Kei's Yoga

ゆるやかな呼吸で体と心を整えるメンテナンスのヨガ
~ 陰ヨガ&GentleFlowヨガ ~

息を吸ってわたしは静か…

2011-09-30 00:12:26 | 呼吸法・瞑想のお話
大好きな言葉です。
ベトナムの禅僧、ティック・ナット・ハン氏の美しい詩(ことば)


息を吸ってわたしは静か
息を吐いてわたしは微笑む



どうにも落ち着かずざわざわするようなとき
シャバーサナ(シャバアサナ)の態勢でごろんと横になり
ゆっくりとこの詩句を心でつぶやきながら
腹式呼吸なんてどないでしょ?


最初にこの言葉に出会ったのは
もうずいぶん前のことですが
とてもとても美しいこのことばに感動しました。


息を吸ってわたしは静か
息を吐いて私は微笑む
このいまに生きることこそが
私には、すばらしい一瞬(ひととき)



……いいですねぇ…!しみじみ~。


最近なぜかベトナムが気になっちゃっています。
いつか行ってみたいものです~。
ベトナム料理がむしょうに食べたくなったりします(爆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの呼吸を見ているんだ

2011-09-27 21:15:59 | 呼吸法・瞑想のお話
フラメンコ舞踊講師時代に
あるイベントに参加させていただいた時のことです。

内容は、
邦楽のユニットの方々とセッションというものでした。
フラメンコと邦楽の融合です~^^

お互いに全然違う分野の者同士。
リハーサルは真剣そのものでした。
そのときに、私の締めの合図がなかなか伝わらず困ったことがあったんですね。
よくバンドの演奏で音をジャーンと長く伸ばし、一斉に止める!…というのがありますよね。
あれがうまくいかなかったのです。

そしたら、そのユニットのリーダーの方に言われました。
「私たちはあなたの動きを見ているのではなく、あなたの呼吸を見ているのです。
呼吸を止めないで下さい。身体の中に流れる歌を止めないで。」


これは、衝撃の一言でした。
なんとも恥ずかしいことに、
私はすっかり呼吸のことなど忘れていました。
伝わらない焦りで、いつしか緊張し、身体の動きも固くなっていたのです。

あらためて深呼吸し、
再度チャレンジ。
そのときは、見事にぴたりと合いました。
ユニットのリーダーの人の顔を思わず見たら
かすかに微笑んでいらっしゃいました。

このときの体験は
私のフラメンコ時代で、一番強く記憶に残っているエピソードです。


「あなたの動きを見ているのではない。呼吸を見ているんです。その歌を止めないで。」


実は人ってそうなのかもしれないですね。
相手を見ているというのは幻想で
実は気(プラーナ)を見ている…というのが真実なのかも。
そんなことをふと思いました。

呼吸をしているということは生きているということ。
呼吸が止まったら生命活動は停止しますから…。
すべての動きは呼吸と連動しています。
これらがアンバランスな状態になると
物事はうまくまわらなくなっていく…。

思うように行かないとか
どうも変な感じがするとか
そういうときは
考えすぎず、呼吸を整えてみる。
ゆったりと深呼吸をしてみる。
とりあえず、問題から離れて、息をみつめてリセットする。
そうすると、また物事があるべき状態に流れ出す…そんな風に思います。


ちょうど今日は新月ですね。
新月は地球が息を吐き切った状態であるということです。
また息を吸うために…。


呼吸とともに動くこと。
大地の気を吸い上げること。
天の気を取り入れていること。
それらを味わうこと。。。

まだその境地に達したことがないので
あくまでも想像なのですが
動きと呼吸が完全に一致した時、
その時はじめて心は何色にも染まることなく
透明に輝くのではないか…と思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストレッチとヨガの違いとは?

2011-09-18 20:57:41 | ヨガなお話
ストレッチとヨガってどう違うの?

…ってシンプルな疑問だと思います。
ちなみに、私はどちらも大好きですよー(笑。
ストレッチだけでも、時間があれば軽く2時間とかしちゃいますwww

私の場合は個人的に身体に爆弾をいくつか抱えているので
ストレッチを集中して行うときと
ヨガを使い分けていたりします。
どっちも欠かせないですねぇ。

しかし、両者の違いはレキ然です。
まず大きく異なるのはその目的にあると思います。

ストレッチはスポーツの前後に
筋疲労を効率的にやわらげたり、
運動能力をアップさせるために行います。


筋肉というのは、細い繊維でできています。
その一本一本の繊維が束になった状態を通常は「筋肉」という言葉で表現します。


運動をすると、筋肉に乳酸という疲労物質がたまります。
そうすると、酸素を含んだ血液が循環しずらくなってしまうのです。
つまり疲労した筋肉は、酸欠状態にあるのですよー。
放っておくと、どんどん固く、柔軟性を失っていきます。
で、ストレッチをかけることで
再び酸素を含む血液を流してあげることが出来るというわけ。
それにより乳酸を排出しやすくなります。


筋繊維はちょっとした運動をすると
微細に壊れるのです。切れるといっても良いかな。
そうした筋繊維に生じた傷を修復するときに
新たな筋繊維がそこに生まれます。
負荷が筋肉を強くするわけです。
生じた筋肉の緊張は適度な屈伸運動をかけることで
その緊張が緩和されます。
筋疲労が改善出来れば、運動能力もアップしますよね^^


さて、ヨガの場合はどうでしょう。
ヨガもすごーくストレッチされますよね、身体的には。
ところが、大きく異なる点は
やはりその動きの根底、
動きの基盤に深い呼吸があるということです。


ヨガという言葉には「結びつける」「くびきをかける」という意味があります。
一体何を結びつけるのか?
それは、身体と心を結びつける…と解釈して良いでしょう。
ヨガの目的はそこにあります。
ヨガとはバラバラになっている自分を「ひとつ」に結びつける手段なのです。


深い呼吸とアサナ(ポーズ)がぴったりと融合した練習が出来たときは
その練習後、心が凪いだ海のようにしっとりと落ち着きます。
この感覚は、普段の日常ではなかなか得られないものです。
難しいことは、おいといて
それは、山や海の自然に触れて、思わず深呼吸したあとの感覚にとても似ています。
深呼吸をすると、気持ちがすーっと落ち着くのは
自律神経が安定するからなのですが
それだけでもないのです。


呼吸とひとくちに言っていますが
ヨガにおいては、それは単なる肺でのガス交換を指してはいません。
ヨガでは、呼吸とともにプラーナ(気)を大量に取り入れ
身体中に流して行くと考えます。
ヨガではさまざまなアサナ(ポーズ)をしますが
すべての動きの基は呼吸にあり
ポーズをとることによって、全身のすみずみにまでこのプラーナを流すことが出来るのです。
そうした状態を作ってやっと瞑想に入れるわけですね。
ちなみに、呼吸法は、古典的なヨガにおいては
アサナのその次に習得するものとされています。
身体の鍛錬なくして、呼吸法には行けないということです。


もうちょっと突っ込んだ言い方をすると、
ヨガ(…においてのアサナ(ポーズ)の練習)というのは、蓮華座を組み、瞑想にいたるまでの手段であると言えるでしょう。
ここにストレッチとの大きな違いがあるのではないでしょうか。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月の「ヨガの会@横浜」

2011-09-08 21:00:00 | 次回練習日orWS日程のお知らせ
空が高いですねぇ…!!
秋の空は独特です。
雲フリークの私は、ついつい空を見上げることが多くなるこの頃です^^



さて、9月の「ヨガの会@横浜」練習日のお知らせです。


「9月のヨガの会@横浜」のテーマ
☆呼吸を見つめる☆です。

吸う息と吐く息。
呼吸で筋肉や関節を伸ばすということ。
普段は無意識でしている「呼吸」を
意識して行うこと。
それはヨガには欠かせない大切な練習です^^
アサナ(ポーズ)の練習のときに、つい止めてしまったり
乱れてしまう呼吸を整えて、
全身にプラーナを流して行きましょう。

※プラーナ…生命エネルギー。ハッピーの素。
      身体の中や空気中に含まれており
      吸う息とともに、プラーナを取り入れます。



★日時:2011年9月24日(土) 10:00~11:30



★場所:活動場所(1) 横浜市青少年育成センター 和室(関内ホール地下)
             9:30~会場入りできます^^畳敷きなのでごろごろ出来ます(笑。

★参加費:500円



★持ち物:ヨガマット、なければ下に敷くバスタオル
              動きやすい汗をかいても良い服装
              汗拭きタオル
              水など(飲料)


★主宰者よりお願い★
会場にはふすまやテーブルなどがあり。
これを搬出するため、もしもお時間に余裕がある方は
ちょっぴり早目に来ていただいて、お手伝いしていただけると助かりますm(__)m
どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ等、どうぞお気軽に!!
k-viento@sky.plala.or.jp
iida330@gmail.com
上記メルアドにご連絡の際は、件名「ヨガ」でお願いします~。

ツイッターでもお気軽にご連絡くださいね。
keialohaloha
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何も考えない時間

2011-09-07 21:28:16 | ヨガなお話
頭の中は終始ぐるぐるぐるぐる…
考えていないようで、いつもぶつぶつ何かをつぶやいてる

仕事のこと、
今気になっている件のこと、
恋人のこと、
配偶者のこと、
子供のこと、
ペットのこと、
今晩の献立なんにしようってこと、
暑いなー、
寒いなー
おなかすいたなー
将来のこと、
時事問題のこと、
災害のこと

ちょっと何かをみるだけでそこで無意識に思考が生まれる
条件反射のように感情が生まれる
心は常に揺れ動いている

まったく何も考えないっていうのは
実にめずらしいことなんだよね

あわただしい一日の中で
数十分でもいいから、自分だけを見つめる時間があってもいいかなーって思う
それはヨガでなくてもいい
ストレッチとかね、身体に目を向けてあげる
身体と心は密接につながっているから
だから身体と対話するとき、あなたは心と真摯に向きあってるってこと


その時間だけは
すべてを忘れる
ちょっと意識が他に向いてしまったら
意識的にそれを排除する
何も考えないで、気持ち深く呼吸をする
そして、吸い込む息と吐く息の流れを静かにみつめる


それって、すごくヨガだと思う^^
それってすでに瞑想といえるのだと思う^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加