分の感情・欲望などを抑える自制心の不足から現れることなんだよ(-_-)

やんちゃ隊のみんなも、そんな経験をしたことはないか?

私(さとぴょん)も若いときは、自分の力不足からそんな経験をしたことがあるよ、当時は気が付かないで居たけど、今思い浮かべてみると恥ずかしいことだね(^_^;)

ローバーリングツーサクセツの第2の暗礁の中に、こんな言葉がある

『罵倒する者は、どんなに努力しても人の頭(かしら)なる望みはない』

やんちゃ隊のみんな(^-^)

相手に対しての言葉使いや自分自身が短気にならないように、心がければ一人で多良き仲間と楽しい活動ができるはずだよ(^_^)v

 

コメント (2)