何気無く大切な一日が、かけがえ無く今日も過ぎてゆく 高橋忠史・多系統萎縮症と生きる・唄い屋。

難病の多系統萎縮症に侵されても音楽を諦めない男のライヴ報告や日々の思い・命のメッセージ

461日目 なんでモールライブ

2005年06月30日 13時53分33秒 | Weblog
6月29日

 前回のなんでモールライブで、これから毎回新曲を作ってくると宣言してしまった。何とか、昨日「勝坂賛歌」(仮タイトル)が出来たので、約束を守る事ができる。まだ納得いかないところがいろいろあって、朝まで詩と格闘。昼前に起きだして、又、格闘、そしてイントロも考えて、何とか、いい形になりかけている。後は、曲に慣れるように、何度も唄いながら成長させてゆけばいい。

 曲つくりをしていると、ついつい食べる事がおろそかになる。昨日も今日も一食しか食べていない。なんでモールに食事ができる時間帯に着けるように出かけた。7時到着。カレーチャーハンを頂いて、「勝坂賛歌」の練習、そんな頃、名古屋から神谷さんがやって来た。以前、スピーカースタンドやマイクスタンドをひとまとめにして入れる事ができるようなバッグがあったらなーと話したときに。私が作ってきますといってくれたその大型バッグを持ってきてくれた。嬉しくて、すぐに車に持っていって、4本のスタンドを入れた。まだまだ入るぞ、これはありがたい。音響機材を運ぶ手間が一手間減った。神谷さんありがとうございました。大切につかわさせてもらいます。

 各テーブルにお客さんが座ってくれた。が、もちろん満席ではない。忘れないように練習した「勝坂賛歌」から始めた。今日は、腕時計を忘れてしまったので、時間配分がよく分からないまま1時間半少し唄った。昨日から、練習の為ギターを引き続けていたので、久しぶりに左手の指が痛かったが、この痛さも、又快感だ。
 ライブ終了後、同年輩のお客さんが、「勝坂賛歌」をいい曲だといってくれたので一安心だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

460日目 勝坂賛歌・新曲発表ホームコンサート・in得さん宅

2005年06月28日 22時23分26秒 | Weblog
6月28日

 起きたのは10時過ぎ。なんだか身体がだるい。今日のスケジュールも決まっていない。でも今日は、ここから移動したくない気分だ。

 明日は、なんでモールのライブ。新曲を作って来ると高言した。まだ、作っていないのだ。

 勝坂の歌を作ろうと思った。ここに住み着いて7年、勝坂でしか作れない「すみれ」は住み着いてすぐに作った。でも、勝坂の地をテーマにしたものはまだ出来ていない。
 スケジュールを埋める為にも、今日中に作り上げて、得さんに聞いてもらえば、ライブも完成する。
 まずは、詩。考えた。素直な気持ちで作ろうと思った。勝坂の風景とそこに住む人々の思い、そして自然環境の織り成す厳しさを歌い上げる事にした。

 夕方、6時に出来上がった。ギターを持って得さんの家に向かった。プラムをポリ袋に入れている得さんが居た。唄いたいといったら、今風呂を沸かしてるから夜にくればいいと言われた。ちょっとガッカリ。でも、勝坂砦に戻って、まだ納得いってなかった詩を書き上げる事が出来た。そして、7時過ぎに再び得さんの家に。

 風呂に入れといわれたが、まず聞いてくれと唄った。ちょっと演歌調のメロディーに得さん大満足。すぐに一緒に歌い出してくれた。カセットテープに録音して覚えたいというので、まずは風呂に入って、何度も練習して、ラジカセで録音した。飲みながらの録音は、酔うほどに演歌調になってきて、得さんは大満足。

 やっと、勝坂の歌が出来ました。詩だけここに発表します。曲が聞きたい人は、ライブに参加ください。


   勝坂賛歌


 そびえる山々 谷を渡る風に
 羽根をひろげて舞い上がる
 雄雄しき 鳶(とび)の陰

 はかない命が 枯れ落ちた木の陰に
 逃げ込んでも又狙われる
 忍び足 蛇の罠

  死ぬるも生きるも運命(さだめ)だと
  山の恵みに手を合わせ
  清き流れの気田川に
  映(うつ)る勝坂 神の里


 春は花匂い 夏には鮎の群れ
 燃える赤に染まった秋に
 こだまする 鹿の声

 草木枯れ果てて 凍てつく冬が来る
 神の寝床で生きるもの達
 支えあい 春を待つ

  死ぬるも生きるも運命(さだめ)だと
  山の恵みに手を合わせ
  清き流れの気田川に
  萌(も)える勝坂 神の里


 録音中に唄を間違った事で、「萌える」と言うフレーズが出来ました。この曲は、得さんと一緒に作った曲なのかな?。
 素敵な、勝坂の夜、砦に戻って空を見上げたら、梅雨だというのに、星屑の夜空でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

459日目 NL ファーム

2005年06月28日 22時22分05秒 | Weblog
6月27日

 朝10時過ぎ、中野さんに電話した。2度目だ。今日のスケジュールが決まっていない。

 昨夜、ライブの帰りに坂下さんの家によって、そのままてっちゃんの店「輩」に向かった。今日のスケジュールをてっちゃんが埋めてくれる手配になっていた事を確認する為に。連絡の行き違いがあって、無くなった事を知った。勝坂砦に戻って、どうしようかと思ったが、それは一瞬。明日は明日の風が吹く…、と、早めに眠ってしまった。

 10時半頃、中野さんから電話が掛かった。2度かけて留守電だったのだが、しっかり返事をくれた。
 今日のスケジュールが決まっていないので何とかして…。と言う僕のお願いに、中野さんは必ず答えてくれる。とんでもない我侭なお願いに必ず答えてくれる人が居る。僕の1000一連続ライブは、こういう人達の底力が有るから続いているのだ。
 何とかするから、後で電話しますという会話で電話を切った。

 中野さんの電話を待って、時間を空遊していた。12時過ぎ、中野さんからの電話があった。コミュニティー雑誌「三遠南信アミ」の編集をしている、照井さんが何とかしてくれるので、連絡をとって欲しいという事だった。早速電話したが、出ない。3度目の電話で繋がった。

 凄い展開になった。

 4時に、元花博会場・ガーデンパークで逢う事になった。

 照井さんが決めてくれた今日のライブ会場は、新居町にある競艇場の近くの「NLファーム」。照井さんは、その前に、次の企画の為に、ガーデンパークを視察しようと言うのだ

 素敵な野外ステージがあったキャパ1000人の椅子席が用意されている。ここで唄いつづけて1000日目(2005年9月26日)のライブをやろうと照井さんが言い出した。

 早速、事務所に行ってスケジュール確認。月曜日だから空いていた。照井さん、半端な女性じゃない、もう頭の中にその日の設定が浮かんでいるらしい。唄いつづけて1000日目には大きな事をやりたいと中野さんが言っていたのだが、実現しそうだ。

 そして、NLファームへ。新居の競艇場のすぐそばにある、不思議な空間だった。出会う人達も皆不思議な人達ばかり。浜名湖に面して入るが道路にさえぎられた不思議自然空間に、犬や鶏ややぎが居る。不思議なテントもそこここに立っている。今夜のライブは何時から始まるかも分からないまま、宿舎になっている施設の部屋の中で。音響機材を運び込んでセットし、リハーサルをしていたが、誰も何時から始めると言ってくれない。困った。

 6時が過ぎ、お客さんらしき人達がやってきてくれていたが、NLファームのスタッフとガーデン(庭)で碁を打っている。
 6時半になって、やっとライブ開始。懐かしいフリー芸術家の耳塚さんもやってきてくれて1時間半のライブを6人ほどの観客で完成。
 耳塚さんは、まだ連続ライブを続けていることにビックリして、7月2日、あいているスケジュールを埋めてくれた。ライブ終了後やって来た、遊墨画作家のヤマモリさんも、これからのスケジュールを埋めてくれる約束をしてくれた。照井さんのおかげで又新しい協力者が出来た。

 帰り際、照井さんは、唄いつづけて1000日目を頭の中で完璧にイメージしているようで、その前の日の999日を、このNLファームでやって泊り込めばいいということまで考えてくれていた。連続ライブ550日目、そして唄いつづけて1000日目は、すごいイベントになるかもしれない。

 体調は、決して良くは無い。でも、テンションは最高値。暑い暑い日だったが、気持ちも熱く盛り上がった一日だった。勝坂まで2時間、遠いとは思わなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

458日目 ヨガスタジオ・スペースムー

2005年06月27日 11時25分50秒 | Weblog
6月26日

今日は、きんちゃんのプロデュース。ここのスタジオでのライブは2回目だ。
きんちゃんは仕事で、ライブ開始時間にしかこられないと言う事なので、記憶を呼び戻してスペースムーへ。辿り着ける自身は無かったが、偶然に近い状態で、スペースムーを発見。

会場は2階、音響機材を運び込む間に、体中から汗が吹き出してきた。ラジオで、今日は日本中が真夏日だと言っていた。
汗だくになって、準備をすませ、外にでて、おにぎりをほう張りながら、ライブ開始時間を待った。

ライブ開始直前にきんちゃんもやってきてくれて、10人ほどのお客でライブ開始。クーラーの効いたホール。快適だ。
環境の話などをしながら、クーラーの効いた部屋、エネルギーを消費している僕は…?。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

457日目 縣宅日付変更線ライブ

2005年06月26日 14時03分47秒 | Weblog
6月25日

日付が変わる前に典子さんから電話があって、東京の自宅の庭にホタルらしき光を見たと言う。

東京の我が家の近くには玉川上水がある。きっとそこから迷いこんで来たのだろう。

日付が変わってのライブは、ハーモニカを使って、東京マイラブからはじめた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

456日目 縣宅ホームコンサート

2005年06月26日 12時24分17秒 | Weblog
6月24日

智ちゃんが、夕食を一緒にと言ってくれていたので、6時半頃、縣家に到着、ひでとしくんも仕事から帰って来て、縣一家全員と夕食を頂いた。
ライブは子供たちが眠った後、近所のしゅうちゃんがやって来てくれて、新曲を中心に1時間。

後は、日付変更線ライブにそなえて、楽しく飲み会だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

455日目 焼き屋・猪三郎

2005年06月25日 15時32分38秒 | Weblog
6月23日

カーペンター松井君が、今日のライブを設定してくれた。場所は浜松の、焼き屋・猪三郎。
8時からのライブだと聞いていたので、7時にお店に到着した。ちょうど松井君となんでモールの仲間達もやって来ていた。お店にはステージが作られていて、居酒屋ライブの雰囲気を盛り上げてくれていた。
お店のお客さんが6人、松井君の仲間達が5人、焼き物のおいしそうな匂いを嗅ぎながら、ライブは進み、途中誕生日のお客さんの為にみんなでハッピーバースデイを唄うというシーンもあって、和やかに1時間半のライブが終了。

その後、裏山さん、やまちゃんのギターで松井君が唄いだして、気が付いたら11時を過ぎていた。
いい仲間達だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

454日目 グループホームはまかぜ

2005年06月23日 01時52分21秒 | Weblog
6月22日

今日も森下ゆみこさんプロデュースのライブだ。

今日も早起きして、磐田市浅羽町にある「はまかぜ」の駐車場に9時30分に到着。

少し遅れて森下さん達スタッフが到着。一緒にはまかぜに入ると、すでにコンサートモードで、人生の先輩達が、着席していた。

森下さん達も、散髪をしないで聞き続けてくれた。今日のライブを聞くために、昨日はまかぜに来て、散髪をすませていたそうだ。お客さんの先輩達におほめの言葉をいただいて、とってもいい気分。勝坂までの風景が、いつもと違う素敵なものに思えたぐらい、いいライブだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

453日目 グループホーム福田の家

2005年06月22日 13時13分05秒 | Weblog
6月21日

朝、7時に起床。昨夜眠ったのはさ3時過ぎだから、さすがに眠い。

いどうとこやの、森下ゆみこさんと待ち合わせていたアミューズ豊田の駐車場に、9時到着。森下さん達が向かったのはグループホーム福田の家。

森下さん達は、おじいちゃんおばあちゃんの散髪、その待ち時間に僕が唄う。純粋なライブではないものだから、聞くほうも唄うほうも、気がちって集中は出来なかったが、約1時間ほど唄った後に、看護の人が、けっこう唄に反応していたことを伝えられた。高齢者ばかりのグループホーム、僕にはうれしい誉め言葉だった。

まだ、散髪が続く森下さん達を残して、一足先に勝坂に帰った。帰り道は眠かった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

452日目 ビートルズバーハンブルグ

2005年06月20日 23時05分42秒 | Weblog
6月20日

始まるまでお客はゼロ。ところが、唄いはじめると、お客さんが入り始め、15人近くに増えて、今夜も無事終了。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加