松阪市市民活動センター・スタッフ日記

平成16年4月にオープンした松阪市市民活動センター(三重県)に勤務するスタッフの日記です。お気軽にご覧下さい。

りんてん機の故障の状況のお知らせm(_ _)m

2013-01-30 | Weblog
今回のりんてん機の故障にあたり、ご迷惑をおかけしています

月曜にメーカーさんに見てもらったところ、
部品の取り寄せにしばらく(今週いっぱい?)時間がかかるようです
みなさまにはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、
なおり次第、ブログで報告させていただきます

しばらくの間、
使用できるかどうか?については
センターに来ていただく前に
いちどお電話にてご確認ください

TEL:0598-26-0108


コメント

りんてん機の故障のお知らせ!

2013-01-26 | Weblog
ご迷惑をお掛けします

りんてん機が、現在使用できなくなりました!

土曜日のため、メーカーさんに連絡を取りましたが、すぐに来ていただく事が出来ません。
申し訳ございません

月曜日の夕方には来ていただけるそうですが、
修理内容によっては、部品などが必要となる場合がございますので、
センターに来ていただく前に、一度電話 にて
使用できるかどうか?
ご確認いただければ幸いです。

TEL:0598-26-0108






コメント

【三重県からのお知らせ】です

2013-01-22 | 事業コンペ・コンテスト
三重県NPO課から
災害時NPO活動支援事業 協定団体の募集のお知らせです。

三重県では、災害からの早期の復旧復興のため、本年度「三重県災害ボランティア支援 及び特定非営利活動促進基金」を設置しました。

この基金を活用して、三重県内で災害が発生したとき、迅速に被災地・被災者支援活動を行えるよう、NPO等と県が事前に協定を締結し、災害時には、県は速やかに協定締結団体へ資金支援を行います。

つきましては、大規模災害に備えて、日頃の活動を生かして被災地・被災者支援を行う協定団体を以下のとおり募集しています。

      記

1 事業名 
   災害時NPO活動支援事業(緊急支援活動)

2 対象団体  
   三重県内に活動拠点のあるNPO法人、公益法人等の民間  
   非営利団体で、被災地・被災者支援の活動実績、ノウハウのある団体等
   (法人格の有無は問いません)
3 対象となる活動
  三重県内が被災したときに実施する被災地、被災者にとって効果的な支援活動
  専門性を有し、住民同士の共助では対応が難しい活動 等
 (例)・外国人への多言語情報提供
    ・子どもの心のケア
    ・障がい者や介護が必要な方への生活支援、専門家派遣 など

4 対象経費 
  被災地・被災者支援に要する経費で、1団体上限120万円

5 事業計画提出期限 
  平成25年2月26日(火) ※事前に県の担当課と意見交換が必要です。

6 審査(公開プレゼンテーション)
  平成25年3月6日(水) ※基金運営委員会委員が審査に参加します。

7 説明会
  1月28日(月) 19時~   松阪市市民活動センター(松阪市日野町)
  2月1日(金)  13時半~ みえ県民交流センター(津市羽所町)
  2月4日(月)  19時~   県四日市庁舎第11会議室(四日市市新正4丁目)
 ※事前に申込をお願いします。

8 その他
  詳細は、下記のHPをご覧ください。
  募集要項・実施要領等 http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/2013010305.htm 
  基金等についてhttp://www.pref.mie.lg.jp/NPO/topics_news.htm
 
9 申込・問い合わせ先
  三重県環境生活部男女共同参画・NPO課NPOグループ 工藤 伊藤
  電話 059-222-5981  FAX 059-222-5984
コメント

センター アンケート集計

2013-01-22 | Weblog
いつも、当センターのご利用ありがとうございます

当センター施設の利用に関するアンケートを10/1~31日までの1ヶ月間実施しました。

ご利用の皆さんにご協力頂き、229人の皆さんからの回答を頂き
集計報告を「AROMA No.44」にて報告させていただきました

AROMA No.44はこちらから

現在、センターラウンジ奥にある「○○空間」に集計結果報告を展示しています。

施設運営の改善やサービスの向上を目指して、
皆さんのたくさんの意見を今後の施設管理・運営に活かしてまいります。

改めて、アンケートにご協力いただき感謝いたします。
ありがとうございました。





コメント

1月17日!

2013-01-17 | Weblog
今朝、スケジュール手帳を開いたら、

「冬土用・防災とボランティアの日」
と書かれていました。

阪神・淡路大震災が発生した日です。
寒い日で、まだ外は真っ暗で・・・
今でも、あの時のことやゆれる感じを覚えています。

18年もたったんだな~!

この災害でボランティアが活躍し、
1995年は日本の「ボランティア元年」といわれました。

震災を忘れることなく
自然災害による被害が相次ぐ今こそ、防災対策の意識をもっと高めて行きたいですね。









コメント