松阪市市民活動センター・スタッフ日記

平成16年4月にオープンした松阪市市民活動センター(三重県)に勤務するスタッフの日記です。お気軽にご覧下さい。

検証【ブログ強化月間】

2006-10-31 | Weblog

この画面の小さいカレンダーの色が
今月は月曜から土曜まできれいに変わっている。
1ヶ月間、スタッフ6人で交替に書き込んだ成果。

ブログの閲覧者数は先月比、    2.2倍増
ブログの閲覧PC台数は      2.4倍増
センターHPの閲覧数は      1.1倍増
センターHPの閲覧PC台数は   1.1倍増
松阪市市民活動情報サイトの閲覧数 1.2倍増

こんな数字をはじき出すと、
見に来てくれた人は思うかもしれない。
「なんだ、こんな数字をはじき出すのに
 付き合わされていたのか」

ありがた申し訳ないことに、
それは半分アタリで
半分ハズレです。

心からありがとう閲覧者の皆様。

9月、市民活動団体の広報力向上のために、
『ブログ活用セミナー』を行いました。
これを受けて、私たちセンタースタッフも
やってみようと始めたのが「ブログ強化月間」でした。

数字に表すと無味ですが、
「数字で測れない効果」の広がりもあったのです。
そこんとこ大切。

先月比、
少しづつ持ち寄って積み重なる情報量があり、
ブログに触らなかったスタッフが書き込むようになり、
ここから始まる会話があり、
スタッフ間のコミュニケーションの深まりがありました。

今後はまた、
「気軽に」更新していきます。
お付き合いくださいね。
                 TK
コメント

◆◆明日へ◆◆

2006-10-30 | Weblog
ジャーナリストのリンカーン・ステファンスは、こう言います。
「まだ何も完成していない。
 すべては、これから行われるのを待っているところだ。
 絵画の最高傑作は、まだ描かれていない。
 最も美しい歌は、まだ歌われていない。
 この世界のどこにも、完全な鉄道、優れた政府、
 賢明な法律は存在していない」

街はどうだろう…
市民活動はどうだろう…
自分自身はどうだろう…
と、想いをめぐらします。

完成されていないことを受け止めることができると、
厳しいご意見も
有難いお褒めも
素直に感謝できます。

感謝、感謝…

とある仲間に捧げます。
「やってもいないのに諦めるな!」
米山
コメント (4)

ブログ初心者の私が・・・

2006-10-28 | Weblog
ブログ推進月間 土曜日担当最後の書き込みM・Nです。
この1ヶ月間、週1回の担当で ブログ初心者の私が
出来るかな? 大丈夫かな? っと 
おっかなびっくり書き込みをしてきましたが、
思いのほか、簡単で楽しくさせてもらうことができました。

みなさんがブログにはまり、何時間もパソコンの前に
座っていると言うのも、わかる気がします。


 実は、担当の日にちが決められているということは、
初心者の私には、多少プレッシャーでもありましたが、
こんな事でもなければ、きっとやっていなかったと思います。
市民活動センターの、ブログ講座を受けて、得したなと思ったのは私だけでしょうか? 

まだまだ、写真の取り込みや 他にも、いろいろなことが出来ると
いうことなので、勉強しながら又このスタッフ日記に
ネタが、あるときには書き込んでいこうと思っております。

いずれは、自分だけのブログを、立ち上げるようになれる事が出来ればな~
と思っております。
 
 今日も、センター主催の広報力アップ講座がありました。
これも、いかにして自分の所属する団体を、より安価に効果的に告知し、
 新聞に活動記事が掲載されやすくなるコツ
 効果的なチラシ作りを、いかにしておこなうか
等のお話を聞かせていただきました。
センター主催の講座って、とても実践的ですよね。 
 (と、身内が自慢してるみたいですけど、本当にそう思っています。
 みなさんも、これからのセンター主催の講座のお知らせが、
 届きましたらぜひ参加をご一考くださいね。)

では又、ネタが見つかったときに書き込みします。では・・・
コメント (2)

真夜中に・・・。

2006-10-27 | Weblog
本日は、この季節に相応しく、身の毛もよだつ恐ろしいお話し。
相応しくないですか?
そうでもありませんよぉ~。
この時期だからこそ、皆さんにも降り掛かるやも知れぬ恐ろしい話しです。
ま、読んでみてください。
話しは昨日の深夜に遡ります。
草木も眠る丑三つ時。
パソコンを前にクシャミを連発。
ここ最近の寒暖の差に「こりゃ、そろそろ厚手の上着でも引っ張り出すか」とタンスの中をゴソゴソ。
適当な服を見つけて「おぉ、こんな服あったなぁ」と大きな独り言を言いながら袖を通したんです。
と、その時です。
フローリングの床に、ズシッと音をたてて落ちる、やや大きめの木片のような物体。
床の色と同化しそうなほど暗い色合いと、にぶい艶のあるその木片は、長い眠りから覚めたかのようにグネグネと動き出したのです。
全長10cm以上はあろう、その木片の正体は・・・。
「ムカデ」
漢字で表すと、実際に百本の足があるのか数えたことはありませんが「百足」です。
深夜にも関わらず、またも大きな独り言。
と、言うより今度は「○×◇~△♯!!」と言葉にならぬ叫び声を上げました。
袖を通した時、床に落ちたから良かったものの、そのまま袖の中でグネグネされてたらと思うと・・・。
考えるだけで、背中に冷たい物が走ります。
無益な殺生とわかっていても、さすがに今回の衝動には勝てませんでした。
あえなくペシャンコになったムカデを眺め、荒げた息を整えつつ合唱。
迷わず成仏しちまえこんちきしょー!
深夜に繰り広げられた、壮絶な戦い(一方的な攻撃でしたけど)を終え、
一息つきながら、またパソコンに向かいました。
しかし、この時私はまだ気付いてなかったのです。
ムカデは対でいるんですよね?
と、いうことは・・・・・・・。 コワイですねぇ。オソロシイですねぇ。
皆さんも気をつけてください。
ほら、あなたのタンスに眠る、お気に入りの洋服にも・・・。
普段見慣れない、恐ろしい生物が潜んでいるかもしれませんよぉ~ ウッヒッヒッヒ。

深夜、一人でこんな目に遭ったのが相当嫌だったTSことサワヤンでした。


コメント

■おっちゃん・・・でも(ジェネレーションギャップ無しと思いたい)■

2006-10-26 | Weblog
あと2ヶ月後にはよく耳にするであろう言葉・・・『あけおめ』『ことよろ』
年の始まりなんやから省略せんと全部言おうやと思ってしまう。。

昨夜も親子程歳の違う友達とかっぱ寿司で何時間か熱いトークを
繰り広げてしまったのだが・・・。

「福井さん。この先生のレッスンはめっちゃ『むずい』ですよ」

「へー??どんなところが『むずかしいの?』」

「めっちゃスパルタで、しかも複雑なんで『むずい』んです」

「そんな『むずかしい』レッスン、俺受けられるんかな??」

『むずい』の発言がある度に
『背中がカユイのか??いやいや・・そうではない。。』と思い
「俺は『むずかしい』で言い通すぞ」という硬い意志のもと
会話は途絶えることなく夜更けまで続いたのでした。。

それでも会話ははずむのだよ!!

木曜日の男。福井でした。
本日は一日出張で少し疲れました


コメント (1)