Kei's Yoga

呼吸を味わって
アサナにくつろいで
センターに戻ろう
内なる月を満たす「陰ヨガ」プライベートレッスン

チッタ・ブリッティ・ニローダハ

2017-02-19 22:33:43 | ヨガなお話
毎月、第三金曜日夜、関内にて、
「ヨーガ・スートラ勉強会」を開催しています。



ヨーガ・スートラとは
2世紀~4世紀頃にパタンジャリによって編集されたヨーガの根本経典です。

スートラとは「糸」という意味を持つ言葉です。
選び抜かれた言葉が、短いセンテンスに凝縮され
糸のように紡がれて構成されている書です。

第1章 サマーディ・パダ(三昧部門)
第2章 サーダナ・パダ(実修部門)
第3章 ヴィブーティ・パダ(成就部門)
第4章 カイヴァリヤ・パダ(絶対部門)

…と、4章195のスートラで構成されています。

今、ヨーガ・スートラの翻訳本は多数出版されていますね。


私がヨーガ・スートラを手にしたのは
今から25年ほど前のこと。(ふた昔…?汗)
その当時はヨーガ・スートラの翻訳本といえば
佐保田鶴治先生の、「ヨーガ根本経典」だけだったんじゃなかったかな。
佐保田先生は、インド人でも難解なこのスートラのサンスクリット語を
厳密に翻訳されていらっしゃいます。
日本語として難解なところもあるのですが
今開催している勉強会では、この佐保田先生の翻訳を軸にすすめています。
(どうしても分かりにくいときは他の訳も使用しますが。)
この勉強会ではサンスクリット語までは追求していませんが(断片的には取り上げますが)
佐保田先生の翻訳は、原文のサンスクリット語に忠実で、
古語であるところの原文の雰囲気を、十分に感じることができるかと思います。


ヨーガ・スートラはここからはじまります。

1-1「これより、ヨーガを解説しよう」

ふむ。。。
で。次です。

1-2 Yogas Chitta Vritti Nirodhahヨーガシ チッタ ブリッティ ニローダハ
「ヨーガとは心のはたらきを止滅することである。」







以上おわり。







…なんちゃって。


実はこの1-2「ヨーガとは心のはたらきを止滅することである。」
にこのヨーガ・スートラの全文章が詰まっているといっても過言ではありません。
真の叡智に満ちている人であれば
この文章を読んだだけで全てを理解する…とのこと。

そそそーなのか。

チッタとはこころ。
ブリッティとは、はたらき。
ニローダは止滅です。

では、チッタとは何なのでしょうか。
こころ…といっても漠然としていますね。
ハート?マインド?意識? 
はい。すべてがこのひと言であらわされています。
ウパニシャッドにおいては
ブッディ、マナス・アハンカーラ、チッタ(記憶)…などと分析されていた要素が
ここではすべて「チッタ」と総称されています。
もちろん、ここにはあらゆるカルマによって派生するサムスカーラ…
つまり潜在印象や過去世から無意識に刻まれた記憶までも含まれます。

そして、次のスートラ1-3より
チッタについて、分析解説されて行きます。

スートラを前にして
この超クールな文章を読んで行くと…
サマーディ・パダという三昧(瞑想)部門の書は
心の分析書だということがわかります。
心理学であり、科学であることがわかります。

ヨーガ・スートラの第1章では
徹底的に「チッタ」を分解し、観察しているのです。

て・っ・て・い・て・き にです(汗。

難解なところもあるので
途中投げ出したくなっちゃうこともあるんですけど
それでも、逃げずにじっくりと向かいあっていくと
だんだん見えてきます。
「チッタ・ブリッティ(こころのはたらき)」を「ニローダ(止滅)」することの意味。
その圧倒的なまでの結論に、先日の勉強会でもさまざまな感想が飛び交いました。

普段の私たちの心のはたらきは止まることがありません。
漠然とした言い方になりますが
「心のはたらき」を波にたとえてみましょう。

そうですね。。。
普通の一般人である私たちは
おそらく心の湖面は「湖面」と判別つかないくらい波立っているのでしょう(笑。
深い瞑想状態を保てる人であってもさざ波は立っている。
かなり深いレベルの瞑想に達した人であっても微細な波は立っている。

では、その波を完全に鎮めるにはどうすれば良いのでしょうか。

ヨーガ・スートラの面白いところは
「では、どうすれば良いか」が
具体的に記されているというところです。
高度なガイドブックと言って良いでしょう。

読みすすめていくと
「チッタ・ブリッティ・ニローダハ」の
本当のところの意味や、ヨーガ・スートラの厳しさ
真実を追求しようという姿勢が、びりびり伝わってくるかと思います。

では、なぜチッタ・ブリッティ・ニローダハが必要なのでしょうか。

心とは鏡のようなもの。
完全にその働きが制止されたとき
そこに映るものは何か。
それが本当の私たちの正体であると。

私たちは、本当の正体を知らない。
なぜなら、波立ったこころでは知るよしもないからです。
肉体に比べると、心や意識は微細なレベルのものですが
私たちの正体はより微細なものです。
だから、どんなに知識で理解しようとしても、それは無理なのです。
どんな言葉でも説明ができないのです。


つまり
「それ」です。

心の働きが完全に止まると
「それ」が心の湖面に照り映えるのです。



…おっと長くなっちゃった。
勉強会では、次回から第2章「サーダナ・パダ(実修部門)に入ります。



☆3/9(金)10:00~12:00
「バガヴァッド・ギーターを読む会vol.6」@灯台屋さん

☆3/17(金)19:00~21:30
「ヨーガ・スートラを読む会vol.6」@関内










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨガレッスン休止のお知らせ

2017-02-02 20:36:32 | 次回練習日orWS日程のお知らせ
大切なお知らせです。

実は、先月1月下旬に、
原因不明の熱や体調不良が続き、病院で検査をしたところ
病気が見つかり、早速治療にとりかかることになりました。

「膠原病」でした。
膠原病というのは、自己免疫疾患です。
いろいろな病気の総称なのですが、
その中でも関節に影響する「リウマチ」と
「シェーグレン症候群」を併発していることがわかりました。

ずっと傷めていた左手首の怪我ですが、
これもこの病気による影響だったとのこと。
なるほど、外的処置をほどこしても一向に治らなかったわけですね…と腑に落ちました。
しかも、「リウマチ」に関しては昨日今日の話ではなく、
なんと10年以上前からだった模様。
膝やら足首やら首やら…痛かったのはそういうわけかと納得しました。

今現在は、体の中で火事が起きている状態とのことです。
この火を沈下するために、今日から投薬治療がはじまりました。

幸いとても良いドクターにめぐりあえ、
ヨガについてもご相談させていただいたのですが、
残念ながら、レッスンの継続は難しそうです。


勝手申しますが、
2017年2月以降、
Kei'sYoga のヨガレッスン(オープンクラス、出張レッスン)を
休止させていただくことになりました。

(「ギーター読み会」「スートラ勉強会」等の座学は継続します。)

もちろん、寛解(この病気には完治はないため)を目指しますが、
いつまで…という期限がちょっと今はわからない状態です。


いつもレッスンを楽しみにして下さったみなさま。。。
定期的に、また長期にわたってkeiのレッスンを受講して下さった方もたくさんいらっしゃいます。
こんなことになってしまって本当に申し訳ありません。
これまで、ヨガを続けて下さって、
レッスンに足を運んで下さって、
私を呼んで下さって…本当にありがとうございました。
感謝の言葉しかありません。。。
今後、私は直接指導することが難しいですが、
ぜひ他の先生について、ヨガを継続して下さいねm(__)m

私は…そうですね~…
ショックを受けていないといえば嘘になりますが
「そっかぁ…」という感じです。
もともとこちらのブログでもオープンにお話してきたように
すでに甲状腺疾患持ちではあるのですが…(同じ自己免疫疾患)
これまでの身体の不調や猛烈な関節の痛みなどの原因がはっきりして
過去からの点と点がつながったような気持ちです。
ある意味、腹をくくりました。

自分史において、体を動かす時代から、次の時代への移り変わる時期なのかな…とも思ったり。
通常のプラクティスはできなくても
できることは沢山あります。
たとえどんなことがあっても、私はヨギなのでヽ(^▽^)丿

ヨガの精神は変わらない。
むしろ、もっと強くなるかも(笑。
まずは、治療して行きますね。


今日の横浜は雲ひとつない快晴でした!
寒いけれど、日差しあたたか。
もうすぐ立春ですね^^春は目前です。


山の稜線。美しいね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加