54のパラレルワールド

Photon's parallel world~光子の世界はパラレルだ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タイムマシンにおねがい

2007年01月31日 | ハコ
もう今日になってしまったお!
1月末日だお!
いつの間にか2007年になったと思たらもう一月が終わってしまうお!
時の流れ早い時の流れ早いヤバスヤバス

卒論書いてたら夜になってしまったお!
時間カムバック!
タイムマシンがあったら小学生の自分にいっぱいの本を読め!と言ってやりたいおす

でもそれで本当に性格が変わってしまったら今の私はいなくなってしまうのか??
ってそんなこと考えとるばあいじゃな~い!!

明日寝坊したらテラヤバス!
いや、もう今日か?
今日の朝寝坊したらテラヤバス!

というわけでもう寝たい。
だけど腹減ってるからなんか喰って寝たい。
喰って寝たい喰って寝たい喰って寝たい。

しょこたん風のテンションに無理があると思う人、は~い。。

締め切りがあるとつらい。
でも、
締め切りがないと書けない。

あ~あ。。
コメント

スクラッチ

2007年01月26日 | フリージャム
『はじまり』と書いて<アダムとイヴ>と読め。

氷室京介は最強にROCKだぜ!
IN THE MOOD
ということで、カエラちゃんのニューアルバムがとっても楽しみです。え?

この世に勝ち組と負け組がいるとすれば、それは金に負けた者と勝った者だ。
つまり、金の誘惑に負けた者と負けなかった者だ。

「あるある」が打ち切りになったそうで。
バラエティ番組なんだからデータを捏造したっていいじゃないか。
「いくら食べてもやせないから変だと思ったんですよね~」
その発言は本気なのかネタなのか文字からは判断できませんが、
食べたら太る
当たり前じゃないのか。

われわれは神を創造したのですよ。「納豆」という神を。
人々はその納豆神を信奉する。
「納豆を食べたらやせる」教が生まれる。
これは宗教なんだ。
人は何かを信じることで安心する。
信じるものが無いと人は不安を感じる。
われわれは納豆神を創造して人々に安息を与えたのです。
神の正体を暴くなど、人間の分際で、何様のつもりだろうか?

真鍋先輩がブログに書いてたけど、今だからこそ納豆を食べるべきですね。
生産過多になってるわけだから、買わないと廃棄することになってしまう。
それはMottainaiですから。
小売店が激安納豆セールをやってもらえるとうれしい。

「がくえんゆーとぴあ」がとってもいいアニメです。
主人公の真っ直ぐでピュアでがんばり屋な性格がステキ。
「フルーツバスケット」のとおる君を思い出させます(声が堀江由衣だからか?)
こういうハートフルなアニメが今の社会には必要なのだ。
荒れた子どもたちの心を教育する強力なツールとしてアニメがあると僕は思います。
なぜこれを深夜に放送するのか?理解に苦しみます。
ゴールデンタイムでやっているのは、海賊や死神や忍者が殺し合いをするような暴力アニメばかりでねえか!

アダムとイヴと嫁。。

昨年末に録っていた「有頂天ホテル」を今頃になって見たから、気分はお正月気分だよ。おい!

まったく時間ていうのは同時に複数存在するからよくわからんね。
俺にとっては過去、君にとっては現在。
過去が未来に影響を与えたり、未来が現在に飛んできたり。

多世界だねえ。。
コメント

売り切れた納豆

2007年01月12日 | フリージャム
まったくいいかげんにしてほしいぜ!
納豆はダイエットにいいらしい。それをテレビでやった。そしたら急に納豆が売れて売れて売り切れた。
納豆は急にやせる食べ物に変化したのか?
いや、何も変わらない。はるか昔からずーっと納豆は変わらない。
天才バカボン?だっけ、イサフラボンか?
納豆は日本が生み出した文化の極みだね。

俺は朝食は納豆でいただいていたのだ。はるか昔からな。
その伝統がテレビ信者ダイエット信者たちによって崩されたのだ!
ブリティッシュ・インベイション、ビートルズが武道館でコウルサイオンガクをやったように。

納豆。小粒の豆、そこからのびるネバネバした糸。
粒でありつつ、連続している。複数あるようでいて一つとして存在する。
ネットで連結されている。
それはまるで脳みそ。
点から点へとイマジネーションが伝播する。その粘性。
練れば練るほど、ネットは強度を増し、点と点は強く結びつく。

私は脳みそを食べていたのだ。イマジネーションを食べていたのだ。
納豆が売り切れた今、俺はどうすりゃいいんだい?

そこには豆腐があった。白い豆腐。
そうか、豆腐か!同じ大豆じゃないか!
私は伝統の納豆を捨て、豆腐を手にした。
朝食は麻婆豆腐。中国4000年の歴史を召し上がる。

納豆と豆腐がおなじ大豆だと信じられるかい?
粒子と粒子がネットで連結された納豆、うってかわって豆腐はなめらかにすべてが連続している。
パックに入れられた豆腐は四角い形をしているが、豆腐の本質は無限であろう。可能な限り無限に白い空間に広がっていくだろう。豆腐世界。上も下もないすべて真っ白ななめらかな豆腐空間。

脳みそはだから変化しうる。
納豆から豆腐へと。粒子とネットの存在から無限になめらかな存在へと。
そして豆乳である。大豆の究極形態。
私の脳みそは液状化し、豆乳となって放出される。白い涙となって。
私は白い涙をコップに集める。
その水面にはイマジネーションが現れる。
忘れかけていた記憶がよみがえる。あいまいだった記憶が補完される。
私はそのイマジネーションを飲み干す。
するとさらに醗酵したイマジネーションが生まれてくる。
頭で考えているのではない。腹で考えているのだ。
胃の中でイマジネーションが熟してゆく。白い涙が醗酵してゆく。
そしてストーリーが吐き出される。
腸を通り抜け、肛門から。
私はそれをクソストーリーと名づけよう。

世界は茶色でできている。。

「diet」は「食事」の意。
つまり「ダイエットする」は本当は「食事をする」と訳されなければならないのだが、、

それをYOUなら、「ROCKする」は「岩する」だぜ?
イギリス英語があり、アメリカ英語があり、日本英語がある。
特に、ジャパンはハイブリットなカルチュアーだね。。
コメント (3)   トラックバック (1)

僕らの知らないところで

2007年01月09日 | クリエイティブな思考への挑戦
少年は働いている。12歳ながら、大手のパン工場で働いている。
未成年の深夜労働は法律で禁じられているが、工場長は少年の家庭の事情を考慮して少年が働くことを黙認していた。
少年の父親はタクシードライバーだった。
タクシー業界の大不況の影響でもともと稼ぎが悪かったのだが、数ヶ月前の事故でその父親は全身不随になってしまった。
母親はパン工場で働いていた。少年がパン工場で働けたのは、母親のはからいがあってのことだった。
事故以来母親は父親の看病と深夜のバイトで心身ともに疲れ果てていた。
少年はそんな母親を見て、自分が働かなければ、と思ったのだった。

少年は中学生になる。
父親の体は一生動かない。しかし意識は鮮明である。それが逆に父親を苦しめるのだが。
母親のバイトは日勤になった。体調を崩すことが多くなったからだ。
夜勤は体に負担がかかる、少年は母親を気遣った。
少年はだから、週に五日深夜バイトをすることになる。
学校にも休まずに通っている。成績は当然悪い。
授業の大半は眠ってしまう。授業内容などまるで入ってこない。
夢の中で見るのはバイト作業のことだった。小麦粉1kg、グラニュー糖100g、イースト20g、、、。
クラスメイトは少年をいじめる。頭悪いなお前、眠ってばっかりじゃないか。
先生にも同様の指摘を受ける。
少年は思う、なんで自分だけこんな目に合わなければならないのだろうか。
しかし父親を恨むことはできなかった。全身ぐったりとしたまるっきり不自由な父親を責めることなどできるはずもなかった。

少年は高校生になる。いや、高校生の年齢になる。高校には進学しなかった。
少年はパン工場で働きはじめて数年になっている。
バイトの人間は次々と入れ替わる。少年だけはずっと働き続けている。
18歳にも満たない少年は、しかし仕事に関しては先輩格であった。
パン生地の生成から成形、焼き加減から包装にいたるまで、パン工場で行われるほとんどの作業に通じていた。
少年の若い頭脳はあらゆるものを吸収していたのだった。
18歳になるやいなや少年は、いや青年は洋菓子課のチーフを任されることになる。
たまたまそこに空きが出たからだったが、青年は歓喜する。洋菓子、ケーキだ。
青年はケーキをつくる。週に五日、何千何万のケーキをつくる。
母親はすでにバイトをやめている。青年は十分に家族を養えるようになっている。
19歳、青年は新作ケーキの開発に携わっている。工場での長年の経験を活かして、新しいケーキを開発する。
目にしてきた数多のケーキ、作業工程のことまで考えた、洗練されたケーキデザイン。青年はパン工場の中枢にいる。
青年が開発したケーキは売れる。大いに売れる。
青年の評価は上がる。ケーキ以外の開発にも抜擢される。
青年はパン作りのプロになっている。パン工場の、いやこの大手製パン会社の中心人物になっている。

さて、青年のかつてのクラスメイトたちは、まだ勉強している。
大学で、あるいは塾で勉強している。
青年を、いやかつての少年を見下していた連中は今なお勉強している。
なんのための勉強なのかも理解せずに、ただただ勉強している。
そうしてさえいれば未来は開けると思っている。
青年はそんな世界のことなど知らない。勉強のことなどまるでわからない。
しかし青年は君臨している。若くして、パン業界の中心人物となっているのである。青年が生み出したパンは日本中で、いや世界レベルで食されている。
パン工場で育てられた少年は、いまや世界中にパンを生み出す青年となっているのである。
大学の講義を聞きながら新作のパンをかじるかつてのクラスメイトはそんなことかけらも知らない。

魔法は僕らの知らないところで起こっている。。
コメント

ピーターパン少年の成長

2007年01月09日 | クリエイティブな思考への挑戦
むか~しむかし、といってもほんの2,3年前の話。
日本の東京都にピーターパンという少年がいました。

ピーターパンは大学四年生でもうすぐ卒業というところでした。
でも”少年”なのです。心の弱い、弱い少年だったのです。
少年にも夢がありました。
サッカー選手になりたかった。しかし自分のあまりの体力のなさに挫折してしまいました。
ミュージシャンになりたかった。しかし自分のあまりの歌唱力のなさに挫折してしまいました。
物理学者になりたかった。しかし量子力学の高度な領域を理解できなくて挫折しました。
ピーターパンはたくさんの夢を見ましたが、たくさんの挫折を繰り返したのち、夢を亡くしてしまいました。
無気力になった少年は就職先も決まらず、この春からニート決定なのでした。

そんなある日、ピーターパンの身に異変が起こります。
いつものように無気力なピーターパンは、たまった食器を見て、皿洗いいやだな、今日はやめよう、と思いました。
するとピーターパンの上半身が膨らんで一回り大きくなったのです。少年はそのときはあまり気にも止めませんでした。
次にピーターパンはたまったレポートを見て、レポートなんて書けないよ、もういやだ、と思いました。
するとピーターパンの上半身は膨張してまた一回り大きくなったのです。少年は少し驚きましたが、気にしませんでした。
ピーターパンはその後も、卒業研究いやだな、授業に出るのいやだな、起きるのいやだな、生きてるのいやだな、と思いました。
すると、そのたびに上半身が膨れ上がっていくのでした。
そしてついに、大きく重くなりすぎた上半身を支えられなくなって、ピーターパンの足が崩れ落ちました。
そして少年は身動き取れなくなったのです。
ピーターパンは思いました。動けない、動けない、こんなのいやだ、こんなのいやだ!

するとそこへ妖精があらわれました。
「どうしたの、少年?」
「身動き取れなくなってしまったのです」
「でも、これはあなたが望んだことなのよ。あれもいやだ、これもいやだとあなたが思ったから、なにもできないようになってしまった。これはあなたが望んだことなの」
「そんな、いやだよ、動けないなんていやだよ!こんなこと、望んでなんかないよ。」
「助かる方法がひとつだけあるわ。あれがしたい、これがしたいと思うのよ。そうすれば、あなたの上半身はどんどん縮んでいくわ。そして元通りになる。」
ピーターパンはいろいろなことを思いました。
「おいしいものをたらふく食べたい!お金持ちになりたい!有名人になりたい!おもしろい話ができるようになりたい!スポーツ万能になりたい!頭がよくなりたい!たくさんの女の子と寝たい!」
少年の上半身はどんどん縮んでいって、すっかり元通りになりました。
「これであなたはもう大丈夫。いやだいやだとばかり言ってないで、これからはあれもこれもやりたいと思って、いろんなことをやりなさい、挑戦しなさい。世の中にはおもしろいことが山ほどあるんだから」
青年は言いました。
「妖精さん、早速ですが、今晩どうですか?」
コメント

心霊現象2007

2007年01月06日 | フリージャム
え~、今日のテーマは「心霊現象2007」ということで、お送りしていきたいなと思います。
みのさん、、あ、いや、みなさんは幽霊を信じますか?
私は人間でさえ信じられません。

正月はなにをして過ごしていますか?
私は部屋に引きこもっております。寝正月。
やりたくてやってるわけじゃないんですよ。
部屋のドアが壊れて開かなくなりまして、外に出たくても出られないのです。
正月早々監獄ROCKです。
ロックンロールはいいですね。リリンが生み出した文化の極みだ。
買ったはいいが、ほとんど聴いていないCDがたくさんあったので聴いてみた。
ヴィンス・ニール「エクスポーズド+2
モトリー・クルーのヴォーカル、ヴィンス・ニールが解雇されて発表したソロアルバム。めちゃくちゃよかったです。モトリークルー以上にいいかもしれない。やっぱりヴィンスニールの声がすばらしいのですな。ダム・ヤンキーズのジャック・ブレイズが参加している曲とか最高。

ところで、「解雇」って日本では「クビになる」と表現するけど、アメリカでは「get fired」って表現しますよね。日本は刀の文化で、アメリカは銃火器の文化なのだなと思います。
だけどアメリカでは「殺す」ことを「斬る」っていうんですよね。

部屋に閉じ込められて数日間。時間が喪失している。今が昼なのか夜なのか、今日は何日なのか。
人工の太陽が閉鎖された世界を照らし、人工の海が波の音を聞かせる。
私はただ一人、その世界に生きている。原始の地球のレプリカ。私は最初の人間アダムを演じている。
アダムは一人だった。一人の人間からどうやって子孫が生まれていったのか?
我々はアダムのオナニーから生まれたのだ。
自分の肋骨を取り出して、それを「イヴ」と名づけた女性だと夢想して、夢精する。そして人間は生まれた。
アダムの罪よ!

私は本を読んでいた。本を読んで、寝た。読んで寝る、読んで寝る、読んで寝る、、その繰り返し。
多くの言葉を取り込んだ脳は眠りを欲する。だから私は読んで眠る。その間隔は短い。2時間だったり、30分だったり。
眠りは時間感覚を失わせる。私は何時にいるのか、何日にいるのかわからなくなる。
だが、時間などどうでもよい。地球規模のグローバルな世界において、時間などなんの意味を持つ?インターネットに流れる時間は、常に24時間のいずれもが存在する。
そもそも、想像力の空間に時間は必要ない。必要なのはファンタジーだ。
言葉を取り込んだ脳は、眠りによって言葉を、物語を切り刻み、再構成して、吐き出そうとする。脳の中はイマジネーションに溢れている。
私はイメージを紙に書き付ける。何次なのかわからない時空の狭間で、私は言葉を書き付ける。部屋の中は言葉で埋め尽くされた紙でいっぱいになっている。そこには宇宙がある。私の内部から吐き出された私だけの宇宙が。
一度吐き出した言葉を脳は覚えていない。なぜならば次から次へと新しい言葉が飛び込んでくるからだ。私は本を読み続けている。そして眠り続けている。そして書き続けている。それが延々と繰り返されている。サークル。しかし二度と同じ場所には戻ってこない。らせん構造。確実に上昇している。イマジネーションは飛躍を続けている。私はどこまで行くのだろうか?

ヘヴン。

天国のイメージ。「心霊現象2007」ということでお送りしてきましたが、私が幽霊なのか、それとも幽霊が私なのか。イマジネーションは幻覚を見せつける。本は確実にドラッグになりうる。らりる。天国のイメージ。どこまでが現実で、どこまでが夢で、どこまでがイマジネーションなのか。
いや、この世の中にイマジネーション以外のものがあるか?
私は部屋の中に宇宙を創り上げた。私は神様以外の何者でもない。
私は6日間をかけて、この宇宙を完全なるものに仕上げなければならない。

俺は誰だ??

あいかわらず、松本人志のイマジネーションには感服いたします。。
コメント

あけましておぼろげです。。

2007年01月01日 | ハコ
2007年を今年はTOKYOで迎えた。
代々木では万単位の人間が15秒前からカウントダウンをしていた。
15,14,,,,,3,2,1,ゼロー!!
そのとき私は、イギリス標準時はまだ31日の15時じゃねーか!と思っていた。
ああ!時間とは何なのだろう!!

2時30分、JRはまだ運行している。しかし東横線は眠っている。
原宿をブラることにした。
表参道は眠っていなかった。
道路沿いに並ぶ屋台の列。屋台沿いに並ぶ人の列。
祭りだ!
しかし、闇に浮かぶその光の列、その光景は幽霊の街に思えた。
なんて非現実的!
だって今は2006年と2007年の狭間の亜空間なんだ!

ところで今2007年は地球のどこまで行った?

原宿には明治神宮があった。ブラることにした。私は仏教徒ではない。
オレンジ色の灯に淡く照らし出された道を、無数の人が歩いてゆく。
ぞろぞろぞろぞろ、列を乱さずに。
なんて統制された行進!宗教の力!
眠っていない私の脳みそ、ぞろぞろ続く単調な行進、砂利道を歩くたびに起こるじゃりじゃりという音。オレンジ色の淡い光。この雰囲気。
私は死者の列にいるのではないかと思った。
この先には三途の川があるんだろう。
いや、この人の流れこそが三途の川なのか。
しかしその先にあったのは巨大スクリーンだった。
なんたる時代錯誤!ああ!科学は宗教だった!
そしてその先で人々は金を投げるのだ。
金をよこせ、さすれば願いを叶えよう。
宗教の力!
いや、資本主義が宗教さえも食ってしまった!!
私は最前列付近に落ちていた100円玉をいくつか拾った。
ああ神よ、私の願いはいきなり叶えられた。
私の願いは金をくれだった。

2006年は今どこにいるのだろう。
日付変更線のその境界では、そこを泳ぐ魚は。
海流に流されるたびに、あるいは自力で泳ぐたびに、
2006年と2007年を行ったり来たりするのだろうか?
ああ!時間とは何なのだろう!!

東京には腐るほど人間がうじゃうじゃいたが、横浜は死んでいた。
おそらく北海道はもっと死んでいるだろう。
都市とは何なのだろう?人間は磁石なのか?
クソ寒いからそそくさと家に帰る。
ドアを開ける。そして思う。
大掃除の済んでいないこの部屋はまだ12月31日のままだ。
時計は6時示していた。イギリスはまだ21時なんだ。

ところで、宇宙に時差があるとすれば、宇宙標準時で今は何年なのだろうか??

はじめまして宇宙人さん、ところで今は何年なんだい?
コメント (3)