すか~れっと・どり~む

同人サークル「すか~れっと・はうす」のAsidが管理するブログ跡地です。
続きはトップ記事リンクからどうぞ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メメタァ!!

2009-07-31 01:13:38 | ニコニコ動画
ウメハラがぁ!!! 捕まえてぇぇ!!!
ウメハラがぁ! 画面端ぃぃっ!!!!
バースト読んでえぇっ!!! まだ入るぅぅ!!
ウメハラがぁっ!!!! ……つっ近づいてぇっ!!!


ウメハラがぁ決めたぁぁーっ!!!!

そんな感じでウメハラすげえ。
最近MAD素材でウメハラ(本当はGGXXのウメハラVSししゃもの電波実況)がいきなり増えてきたよね。
上の赤字はその1番電波だった所。
電波ってこういうことだよねww
いい感じに吹っ飛んでる所が良いよねww
分かり易いようにMAD張る。



このMADのリズム感は凄いと思う。
もう何か謎の疾走感が凄過ぎるww
この疾走感はこの電波実況じゃないと成し得ないモノだよねww
それに何か上手いこと編集されてて、さらに面白くなってるww
そりゃ青梅食ったら腹も痛くなるよww
取り敢えず、結論は……。

ウメハラすげぇ

それにしても最近天気悪いよね~、東京。
正確には午前中晴れてたのに、午後になると雨降りだすとか。
本当にこれは止めてもらいたいよね。
傘持ってないのに降って来ると濡れて帰らないといけなくなるし。
雨で濡れるのは夏服の女子高生だけで十分だよ。
なぁ? 全国の男子高校生よ?

…………。

変な同意を求めてしまったww
まぁ、そのくらい傘がない時の雨が嫌だってことですね、はいww
取り敢えず、明日は雨が降らないで欲しいな。

































































そろそろ本気出す。作業的な意味で。
でもまともに動けるのは明後日からか……。
明後日は少し頑張り所だな、うん。
コメント (4)

決戦最終日

2009-07-30 02:08:23 | なんてことない日常
今日でテスト最終日!
今回は「ハードウェア基礎論」のテストがありました。
出来は上々。問題はないかと。
取り敢えず、テストが終わったんで一段落着いたって感じですね。

これから夏休みだ! イヤッホオオォォオオ!!
これで作業に集中出来るぜ!!
これからは細かい時間を見つけて色々作業していく予定。
取り敢えず、C76までにしないといけないことがあるんで。
情報はその内上げます。上手くいくといいなぁ……。

それにしても扇風機がないと、ここまで辛いのか……。
これじゃ快適に過ごせないよ……。
やっぱり湿度とかの問題なのか、はたまた風通しが良くないからなのか……。
その辺りは扇風機買えば一気に解決しそうだけどねww
作業能率も上がりそうだし、まさに一石二鳥。
お金が出来たら買いに行こうっと。

…………。

そういえば「The grimoire of Marisa」が発売されたんだっけ?

…………。

ま、まぁ、何とかなるよね?
そういえば「東方文化帖」も「東方求聞史記」も買ってないんだったっけ?
あと「東方三月精」の1巻と「東方儚月抄」の上・中巻も買ってないや。
さらに8月には色々と買ってるコミックス出るし……。
扇風機買えるか? オレ?
その辺りはお財布と相談しながらかな? あんまり無理すると生活が出来なくなるしww
……これからは金の管理もしっかりしていこう、うん。


































































次回予告
ウメハラが決めたああぁぁぁぁあああ!!!
コメント (3)

決戦4日目

2009-07-29 00:19:03 | なんてことない日常
そして訪れるテスト4日目。
今回は「記号論理学」のテストがありました。
出来はボチボチと言った所。問題はないでしょうね。
明日の準備もしたし、もう大丈夫かな? 足元すくわれるのが怖いけど……。
何とかはなると思うから、あんまり気にしてないけどねww
気を抜かずに最後まで頑張ろうと思います。

今日もカテゴリー「小説」に1つ追加しておきました。
そろそろ「イラストとか」に何か追加したいと思う、今日この頃。
落ち着いたら何か上げます。いつになるかは分かりませんが……。
そろそろ落ち着いて来るから少し時間が出来るかもね。
8月後半とか……。

そうそう、個人的にもやっと夏休みに入りますね。
世間一般的にはとっくの昔に夏休みですが……。
明日で大学のテストも終わりますし、理論上時間は出来る訳ですから。
あとは自分の動き方次第かな? 上手く動いて行こうと思います。
夏休みは有意義に過ごせればいいかな、うん。























































色々買いたいモノはあるけど、それは色々落ち着いてからにしよう。
じゃないと作業に手が付かなくなっちゃうからねww
コメント

Eine Geschichte von Nacht ~ある男の想い出~

2009-07-29 00:06:22 | 小説
【タイトル】Eine Geschichte von Nacht ~ある男の想い出~
【ジャンル】短編
【説明】
今回は純文学風に仕上げてみました。哀愁のある雰囲気が好きな人はどうぞ。

***************************************以下本文*************************************


 カフェオレとレアチーズケーキを目の前に私は1人座っている。
 今日は思っていたよりも肌寒い。いつもと同じと思っていた私は薄着をしている。冷えた体を温

める為に注文したカフェオレは既に体を温めることは出来なくなってしまった。何故温かい内に飲

まなかったのかは分からない。
 もしかしてそれは少しの期待と、少しの諦めがもたらした結果なのかもしれない。十六夜の月を

見上げ、冷えたカップを手に持つ。

 こうしてカフェオレを飲むのも幾日ぶりだろうか。この店のカフェオレは甘いことで有名だ。あ

の時も甘い甘いと話していた気がする。甘過ぎる物は好きではないと好きではないと2杯のカフェ

オレを飲まされた時のことが懐かしい。確かあの時も今日みたいな夜だったかもしれない。あの時

と違うのはそのカフェオレの温度くらいだろう。

 少し間違えてしまったかもしれない。ここのレアチーズケーキは思っていたよりも甘いのだった

。クランベリーのソースがさらに甘さを助長する。口の中に広がる甘さを中和してくれるはずの飲

み物も、今はその役割を果たさない。
 いつからだろうか。昔はこの甘みが嫌いではなかったのに。
 1切れのケーキがとても大量に思えてしまうのもそのせいなのだろうか。半分までは平気なのに

、それより後は口に運ぶ気が起きない。しかし私はその残り半分の甘味をカフェオレで流し込むよ

うに食べ切った。

 珍しいですね、とレシートとお釣りを手渡すウエイトレス。そんなことは無いと思うのだが、や

はり珍しいのかもしれないと思い直す。確かにそうかもしれない。今日の私の感じからすると、そ

う見えるのが自然だろう。そうかもしれないな、という一言と共にレシートを受け取り店を出る。
 今日は思っていたより肌寒い。十六夜の月光がそれをさらに引き立たせているようにも感じてし

まう。そんな冷たい夜道を私は独りきりで歩いている。金属製の時計は二つの針を西に向けている

。そちらを一瞬立ち止まって見た後、私は少し広くなった自宅へと帰って行った。

――終――
コメント

決戦3日目

2009-07-28 01:04:49 | なんてことない日常
今日はテスト3日目でした。
科目は「情報計測工学」。分かり易く言えば画像解析。
出来はボチボチかな? 結果が出ないと何とも言えないけど、問題はないだろうと。
明日の準備は出来たし、明日はもう問題ないかな。
後はテスト中に安定して問題を解いていけば問題なし。
何とかなりそうで良かった、良かった。

そういえばカテゴリー「小説」に今日も1つ追加しておきました。
ドラクエみたいなファンタジーが好きな人はどうぞm(_ _)m
定期連載でも始めてみようかな。週1で連載とかしたらコンテンツの充実にもなるし、実力向上とかにも繋がるし。
何より第3者の目に止まる訳だから、面白く書こうとするしね。
それで評価してもらえればモチベーションも上がるし。
意見が貰えたらそれを糧にして更なる向上に繋がる訳だし。
時間に余裕が出来始めたらやってみようかな。
今は色々と予定があるから無理だけど……。
その為のプロットを立ち上げておくのもアリかもね。
もしここで書けなくても、他の場所に生かせそうだし。
うん、プロットだけでも考えとこう。

もう7月も最終週になっちゃったんですよね~。
世間では(高校生以下に限るが)もう夏休みか……。
部活とか趣味に生が出る時期ですよね。
オレの夏休みは完全にそっちに流れそうですけどww
サークル活動とか、コミケとかww
出来れば画力上達とかもしたいところなんだけど、何処まで行くか分からないからなぁ……。
練習? 勿論やりますよ。やらないなんて言う訳ないじゃないですか。
てかやらないと本当に示しが付かない……。
このブログに来て下さる方々の為にも頑張っていこうと思います!
もはや何刀使いか分からなくなってきましたが、頑張っていこうと思いますww
夏休み中にDTMで何か1曲作れればいいなぁ……。
後半辺りに頑張ってみるか、うん。
曲のイメージは出来てないけど、それまでに出来てればいいからね。
それまでに色々と終わらせないといけないことは多いけどねww
今年の夏は退屈じゃなさそうだなww
























































退屈なのよりかは忙しい方がいいだろう。
その方が充実してるだろうしね。
コメント

Fantasy of section ~In the deep forest~

2009-07-28 00:47:42 | 小説
【タイトル】Fantasy of section ~In the deep forest~
【ジャンル】短編
【説明】
完全にファンタジー。ドラクエとか、テイルズとか、その手のファンタジーっぽく仕上がりました。今回もほのぼの系。動物と人の触れ合いが好きな方はどうぞ。

*******************************以下本文********************************


 深い森の中、1人の少年が歩いている。
 革のマントを羽織り腰には一振りの剣。どうやら冒険者のようだ。
「はぁ……。いつになったら抜け出せるのかな」
 木の根本に腰を下ろし、少年は溜め息を吐く。
 そこは少し拓けた場所で、鬱蒼とした森の中では唯一まともに光が入って来る場所だった。小さな泉も存在し、休憩するには持って来いの場所にも見える。その泉のすぐ横にある大樹に少年は身体を預けていた。
「ようやく半分って所か。まだまだ先は長いなぁ」
 太陽はほぼ真上にある。夕暮れまでには森の先にある街に辿り着けるだろう。少年はそんなことを考えつつ、剣とは逆方向の位置に着けた袋からパンを取り出した。
「食事は力の源。これからまた歩くんだ。何か食べとかないとな」
 パンを食べながら、少年は辺りを見渡す。すると何か小さいモノが動いていた。パンを持ったまま少年はそれに近付いて行く。
「むきゅー」
「何だリスか」
 小麦の香りを嗅ぎ付けたのか、そこには1匹のリスのような生き物がいた。
 大きさは猫くらいだが、見た目はリス。しかし、尾は2つに分かれている。少年はそれをリスと言ったが正確には違う。
「むきゅむきゅー」
「何? これが欲しいのか?」
 少年はパンを適当な大きさに千切ると、そのリスのような生き物に手渡した。それは少年を恐れることもなく、パンを受け取ると、パンを齧り始めた。
 少年もその横に座りパンを頬張る。
 日の光が泉に反射している様子を見ながら、少年とリスらしき生き物は無言で食事を続ける。そして1人と1匹の食事が終わった時、少年は口を開いた。
「ダーニフ。そうだな、お前の名前はダーニフだ」
 不思議そうな目で少年を見るリスのような生き物。それに微笑み返しながら少年は続ける。
「名前がないと呼びにくいしさ。名前を付けようと思ってね。それでお前の名前を考えてたんだけど……。ダーニフでどうかな?」
「むきゅー」
 コクリと頷くリスのような何かを見て、少年はさらに笑顔になった。
「そうか! じゃあ今度からお前の名前はダーニフだ!!」
 その後、1人と1匹は泉で水浴びをしたりして遊んだ。
「そろそろ行かないとな」
 太陽は真上を少し過ぎた頃だが、そろそろ出発しないと森を出る頃には真っ暗になってしまう。
「それじゃまたな、ダーニフ」
 少年はリスのような生き物、ダーニフに手を振り歩き始めた。
「むきゅー!!」
「うわっ!! いきなり何するだよ、ダーニフ」
 少年の肩に飛び乗るダーニフ。その黒い瞳はジッと少年を見つめている。
「もしかして……一緒に来たいのか?」
「むきゅー!」
 コクリと頷くダーニフ。そんなそれを見て少年は微笑んだ。
「そうか。なら一緒に行くか!!」
 少年とリスのような生き物は、一緒に森の中に入って行く。鬱蒼とした森には合わない楽しそうな声を響かせながら。

 太陽は真上を過ぎた頃。まだまだ先は長い。
 でも退屈はしないだろう。
 多分、今日はぐっすり眠れるに違いない。

終わり
コメント

何だこのミュージカルww

2009-07-27 02:25:00 | アニメ・漫画
かなめもの第4話見てたんだけどねww
今回のこれなんだよww
いきなりミュージカル始めちゃったよww
何か作画もいつもと違う感じがしたし、何があったんだろう?
第5話の為の時間作る為か?
次が皆でお風呂に行く回だからかな?

そこに力入れるつもりなのかな?

まぁ、どうでもいいやww
楽しかったしww
たまにはこんなカオスな回もいいかもねww

そういえばカテゴリー「小説」に新作上げときました。
時間に余裕のある方、興味のある方は、気だるい午後のティータイムのお供にどうぞm(_ _)m
今回は絵本チックにしてみました。
これはこれで面白いかも。
でもやっぱりいつも書いてるみたいな、普通の小説っぽい文章の方が書き易いかも。
まぁ、どっちも面白いと思うけどね。まず色が違うから比べにくいし。
今後も適当に上げて行こうと思います。

それにしても、もう月曜日か……。
時間が経つのは早いモノだ。
取り敢えず、夏休み前半の予定は立てたからある程度は柔軟に動けそう。
柔軟に動けるって言っても、ある程度限界があるけどね。
夏休み前半は色々と勝負所だし。
なんたって中盤にコミケがある訳だからね。
C76!! 今回第76回目なんですよね。
上海アリス幻樂団」さんも新作「東方星蓮船」出しますし、「黄昏フロンティア」さんも「東方非想天測」っていう本家公認の新作出すみたいですし。
やっぱり夏は熱いですね。
お蔭で財布の中身は極寒地帯になりそうですけど……。
楽しければいいかww
その為にも今を頑張ろう。
明日から3日続けてテストだ! まぁ、1日1教科だから問題ないだろう。
でも気合い入れて頑張るぞ!







































プールに落とされた時の代理の可愛さは異常ww
かわいいよ、濡れ幼女、かわいいよww
コメント

ある悪魔と少女の物語

2009-07-27 01:24:00 | 小説
【タイトル】ある悪魔と少女の物語
【ジャンル】絵本風
【説明】
ファンタジーを基本とした絵本風な話。ほのぼのとした作品に仕上がりました。
ファンタジーとか好きな人とか、絵本の文体が好きな人はどうぞ。

****************************************以下本文*************************************


 ここは天空の城。火の悪魔としてとても名高いルビカンテが住んでいます。
 ルビカンテはその恐ろしい容姿のせいで、村人から嫌われていました。
 でもルビカンテはそれをどうとも思っていませんでした。
 悪魔には心がないので、ルビカンテには寂しいという感情がなかったのです。

 ある時、ルビカンテの住む天空の城に1人の少女がやって来ました。
 ルビカンテの住む城は空中に浮いていますが、女の子は魔法使いだったので箒で空を飛んで来たようです。
 その日は急に雨が降り出したので、雨宿りに来たのでしょう。
 ルビカンテはいつもは人前に姿を現さないのですが、何故か女の子の前に出て行きたくなりました。
 ルビカンテが女の子の前に現れると、驚いた女の子は泣き出してしまいました。
 どうしていいか分からないルビカンテは自分の力を使ってみました。
 赤い炎、青い炎、緑の炎、紫の炎。
 それを見た女の子の顔にはさっきまでの雨模様ではなく、明るい晴れ模様が広がっていました。

 気付けば空もすっかり泣き止んでいました。
 女の子は箒に乗って帰って行きました。ルビカンテに手を振って。
 ルビカンテは女の子に手を振り返しながら、変な感覚に囚われていました。
 その感覚が何なのかは分かりませんでしたが、ルビカンテは満足していました。
 それが感情だということにルビカンテは気付きません。
 でも、ルビカンテは少しだけそれを感じることが出来たのかもしれません。
コメント

ここまでくれば才能の無駄遣いなのかも謎である

2009-07-26 01:23:44 | ニコニコ動画
取り敢えず、この動画を見てくれ。



昔、重さ20キロのガンランス作ってる人がいたけど、今度は打てるガンランス作る人が出るとはww
こうなったらもう才能の無駄遣いなのかどうかすら分からないww
取り敢えず、凄いのは分かるけどね。
3DCAD使ってあそこまで設計するのも凄いと思う。
才能って言うか技術の無駄遣いだよねww
こんなこと出来る人羨ましいよね。
このままボウガンとかも作ってくれたら面白いかもね。
打てるボウガン。ライトボウガンならいい感じに作れるかもね。
まぁ、オレには機材も技術もないから作れないけどね。
そういえば、このガンランス作った人とは違う人がボウガン作ってたような。
今度見てみるかな。

どうでもいいけど、ドット絵って作るの大変だよね。
何もない状態から作るのがこんなに辛いなんて……。
しかもクオリティーそこまで高くないし。
あーあ、これなら適当に描いた線画をスキャンして、それを元にして打つのが楽な気がしてきた。
クオリティーアップも色付けの仕方覚えたら何とかなりそうだし。
その辺りの勉強もしないとね。
取り敢えず、これは今の技術で何とかするしかないな。
これにまで手を出し始めたら、他のこと出来なくなるし。
上手い奴に任せるのが正解だね、うん。
取り敢えず、本職の方を頑張らないとね。

もう明日で休み終わりか。
取り敢えず、勉強はそこそこしてるし何とかなるか。
そろそろ夏休みの細かい予定決めないとな。
色々やりたいことあるから、やらないといけないことを8月中盤辺りで全部終わらせないとな。
うん、計画は大事。これを立てるのと立てないのでは、作業効率が全然変わって来るからね。
夏休みを制する者は受験を制す、とはよく言ったモノだよねww
まぁ、実際そうなんだけどね。
今年の受験生頑張れ~。夏は大事だぞ~。
少しくらいなら遊んでもいいけどねww













































え? オレの受験期の夏休み?
半分くらい遊んでた気がするww
まぁ、部活終わってたからやることないってのもあったんだけどねww
コメント (2)

決戦2日目

2009-07-25 01:55:11 | アニメ・漫画
そして訪れる山場2日目。
今日は「複素関数論」と「プログラミング言語論」の2教科がありましたね。
問題だと思っていたのは複素関数論。
でも何とかなった気がする。あくまで気がするなので確証はないけど。
プログラミング言語論は無難な感じ。問題はないかと。

よし! 何とか山場は越えた!
残り3つ! もう安心だ。
でも、ここで気を抜いたら負けなんだよね、足元すくわれて。
そうならないように程々に勉強しようと思います。


それにしてもCANNANのオープニングがヤバイ。
個人的に物凄くツボな曲。
アップテンポだし、強弱ハッキリしてるし、最後の盛り上がり方とかも勢いあるし。
ビートまりおさんのインストアレンジみたいな、最初から最後まで勢いがある曲もいいけど、こんな感じの曲もいいよね。
ビートまりおさんのアレンジで言えば「最速最高シャッターガール」かな。
CANNANのオープニング「mind as judgment」はもっと強弱がハッキリしてる気がするけど。
どっちもいい曲なんで機会があれば聞いてみて下さい。

よし、明日から休みだ。
取り敢えず、軽く作業始めるかな。
あくまで気晴らし程度だけどね。
最近は何か作ってる時が1番楽しいかも。特にデバッグとかしてる時が1番かな。
自分が作ったモノが動いてて、そのおかしい所を自分で探して、直す。
この作業が面白いんだよね。何か色々弄ってるって感じがして。
そのうちこのブログにも何かしらの情報が上がるかもね。
それに何か絵も描きたくなってきたし、文章も書きたくなってきたから安泰かも。
今思いついてるネタがなくなるまでは、この意欲はなくならないだろうね。
取り敢えず、これが8月終わりまで続くことを祈りつつ、明日も程々に作業しようと思います。





















































大体ゲームやってて気が付いたら2時間とか経ってるんだけどねww
コメント