哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

生物学の中心教義について begin

2017年07月09日 | yyy58生物学の中心教義について

(58 生物学の中心教義について begin)



58 生物学の中心教義について

生物学の中心教義(central dogma)とは、DNA構造の発見者であるフランシス・クリック(一九一六―二〇〇四)によって一九五八年に提唱された地球生物すべてに共通する生物体の構成法則です。
細菌、動植物あるいは人間であろうとも、あらゆる生物の身体は物質として同一の部品から同一の構成法則に従って作られています。










拝読ブログ:


探索者の心得



拝読ブログ:

【芝居】「さよならだけが人生か」青年団



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇宙人はいるか end | トップ | 複雑かつ巨大に組み上げられ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。