元VSやんちゃ隊のスカウターのボログです(笑)

何故という疑問を持つことから始まる楽しさを知ろう(^_^)v
色々とご意見をお待ちしています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

※早ければ良いわけではない・スカウトペース※V2

2017-06-16 20:57:01 | さとぴょん

やんちゃ他の諸君
スカウトペースについて今回は触れてみようかな(^_^)v

目的地に、早く到達し無ければならない時や
仲間に追いつく時などに使うボーイスカウト特有の
走り方だよ(^-^)
はじめ40歩(単歩)を早足で、次の40歩(単歩)を駆け足で進む
この繰り返しなんだ(^_^)v
しかし、ただ早ければよいと言うわけでもないだ(^_^;)

スカウトペースは、
15分で2キロメートル進む、1時間で8キロメートル進む
ちょっと練習がいるかもしれないが、スカウトペースで
何分たったから何キロ進んだなて測量にも役立つだ(*^_^*)

コメント

※ちーやん夜話集から※ローバーリングは電源である※

2017-06-10 19:30:40 | さとぴょん

ローバーリングは電源である
1956年、英国のローバースカウトの制度が改正になったとき、当時の総長ロード・ロウオーラン氏は、「私はローバーたちが、これに対して忠実な支援をおくってくれること、ならびに、ルールを守って、ローバーリングをして、スカウト精神生産工場たらしめるだけでなく、スカウティングの全ての部門が、本当の電力をそこから引くことのできる発電所とするように、このローバーリングを、最善の水準にあげることを望む」と云た言葉を、特記したい。
  次に、B-P、「スカウティングは、組織ではなく運動である」と云った言葉を、これとならんで、考えたいのである。
このMovement(運動)であるという意味は、たしかに大きなボエンだと思われるのであるが、私にはまだ、確とした意味がわからない。推察の程度でいうならば、スカウティングは、制度や規約や、組織で縛られた窮屈な、発展性のないものではなくて、生物のように、有機体のように、成長し、発展し組織員以外の人々のあいだにも伸びひろがるものだと、いうように解される。見方を変えれば、「運動である」ことの方が「目的」であって、その目的を達するための「方法」として、「組織」がいるのだ、と説いているような気がする。
  私は、こういう見かたから、B-Pとロウオーラン氏のいう「発電所」「運動」という二つの言葉を味わっている。すなわち、スカウティングは、現在、全世界の800万人の青少年にまで及んでいるが、これで満足すべきではなく、この運動は、1000万人の人々、さらに、2000万人の若者や、あらゆる人たちに向かっても伸びてゆかねばならないであろう。数量の上だけでなく、質の面でも、さらに掘り下げられ、層を深め、充実されねばならない。換言すれば、遠心運動と、末心運動の二つの運動を増大せねばならない。そういう「運動」だ、と示し、そしてその電源はローバーリングにあると、言っているように思うのである。
 すなわち、このスカウティングという大運動のメカニズムには、カビングという部分や、ローバーリングという部分がある。けれども、この、メカニズムにおいて、ローバーリングこそが、その電源だという解説である。そこで、もし、ローバースカウトたちが、その使命を怠って、発電しなかったなら、また、発電はしても、弱い電力しか出さなかったとしたら、スカウティングという大運動のメカニズムは、充分な活動をすることができずに、お茶をにごすほかないことになる。国は、前述のように1956年4月1日、電力強化のため、大英断をもって、ローバースカウトの課題を大幅に改正したわけである。
 日本のローバーリングは、1960年現在、そのプログラムもきまらず、発芽期にある。このような制度(進歩制度のような)は、作ろうと思えば、机上のプランで、わけなく作れる。衆智を集めれば、1カ月で出来る。しかし、それでは、「運動」にならない。これが、運動から盛りあがったものとするには、ローバースカウト自らの力で、発芽し、育て、組み立てた制度でなければならない。時日や年月はかかっても、その方が本当である。「根」をもつからである。そうでなかったら、「造花」にすぎない。
 今夏、第1回のローバームート(青年スカウト大会)が、那須日光にわたって催された。全国から、大学ローバー(立教、慶応、大谷龍谷、京大、中央大学)や、地域団のローバーたちが参加した。こんな愉快なものなら毎年集まろう。と皆が云った。最初、「日連は、ローバーリングに対して定見をもたない」とか「案を出さない」とかいう声もあったが、最後には、「自分の舟は自分で漕ぐべきだ」、「ローバーのことは、ローバー自身で建設すべきだ」ということがわかって、少しずつ、電力を出してきた。そして、おわりには、すばらしい成果を、おさめたのであった。私は、ロウオーラン氏の、「電源論」を、みんなに、紹介しておいた。単位団でも地区でも県連でも、ローバースカウトの発電力がなかったら、機械はうまく動かないだろうと、思う。
(昭和35 年11 月1日 記)

 

コメント

※今こそもっと「ボエン」を※

2017-06-05 09:15:12 | さとぴょん

ボエンの意義
再建10周年記念の大阪大会に、私は参加できなかったが、この前の大阪大会にくらべて企画の面でも非常に進歩していると耳にしている。もっとも、この前の大阪大会にも私は参加していないので、残念ながら、真相はつかめない。ただ、大阪で前後30余年のスカウト生活を送った私にとって、そのホームグランドを思う心は人一倍である。今夏は、大阪の他に北海道、山形、福島、新潟、山口、愛媛、大分、福岡、長崎に県大会があった。私は、それを故佐野常羽先生のいわれた「実践躬行」Activity firstだと考える。スカウティングにおいては、まず実行である。活動である。実行第一である。理論は実行のあとから組み立てられる。はじめに理論があって、実行に移るのではない。この点、スカウティングが、学校教育などと大いに異なる点である。また、いくら理論にあかるくても、実地が出来なくては一つも役に立たないことになる。
 佐野先生は、一に実践躬行、二に精究教理といわれた。この精究教理を先生は英訳してEvaluationfollows ---評価がそれにつづく---と示された。前に述べたように、まず実行しその実行を評価反省して、初めて理論(教理)が組み立てられ、深められ、精究される。そこに初めて進歩が生まれ、自信が出来る。
佐野先生は、第三として「道心堅固」(Eternal spirit)と、いわれた。
 およそ自由教育やプロジェクト教育法において、一番肝要なことは、Evaluation である。これを講評とか、批判とか、反省とか、評価とかに訳す。スカウティングにおいてもこれは不可欠な要素である。
大阪のスカウトの先輩は、「ボエン」というスカウト語を創作した。それは今を去る33年前のことである。このボエンとは、当時の大阪語の、「ヒヨコタン、ボエンとやられた」という言葉が語源である。この「ボエンのくらわせあい」によって、大阪のスカウティングは伸びたのである。これは「相互批判」であり、「苦言」であり、「忠告」であり、「であった。自分で気がつかない点を、一発くらわせられるのである。まことにスカウトらしい評価法である。
 佐野先生は、当時たびたび大阪に来られて、このボエンのやりあいを激賞された。先生のお言葉によると、これは、禅僧の行う鉗槌(カンツイ)だと、座禅の時に、放心したり、なまけたりしていると、棒のようなものでピシッ!。 と先生はいわれた。
このボエンというスカウト語は、全国の実修所にゆきわたった。
 さて諸君!
 大会も無事に終わったと思うが、いかにそれが、意想外の大成功を収めたとしても、反省、評価を忘れてはならない。もし、それを欠くならば単なる行事に終わってしまう。教育でなくなる。精究教理とは、いたずらにスカウト書を読んだり、ディスカッションをすることではない。Evaluation(評価)がfollow(それにつづく)するのでなかったら、それは全然スカウティングとはならないのである。
 めいめいのスカウトは自分で、班は班で、隊は隊で、団は団で、地区は地区で、県連は県連で、あるいはお互い同士で、8月下旬から9月にかけて、ボエンの最盛期でありたい。
もし、ボエンをひとからくわされて、腹を立てたり、いこん(遺恨)に思ったり、うらんだりするようなことがあったら、彼はまだ、スカウティングの達人とはいえないし、彼は、進歩の道を、自分でつぶしているということになる。
死ぬまで、ボエンをくわされるものは、さいわいである。彼は、師をもつからである。拓くべき未来があるからである。
(昭和33 年8 月6 日 記)

 

コメント

※スカウト象にさわる※ちーやん夜話から※

2017-06-03 22:47:06 | さとぴょん

ちーやん夜話からこれを読んでどう感じるかな?

スカウト象にさわる
象でなく、像ではないのですか?」
「まァ、だまっておしまいまで読みなさい。結局同じことになるけど…。」
群盲触象---てな漢語がある。沢山の盲人が象にさわって、勝手な観察と推理をくだし、それぞれ自分が正しく、他人の説はマチガイだといい張る。けれども、誰か、その全貌をつかみ得ただろうか? という、ボエンである。
スカウト象---この象(像)の名を「スカウト」という。命名者はB-Pである。B-Pが描いた理想人の像である。幻像である。
「ははァ、足が4本あるネ。」
「それはネ…CS、BS、SS、RSという4本ですよ。」
「いや、それはネエ君、人格、健康、技能、奉仕4本柱ですよ。」
これは理論派の盲人。
「この長い鼻ネ。これで食べたり、飲んだり、物をつかんだり、イキをしたり、ポンプになったり、ホースになったりするそうだが、してみると、スカウト象というものは、一般コドモ大衆に公開して、いっそうのことコドモ会にしてしまう方が、利用価値があるんじゃなかろうか?」
「君はバカだな。この象牙の方が金になるのを知らんのか?」
これは利用派、実利派の盲人。
「一ペン位さわってわかるもんか。継続観察をやりなさい。」
「僕は、和尚さんから白い象の話を聞きました。仏さまが乗るそうですネ。」
このような、声も聞かれる。けれども、スカウト象の全貌をつかむことは中々むつかしい。隊長を何年やったとか、実修所へ何回入所したとか、所長であるとか、コミッショナーであるとか、理事長であるとか、何であるとかいうても、この象の全貌をつかんだという証明にはならない。
将棋の升田は、九段と、王将位と、名人位の三つのタイトルを得たが、これは「実力」で勝ち得たものだ。我々は、少年に「実力」で初級、2級、1級、菊、隼、富士、をとるようすすめているくせに、指導者は果たしてご自分の実力で、理事や、コミッショナーになったであろうか?
「実力」以外のSomething を足場として、立っているのではあるまいか? 曰く年功、曰く年齢、曰く金力、曰く社会的地位、曰く情実、曰く強引に…。
折角つかんだ隊員を、1年か2年で逃してしまい、その補充に毎年何人かの新入者をいれて、1級以上の等級に進み、富士まで登った者は全国に20人もいない。何年たっても日本のBSは富士山の二合目か三合目あたりを登ったり降りたりしていて、そ
れから上の方は雲で見えない。結果的に富士山の全容をよう見ず、二合目、三合目のみをもって、これ富士山なり、スカウティングなり、とわかったようなツラをしている。
これが現在の段階、こう考えてみると、ウヌボレの度が、きつすぎる。下手なゲームのやり方だ。
B-P描くところのスカウト像は、そんなヤスモノではない。安い評価をしなさんな。
スカウト像は生物だから、毎年大きく伸びつつある。像と書くと無生物と思われ易いから、私は象と書いた。ニンベンは、いいかえたらウヌボレヘンだから、ない方がよい。
本当に積みあげて出来た立派なローバースカウトよ出て来い。一体、幾人いるのか?
年令だけのローバースなら、スカウト以外の青年の中にも居る。
ジャンボリーのような、お祭りばかりに熱をあげるのが能じゃあるまい。事前訓練を欠いた野営大会、キャンポリー、ジャンボリーというものは、事前訓練という助走路を欠いているから飛躍がない。
結局は、“Scouting for Boys ”をよく読んでいないため、象がつかめない。 ローランド・フィリップス著「班別制度」を読んだら、いかに、みんなが現在やっている班制が、班制の擬態であるかにびっくりするであろう。大いにハンセイ(反省)すべき点あり、勝手に理解し、我流で押しとおし、狭い視野内で速断し、想像を過信し、自分自身を高く評価しすぎると、足もとの今まで雑に積んできた煉瓦はくずれる。
SS、RSと積みあげる頃になると、下の方がくずれる。
私は、象の全貌がまだわからない。そう考えると、ほんまに、ゾウとする!
(昭和32 年7月13 日 記)

 

 

コメント

※スカウト野営の基準①※

2017-06-02 12:38:19 | さとぴょん

Ⅰ スカウト野営とは

※スカウト野営の特異性
スカウトの野営は他の一般の野営と非常に違っていることを確認しなければならない。世間普通の野営はレクリエーションを目的とし、野営することそれ自体を目的とする。おもしろくて楽しく、健康的でありさえすればそれでよい。スカウト野営は、野営そのものが目的ではない。目的はスカウティングすることにある。野営はこの目的を果たすための方法のひとつである。方法のひとつ――とは他にもたくさん方法があるからである。例えば、ハイキング、漕艇、救急法、ゲーム等々。おそらくたくさんある方法の中でいちばん魅力のある方法であろう。
故に世間一般の野営と違わないような考え方でスカウト野営をするならば、それはもうスカウト野営ではなくなってしまう。なぜだろう? それは――
(1)ちかい、おきての実行がその野営の中心の支柱になっていないから。
(2)班制教育がおこなわれていないから。
(3)そなえよつねに、日々の善行が実行されていないから。
(4)進級、技能科目が磨かれないから。
(5)スマートネス(よき秩序)が守られないから。
(6)大自然の教示を受けないから。
(7)観察推理と開拓精神が働かないから。
(8)創意工夫をしないから。
   ただ、あるがままの状態に安座して安逸を楽しんだり、困苦欠乏に耐えると称して実は横着をし不自由の弁解にしたり
(9)計画性がないから。(換言すればプロジェクトしないから)
(10)評価(点検と講評)による進歩がないから。
(11)自然愛護をしないから。
(12)感謝の行動を残さないから。
 の諸点があげられる。要するに「教育」ではあっても「スカウト教育」でないからである。指導者としては「和敬・清寂」の境地の体得が望まれる。

コメント