アンナdiary~Part2

日々のこと。拓哉のこと。

原作ファン

2017年05月25日 11時47分34秒 | diary

新宿アニメイトにあった無限の住人の万次。

沙村先生の描く万次が好きで
今、私のスマホのロック画面この写真

Arrow Filmsが『無限の住人』の全英配給権を取得したそうで
さっきツイで確認。今年後半に公開予定。

わ~~~~い!アメリカ、ドイツ、オーストラリア
全英.....アジアもだし、世界中の人にこの映画を見て欲しい。
嬉しい。。。

くだらない誹謗中傷、下げ記事なんてクソくらえ!

日本では相変わらず作品のことなんて度外視で
くだらないネガキャンに必死。
本当にちっさい。
いい大人が......見苦しい。

どうしても木村を上げたくないんだろうな。この時期に。
いろんなことが透けて見えて失笑ものだよ。

山ほどムカつくことはあるけれど
昨夜は無限の住人の原作ファンの人のツイに
気持ちが上がりました

全部リツイ、ファボさせてもらったけど
いちいちツボで、頷いてしまう。
ありがたい
この方は木村を褒めるためにツイートしたわけじゃなくて
映画を見ての率直な感想をつぶやいたに過ぎないけど
どれもこれも、うんうん頷いてしまいました。
残しておきたいので、ここに置いておく。






■「無限の住人」をやっと…やっと観に行くことができた…
 原作ファンとしては正直、実写主演が木村拓哉と知った時は
 「マジでやめてくれ」と思って宣伝ポスターも正視できなかったわけですが…
 今日観て、木村拓哉の卍はめっちゃ凄かったです

 
■ネタバレかも。しょっぱな、モノクロの殺陣からいきなりぶっこんでくる。
 ここで心を持ってかれました。ふと思い出したのが、銀幕スターの三船敏郎です。
 その姿を彷彿とさせる立ち居振る舞いにビビリました。
 スタント使ってないって、マジかと
 

■だって怪我したら…どうすんのさ…。って心配になるほどのすさまじい
 斬り合いなんです。ええーこの人、今何歳よ?なんで鋭くこんなに動けるの?
 と、なんかもう信じられなくて「これ本当に木村拓哉かあ~?」
 とただただ驚くばかりで
 

■その卍に、どうしてイケメン役者をあてがってしまうかなあ~~と
 納得がいかなかったんですね最初は。しかし木村拓哉が、これきっちり
 卍なんですよ!泥にまみれた汚い野犬みたいな卍の様が、きっちり再現
 されてるんですよ…びっくりしました
 
■それほどに、凄い演技だったっつーことです凛が、「おにいちゃん」と呼ぶ
 あの河原のシーンは胸に迫りました。なんだろう、泣きそうになりました。
 卍の後悔とか罪悪感とかいろんなものが、あの寂しげな河原を背景に
 ずしっと響いてきた
 
■血の描写が大変に美しいです。そしてすごみがありました。
 卍が、血仙殺によって体中の傷が開くシーンはすさまじかったです。
 あの苦しそうなうめき声が、もうすごい。マジで。あんな凄い声を木村拓哉は
 出せるんですね…もう木村拓哉じゃないみたいで
 
■そういやハウルの時も、おどろおどろしい声を出していて、ああこの人
 こんなうめき声が出せるんだ…と驚いた
 
■不死と言っても、痛みになれるということはなく、斬られればやっぱり痛いし
 苦しいし、もう人生を降りたいのに、降りさせて貰えない…
 無限の地獄を生きなきゃいけない卍のしんどさが、他者の死によって
 際立っていて、それを木村拓哉は演じてる

 
■序盤は「あ、キムタクだ」って思う瞬間がぼちぼちあるんですよ。
 「団子食いてえだろ」のところとかw でもそれがね、いつの間にか
 無くなっていく。最後の最後は、キムラタクヤという役者の存在すら
 忘れていました。そこに居るのは紛れもなく「卍」なんです
 
■卍はくつろぐときなど、煙管をかぎますが、まあそれが、非常に様に
 なってるんですね。単に気障、というのではない。
 あの乱暴な始末の仕方とか煙の吐き方、全部が卍らしいんです。
 もっとかいでいてほしかったなーww酒ののみかたも、ほんと卍だった
 
■食べ方とかもww 原作では粗野なサルとか例えられてたかなあ…
 もう見事にそれが再現されている感じでしたよ
 そして卍は卍の癖に(失礼)ちょっと色気のある瞬間もあったりするわけですが
 そこまで演じられ表現されてる感じがして
 
■これほどにも、卍というキャラを精密に演じられるものなのかと…
 そして何よりも、殺陣が、「漫画を動かしたらこうなるよね」って感じを
 100倍ものすごくした感じで、観ていてビビってしまった…なんの疑いも
 入り込む余地がない、物凄い剣劇で
 
■いや、こんなにマジで表現できるものなら、もっとじっくりと原作通りの話を
 観てみたかった。映画一本におさめられてしまったのが勿体ない…いや逆か
 …印象的な場面を取り入れつつよく収めされたもんだと思う…
 
■最後に卍にすがりつく凛、そして凜に一言説教する卍その後エンドロールで
 MIYAVIの曲が……これがものすごい痺れてしまいましたね
 めっちゃ余韻にひたれましたよ
 
■どっちかっつーと男性に受ける作品ではないかなあ観た後に
 若い男性のお客さんが「めちゃくちゃ面白かったww」って嬉しそうに言ってました
 
■うちの近くの映画館は、もうね、一日に1枠しかなくて… 焦りましたよ
 ちょっと早いよ!まだ終わらないでよ!?ってww客入らないのかもしれんけど
 それにしたって見切りはえーよ!ww

 
■あの卍の「また生きちまったじゃねーかよ」っていう、けだるい感じが
 良いですザンバラ髪に見え隠れする隻眼の、異様な光り方も凄かった
 あと視線の飛ばし方も 素晴らしかった これぞ卍だよ
 
■木村拓哉ってスターなんだなって思いました
 
■とりあえず、マスコミの言う事にはあんまり耳傾けないでおこうって
 今回無限の住人を観て思いました 自分の目で確かめるのを怠っては
 ダメだな、と。映画館で観ることができてよかったです つーかもっぺん観たい
 
■とにかく原作ファンとしては、木村拓哉がマジで卍だった、という感想しか
 出てこない…よくぞここまで演じてくれたなあ…って驚くばっかりでした
 ウシジマの実写以来です、こんなにすごいハマり方は
 
■悪い奴を演じさせたら、すごいような気がする…

 
■無限の住人はもっと評価されてもええような気がする
 

 
 
全部じゃないけど、あぁぁあぁぁぁあああ
どれもこれも頷いてしまう。
もう、一緒に飲みながら映画の話しでもしたいwwww
 
そうそう、地元の映画館を見たらTOHOは1日1~2回になってて
朝一かレイトショー。しかも箱が小さくてね。。。
しかも6/2で終了と書いてあった(;;)
ロングランして欲しい。


やっぱ大きい箱で見た方がテンション上がるんだよなぁ。。。
なので、週末は丸の内ピカデリーへ行く!!!
 

話しは変わりまして.....

この間、同僚と検察側の罪人の話しで少し盛り上がった。
同僚が嵐のファンなのでね。

木村と共演するってスゴイスゴイと大騒ぎ
絶対交わることはないと思ってたからって。
同じ事務所なのに、変な話だよね。
申し訳ないけど、いまだに二ノと木村がピンとこない私です。


検察側の罪人、原田眞人監督のブログ
 
 

嬉しいなぁ。。。。監督、映画「2046」が好きなんだ。


 
~~「2046」は昨夜見直して、改めてチャン・ツィイー様のいじらしさに涙。
トニー・レオン様と彼女の交情は、くやしいくらい普遍的な切なさがある。

我が木村拓哉様も見事に存在感を示している。
彼のモノローグのセクシーなこと。大傑作「ミリオンダラー・ベイビー」のモーガン・フリーマンの
モノローグにも匹敵する。アップになった情念もいい。
音楽を流す演出の効果は、キューブリックもやっていたがここでも効果をあげている~~~


2046はフランス版に日本版にはないホットな映像があるのよね~
無限の住人も、尸良のシーンが海外ではノーカットで放送されてるみたいだし
う~~~ん、海外版のを見たい。
 

カンヌで中国のインタビューを受けた木村
2046ではお国柄仕事の進め方に心折れそうになった時に
トニーレオンにそばで支えてもらったって。
もし再びウォン監督とやるとしたら、またトニーレオンが一緒なら。。。と。
トニーのこと大好きな木村に萌えるw

中国の監督達もみんな自分の作品にあなたを招きたいと願ってるはずだと
インタビュアーが言ったら「コールミー」と。
 

もうね、どんどん海外の作品に出たらいい!
木村には日本は狭すぎる。
人の揚げ足取る事しかしない日本なんか出て広い世界で羽ばたいて!!!
それに、海外で仕事する方が木村を近くに感じる不思議www


でも、そばにいて欲しい←矛盾
 

さて、お昼にします。
ではでは。。。

存在そのものが映画

2017年05月22日 10時12分06秒 | diary

カンヌ国際映画祭での無限の住人の公開が無事終わった。

 

花ちゃんのお母さんのツイに、娘が帰国したこと書いて
あるので木村さんも帰ってきたのかな?



 

カンヌでは大絶賛
海外メディアの評価は殆ど☆4か5
ヨーロッパに住む方が7誌のうち6誌はポジティブな記事で
1つだけネガティブなものだったとツイで見かけた。
その1つがジャパンタイムスだったとか。


ホントに日本のマスコミって何なんだろね。


カンヌで大絶賛されているのに、yahooのトップにも出ず。
やっと記事が出たと思ったら、木村がネガティブな記事も
構わないと発言したというもの。
自分たちのことなのに呆れるぜ。


作品を褒めたたえるのではなく
粗探しばかりして、それを記事にする。
ネガティブな記事の方が人は集まり拡散する。
とことん情けない。。。

こんなんだから日本のエンタメが発展しないんだと思うよ。

作品についての感想なんて皆無。
作品以外のことで重箱の隅をつつくような
揚げ足を取るようなそんな内容ばかり。

もう呆れて悲しくなるよ。


だから、ここにFrench Bloom Netの記事を置いておく。

木村拓哉、カンヌ映画祭で見せた存在感
―渾身の力作『無限の住人』を徹底分析―


とても真っ当ないい記事です。

 

http://www.frenchbloom.net/type/movie/4840/


豊饒な映画史的記憶、「闇と光」の美学的な完成度
そして、女優の輝き――

こうした魅力に溢れた『無限の住人』の三池ワールドを完成させるのが

木村拓哉である。

「何を演じても木村拓哉」と揶揄されることが多かった彼だが
本当にそうなのか。


存在そのものが映画って......



木村拓哉と三池崇史はカンヌで勝利を収めた。
何を措いても、そのことだけは認めなければならないと
締めています。

 

 

カンヌのお客さんの反応がとても良かったみたいで
ラスト万次が現れた時は、拍手が起こったようですね。

待ってました!って感じなんだろうな。
私も、この300人斬りで登場した万次さんのところからが
すごく好き 凛に「俺は誰斬りゃ~いい?」からの「それでいい」までが
痺れるなんだなぁ


国内でも、映画をちゃんと見た人の評価はみんな素晴らしい。
ひとりでも多くの方に見てもらいたいから、ロングランして欲しい。

カンヌ後、いつ見に行けるかな?
多分27日の土曜日になると思う。

12回目の無限の住人です


出会いは偶然ではなく、必然。
木村さんがこの作品に出会えたことは、本人も言ってるけど
「運命」だったんだと思う。
しかも、この時期にね。

それは木村さんが引き寄せたんだよ。

役者として、これからますます楽しみな俳優さんになったと
一般の方たちのツイを見る度に、この作品に出会えて
本当に良かったなぁ。。。と、しみじみ。

またツイで無限の住人の感想を拾い集めてきます。


スタンディングオベーションの時の木村さんの目に光る涙


監督も言ってたけど「報われた」気持ちでいっぱい。
大変だったもんね、ケガもあったし色々あったしんどい時期を乗り越えて
世界中の人にお披露目出来て、拍手喝采を浴びてよかったよね。


今朝のテレ朝グッドモーニングでオフショットの木村さん
共演者や仲間達へのお土産選んでたねぇ・・・。
オンオフの髪型が全然違う。
すごいな~髪型ひとつで雰囲気が全然違う。

映画を見た外国の方の感想も良かったけど
もっとインタビューして欲しかったな。

これ見てて遅刻しそうになったよ


さあ、今日も一日頑張ろう!

 


感無量

2017年05月20日 00時02分51秒 | diary

寝不足です。

今頃、どっと疲れが出てきた。
でも、心地いい疲れ。

第70回カンヌ国際映画祭

昨日の21時からフォトコール、インタビュー、記者会見と
YouTubeに張り付いて見てた。

レッドカーペットが4時50分
目覚ましかけなくても、その時間に目が覚めた。
3時間も寝てないのにね。
愛だよ、愛

便利になったよね。

 

公式のYouTubeでカンヌがフツ~に見れてしまうんだもん。
さっきから、ずっと映画終わった後のスタンディングオベーション見てる

https://www.youtube.com/watch?v=BoVM3NbE9So


昼間、公式よりも早くLESLIE KEEさんの動画を見せてもらった。

https://twitter.com/lesliekeesuper/status/865377652634406912

これ、すごいツボでこちらもずっと見させてもらってる。



公式とは角度が違う撮影で。。。河瀬直美監督と一緒にいた女性が
「泣いた?」「拓哉」って会話してる。
拓哉って。。。監督と親しいのか?

木村、泣いたみたい。少し目が潤んでるように見えた。

嬉しかったみたいね。
言葉じゃないって。
あのみんなの笑顔と拍手で伝わるんだよ。
感無量です。


前回のカンヌ「2046」から13年。
今度はメイドインジャパンで、しかも主役での参加です。

大変な時期を乗り越えての参加なので、感慨もひとしおです。
映画『無限の住人』は、忘れられない映画になったなぁ。。。


もう、胸がいっぱい


昼間のブルーの衣装もいいけど、夜の蝶ネクタイの黒スーツに
整髪料で少し髪の毛撫でつけた感じの木村も最高にカッコ良かった。
つくづく横顔が彫刻の森美術館みたいに彫が深くて素敵

グループ解散したからか、年齢なのか?
今年に入ってひとりになったら、すまっぷな感じがどこにもない。
まとってたもの全部脱ぎ去った感じで、すごいなぁって。
素の木村拓哉になった気がする。

アイドルのお勤め終了したような、そんな雰囲気。

ホント!本人が言うように、新人・木村拓哉の誕生だね。
スタートラインどころか、マイナス50だと言ってたけど
今回のカンヌでようやくスタートラインに立てたんじゃないかな?

うん、色々あったけど全てが無駄じゃなかったんだよ。
smapであったこともね。
ちゃん~~~んと全て自分の肥やしにして前へ進んでる。
そんなオーラを感じました

VIVA!Takuya!!!


インタビューでどの武器が好きですか?の質問の答えが
イケメン過ぎる。
ちょいと考えて、いろんな造形物がありますが
凛を守り抜くメンタルです


やられたなぁ

 

最近、外食が増えた。
ヤバイ。。。食生活が乱れているので、色々な数値がヤバイ

今、ワッツ聞きながらキーボード叩いてます。
ワッツが少し上の空


そっか。。。明石家電視台って、明石家テレビって言うんだw
木村じゃないけど、私もずっとでんしだいだと思ったよ。


無限の住人、毎回血で汚れた着物はどうしているんでしょうか?
キタキタキタ!これね、回数見れば見る程思うんだよね。
1回ぐらいじゃそんなこと考えないんだけどねwww

万次の衣装は、衣裳部屋に1号~10号まである。

え~~~~万次が食べてるのは「スズメ」なんだ。
かたそうだよね。私も食べたことあるけど、カエルと一緒で
身があんまりないんだよね。
かたいの。


ニノとの共演。検察側の罪人
これはポロリできないでしょ(笑)
原作は読んだんですけど、脚本の方はまだ読んでないので
ポロリも何もないんですけどって。

そっか~木村は原作読んだのね。
重厚なお話が多いよね、原田監督って。
どんな感じになるんだろ。

木村はニノのこと、硫黄島からの手紙とかテレビドラマとかでも
ちゃんとやってる人じゃん?だから見てると、自然に見入っちゃうんだよね。
ワンシーン、ワンシーン、見てる自分が盛り上がれるような存在なので。
現場でどういう感じになるんですかね?恥ずかしいですよね(笑)。
どういう空気になるんだろ?そこが一番楽しみかな。って。

夏にクランクインする予定。

次に現場が控えてるって理想的だよね。
しかも映画だもん。楽しみだな~
今回の無限の住人で、映画っていいな~ってあらためてしみじみ
思ったよ。楽しみ、楽しみ~~~!



嫌だなと思ったことを口に出してしまう女の子
嫌いじゃないけど、ケガは多いだろうね。
TPOってあると思うけど、自分は嫌いじゃないって。

わかりやすいウソを言ってる子より
本心を言ってる子の方が
好きなゾーンに入ってるかな。

木村らしい。


上の空とか言いながら、しっかり聞いてたワッツw

カンヌの影響なのか?
明日の昼間の無限の住人かなり席が埋まってる。
まあ、土日は見に行けないけどね

見に行きた~~~~~~い!!!

オヤスミナサイ


5回目の『無限の住人』

2017年05月07日 11時36分57秒 | diary

昨日5回目。

いや、回数じゃないけどさ。

1回見たら、また見たくなる。
2回見たら、もっと見たくなる。
そんな映画だと思うんだ。

明日から仕事だから、平日見に行けないから
GW通い詰めた。
今日も行く万次さんに会いに行く~~~~!
何度でも言う!私の木村拓哉史上最高の作品となりました。
万次最高~~~~~!!!!!!!
毎日でも会いたい~~~~~!

とにかく余韻が半端ない。
グロいのも、血が飛び散るのも苦手だから
見る前は、どうなのかな?って思ったんだけど
その心配を超える程の圧巻の殺陣と素晴らしさ
痺れました、木村万次!!!!!
クセになる。

木村さんだけじゃなくて、福士蒼汰も、戸田恵梨香も、海老蔵も、隼人も
もちろん花ちゃんも、金子賢も北村一輝も最高でした。

あっ、山本陽子さんも素晴らしかったし、田中泯さんも山崎努さんも
石橋蓮司さんも、満島真之介も。。。その他みんなみんな大熱演で
素晴らしかったです。

北村一輝さんがどこに出ているのか最初わからなくて
パンフレット見て、ええええええ!ってビックリ。
あれじゃ、わからないwwww


ネットでは色々言われてるらしいけど
私はネットはあまり散歩しないのでよく知らないけど
自分がtwitterで映画見た人の感想を探すと99.9%絶賛なんだけど。

見てない人が酷評し
見てる人は大絶賛してる。
ホントそう。

この映画の良さがわからないマスコミは
マスコミやめてしまえええええええええ!!!!バシッ!www

マスコミや雇われライターや見てもないヤツの批評なんて
クソくらえだ!!!!

まずい、万次風な喋り方になってしまう

でもね、今回の映画はネガティブな記事やコメントも気にならないくらい
自信もってるから私。何言われても気にならないよ。
文句言ってるヤツは、ちゃんと見てないと思う。
文句言いたかったら、見てから言いやがれ!!!!!

ツイしてない人は、私のツイ見てみて。
一般の人の感想集めてるから。


それとこれは↓感想ツイをまとめたもの。


「木村拓哉主演の三池崇史監督作品「無限の住人」が
 チャンバラ好きなら大満足の出来過ぎて大絶賛の嵐」

https://togetter.com/li/1107783


映画ファンの人がGW観た劇場映画で一番良かったのが
『無限の住人』という大番狂わせと言ってた。

嬉しいね。
何が嬉しいって、原作ファンがみんな喜んでいること。
そして絶賛してくれてること。ホントに嬉しい。
木村ファンじゃない人の感想ツイが熱い熱い!!!!
嬉しいです、嬉しいです。

今日6回目の無限の住人見に行きます。
多分映画上映が終わっても、やっているところを探し見つけて
私、見に行くと思う。
そのくらい万次に痺れて惚れた

これ絶対!カンヌで大絶賛されると思うよ。
外人チャンバラ好きだし。

海外で上映されて世界中の人達にこの映画が愛されますように


 


TOPの写真は新宿アルタ。

タマホームの看板がなくなってました。
あの木村さんは、もう10年前くらいの写真になるのかな?
長い間、ご苦労さまでした。
グループ解散して、ひとりになって色々変わってきています。
CMがなくなってきてるのは、大人の事情でしょう。
でも、不安は全くありません。
彼の人生これからだなって、すごく感じます。
楽しみでしかありません



昨日は友達と新宿ピカデリーで見てきました。
やっぱ新宿は若い男性が多かったです。
若い男性から、おじいちゃん2人連れ、カップル、若い女性たち。
とにかく年齢層が幅広くて、すごいなって思います。

映画館に勤めてる人が、無限の住人が一番客層の幅が広いと言ってました。


興行成績を上げる為に言ってるわけじゃありません。

本当にすごい映画です『無限の住人』

文句言うなら、見てから言って下さい!!!!!!!!!

友達はビールをグイグイ飲みます。

私も飲みた~~~~~~い!
浴びる程、飲みた~~~~~~~い!!!!!

昨日も車だったので飲めず(^^;

明日から仕事だよぉぉぉぉぉ
9連休だったので、ものすごく行きたくない。。。
会社じゃなくて映画館へ通いたいwwww

それではまた、映画見に行ってきます!


映画館の住人

2017年05月06日 10時22分51秒 | diary

どど~~~~ん!と、テレ朝のしんちゃん

GWも明日で終わり。
早いなぁ。。。遊んでる時の時間って、あっという間。

今、テレ朝深夜の「夜の巷を徘徊する」を何度も流しながら
更新してます

木村とマツコの関係いいね
さんタクみたいに、レギュラー化希望。
今年に入ってひとりになった木村拓哉いいよ!

マツコの人徳もあるのかもしれないけど、娘と嫁ネタぶっ込んでも
自然でいられる普通がすごく心地いい。
今まで作られてしまったキャラや役割分担がなくなり
アイドルであることの壁が取っ払われてひとりの木村拓哉になって
ノンストレス。

年相応の彼がものすごく魅力的で、優しい。
沢山傷ついてきた彼だから、人の痛みがすごくわかるんだと思う。
沢山傷ついたけど、沢山の人に救われたこともわかってるから
常に感謝の気持ちも忘れない。

女性セブンで無限の命を与えられてしまったら
何歳の時を選ぶかっていうんで「50歳」と。
今までの経験値を持ちながら、そこそこ体も動けそうだから。
彼が過去にしがみついていない証拠。

20代、30代、40代じゃないんだよね。
過去を振り返らない木村拓哉らしいよ。

彼は確実に前に進んでいる

 

4日、5日とひとりで地元の映画館へ。。。

ひとりカフェ。
ひとりって結構好き。

『無限の住人』

GWだからか?両日とも熟年夫婦が多かった。
4日は斜め前に、小学生風の男の子がふたり。
えっと。。。ここはコナンじゃないよ?ワイスピじゃないよ?
間違えてないよね???と、すごく心配になってしまった
なんせPG12だし。。。R指定になるかと思ってたほどだし。

両隣は、熟年夫婦。
そんなに大きな箱ではないけど、満席でした。
MIYAVIの曲が終わり照明が付くまでほとんどの人が席に着いてた。
放心状態だった感じもするし、余韻を味わっていたのかもしれない。

昨日で4回見たけど、1回より2回目、2回より3回目。。。
見れば見るほど色々なことがわかってきて、より感情移入して
涙が出る。。。
冒頭のまだ不老不死な体になる前のモノクロの100人斬り見てると
涙が出るようになった。

妹の町が殺されてからの万次の闘いに涙が出てしまう
この時、足を怪我している時の撮影なんだよね。
そんなこと微塵も感じさせない。
このモノクロの100人斬りだけでこの映画成功だと言いたくなる。

カラーになって無限の命を持ってしまった万次の苦悩と痛みとの闘い。
目を覆う箇所が何度かあるけれど、ただ斬って斬って斬りまくるだけじゃなく
斬られた時の痛みをこれでもか、これでもかと感じる万次を演じる木村は
言葉では言い表せない程、素晴らしい!!!!!!!!

見てるこちらにも、その痛みは十分すぎるくらい感じるんだよ。

無限の命を持ち、死なないことが幸せではないんだと。
生きることって、苦しみながらも真っ当することなんだなって。
死が訪れることは不幸ではないんだとか、生と死について深く深く
考えるようになった。

ただただ凛を守るだけに闘ってきた万次。


ラストシーンの300人斬りで、流派なんて俺には関係ない!って
ただ凛を守る為に俺は凛より先には死ねないって。
その根底には、守れなかった妹・町の存在があるからだよね。

自分のそばから離れるな!と凛を守りながらの万次の闘いは
映画史上に残る名殺陣姿だと思う。

ラストシーンで回を重ねるごとに涙が溢れる。

エンディングのMIYAVIの曲が流れてる間は
涙をぬぐう時間なんだなって思った。

私の木村拓哉至上最高の映画となりました。

『無限の住人』劇場で見て下さい。

これは劇場で見るべき映画です。

見ないと後悔するから。

 

これから東京行きます。
今日は友達と一緒に見ます!

GW、私は映画館の住人です