四谷三丁目すし処のがみ・毎日のおしながき  

新子(シンコ)は静岡舞阪、熊本天草、千葉船橋(江戸前)から入ります。

第一日曜日は定休日となっております

2018-07-01 01:47:43 | 夏至・菖蒲華あやめはなさく

京しば漬け巻、さっぱりといかがでしょうか。
野上啓三インスタグラム、←こちらに変更しました。
sushi43nogami
すべての魚・貝、天然ものです
。 





おかみノート 『回転寿司』



勤めていたビルの二軒となりには回転寿司があった。

寿司が大好きな私は、お昼になるとお財布とハンカチを掴み

回転寿司屋さんの自動ドアをくぐった。

月曜日、同じ課のAさんとBさんと。

火曜日、同期のCちゃんとDちゃんと。

水曜日、一人で。

木曜日、回転寿司には行かず、会社の社員食堂。

金曜日、また同じ課のAさんと。

・・・といった具合に、ほぼ毎日という週もあった。

「カメ、ほんまに寿司好っきやなぁ」

「お寿司屋さんと結婚したのにまだ回転寿司食べてんの?」

「えっ?今週ほとんど回転寿司!?飽きないの?」

・・・といった具合に、かなり気味悪がられていた。

でも、回転寿司はいいのだ。

好きなものを、好きなだけ、手早く食べられて値段も手ごろ。

私は大好きだ。

寿司屋を始めてからというもの、ほとんど行く機会がない。

主人は行かないので、私が一人で食事をするチャンスに

こっそり行く。しかも店の向かいの回転寿司にはさすがに

行きにくいので、原宿とか、新宿とか、四谷三丁目から少し

距離を置いたところに行く。


「週に三~四回という記録を更に伸ばしたい」と野望に燃えて

いた時期があった。

週に数回なら会社にいくらでも行っている人がいる。

私は“回転寿司に行く回数”で抜きん出てみたかった。

「おぉっ、すげぇな・・」 とか、言われてみたかった。

ある週、月曜から木曜まで途切れずに連続で食べに行けた

ことがあった。 金曜日も行けばパーフェクトだ。

記録更新を控えた11時55分頃「さぁ食べに行きましょう」と

思った途端、吐き気を催した。

気持ちは行きたいのだけれど身体が受けつけない。

好きな気持ちにブレーキが利かなくてやり過ぎてキライになって

しまうのだ。 いつもの悪いクセが出た。

私はエレベーター前で立ち止まって考えた。

無理矢理行って“記録は残るけれどキライになる”より、

回転寿司を好きなままでいたかった。

その日は喫茶店でナポリタンを食べた。



わたしにとって回転寿司は大切なものだ。

江戸前の、立ちの寿司屋をやっているからといって

もういいとか、そういうことじゃない。

小学校三年生の時、千葉のショッピングセンター内に出来た

『元禄寿司』に連れていってもらって以来

あの回るお皿の前に座ると楽しい気持ちになる。

なんと言っても社会人になって自分の采配で自由に

寿司を食べられるようになった第一歩なのだから。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



1dayアーカイブ 2017年~2001年 7月1日のおしながき[2017年]
[2016年]毎週日曜日(第1週目を除く)11:30~17:30お子様をお連れのお客様と、大人のお客様とが
一緒にお越しいただける日にいたしました。03-3356-0170[2015年]ご予約:ご来店前にTEL頂けるとありがたいです 03-3356-0170 営業時間 火~土17:30~23:30  11:30~17:30 定休日 毎週曜+第1週目の曜日



008009
007

[2014年]しんこ



今日は天草です。出始めは静岡・舞阪(まいさか)、⇒熊本・天草(あまくさ)、⇒愛知・三谷(みや)⇒江戸前 千葉・船橋(ふなばし)と産地が移っていきます。



今、築地佐渡  赤身  なう



001_2[2013年]七月は “これが入りました!” とお伝えできるすしだねが多い月かもしれません。まず7/8~7/11あたりで新秋刀魚、7月中旬にマスコ(鱒子)、7月下旬に生イクラ(鮭子)。そして何より、スミイカの子どもの新イカ(=子イカ)が7月のどこかで登場します。コハダの小さいもの=シンコ(新子)は6月に入った静岡・舞阪(まいさか)から、九州→愛知→江戸前へと7月から9月にかけてうつっていきます。⇒『築地365』  ※『いま、築地』をまとめました。



005_2







[2012年]コハダは大きくなるにつれ呼び名が変わり、



シンコ→コハダ→ナカズミ→コノシロ



となります。



これは最近のネタケースで、シンコ・コハダ・ナカズミが並んでいます。



コノシロは主人は一度も仕入れたことがないそうです。









006



[2011年]



今日は佐島のタコを煮ます。(足のみ)



⇒『いま、築地』





001



[2010年]



主人は言います。「夏が旬のあじは、いよいよ脂が乗ってきた」と。



⇒『いま、築地』



002



Photo[2009年]



北海道・熊石(くまいし)と千葉・富津(ふっつ)のこばしら、食べくらべてみてください。カツオは昨日は背の部分でしたが、本日は腹側が入荷しました。



Photo_2

















007_2[2008年]



ここ数年のトリ貝(国産)入荷の動きを毎年追ってみると、だいたい1月下旬くらいから7月の中ごろ…延びても8月くらいで終了するような感じでした。今年の始まりは遅く、当店で仕入れ始めたのは3月29日でした。昨年の終わりを調べてみると、7月14日まではコンスタントに置いている状態で、そこから二週間はまったく無く、8月1日に一度入ってシーズンが終了という結果でした。今年はスタートが遅かったのでいつ頃終わりになるか予想がつきにくいのですが、そろそろなごりといった感じでしょうか。今日もいいトリ貝が入りました。



お通しは姫サザエです。殻からはずして空いた貝殻にワカメを詰め、身は食べやすいようにいつくかに切ってそのワカメの上に。サザエのエキスが溶け込んだ煮汁を匙で何度もかければ貝底のワカメが浸っておいしくなります。008



014











015















014_2









014_3









033











ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月30日(土) | トップ | 月曜日は定休日となっております »
最近の画像もっと見る

夏至・菖蒲華あやめはなさく」カテゴリの最新記事