Kei's Yoga

ゆるやかな呼吸で体と心を整えるメンテナンスのヨガ
~ 陰ヨガ&GentleFlowヨガ ~

映画「聖なる呼吸」

2016-09-13 22:47:08 | ヨガなお話
先日、映画「聖なる呼吸」を観てきました。



副題は「ヨガのルーツと出会う旅」
まさに、タイトル通りのドキュメンタリーでした!

これは公開前からものすごく楽しみにしてきた作品です。
その期待通り…いえ、期待を上回る素晴らしい映画でしたよ。

現代ヨガの源流クリシュナ・マチャリアの教えをめぐる旅。
南インドの荒涼とした風景。
乾いた風がこちらまで吹き込んでくるかのような印象。
ファーストショットからぐいぐい引き込まれてしまいました。

クリシュナ・マチャリアの弟子である
アシュタンガ・ヨガのパタビジョイス先生と
アイアンガー・ヨガのアイアンガー先生の言葉。

クリシュナ・マチャリアの子どもたちの生の声。

彼等の言葉から浮かび上がる、クリシュナ・マチャリアのお人柄
そして見えてくる彼の追求したヨガ…。

作品中の古い映像は
以前に観ていたものもありましたが
初めて観る人はびっくりしちゃうかも。
曲芸にも思えるような難易度の高いアサナの数々。
それは一体なんのため?

その答えは
この映画を観ているうちに明らかになっていくと思います。
あなたはどんな風に感じとるでしょうか。

監督自らマットに立ち、
パタビジョイス先生とアイアンガー先生の教えをうけている様子。
良かったなぁ…!

映画撮影中に入ったパタビジョイス先生の訃報。
そうか、あの頃、この映画を撮っていたんだな…としんみり…。

そして、映画全編に流れる音楽がとても印象的でした。
監督によると、インド音楽を使いたくなかったということ。
外国人がインドの文化を撮るのだからその距離感を出したかったのだそうです。
外国人である自分にとっては、うわべでしか知らない音楽(インド音楽)なのだから
誤用してしまう怖れがある…と、パンフに書いてありました。
真摯だぁ…。

でもね、それが大当たりだったと思います。
残念ながらパンフに使用された曲目が載っていなかったのですが
1920~30年代のピアノ曲がとても良かったです。
サントラ出してほしい…!

ヨガを志す方、
ヨガに興味を持ってらっしゃる方は必見の映画と言えるでしょう。
小さな子どもが、アンジャリ・ムドラを組みつつ詠唱していたバガヴァッド・ギーターが、
今も耳に残っています。

この映画を観たあと…
素直に、ヨガっていいなぁ…ってしみじみ思いましたよ。
そして、無性に練習がしたくなりました。

インドから遠く離れた日本で生まれ育った私だけれど
こんなにもヨガに魅了されている。
ヨガに出会えてよかった。
幸せです。。。

公開中にまた観に行きたいな。


『癒し』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆるめてほしい | トップ | 再会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
聖なる呼吸 ピアノ曲 (tkmyg)
2016-10-23 21:20:02
ピアノ挿入曲はウラディミールホロヴィッツではないでしょうか?
Re (kei)
2016-10-24 00:22:14
>tkmygさん

コメントありがとうございます。
え…!ホロヴィッツなんですか?!
なんと…。実はホロヴィッツ大好きなんですよ…!!
あの映画の中のピアノ曲本当に素敵で。
パンフレットにも記載がなくて…。
tkmygさんはあの曲のタイトル、ご存知でしょうか。
もしよかったら教えて下さいm(__)m

コメントを投稿

ヨガなお話」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL