高橋忠史・多系統萎縮症と生きる・唄い屋。 何気無く大切な一日が、かけがえ無く今日も過ぎてゆく

難病の多系統萎縮症に侵されても音楽を諦めない男のライヴ報告や日々の思い・命のメッセージ

桜の木の下で

2016年03月31日 20時40分29秒 | Weblog


    桜の木の下で


かさねた年の数だけ 美しくなってゆく
桜の木の下で

いくつの春を 通り過ぎて来ただろう
入学 卒業 出逢いと別れを
ピカピカのランドセル 初めての通学路
胸をときめかせながら 歩いたよね

*  菜の花 蓮華草 夢に続く小路
   幼い日のあなたに 出逢えるでしょう
   かさねた年の数だけ 美しくなってゆく
   桜の木の下で


*(繰り返し)
  かさねた年の数だけ 美しくなってゆく
  桜の木の下で



27日のライヴで唄うつもりだった歌です。
残念ながら唄えませんでした。
鹿児島県志布志市の市民団体、創年大学の為に作りました。

若い桜は、木の肌も美しく工芸品にも使われたりもします。
でも古木になると風雪に耐えた木肌は、荒れて割れたりごつごつして、けして美しいとはいえなくなる、けど、必ず去年より沢山美しく花を咲かせます。
一年に一度、桜は心の花を咲かせます。
苦しみや悲しみや悔しさを乗り越えたたくましさが、やさしさに変わって花を咲かせるんだと思います。

正直に生きてきて歳を重ねた人の笑顔に刻まれたしわやしみは、醜いものではなく暖かさと優しさにあふれ周りの人を癒してくれます。
一年に一回花を咲かせる桜のように。

今日は歩行器で出掛けました。
健康福祉事務センターで、障害者に提供される4月から使えるタクシーチケットを頂いて、すぐ近くにある市役所で家賃減額免除の申請の為の書類を各窓口で取り揃えた。
字がまともに書けないので職員に代筆してもらうのだが、歩行器で歩いている人はいないので障害者とすぐ理解してくれて助かる。

周りの人すべてが気遣ってくれる。
そしてその度にごく自然に「ありがとうございます」といっている自分がいる。
少し前までは市役所まで歩けたが、もう無理だ。
来るときもタクシーだったが帰りもタクシー。
小平駅まで行ってもらって桜の木の下を、ゆっくりゆっくり歩いて帰った。


高橋忠史のフェイスブック  https://www.facebook.com/tadashi.takahashi.7902
メールアドレス  singsong@nippon.email.ne.jp
電話  090-8849-0907


    CD希望の方は

「東京」2000円 「証明…あかし」2000円

「ありがとう」 3000円「ベストミックス」3000円

手作りCDは簡易袋に入れています。ケースには入れていませんがご容赦下さい。

下記、銀行口座にCD代金を振り込んで住所氏名をメールでお知らせ下さい。

送料手数料は高橋忠史が負担します。

セブン銀行  カーネーション支店

普通預金口座  0513518

高橋忠史

セブンイレブンでなくても銀行、郵貯、信用金庫、ネットバンクから振り込めます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

欲しいものと必要なもの

2016年03月30日 21時34分44秒 | Weblog
あまりテレビは見ないのだが、ミックスダウンの合間にコーヒーを作りに台所に行った時に、何の番組かはわからないがコメンテイターの人が「欲しいものと必要なもの」を考えて欲しいと言っていた。
僕の唄の中でも使ったことのある言葉だったので気になった。

女子高校生がコンサートに行きたいけど校則でアルバイトは禁止されているし、今もらっている小遣いでは行けない、どうすればいいでしょうという質問に対する答えの中で使われた言葉だ。

コメンテイターは彼女にそのことを考えて欲しいといっていたが、子供は欲しいものを追求していけばいい、必要であるかいなかは経験の中で覚えていくものだと思う。
大切なことは、経験を持たない子供に考えさせるんじゃなく、社会全体で考えなきゃいけない問題だ。

資本主義経済優先社会の中では、ずーっと必要なものより、その場限りの欲しいものを作り出し買わせるように広告媒体を使って先導し人心を惑わし経済を回して無駄以外何も無いゴミを生み出し続ける。
…欲しいものと必要なもの…
今一度社会全体で考えてみてもいいテーマじゃないかな。


CDを作るのに不可欠なプリンターが壊れ、ライヴでCD販売出来なかった。
すぐにインターネットの通販で中古のプリンターを注文した。
夕方に自宅に届いた。

この便利なシステムの中に…欲しいものと必要なもの…問題点が沢山かくれているような気がするが…今の僕には見えてこない。
いや、見ようと考えようとしていないのかな?。
僕もずるい大人だ!。


高橋忠史のフェイスブック  https://www.facebook.com/tadashi.takahashi.7902

ブログ  http://blog.goo.ne.jp/tkhs1952/

メールアドレス  singsong@nippon.email.ne.jp

電話  090-8849-0907


    CD希望の方は

「東京」2000円 「証明…あかし」2000円

「ありがとう」 3000円「ベストミックス」3000円

手作りCDは簡易袋に入れています。ケースには入れていませんがご容赦下さい。

下記、銀行口座にCD代金を振り込んで住所氏名をメールでお知らせ下さい。

送料手数料は高橋忠史が負担します。

セブン銀行  カーネーション支店

普通預金口座  0513518

高橋忠史

セブンイレブンでなくても銀行、郵貯、信用金庫、ネットバンクから振り込めます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これからだ人生は

2016年03月29日 16時35分07秒 | Weblog
歳をとると理解力が減退して、新しいものを使いきれない。
典子さんの使っているスマホが部屋のWiHiにはつながるが外に出るとつながらなくなるらしい。
スマホの中にあるヘルプ機能で復旧のノウハウを調べるのだが文章が頭に入ってこない、ツタヤのスマホで安くていいのだが、あつかっているお店があまり無い、渋谷にあるらしいので聞くのが早いと仕事帰りよって来るらしい。

昨日は、アパートの家賃免除(障害尾者で難病認定患者で非課税世帯なので最低家賃になる)の申請をする書類を二人で読むんだが理解できない、去年同じ申請をしたのに忘れてしまっている。
ラッキーな事に東京都住宅供給公社が小平駅のすぐ近くにあるので歩行器を使って典子さんと駅まで歩いていって、窓口で申請書類の説明を受けた。
一発で理解でき取り寄せる書類もわかった。
聞けばすぐわかる簡単な事なんだけど、送られてきた書類では理解できない。
小脳が縮んでいるだけじゃなく大脳まで劣化しているのか。
難病であっても気持ちは若いつもりだがやっぱり年寄りだ。
歳をとるとはこういう事だ。

病気だけじゃなく歳をとったことで出来なくなることが増えている。
出来ないことが増えてはいるが、まだまだ出来ることはある、まだやった事の無いこともある、そしてこの歳にならないと出来ないこともあるはず。
残り少なくなった人生かもしれないけど、やれることはいっぱいある。
これからだ人生は。


高橋忠史のフェイスブック  https://www.facebook.com/tadashi.takahashi.7902

ブログ  http://blog.goo.ne.jp/tkhs1952/

メールアドレス  singsong@nippon.email.ne.jp

電話  090-8849-0907


    CD希望の方は

「東京」2000円 「証明…あかし」2000円

「ありがとう」 3000円「ベストミックス」3000円

手作りCDは簡易袋に入れています。ケースには入れていませんがご容赦下さい。

下記、銀行口座にCD代金を振り込んで住所氏名をメールでお知らせ下さい。

送料手数料は高橋忠史が負担します。

セブン銀行  カーネーション支店

普通預金口座  0513518

高橋忠史

セブンイレブンでなくても銀行、郵貯、信用金庫、ネットバンクから振り込めます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みなさんありがとう

2016年03月28日 09時07分06秒 | Weblog
集合写真です。
ライヴが終了した時点で僕はここで死ぬかも知れないと思うほどの意識網蝋状態になり、ステージの所で倒れるように横になって寝てしまい30分以上起き上がれなかった。
その間に帰られた人達がいて全員でないのが残念です。
天気予報では曇りだったんですが、ライヴが始まるまで晴天の暖かい春日和でした。
12時頃、台車に音響機材を積み込んで集会所に運ぼうと準備していたら、友人の九州福岡市の有住さんから電話がありました。
…あっ、応援の電話だ、ありがたいな…そう思って電話を取った。
「もしもし、有住です。今ライヴ会場の集会所に着きました。」
え~ぇ~え~。
サプライズとはこの事だ。

お客さんにこんなに刺激されたライヴは始めてだ。
セッティングが終わり、直ちゃん(高橋直人さん)がギターを持ってきてくれたので、数曲バックで弾いてもらうために練習して本番までの時間天気がいいので集会所の玄関で来るお客さんをむかえた。
北海道の札幌から四国の高松から広島県、兵庫県、福井県、愛知県、関東各県、福島県からも、これが高橋忠史の最後のライブかも知れないと飛行機に乗り新幹線に乗りやって来てくれた。
そんなみなさんに気持ちよく帰ってもらえるライヴにしなきゃと自然に力が入ってきた。

2時になって本番前にもう一度音響のチェックをと有住さん(九州・博多を中心にスタジオレコーディングから放送マスコミ関係の音響、野外イベントの音響、すべてをこなすスペシャリスト。)が設定してしてくれるので、直ちゃんのギターに合わせて「唄い屋」を唄いだしたらいい感じなのでそのままライブを始めた。
話の流れで「ワッハッハ」、これも直ちゃんのギターと一緒に。
そしてこのライヴのメイン曲「天神の空の下」からアカペラで唄い出した。
「天神の空の下」はパワフルな歌に仕上げたせいもあってか、唄い終わった瞬間。血の気が引いて、気持ち悪くなり冷や汗が出てきた。
…これはいかん血の気が戻るまで静かな唄を続けよう…
でも、気持ち悪さは収まることなくひどく成っていった。
意識が朦朧とする中それでも素敵な思いを持って返ってもらいたいから、心をこめて唄った。
でも1時間が限界だった。
このまま死ぬかもしれないと思いながら唄いきった最後の曲は「SHINO」そして、そのままステージの上で横になった。

ここ数日気合が入りすぎて寝不足ぎみだった事や、練習をし過ぎた事。ギター伴奏してもらう為にリハーサルを長くやりすぎた事、病気になってからライヴ前には2時間眠るようにしていたのに、音響の機材を運んだり、地元のライヴだからと興奮状態で昼寝をしなかった。
これが反省点だ。
全国から集まった人達もアパートの仲間たちもまだやめるな、そんなふうに思ってくれているようなので、本当にボロボロになるまで唄おうと決めました。
次は、七夕の頃、直ちゃんと練習して、ギター伴奏の曲も増やして、ライヴをする事に決めました。
日時は、おって決めたいと思います。

みなさんありがとうございました。
高橋忠史、歌い続けます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリンターが壊れた

2016年03月26日 21時43分49秒 | Weblog
明日のライヴで販売する為にCDを焼いて、CDにレーベル印刷しようとしたらプリンターが突然動かなくなってしまった。
ガ-ン!。
まいった。
ニューアルバム「超熟」は出来上がらなかったが、「ありがとう」の音質がよりクリアーになって自身を持って販売しようと思っていたのに、その他のアルバムも作れなかった。

予約販売と言う手しかないか。

今日もガッツリと練習した。
アカペラで唄っていて、僕の歌の後ろから演奏する音が聞こえてくるような、ふくらみのある唄い方をイメージして。
何度も何度も唄ってみたが、果たして明日お客さんにどんな風に届くだろう。
出来ることは精一杯やった。

明日は12頃から準備を始めようと思っています。
お手伝いくださる方がいると助かります。
よろしくお願いします。



高橋忠史アカペラライヴ

不治の難病と闘いながら唄い続けている
世界一へたくそな歌手

会場 小平市天神町2丁目アパート集会所(秀峰会 集会所)
         じゃぶじゃぶ池公園裏
西武新宿線 小平駅下車
   (多摩湖自転車遊歩道)桜並木をゆっくり歩いて約10分

3月27日 日曜日

開場 13:30
開演 14:00~約1時間半

料金 投げ銭
  (終了後カゴを回しますのでお気持ちを入れて下さい。)

持ち込み歓迎ですが、ごみは各自お持ち帰りください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ明日・「甦れ・高橋忠史ライヴ」

2016年03月26日 08時15分48秒 | Weblog
末籐さんが殺風景な集会所をライヴハウスに変えてくれました。
僕の気分はいやがおうにも盛り上がってます。

桜はほんの少し花を咲かせています。
満開の道を歩いてきてもらいたかった。

JR線から西武新宿線に乗り換えるのは山手線の高田馬場駅が便利です。
小平駅を降りたら改札口は2階にひとつです。
改札口を出たら左に歩いて階段を左に下りると南口です。
スーパーマーケットの西友の前を通ってロータリーの最初の信号を左に曲がってまっすぐ歩くと僕がいつも歩いている自転車遊歩道につながります。

あじさい公園を過ぎて信号をひとつ渡ります。
少し歩くと右手に「ひめゆり幼稚園」が見えてきます。
そこを過ぎて少し歩くと右手にじゃぶじゃぶ池公園の入り口があります。
通り過ぎてしまいそうな小さな公園ですが公衆トイレがあるのでわかると思います。
入り口から公園に入ってそのまま歩いてくるとすぐ左に建物が見えます。
そこが、ライヴ会場の「秀峰会集会所」



高橋忠史アカペラライヴ

不治の難病と闘いながら唄い続けている
世界一へたくそな歌手

会場 小平市天神町2丁目アパート集会所(秀峰会 集会所)
         じゃぶじゃぶ池公園裏
西武新宿線 小平駅下車
   (多摩湖自転車遊歩道)桜並木をゆっくり歩いて約10分

3月27日 日曜日

開場 13:30
開演 14:00~約1時間半

料金 投げ銭
  (終了後カゴを回しますのでお気持ちを入れて下さい。)

持ち込み歓迎ですが、ごみは各自お持ち帰りください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなステージが出来たぞ

2016年03月25日 20時59分12秒 | Weblog
夜、班長会議で集会所に行ったら、こんな素敵なステージを作ってくれていた。
秀峰会ばんざ〜い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老いては子に従え

2016年03月24日 19時14分54秒 | Weblog
ここが秀峰会集会所です。
今日は小雨模様で寒かったので朝出ただけで部屋にこもってました。
だから、二日前に撮った写真です。

今日もリハビリの日。
部屋に来てくれるのは火曜日と木曜日、今日の理学療法士の人はまだ23歳の青年。
もう一人の人も孫と同じ歳の子供が居るというから娘と同じぐらいの年齢だ。
そんな二人に病気の事を含めた身体のケアを完全にまかせきっている。
若いといっても学んできて様々な病気の人と関わって実践してきた、まだまだ底は深い(何事も)だろうがスペシャリスト。
命と向き合う仕事をしているので、こちらの気持ちを理解しようとしてくれて付き合ってくれるので身体だけじゃなく心までほぐれる。
老いては子に従えという昔からの言葉があるが、老いて不自由になってはじめてわかる。

リハビリの後、歩行器を調整してもらったが外には出なかった。
このアパートはバリアフリーなので室内の移動の時も安定感があって良い。
そうするとつっかえ棒が一本いらなくなって、同じレンタル料で歩行器が借れる。
介護保険で外用と室内用で2台レンタルできたらより安全に暮らせる。
そうなったら嬉しいな。

唄の練習のボルテージが上がってきた。
今日はかなり大きな声が出てきた。
大きな声は出るがろれつが回りづらい。
後二日。
精一杯練習して本番にのぞみます。



高橋忠史アカペラライヴ

不治の難病と闘いながら唄い続けている
世界一へたくそな歌手

会場 小平市天神町2丁目アパート集会所(秀峰会 集会所)
         じゃぶじゃぶ池公園裏
西武新宿線 小平駅下車
   (多摩湖自転車遊歩道)桜並木をゆっくり歩いて約10分

3月27日 日曜日

開場 13:30
開演 14:00~約1時間半

料金 投げ銭
  (終了後カゴを回しますのでお気持ちを入れて下さい。)

持ち込み歓迎ですが、ごみは各自お持ち帰りください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついに歩行器の世話に

2016年03月23日 20時16分24秒 | Weblog
昨日、訪問リハビリに来てもらっている理学療法士の人に、立っているのも歩くのもかなり困難になって来たと話したら、歩行器を使うことを進められた。
実は歩行器の存在は知っていた、朝のおやじ会議に必ず参加している福田さんは脳梗塞をわずらって歩くのも話すのも不自由なんだが、最近杖から歩行器を使うように変わって行動範囲も広がり顔つやも良くなっている。
イメージは出来ているからカタログを見せてもらってすぐにお願いした。
理学療法士からケアマネージャーさんに連絡してもらって、ケアマネージャーさんから介護器具業者に連絡かいき、とりあえずサンプルがお昼に届いた。
この三者が僕をサポートしてくれているらしく、僕が困った時、誰に言っても迅速に三者で連絡を取り合って対処してくれる。
なんでもっと早くにケアマネージャーさんと契約しておかなかったかと、又後悔先に立たずです。
明日、理学療法士の訪問リハビリがあるから、その時歩行器の正しい扱い方を教わって利用でき居るようになる。
なんか、ワクワク。
ちょっと部屋の中で使用してみたが、ふらつく僕にとって歩行器は神器だ。
カゴもあってちょっとした買い物も出来る。
カゴのふたになる部分は椅子にもなりストッパーもついているので疲れたら何処でも座って休める。
4輪車だから安定もいい。
福田さんと同じでここの所狭まっていた行動範囲が広がりそうだ。

27日のライヴの日、僕の住む2号棟から集会所までこの歩行器を使って向かう。



高橋忠史アカペラライヴ

不治の難病と闘いながら唄い続けている
世界一へたくそな歌手

会場 小平市天神町2丁目アパート集会所(秀峰会 集会所)
         じゃぶじゃぶ池公園裏
西武新宿線 小平駅下車
   (多摩湖自転車遊歩道)桜並木をゆっくり歩いて約10分

3月27日 日曜日

開場 13:30
開演 14:00~約1時間半

料金 投げ銭
  (終了後カゴを回しますのでお気持ちを入れて下さい。)

持ち込み歓迎ですが、ごみは各自お持ち帰りください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たて看板も作ってくれた

2016年03月23日 13時34分50秒 | Weblog
秀峰会集会所の入り口に、りっぱなたて看板。
末籐さん、いったい何者だ。
アパートの仲間の後押しにいっぱい勇気をもらってます。
毎日少しでもろれつが回るように…あいうえお…の発音練習からはじめてます。
朝のおやじ会議でも、うまく話せない事にイライラしながら、これもリハビリとみんなの会話に出来るだけ入るように頑張ってる。
そんな状態なのに、アパート内を少し歩いているとき小さな声で唄うのだが、不思議なs事に唄い出すと話しているときよりもろれつが回りだす。
50年以上唄い続けてきた力を感じてます。
27日のライヴ頑張ります。



高橋忠史アカペラライヴ

不治の難病と闘いながら唄い続けている
世界一へたくそな歌手

会場 小平市天神町2丁目アパート集会所(秀峰会 集会所)
         じゃぶじゃぶ池公園裏
西武新宿線 小平駅下車
   (多摩湖自転車遊歩道)桜並木をゆっくり歩いて約10分

3月27日 日曜日

開場 13:30
開演 14:00~約1時間半

料金 投げ銭
  (終了後カゴを回しますのでお気持ちを入れて下さい。)

持ち込み歓迎ですが、ごみは各自お持ち帰りください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加