何気無く大切な一日が、かけがえ無く今日も過ぎてゆく 高橋忠史・多系統萎縮症と生きる・唄い屋。

難病の多系統萎縮症に侵されても音楽を諦めない男のライヴ報告や日々の思い・命のメッセージ

帰ったら桜

2015年03月30日 05時51分35秒 | Weblog
昨日東京に戻ったら、遊歩道の桜が満開に近く咲き誇ってた。美浜は春が始まったばかりだというのに東京は春真っ盛り、日本は小さいがひろいなー。
美浜でのライヴは楽しかった、新曲を全部唄えなかったのが残念だった。特に新境地のレゲエの曲が、リズムの乗りが今いち悪くて披露できなかった。レゲエは少し時間が掛かりそうだ。でも、ライヴ直前に、「生きる」のメロディーがスムーズな流れになって出来上がった。そしてライヴで唄えたことが嬉しかった。

今朝おきて、先日来ずーと風邪気味で、美浜でも布団に入ると異常に咳き込んでいたが、すっかり直っていた。どんな薬より、高橋忠史にはライヴが妙薬のようだ。

布団から立ち上がったとたん、転んだ。正月いらいだ。何とか膝から落ちることが出来たので、左膝を強打しただけですんでよかった。
危ない危ない、ライヴが楽しい素敵な数日を美浜で過ごせてちょっと気持ちが浮ついてたかな。気を引き締めて転ばないように生きよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美浜の朝

2015年03月29日 07時23分02秒 | Weblog

昨夜もよく眠った。ブログを書き終わってすぐに布団に潜り込み、朝5時半に目覚めた。
6時前にまつぼっくりを出て、すぐ裏にある砂浜の海岸へ。
誰も居ない静かな波打ち際をゆっくりと歩く。
景色は良い、空気も良い、潮風が心地よい、同じリズムで波打つ潮音が心を癒してくれる、砂浜に踏み込む靴音、靴にかかる砂の重圧感が足全体に広がり、心地よい疲労感が残る。
砂浜散歩はリハビリに最適かもしれない。
美浜を東京に持って帰りたい気分だ。

海岸からまつぼっくりのそばにある松原神社にお参りした。まつぼっくりの松井さんとは、20年前、ウォーキングライブツアーで、松井さんがこの松原神社でライブを作ってくれた事で付き合いがはじまった。
神社では、毎朝、一縁をお願いしてるが、この神社で縁があって松井さんとつながっている。
命が消える日まで縁を大切にして生きたい。そんな思いをもってまつぼっくりに戻った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひびけ唄声

2015年03月28日 23時08分56秒 | Weblog
海岸を散歩した後、まつぼっくりに戻り昼までぐっすり眠った。お昼ご飯をいただいた後も夜のライブの為の練習してるとメッチャ眠くなって又布団に潜りこんで眠った。昨日、まつぼっくりに着いてから眠りっぱなしだ。どうしてこんなに眠れるのだろう。
まつぼっくりは僕の安息の場所なのかも知れない。
長年来ている、美浜町の僕の知らない新しい会場でのライブ。ジョンさんと松井さんが主催してくれた。遠く、広島、愛知、兵庫、から足を運んでくれた人もいて、気合い充分のライブだった。

テクニックは落ちてもまだまだやれると言う感触をもてた熱いライブだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美浜の海

2015年03月28日 08時13分44秒 | Weblog
民宿まつぼっくりから歩いてすぐに海岸がある。今朝はそこを散歩している。
冬は想像を列する激しさで打ち寄せる波も、春になり、霞がかかって今日はおだやかだ。
またいつか、典子さんときたいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福井県美浜町

2015年03月27日 21時38分04秒 | Weblog
朝7時過ぎにアパートを出た。一階に降りると松本さんが車を回して待っていてくれた。
今朝も又、新小平駅まで車で送ってもらった。
ありがとうございます。
ちょうど通勤ラッシュの時間帯で混んでいたのと人身事故で電車が遅れたせいで車内は超すし詰め状態。東京駅までその状態で15分遅れ。
ふらつくカラダでギターを背負ってはかなり辛かった。
東京駅の人の流れは、今の僕にとって激流だ。ふらふらしながら新幹線の改札にたどり着いた時は、すでにヘトヘトだった。それでも何とか無事に敦賀に1時過ぎに着けた。よかった。松井さんが迎えに来てくれて、夕方ジョンさんのFMラジオ番組に出演さしてもらって、松井さんの『民宿まつぼっくり』で休んでいます。
つかれたー!。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

24日障害者認定申請に歩く

2015年03月25日 05時57分45秒 | Weblog
この日も、歩いた。咳は続くが体調は戻った。昨日夕方病院から肢体不自由の診断書が出来上がったと電話があった。午後2時過ぎからとりにいけそうと言うことだったので、申請に必要な証明写真を近くのスーパーに行ってとってから出掛けた。
病院で診断書を受け取って、市役所の申請窓口へ。昨日出来た足の裏の豆が痛い。
昨日見た。3輪自転車があればどれだけ楽か、ぐちっても仕方なく、休み休み市役所まで2kmほど歩いて到着。
障害者3級の手帳は一ヶ月ほどしたら連絡をくれて、頂けるそうだ。
色々な補助を受けられるそうで助かる。

もろもろの申請はほぼ完了。
今日も歩きまくってバテバテに疲れた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

23日弦を買いに…歩いた

2015年03月24日 04時55分27秒 | Weblog
熱は完全に下がったが咳がなかなか止まらない。ギターの弦のストックが無くなった。ラッキーな事に、小平駅近くに、中古ギター販売店がある。気分転換もかねて歩いて駅まで向かった。
毎朝散歩するようになって、長年夜型人間の生活を送っていたが昼型と言うか早朝型人間になってしまったので、昼間での時間が長い。開店は11時かもしれないと思ったが、時間が経つのがもどかしく10時にアパートを出た、店には10時20分ほどに到着。閉まっていた。ガラス越しに、店内を確認したら、レジの所にマーチンのアコースティック弦が置かれてあるのを確認。歩いて行ける所に弦が売られている、いざと言う時には大助かりだ。

店が閉まっているので、もう一軒、歩いて3kmほどの所に、リサイクルショップのチェーン店ハードオフがあるのをインターネットで確認している。ハードオフは中古ギターや格安弦を売っている。休み休み1時間以上掛けて歩いた。
ここで格安弦を4セット購入。これで弦が切れても当分安心だ。

出口に中古の3輪自転車が1万6千円で売られていた。憧れの転倒しない自転車だが、そんなお金は僕には無い、残念。

帰りはアパートまで2kmほど、1時に帰った。
たったこれだけの距離を歩くのに3時間も掛かった。ふらつきがひどいので足に掛かる負担が大きくて、足の裏に豆が出来た。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生きる・完成

2015年03月22日 20時30分06秒 | Weblog
まだ熱っぽく身体もだるかったが、朝の神社参りに出た。その後、布団に潜り込んで昼過ぎまで眠った。昨日は一日中眠っていた。いやーよく寝た。寝不足は完全に解消された。充分に眠った後は、やっぱり音楽だ。今日は何もしない日と決めていたが駄目だった。「生きる」のメロディーと詩がしっくりきていなかったので、ギターを持って繰り返し唄ってみて言葉をつむぎ出し、やっと完成形までもってこれた。
リズムパターンが面白い曲になった。


  生きる


 誰もがみんな生きているんだ
 だけど 悩んでる
 意味もわからず生きているんだ
 そして 泣いてる

   答えは何処にも 見つからないけど
   生まれてきた意味を 探し続けている
   すべって転んで泥にまみれて
   苦しみもがいて のたうちまわり
   失敗ばかりを 繰り返しながら
   そのたびに何度でも 何度でも起き上がる
 誰もがみんな生きているんだ
 笑って いたいから
 

 誰もがみんな生きているんだ
 いつも 悩んでる
 意味もわからず生きているんだ
 だから 泣いてる

   たしかな事なんて 誰にもわからない
   精一杯今日を 生きていくだけ
   すべって転んで泥にまみれて
   苦しみもがいて のたうちまわり
   失敗ばかりを 繰り返しながら
   そのたびに何度でも 何度でも起き上がる
 誰もがみんな生きているんだ
 笑って いたいから
 誰もがみんな生きているんだ
 笑って いたいから
 笑って いたいから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風邪らしい

2015年03月21日 17時56分42秒 | Weblog
ずっと体調が悪いのに、孫のお守りに出掛けたり、病院に行ったり、障害者手帳の申請書類をもらいに市役所へ、それをもって又病院へ。
妙な咳が出ていたのは花粉症だと思っていたが風邪だった。
無理をしちゃいけないと思いつつ、運動機能が衰える前に出来る事は命を削ってでもやりたいと言う気持ちが勝って、頑張ってしまう。

今日から明日は、ギターを休んで、曲作りも休憩しよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生きる

2015年03月20日 10時45分10秒 | Weblog
3日ほど前、猛烈に身体がだるかった。それでも娘のマンションまで往復6キロ歩いて、孫の守をしに出かけた。花粉症の症状もひどかったのは熱があったからだった。もう、何度も書いているが、熱が出てその症状がおさまると、必ず鼻の中に腫れ物が出来る。昨日から腫れ物が出来、花粉症で鼻をかむのがチョー痛かった。
そんな事で、熱は下がったようだが身体が重くて何も出来ないでいたが。

朝方、突然ギターが弾きたくなった。ギターを手にとって弾きだした。今まで組み合わせたことの無いコード進行が生まれ、曲がメロディーが出来てしまった。70年代から80年代のウエストコーストのロック、そんなイメージだ。
頭に「生きる」という言葉が鮮明に浮かんだ。「生きる」をテーマにロックなサウンドだから超シンプルな歌詞を目差し作り始めた。

昨日から考え続け言葉を選び続け、今とりあえず出来上がりました。


  生きる


 誰もがみんな生きているんだ
 だけど 悩んでる
 意味もわからず生きているんだ
 そして 泣いてる

   嬉しい時も 悲しい時も
   生まれてきた 意味を探し続けている
   失敗ばかりを 繰り返しながら
   苦しみもがいて のたうちまわって

 誰もがみんな生きているんだ
 笑って いたいから


 誰もがみんな生きているんだ
 いつも 悩んでる
 意味もわからず生きているんだ
 だから 泣いてる

   嬉しい時も 悲しい時も
   生まれてきた 意味を探し続けている
   失敗ばかりを 繰り返しながら
   苦しみもがいて のたうちまわって

 誰もがみんな生きているんだ
 笑って いたいから
 誰もがみんな生きているんだ
 笑って いたいから
 笑って いたいから
 笑って いたいから
 笑って いたいから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加