Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

確実に天使が見えます。『天使も嘘をつく』あす11日(日)がファイナル。

2016-12-10 | Weblog
燐光群新作 『天使も嘘をつく』 伊丹公演 。
あす11日(日)がファイナルです。
午後2時からの開演。
皆さまどうぞお見逃しなく。

前夜祭?の今日は一部劇団員・スタッフとたこ焼きをつまみに一献。
関西公演ならではの夜です。

この間、次の仕事、次の次の仕事のこともやりながら、早起き。
京都に用事や、戯曲講座も挟んで、関西にいても、あたふたの日々。
あらゆる物ごとがいい結果に結びつくことを願うのみです。

明日夜は東京、座高円寺にいます。劇作家協会新人戯曲賞の公開審査会に出ます。
そのあとは劇作家協会の忘年会。


http://rinkogun.com/tenshi_Itami.html

⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯

燐光群新作

『天使も嘘をつく』

伊丹公演


世界を変えられる映像を撮れるなら、魂だって売る。
『天皇と接吻』に続いて「映画」と「民主主義」を問う、竹下景子×燐光群の最新作!

戦争や破滅の先にしか、「新しい時代」は見つけられないのか。
「未来」に向かう途中経過ではない、「いま」を生きる。

『チェックポイント黒点島』、そして『3分間の女の一生』から6年、クリモトヒロコ=竹下景子の、新たなる冒険。

竹下景子 馬渕英里何 円城寺あや 中山マリ
鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和 大西孝洋
樋尾麻衣子 杉山英之 武山尚史 東谷英人 荻野貴継 
百花亜希 田中結佳 宗像祥子 秋定史枝 大浦恵実 塩尻成花

作・演出○坂手洋二
照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響○島猛(ステージオフィス)
舞台監督○橋本慶之
美術○じょん万次郎
演出助手○大河内直子
衣裳○小林巨和
文芸助手○清水弥生 久保志乃ぶ
宣伝写真○姫田蘭
宣伝意匠○高崎勝也
協力○アイ・バーグマン ホリプロ 浅井企画 DULL-COLORED POP (有)スタッフ・テン
制作○古元道広 近藤順子 
Company Staff○桐畑理佳 山村秀勝 脇園ひろ美 鈴木菜子 番匠郁 松岡洋子 根兵さやか 福田陽子 鈴木陽介 西川大輔 宮島千栄 橋本浩明 内海常葉 秋葉ヨリエ


12月8日(木)~11日(日)
AI・HALL 伊丹市立演劇ホール

<開演時間>
8日(木)19:00
9日(金)14:00★/19:00
10日(土)14:00
11日(日)14:00       

受付開始○開演の40分前 開場○開演の30分前

【全席指定】 
一般前売 3,800円  ペア前売 7,000円 当日4,200円   
U-25(25歳以下)/大学・専門学校生2,500円 高校生以下1,500円 ※U-25/学生券は前日迄にご予約の上、当日受付にて要証明書提示。 
※U-25/学生以下は、劇団・アイホールへの事前予約(電話・メール)のみ。観劇の前日まで受付。要証明書提示。

★12月9日(金)14:00の部はウィークデーマチネ割引。
一般前売が3,500円、ペア前売が6,600円になります。


【前売扱所】
◆燐光群オンラインチケット(U-25/ 学生券を除く) http://rinkogun.com 
■24時間いつでもホームページ上でご予約頂き、セブンイレブンでチケットをお受け取り頂けます。
■お支払いは現金(セブンイレブン)、またはクレジットカードとなります(手数料はお客様負担)。
■※会員登録(無料)が必要です。

◆ご予約・お問合せ
■アイホール 072-782-2000(火曜休館) http://www.aihall.com

■燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294■ticket-rinkogun@ee.alles.or.jp
■①<お名前/電話番号/希望日時/チケットの種類と枚数>をお伝え下さい。こちらからのお返事を以てご予約とさせて頂きます。
■②当日、開演の10分前までに受付にお越し下さい。代金と引換でチケットをお渡しします。
■ この時間を過ぎますと、あらかじめご用意しておりましたお席にご案内できない場合がございます。
■※キャンセル・日時変更はできません。

開演直前・直後は(一時的に)ご入場を制限させて頂く場合がございます。
申し訳ありませんが、未就学児のご入場はご遠慮下さい。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『天使も嘘をつく』 伊丹公演、開幕。

2016-12-10 | Weblog
燐光群新作 『天使も嘘をつく』 伊丹公演 開幕しました。

今日、明日、午後2時からの開演です。
残すところ、この二ステージのみ。

伊丹 AI・HALL は、小さい劇場の良さがいっぱい。細かなところもしっかり観ていただけます。

写真は、馬渕英里何さん。

竹下景子さんとの三部作、前作『3分間の女の一生』は、景子さんと円城寺あやさんの友情の物語でしたが、今回は馬渕さんとの友情、あるいは信頼とあこがれの物語となっているといえるかもしれません。

そして、一度にこれだけ多くの俳優が出ている場面が続く芝居もなかなかないなあと、あらためて思っています。
ゆったりと始まった物語が、最後の3シーンではタイトに引き締まって終わります。全く無駄のないやりとりで終わる3場面が、すべての登場人物を確実に収斂させていきます。


http://rinkogun.com/tenshi_Itami.html

⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯

燐光群新作

『天使も嘘をつく』

伊丹公演


世界を変えられる映像を撮れるなら、魂だって売る。
『天皇と接吻』に続いて「映画」と「民主主義」を問う、竹下景子×燐光群の最新作!

戦争や破滅の先にしか、「新しい時代」は見つけられないのか。
「未来」に向かう途中経過ではない、「いま」を生きる。

『チェックポイント黒点島』、そして『3分間の女の一生』から6年、クリモトヒロコ=竹下景子の、新たなる冒険。

竹下景子 馬渕英里何 円城寺あや 中山マリ
鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和 大西孝洋
樋尾麻衣子 杉山英之 武山尚史 東谷英人 荻野貴継 
百花亜希 田中結佳 宗像祥子 秋定史枝 大浦恵実 塩尻成花

作・演出○坂手洋二
照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響○島猛(ステージオフィス)
舞台監督○橋本慶之
美術○じょん万次郎
演出助手○大河内直子
衣裳○小林巨和
文芸助手○清水弥生 久保志乃ぶ
宣伝写真○姫田蘭
宣伝意匠○高崎勝也
協力○アイ・バーグマン ホリプロ 浅井企画 DULL-COLORED POP (有)スタッフ・テン
制作○古元道広 近藤順子 
Company Staff○桐畑理佳 山村秀勝 脇園ひろ美 鈴木菜子 番匠郁 松岡洋子 根兵さやか 福田陽子 鈴木陽介 西川大輔 宮島千栄 橋本浩明 内海常葉 秋葉ヨリエ


12月8日(木)~11日(日)
AI・HALL 伊丹市立演劇ホール

<開演時間>
8日(木)19:00
9日(金)14:00★/19:00
10日(土)14:00
11日(日)14:00       

受付開始○開演の40分前 開場○開演の30分前

【全席指定】 
一般前売 3,800円  ペア前売 7,000円 当日4,200円   
U-25(25歳以下)/大学・専門学校生2,500円 高校生以下1,500円 ※U-25/学生券は前日迄にご予約の上、当日受付にて要証明書提示。 
※U-25/学生以下は、劇団・アイホールへの事前予約(電話・メール)のみ。観劇の前日まで受付。要証明書提示。

★12月9日(金)14:00の部はウィークデーマチネ割引。
一般前売が3,500円、ペア前売が6,600円になります。


【前売扱所】
◆燐光群オンラインチケット(U-25/ 学生券を除く) http://rinkogun.com 
■24時間いつでもホームページ上でご予約頂き、セブンイレブンでチケットをお受け取り頂けます。
■お支払いは現金(セブンイレブン)、またはクレジットカードとなります(手数料はお客様負担)。
■※会員登録(無料)が必要です。

◆ご予約・お問合せ
■アイホール 072-782-2000(火曜休館) http://www.aihall.com

■燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294■ticket-rinkogun@ee.alles.or.jp
■①<お名前/電話番号/希望日時/チケットの種類と枚数>をお伝え下さい。こちらからのお返事を以てご予約とさせて頂きます。
■②当日、開演の10分前までに受付にお越し下さい。代金と引換でチケットをお渡しします。
■ この時間を過ぎますと、あらかじめご用意しておりましたお席にご案内できない場合がございます。
■※キャンセル・日時変更はできません。

開演直前・直後は(一時的に)ご入場を制限させて頂く場合がございます。
申し訳ありませんが、未就学児のご入場はご遠慮下さい。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

燐光群新作 『天使も嘘をつく』 伊丹公演

2016-12-08 | Weblog
燐光群新作 『天使も嘘をつく』 伊丹公演 まもなく開幕。

竹下景子さんとの三回目の作品づくり。
三回目にして、最も気合いも入っているし、より高いところを狙ってきたつもりではある。

最後の公演地、伊丹で、悔いなく幕を開けたい。

伊丹 AI・HALL は、客席と舞台が近く、これまでの会場の中でもっとも観やすく、最もごまかしがきかない。
もちろん誤魔化すことは何もない。

ご来場された皆さんは、竹下景子の魅力を至近距離で目撃できる。
早くお客様に見せたい。
開演前、子供のようにドキドキしている。

4日間の公演、関西の皆さまのご来場をお待ちしています。


http://rinkogun.com/tenshi_Itami.html

⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯

燐光群新作

『天使も嘘をつく』

伊丹公演


世界を変えられる映像を撮れるなら、魂だって売る。
『天皇と接吻』に続いて「映画」と「民主主義」を問う、竹下景子×燐光群の最新作!

戦争や破滅の先にしか、「新しい時代」は見つけられないのか。
「未来」に向かう途中経過ではない、「いま」を生きる。

『チェックポイント黒点島』、そして『3分間の女の一生』から6年、クリモトヒロコ=竹下景子の、新たなる冒険。

竹下景子 馬渕英里何 円城寺あや 中山マリ
鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和 大西孝洋
樋尾麻衣子 杉山英之 武山尚史 東谷英人 荻野貴継 
百花亜希 田中結佳 宗像祥子 秋定史枝 大浦恵実 塩尻成花

作・演出○坂手洋二
照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響○島猛(ステージオフィス)
舞台監督○橋本慶之
美術○じょん万次郎
演出助手○大河内直子
衣裳○小林巨和
文芸助手○清水弥生 久保志乃ぶ
宣伝写真○姫田蘭
宣伝意匠○高崎勝也
協力○アイ・バーグマン ホリプロ 浅井企画 DULL-COLORED POP (有)スタッフ・テン
制作○古元道広 近藤順子 
Company Staff○桐畑理佳 山村秀勝 脇園ひろ美 鈴木菜子 番匠郁 松岡洋子 根兵さやか 福田陽子 鈴木陽介 西川大輔 宮島千栄 橋本浩明 内海常葉 秋葉ヨリエ


12月8日(木)~11日(日)
AI・HALL 伊丹市立演劇ホール

<開演時間>
8日(木)19:00
9日(金)14:00★/19:00
10日(土)14:00
11日(日)14:00       

受付開始○開演の40分前 開場○開演の30分前

【全席指定】 
一般前売 3,800円  ペア前売 7,000円 当日4,200円   
U-25(25歳以下)/大学・専門学校生2,500円 高校生以下1,500円 ※U-25/学生券は前日迄にご予約の上、当日受付にて要証明書提示。 
※U-25/学生以下は、劇団・アイホールへの事前予約(電話・メール)のみ。観劇の前日まで受付。要証明書提示。

★12月9日(金)14:00の部はウィークデーマチネ割引。
一般前売が3,500円、ペア前売が6,600円になります。


【前売扱所】
◆燐光群オンラインチケット(U-25/ 学生券を除く) http://rinkogun.com 
■24時間いつでもホームページ上でご予約頂き、セブンイレブンでチケットをお受け取り頂けます。
■お支払いは現金(セブンイレブン)、またはクレジットカードとなります(手数料はお客様負担)。
■※会員登録(無料)が必要です。

◆ご予約・お問合せ
■アイホール 072-782-2000(火曜休館) http://www.aihall.com

■燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294■ticket-rinkogun@ee.alles.or.jp
■①<お名前/電話番号/希望日時/チケットの種類と枚数>をお伝え下さい。こちらからのお返事を以てご予約とさせて頂きます。
■②当日、開演の10分前までに受付にお越し下さい。代金と引換でチケットをお渡しします。
■ この時間を過ぎますと、あらかじめご用意しておりましたお席にご案内できない場合がございます。
■※キャンセル・日時変更はできません。

開演直前・直後は(一時的に)ご入場を制限させて頂く場合がございます。
申し訳ありませんが、未就学児のご入場はご遠慮下さい。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「てぃだぬふぁの会」の香織さん

2016-12-08 | Weblog
写真は、「てぃだぬふぁ 島の子の平和な未来をつくる会」の石嶺香織さん。
11月30日に沖縄県庁を訪れ、安慶田副知事に対し先島諸島への自衛隊の新基地建設に反対するよう強く求め、「先島諸島への自衛隊配備に反対する要請書」を手渡したときのもの。
宮古と石垣の自治会では、自衛隊配備への反対決議が採択されている。

しかし、これに対し、安慶田副知事は「国防は国の専権事項、国が丁寧に住民に対応するよう要望している」と回答した。
翁長県知事体制は高江への「オスプレイ配備」には反対しても「オスプレイパッド建設」については明瞭な反対をしているとはいえない。住民を切り捨てている。基本的に米軍基地には反対の姿勢を取っても、自衛隊については容認追従の姿勢にしか見えない。それが明らかになった副知事との対面であった。「知事を信じる」という盲目的な依存心が横行するままでは、「オール沖縄」の破綻は明らかだ。
「国防は国の専権事項」と言ってのける「オール沖縄」なんて、あり得ない。

こうした決定的な発言を引き出す場を作り出したのは、「てぃだぬふの会」のふだんからの実践と論理を伴う行動力である。
もちろん宮古・石垣にはそうした意識的な人たち、団体が、数多く存在する。
来年初頭の宮古島市長選では、押しつけられた「オール沖縄代表」や、旧態依然とした「政治屋」ではなく、こうした市民の声を如実に反映する住民の中から統一候補が出るべきだと思う。

香織さんや「てぃだぬふの会」にも取材した燐光群『天使も嘘をつく』、今日から伊丹AI・HALLでの公演である。
全国ツアー最後の地である。
今日は会場に香織さんもいらっしゃることになっている。
今年9月、宮古での出会いはじつに刺激的だった。
三上智恵監督『標的の島』にも「てぃだぬふの会」の皆さんは登場するはず。
『天使も嘘をつく』には、彼女たちをモデルにした人物たちが登場します。
乞御期待。

http://rinkogun.com/tenshi_Itami.html

⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯

燐光群新作

『天使も嘘をつく』

伊丹公演


世界を変えられる映像を撮れるなら、魂だって売る。
『天皇と接吻』に続いて「映画」と「民主主義」を問う、竹下景子×燐光群の最新作!

戦争や破滅の先にしか、「新しい時代」は見つけられないのか。
「未来」に向かう途中経過ではない、「いま」を生きる。

『チェックポイント黒点島』、そして『3分間の女の一生』から6年、クリモトヒロコ=竹下景子の、新たなる冒険。

竹下景子 馬渕英里何 円城寺あや 中山マリ
鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和 大西孝洋
樋尾麻衣子 杉山英之 武山尚史 東谷英人 荻野貴継 
百花亜希 田中結佳 宗像祥子 秋定史枝 大浦恵実 塩尻成花

作・演出○坂手洋二
照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響○島猛(ステージオフィス)
舞台監督○橋本慶之
美術○じょん万次郎
演出助手○大河内直子
衣裳○小林巨和
文芸助手○清水弥生 久保志乃ぶ
宣伝写真○姫田蘭
宣伝意匠○高崎勝也
協力○アイ・バーグマン ホリプロ 浅井企画 DULL-COLORED POP (有)スタッフ・テン
制作○古元道広 近藤順子 
Company Staff○桐畑理佳 山村秀勝 脇園ひろ美 鈴木菜子 番匠郁 松岡洋子 根兵さやか 福田陽子 鈴木陽介 西川大輔 宮島千栄 橋本浩明 内海常葉 秋葉ヨリエ


12月8日(木)~11日(日)
AI・HALL 伊丹市立演劇ホール

<開演時間>
8日(木)19:00
9日(金)14:00★/19:00
10日(土)14:00
11日(日)14:00       

受付開始○開演の40分前 開場○開演の30分前

【全席指定】 
一般前売 3,800円  ペア前売 7,000円 当日4,200円   
U-25(25歳以下)/大学・専門学校生2,500円 高校生以下1,500円 ※U-25/学生券は前日迄にご予約の上、当日受付にて要証明書提示。 
※U-25/学生以下は、劇団・アイホールへの事前予約(電話・メール)のみ。観劇の前日まで受付。要証明書提示。

★12月9日(金)14:00の部はウィークデーマチネ割引。
一般前売が3,500円、ペア前売が6,600円になります。


【前売扱所】
◆燐光群オンラインチケット(U-25/ 学生券を除く) http://rinkogun.com 
■24時間いつでもホームページ上でご予約頂き、セブンイレブンでチケットをお受け取り頂けます。
■お支払いは現金(セブンイレブン)、またはクレジットカードとなります(手数料はお客様負担)。
■※会員登録(無料)が必要です。

◆ご予約・お問合せ
■アイホール 072-782-2000(火曜休館) http://www.aihall.com

■燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294■ticket-rinkogun@ee.alles.or.jp
■①<お名前/電話番号/希望日時/チケットの種類と枚数>をお伝え下さい。こちらからのお返事を以てご予約とさせて頂きます。
■②当日、開演の10分前までに受付にお越し下さい。代金と引換でチケットをお渡しします。
■ この時間を過ぎますと、あらかじめご用意しておりましたお席にご案内できない場合がございます。
■※キャンセル・日時変更はできません。

開演直前・直後は(一時的に)ご入場を制限させて頂く場合がございます。
申し訳ありませんが、未就学児のご入場はご遠慮下さい。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第23回OMS戯曲賞大賞は福谷圭祐氏、佳作は橋本健司氏 

2016-12-06 | Weblog
第23回OMS戯曲賞の授賞式・公開選評会の会場(吹田メイシアター)に初めて参入。
今日は芸濃町公演のバラシ後は移動日で、このツアー中、唯一ゆっくりできる日だったのだ。

第23回OMS戯曲賞大賞は福谷圭祐氏『悪い癖』、
佳作は橋本健司氏『また夜が来る』、
に決まった。

審査員は佐藤信、生田萬、鈴木裕美、鈴江俊郎、の各氏。欠席の渡辺えりさんも電話で意向を伝えたらしい。
公開選評会は容赦ない感じで始まっている。
司会は小堀純さん。

1990年生まれの福谷さんは私は知らない人だったが、佳作は桃園会のハシケン君である!
で、せっかくなので一報させていただく。

以下の9作品が最終選考の対象だった。

石原 燃     「夢を見る -読み語り版-」
キタモト マサヤ 「ふたりの蜜月」
田辺 剛     「漂着(island)」
橋本 健司    「また夜が来る」
肥田 知浩    「わたし今めまいしたわ」
福谷 圭祐    「悪い癖」
柳沼 昭徳    「新・内山」
山崎 彬     「また愛か』 
横山 拓也    「walk in closet」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『天使も嘘をつく』伊丹 AI・HALL 公演は明後日から

2016-12-06 | Weblog
久しぶりに、関西である。長い間、年に二回か三回は関西公演をしていたのだが、今年はこの十二月の公演のみ。
毎年暮れに伊丹AI・HALLで公演するのも、恒例となって久しい。
今年の十一月からのツアーは、例年よりも十日〜一週間はやいため、例年より暖かい旅であるという印象がある。
だが、今日からは寒波が襲ってきている様子だ。
ともあれ、大盛況だった津・芸濃町公演を終え、燐光群『天使も嘘をつく』ツアー最終地である。

今回は平日である金曜の昼にマチネ公演があります。(この12月9日(金)14:00の部はウィークデーマチネ割引。一般前売が3,500円、ペア前売が6,600円になります。)
また、10日土曜日は、14:00の部のみで夜の公演はありません。ご注意ください。

初日は木曜日です。お間違えのないようよろしくお願いします。

撮影・姫田蘭。

http://rinkogun.com/tenshi_Itami.html

⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯

燐光群新作

『天使も嘘をつく』

伊丹公演


世界を変えられる映像を撮れるなら、魂だって売る。
『天皇と接吻』に続いて「映画」と「民主主義」を問う、竹下景子×燐光群の最新作!

戦争や破滅の先にしか、「新しい時代」は見つけられないのか。
「未来」に向かう途中経過ではない、「いま」を生きる。

『チェックポイント黒点島』、そして『3分間の女の一生』から6年、クリモトヒロコ=竹下景子の、新たなる冒険。

竹下景子 馬渕英里何 円城寺あや 中山マリ
鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和 大西孝洋
樋尾麻衣子 杉山英之 武山尚史 東谷英人 荻野貴継 
百花亜希 田中結佳 宗像祥子 秋定史枝 大浦恵実 塩尻成花

作・演出○坂手洋二
照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響○島猛(ステージオフィス)
舞台監督○橋本慶之
美術○じょん万次郎
演出助手○大河内直子
衣裳○小林巨和
文芸助手○清水弥生 久保志乃ぶ
宣伝写真○姫田蘭
宣伝意匠○高崎勝也
協力○アイ・バーグマン ホリプロ 浅井企画 DULL-COLORED POP (有)スタッフ・テン
制作○古元道広 近藤順子 
Company Staff○桐畑理佳 山村秀勝 脇園ひろ美 鈴木菜子 番匠郁 松岡洋子 根兵さやか 福田陽子 鈴木陽介 西川大輔 宮島千栄 橋本浩明 内海常葉 秋葉ヨリエ


12月8日(木)~11日(日)
AI・HALL 伊丹市立演劇ホール

<開演時間>
8日(木)19:00
9日(金)14:00★/19:00
10日(土)14:00
11日(日)14:00       

受付開始○開演の40分前 開場○開演の30分前

【全席指定】 
一般前売 3,800円  ペア前売 7,000円 当日4,200円   
U-25(25歳以下)/大学・専門学校生2,500円 高校生以下1,500円 ※U-25/学生券は前日迄にご予約の上、当日受付にて要証明書提示。 
※U-25/学生以下は、劇団・アイホールへの事前予約(電話・メール)のみ。観劇の前日まで受付。要証明書提示。

★12月9日(金)14:00の部はウィークデーマチネ割引。
一般前売が3,500円、ペア前売が6,600円になります。


【前売扱所】
◆燐光群オンラインチケット(U-25/ 学生券を除く) http://rinkogun.com 
■24時間いつでもホームページ上でご予約頂き、セブンイレブンでチケットをお受け取り頂けます。
■お支払いは現金(セブンイレブン)、またはクレジットカードとなります(手数料はお客様負担)。
■※会員登録(無料)が必要です。

◆ご予約・お問合せ
■アイホール 072-782-2000(火曜休館) http://www.aihall.com

■燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294■ticket-rinkogun@ee.alles.or.jp
■①<お名前/電話番号/希望日時/チケットの種類と枚数>をお伝え下さい。こちらからのお返事を以てご予約とさせて頂きます。
■②当日、開演の10分前までに受付にお越し下さい。代金と引換でチケットをお渡しします。
■ この時間を過ぎますと、あらかじめご用意しておりましたお席にご案内できない場合がございます。
■※キャンセル・日時変更はできません。

開演直前・直後は(一時的に)ご入場を制限させて頂く場合がございます。
未就学児のご入場はご遠慮下さい。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謝名元慶福監督「いのちの森 高江」

2016-12-05 | Weblog
謝名元慶福監督の映画「いのちの森 高江」を、やっと観た。DVD。
アキノ隊員大活躍で、高江の自然をフィーチャー。
かなり最近の映像も入っていて、やんばるの自然が基地建設のため破壊されているさまが空から写されていて、痛ましい。

DVDは1枚1500円で販売。こちらで購入できます。
新基地建設反対名護共同センター
電話0980-54-8555 
FAX0980-54-8556
Eメールnago.kyodoc@bird.ocn.ne.jp

プロモーション映像
https://www.youtube.com/watch?v=Vun5jCn1DBw

謝名元監督は劇作家協会の沖縄支部長。来年のどこかでは、いちど沖縄の劇作家で集まりたいものだと話している。というか、ここ二、三年ずっとそう話していて、なかなか集まれないでいるのだな。

せっかく三重にいるのだが、仕事ばかりしている。
俳優陣は猿を探しに山に散策に出ているらしいし、昼には鹿肉の差し入れの予定もあるらしいというが、私はデスクワークである。
ざんねん。

それにしても芸濃町の皆さんには、ほんとうによくしていただいている。

夜は津市芸濃総合文化センターホール公演、千秋楽。午後7時開演。
http://blog.goo.ne.jp/sakate2008/e/c1b8f37628884f7dd81fdb157481aeae

で。

南河内万歳一座の内藤裕敬さんに、たった今、女児誕生とのこと。
めでたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『天使も嘘をつく』津市・芸濃町公演開幕

2016-12-04 | Weblog
燐光群『天使も嘘をつく』、津・芸濃町公演開幕。
450席のホール、やや雨にたたられたが、初日ほぼ満席のスタート。

なにしろ名前が「芸濃町」。
「この人は立っているだけで「芸」です」と紹介される名物男・名物女もいて、ここでは日常までもが「芸」なのか!?
「芸濃町を芸濃い町にする会」の人たちが揃いのオレンジ色のヤッケで場内外で応援態勢を取ってくれる。
それもこれもこの地の出身地である伊藤裕作さんの人徳の為すところである。

間違いなく多くの人たちに喜んでいただけたようだ。
お客さんの芝居を見る目も確かである。
終演後に劇場を出てくるおじさんおばさんたちが、私がいることなど気づいていない人たちなのだが、「沖縄の苦悩がわかって涙が出てきた」と自然と言い合っている。
「自分たちの住んでいるところについて考えるのは当たり前だなあ」という声も。
ありがたい。
沖縄と三重が繋がった瞬間。

文化センターの館長さん、支援してくださる皆さまと、乾杯、交流会。
幸せな夜である。

劇団員たちは今夜から明日昼間にかけては久しぶりにゆっくり休めるので、当たり前に近辺に鹿や猿のいるという自然に溢れた宿舎で飲んだりしているだろうと思うが、私は読むもの書くものが溜まっていて、駅前のビジネスホテルで机に向かう。
それもまた幸せである。

津市芸濃総合文化センターホール公演二日め、
あす12月5日(月)は、午後7時開演です。

きょう観逃された方、当日席も用意していますが、公演の前日まで、前売券をお求めいただけます。
前売・お問合せは、「芸濃町を芸濃い町にする会」080-9426-0225
当日券は開演の1時間前より販売します。
ご来場を心よりお待ちしております。

写真は、クリスマス用にライトアップされた津市芸濃総合文化センターホール正面。

http://rinkogun.com/tenshi_Tsu.html

⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯

燐光群新作

『天使も嘘をつく』

津・芸濃町 公演


世界を変えられる映像を撮れるなら、魂だって売る。
『天皇と接吻』に続いて「映画」と「民主主義」を問う、竹下景子×燐光群の最新作!

戦争や破滅の先にしか、「新しい時代」は見つけられないのか。
「未来」に向かう途中経過ではない、「いま」を生きる。

『チェックポイント黒点島』、そして『3分間の女の一生』から6年、クリモトヒロコ=竹下景子の、新たなる冒険。

竹下景子 馬渕英里何 円城寺あや 中山マリ
鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和 大西孝洋
樋尾麻衣子 杉山英之 武山尚史 東谷英人 荻野貴継 
百花亜希 田中結佳 宗像祥子 秋定史枝 大浦恵実 塩尻成花

作・演出○坂手洋二
照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響○島猛(ステージオフィス)
舞台監督○橋本慶之
美術○じょん万次郎
演出助手○大河内直子
衣裳○小林巨和
文芸助手○清水弥生 久保志乃ぶ
宣伝写真○姫田蘭
宣伝意匠○高崎勝也
協力○アイ・バーグマン ホリプロ 浅井企画 DULL-COLORED POP (有)スタッフ・テン
制作○古元道広 近藤順子 
Company Staff○桐畑理佳 山村秀勝 脇園ひろ美 鈴木菜子 番匠郁 松岡洋子 根兵さやか
   福田陽子 鈴木陽介 西川大輔 宮島千栄 橋本浩明 内海常葉 秋葉ヨリエ


12月4日(日) 午後3時開演 / 5日(月) 午後7時開演
会場 津市芸濃総合文化センターホール

【全席自由 (日にち指定)】 
芸濃町優待チケット
前売 S席 3,000円 (限定・エリア指定 舞台に近い場所を確保し、公演当日にホールでお知らせします)
前売 A席 2,000円
当日 2,500円 
           
<燐光群>
1982年創立。主宰である坂手洋二の作・演出作品を中心に、社会性・実験性の高さと、豊かな表現力を兼ね備えた、斬新で意欲的な新作公演を重ねている。国内での年3~5本の公演・ツアーの他、『神々の国の首都』『屋根裏』等で海外15カ国27都市の公演を行っている。海外の俳優・演出家を招いてのコラボレーション作品も多数。1999年『天皇と接吻』第7回読売演劇大賞優秀作品賞、2002年『最後の一人までが全体である』第10回読売演劇大賞優秀作品賞、2004年『だるまさんがころんだ』第12回読売演劇大賞選考委員特別賞を受賞。

【前売扱所】
◆芸濃地区社会福祉協議会 059-265-4890
◆津市商工会芸濃支所 059-265-2304
◆芸濃町を芸濃い町にする会 080-9426-0225

受付開始○開演の1時間前 客席開場○開演の30分前

いずれのお席についても、受付開始時より整理券を発行します。
客席開場前にロビーで整理券の番号順にお並びいただき、開演の30分前よりその順にご入場いただきます。
開場時間を過きると整理番号は配布いたしません。また、番号は無効となります。

開演直前・直後は(一時的に)ご入場を制限させて頂く場合がございます。
未就学児のご入場はご遠慮下さい。


【お問合せ】
◆芸濃町を芸濃い町にする会 080-9426-0225


【その後の関西公演】
[伊丹]12月8日(木)〜 11日(日)AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「優秀新人戯曲集2017」できました。

2016-12-04 | Weblog
第22回 劇作家協会新人戯曲賞の最終候補作が掲載された「優秀新人戯曲集2017」。
刊行されました。
全国の書店に並んでいます。なければご注文ください。
この公開審査方式、事前に候補作が読めるこの事前出版、審査員の応募者投票による決定、この仕組みを一緒に発明して以来、ずっと担当して下さった小松幹生さんがお亡くなりになった今年。本作りについては、わが旧友・Tさんを中心とする新チームが担当して下さいました。

ツアー中なので、会場の津市芸濃総合文化センターホールに送っていただきました。
(燐光群『天使も嘘をつく』公演は、12月4日(日) 午後3時開演 / 5日(月) 午後7時開演)

いろいろなことを思いながら、旅先で目を通しています。
小松さん、これからも協会はこの事業をしっかり引き継いでいきます。

⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯

第22回 劇作家協会新人戯曲賞 公開審査について

http://blog.goo.ne.jp/sakate2008/e/4a446f68446e17c902e6019f01debd5d

http://www.jpwa.org/main/drama-award/prize

第22回劇作家協会新人戯曲賞 は、演劇界の未来を担う才能に道を拓くことを期し、1995年より当協会が主催している劇作家協会新人戯曲賞。第22回となる2016年の応募総数は243本。うち27本が一次選考を通過し、二次選考で5本の最終候補作に絞られました。最終の審査会は2016年12月11日(日)に開催し、受賞作はその場で決定します。

最終候補作は、以下の通りです。 (応募戯曲到着順)

『もものみ。』   守田慎之介 (福岡県)
『プラヌラ』    高石紗和子 (東京都)
『触れただけ』   南出謙吾 (東京都)
『カミと蒟蒻』   長谷川源太 (京都府)
『the Last Supper』 太田衣緒 (東京都)


第22回劇作家協会新人戯曲賞 公開審査会

  [日時] 12月11日(日) 18:30
  [会場] 座・高円寺2
 
  最終選考委員
   川村毅、鴻上尚史、坂手洋二、鈴江俊郎、佃典彦、土田英生、マキノノゾミ

  審査会司会
   瀬戸山美咲


[主催] 一般社団法人 日本劇作家協会
[後援] 公益財団法人 一ツ橋綜合財団、杉並区


一次選考委員
 岡安伸治、小川未玲、刈馬カオス、黒川陽子、杉浦久幸
 瀬戸山美咲、象 千誠、高谷信之、嶽本あゆ美、棚瀬美幸
 ナカヤマカズコ、原田ゆう、柳井祥緒、芳﨑洋子

二次選考委員
 鹿目由紀、鈴江俊郎、鈴木 聡、瀬戸山美咲、
 佃 典彦、土田英生、永井 愛、長塚圭史


一次選考通過作一覧は、以下の通りでした。 (27作品・応募戯曲到着順)

トーキョー・D 吉村健二
音埜淳の凄まじくボンヤリした人生 細川洋平
反復する、イクツカノ時間と、交わる、
イクツモノ時間の中で、僕等にできる、イクツカノこと。 石田聖也
鯨 染谷歩
もものみ。 守田慎之介
るかわの砂漠 鈴木穣
プラヌラ 高石紗和子
ベイビー・マイン 高橋亜季
蛹のプシュケ カタ山裕子
赤ん坊を盗む。 大山鎬則
触れただけ 南出謙吾
Summer House After Wedding 清水弥生
カミと蒟蒻 長谷川源太
マインドファクトリー −丸める者たち 池内風
the Last Supper 太田衣緒
俺の酒が呑めない 古川貴義
東雲のストライキ 下川志乃ぶ
放課後のユートピア 上村奈帆
トゥルムホッホ 渡山博崇
春をゆるして 柳生二千翔
ただ夜、夜と記されて 中村賢司
あのコのあのコト 坂本鈴
雪女 −密室の行軍 望月清一郎
最虚構都市 伊藤知咲
最後に歩く道 大西弘記
かけみちるカデンツァ 小野寺邦彦
MY SWEET BOOTLEG (2016) ハセガワアユム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイ・フィリピンの講師によるワークショップ アジア共同プロジェクト

2016-12-03 | Weblog
「アジア共同プロジェクト」で共に作品づくりをしているタイとフィリピンの仲間たちが講師をするワークショップ。
応募枠を、広く劇団外の皆さまにも対象を広げ、参加していただく機会を設けました。

講師の一人、「ゴップ」こと、ナルモン・タマプルックサー。
首都バンコク出身であるのに高校時代からチェンマイに住む彼女は、タイの演劇界を牽引してきた。
私と彼女とは1999年にニューヨークで出会っている。当時、ローラーブレードでニューヨークの街を滑走するゴップを見て、私もローラーブレードに挑戦したりした。
http://blog.goo.ne.jp/sakate2008/e/0f479ea31beb01abc10aa3e97a521888

ニコン・セタンは、日本でタイ版・野田秀樹作『農業少女』を上演したことがある。来年二月、「マスク・プロジェクト」や、せんがわ劇場での彼の作品のリーディングが予定されている。これからのタイと日本を結ぶキーパーソンである。
清水弥生作『Summer House After Wedding』、チェンマイでのリーディングも仕切ってくれた。
http://blog.goo.ne.jp/sakate2008/e/3ff157b56b4224db6ef7e908417609e4

そして、燐光群最多出演歴を持つフィリピン俳優・マイレスと、やはり複数回出演のマージ、幅広く活躍するこの二人がフィリピンの「いま」を体感させてくれるはずだ。


  ※  ※  ※  ※

アジア共同プロジェクト ワークショップ参加者募集のお知らせ

12月17日(土)・18日(日) 芸能花伝舎

タイ講師○ナルモン・タマプルックサー / ニコン・セタン
フィリピン講師○マイレス・カナピ / マージ・ロリコ

このワークショップでは、2日間で各講師の演劇に対するアプローチの方法を体験します。
タイ・フィリピンの演劇界の第一線で活躍する講師たちの演劇観、またその手法にふれる貴重な機会です。
ぜひご参加ください。
通訳あり。

募集人員○15名程度(予定) 
対象○どなたでも 
参加費○タイ講座4,000円
フィリピン講座4,000円
両方7,000円

詳細はこちらを御覧ください

http://rinkogun.com/Asia.html

【お問合せ】件名を「アジア共同プロジェクトWS問合せ」として、rinkogun@alles.or.jp にお送り下さい。

写真は、8月、タイ・チェンマイでの、この「アジア共同プロジェクト」の、リーディング・リハーサル。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『天使も嘘をつく』、「芸」の「濃い」町、津・芸濃町で明日から上演。

2016-12-03 | Weblog
燐光群『天使も嘘をつく』、津・芸濃町公演は、明日・明後日です。
かれこれ三十五年のおつきあいになる伊藤裕作さんの出身地。これまでもいろいろご支援いただいてきたし、『カムアウト』初演ではプロデュースメンバーに入っていただいた。
この公演も、伊藤さんのご尽力で実現した。

「芸濃町を芸濃い町にする会」は、これまでに、流山児★事務所事務、水族館劇場の芸濃町での上演を行っている。
三重、津は、三重文化会館やあけぼの座などの活溌な活動は全国の注目を集めているし、さまざまな方向で演劇が盛んになっているのである。

あす12月4日(日)は、午後3時開演。
あさって5日(月)は、午後7時開演です。

お間違えのないようお願いします。

公演の前日まで、前売券をお求めいただけます。
前売・お問合せは、「芸濃町を芸濃い町にする会」080-9426-0225
当日券は開演の1時間前より販売します。
ご来場を心よりお待ちしております。

写真は、今朝、会場の津市芸濃総合文化センターホールに入るツアーメンバーたち。
看板表示に、おお、ほんとうに「芸」の「濃」い町が実在するんだ、と、納得。愉快である。

http://rinkogun.com/tenshi_Tsu.html

⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯

燐光群新作

『天使も嘘をつく』

津・芸濃町 公演


世界を変えられる映像を撮れるなら、魂だって売る。
『天皇と接吻』に続いて「映画」と「民主主義」を問う、竹下景子×燐光群の最新作!

戦争や破滅の先にしか、「新しい時代」は見つけられないのか。
「未来」に向かう途中経過ではない、「いま」を生きる。

『チェックポイント黒点島』、そして『3分間の女の一生』から6年、クリモトヒロコ=竹下景子の、新たなる冒険。

竹下景子 馬渕英里何 円城寺あや 中山マリ
鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和 大西孝洋
樋尾麻衣子 杉山英之 武山尚史 東谷英人 荻野貴継 
百花亜希 田中結佳 宗像祥子 秋定史枝 大浦恵実 塩尻成花

作・演出○坂手洋二
照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響○島猛(ステージオフィス)
舞台監督○橋本慶之
美術○じょん万次郎
演出助手○大河内直子
衣裳○小林巨和
文芸助手○清水弥生 久保志乃ぶ
宣伝写真○姫田蘭
宣伝意匠○高崎勝也
協力○アイ・バーグマン ホリプロ 浅井企画 DULL-COLORED POP (有)スタッフ・テン
制作○古元道広 近藤順子 
Company Staff○桐畑理佳 山村秀勝 脇園ひろ美 鈴木菜子 番匠郁 松岡洋子 根兵さやか
   福田陽子 鈴木陽介 西川大輔 宮島千栄 橋本浩明 内海常葉 秋葉ヨリエ


12月4日(日) 午後3時開演 / 5日(月) 午後7時開演
会場 津市芸濃総合文化センターホール

【全席自由 (日にち指定)】 
芸濃町優待チケット
前売 S席 3,000円 (限定・エリア指定 舞台に近い場所を確保し、公演当日にホールでお知らせします)
前売 A席 2,000円
当日 2,500円 
           
<燐光群>
1982年創立。主宰である坂手洋二の作・演出作品を中心に、社会性・実験性の高さと、豊かな表現力を兼ね備えた、斬新で意欲的な新作公演を重ねている。国内での年3~5本の公演・ツアーの他、『神々の国の首都』『屋根裏』等で海外15カ国27都市の公演を行っている。海外の俳優・演出家を招いてのコラボレーション作品も多数。1999年『天皇と接吻』第7回読売演劇大賞優秀作品賞、2002年『最後の一人までが全体である』第10回読売演劇大賞優秀作品賞、2004年『だるまさんがころんだ』第12回読売演劇大賞選考委員特別賞を受賞。

【前売扱所】
◆芸濃地区社会福祉協議会 059-265-4890
◆津市商工会芸濃支所 059-265-2304
◆芸濃町を芸濃い町にする会 080-9426-0225

受付開始○開演の1時間前 客席開場○開演の30分前

いずれのお席についても、受付開始時より整理券を発行します。
客席開場前にロビーで整理券の番号順にお並びいただき、開演の30分前よりその順にご入場いただきます。
開場時間を過きると整理番号は配布いたしません。また、番号は無効となります。

開演直前・直後は(一時的に)ご入場を制限させて頂く場合がございます。
未就学児のご入場はご遠慮下さい。


【お問合せ】
◆芸濃町を芸濃い町にする会 080-9426-0225


【その後の関西公演】
[伊丹]12月8日(木)〜 11日(日)AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『天使も嘘をつく』で描く断絶が、よりいっそうくっきりと現実のものに

2016-12-01 | Weblog
南西諸島のアクティヴに活動する皆さんが、一昨日、沖縄県副知事と対面して申し入れをしたようです。
そのときの副知事の言動が、「オール沖縄」が自衛隊配備容認の保守勢力の動きを肯定するものであったようです。
「オール沖縄」とは、何か。あらためて問われていますが、私は南西諸島は自立して自分たちの考えで行動すべきだと思います。
「オール南西諸島」が望ましいのです。

『天使も嘘をつく』で描く世界が、よりいっそうくっきりと現実のものになってくるようで、戦慄します。

燐光群『天使も嘘をつく』名古屋公演は、今日からです。
あす2日(金)は、昼の公演(14:00開演)のみです。お間違えのないようお願いします。


写真は、自衛隊与那国駐留地正門前。十月初旬。撮影していると警備担当者がわっと近づいてきたのを思い出します。

http://rinkogun.com/tenshi_Nagoya.html


⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯

燐光群新作

『天使も嘘をつく』

名古屋公演


世界を変えられる映像を撮れるなら、魂だって売る。
『天皇と接吻』に続いて「映画」と「民主主義」を問う、竹下景子×燐光群の最新作!

戦争や破滅の先にしか、「新しい時代」は見つけられないのか。
「未来」に向かう途中経過ではない、「いま」を生きる。

『チェックポイント黒点島』、そして『3分間の女の一生』から6年、クリモトヒロコ=竹下景子の、新たなる冒険。

竹下景子 馬渕英里何 円城寺あや 中山マリ
鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和 大西孝洋
樋尾麻衣子 杉山英之 武山尚史 東谷英人 荻野貴継 
百花亜希 田中結佳 宗像祥子 秋定史枝 大浦恵実 塩尻成花

作・演出○坂手洋二
照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響○島猛(ステージオフィス)
舞台監督○橋本慶之
美術○じょん万次郎
演出助手○大河内直子
衣裳○小林巨和
文芸助手○清水弥生 久保志乃ぶ
宣伝写真○姫田蘭
宣伝意匠○高崎勝也
協力○アイ・バーグマン ホリプロ 浅井企画 DULL-COLORED POP (有)スタッフ・テン
制作○古元道広 近藤順子 
Company Staff○桐畑理佳 山村秀勝 脇園ひろ美 鈴木菜子 番匠郁 松岡洋子 根兵さやか
   福田陽子 鈴木陽介 西川大輔 宮島千栄 橋本浩明 内海常葉 秋葉ヨリエ


12月1日(木)19:00開演 / 2日(金)14:00開演  受付開始○開演の60分前 開場○開演の30分前

会場 熱田文化小劇場

【全席指定】 
一般前売 3,800円  ペア前売 7,000円 当日4,200円 
U-25(25歳以下)/大学・専門学校生2,500円 高校生以下1,500円 ※U-25/学生券は前日迄にご予約の上、当日受付にて要証明書提示。 
※U-25/学生以下は、劇団への事前予約(電話・メール)のみ。観劇の前日まで受付。要証明書提示。

【前売扱所】
◆名古屋市文化振興事業団チケットガイド 052-249-9387 (平日9:00~17:00/チケット郵送可)
◆愛知芸術文化センタープレイガイド 052-972-0430
◆名古屋演劇鑑賞会 052-932-3739
◆燐光群オンラインチケット(U-25/ 学生券を除く) http://rinkogun.com 
■24時間いつでもホームページ上でご予約頂き、セブンイレブンでチケットをお受け取り頂けます。
■お支払いは現金(セブンイレブン)、またはクレジットカードとなります(手数料はお客様負担)。
■※会員登録(無料)が必要です。

◆ご予約・お問合せ
■燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294■ticket-rinkogun@ee.alles.or.jp
■①<お名前/電話番号/希望日時/チケットの種類と枚数>をお伝え下さい。こちらからのお返事を以てご予約とさせて頂きます。
■②当日、開演の10分前までに受付にお越し下さい。代金と引換でチケットをお渡しします。
■ この時間を過ぎますと、あらかじめご用意しておりましたお席にご案内できない場合がございます。
■※キャンセル・日時変更はできません。

開演直前・直後は(一時的に)ご入場を制限させて頂く場合がございます。
未就学児のご入場はご遠慮下さい。  

【交通アクセス】 
・JR東海道本線「熱田」下車 徒歩1分
・地下鉄名城線「神宮西」下車 2番出口より 東へ徒歩5分
・名鉄名古屋本線「神宮前」下車 西口より 北へ徒歩8分
・市バス「熱田区役所」下車すぐ(幹神宮2号系統、栄21号系統、金山19号系統、熱田巡回系統)
※公共交通機関をご利用ください。
名古屋市熱田区神宮三丁目1番15号 2F [熱田区役所・熱田図書館に併設] 
052-682-0222

平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業


【その後の国内ツアー】
[津]12月4日(日)・5日(月)津市芸濃総合文化センター 
[伊丹]12月8日(木)〜 11日(日)AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

燐光群『天使も嘘をつく』、名古屋公演は明日から

2016-11-30 | Weblog
燐光群『天使も嘘をつく』名古屋公演は、明日から。

今回の会場は、熱田文化小劇場 。この劇場は初めて。
何しろ熱田神宮の真ん前である。

12月1日(木)は、夜の公演だが(19:00開演)、
2日(金)は、昼の公演(14:00開演)のみである。お間違えのないよう。

以前は年にニ、三回、名古屋で公演していたが、今年は今回のみ。
『お召し列車』以来一年ぶりとなる。

そしてもちろん、名古屋は、主演の竹下景子さんの出身地である。

名古屋界隈の皆さま、ぜひともいらしてください。

写真は、広大な瀬戸内市のメガソーラー建設中の現場を見下ろす牛窓の山頂の、もともとパラグライダーの飛び立つ台に立つ、馬渕英里何。

http://rinkogun.com/tenshi_Nagoya.html


⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯⋯

燐光群新作

『天使も嘘をつく』

名古屋公演


世界を変えられる映像を撮れるなら、魂だって売る。
『天皇と接吻』に続いて「映画」と「民主主義」を問う、竹下景子×燐光群の最新作!

戦争や破滅の先にしか、「新しい時代」は見つけられないのか。
「未来」に向かう途中経過ではない、「いま」を生きる。

『チェックポイント黒点島』、そして『3分間の女の一生』から6年、クリモトヒロコ=竹下景子の、新たなる冒険。

竹下景子 馬渕英里何 円城寺あや 中山マリ
鴨川てんし 川中健次郎 猪熊恒和 大西孝洋
樋尾麻衣子 杉山英之 武山尚史 東谷英人 荻野貴継 
百花亜希 田中結佳 宗像祥子 秋定史枝 大浦恵実 塩尻成花

作・演出○坂手洋二
照明○竹林功(龍前正夫舞台照明研究所)
音響○島猛(ステージオフィス)
舞台監督○橋本慶之
美術○じょん万次郎
演出助手○大河内直子
衣裳○小林巨和
文芸助手○清水弥生 久保志乃ぶ
宣伝写真○姫田蘭
宣伝意匠○高崎勝也
協力○アイ・バーグマン ホリプロ 浅井企画 DULL-COLORED POP (有)スタッフ・テン
制作○古元道広 近藤順子 
Company Staff○桐畑理佳 山村秀勝 脇園ひろ美 鈴木菜子 番匠郁 松岡洋子 根兵さやか
   福田陽子 鈴木陽介 西川大輔 宮島千栄 橋本浩明 内海常葉 秋葉ヨリエ


12月1日(木)19:00開演 / 2日(金)14:00開演  受付開始○開演の60分前 開場○開演の30分前

会場 熱田文化小劇場

【全席指定】 
一般前売 3,800円  ペア前売 7,000円 当日4,200円 
U-25(25歳以下)/大学・専門学校生2,500円 高校生以下1,500円 ※U-25/学生券は前日迄にご予約の上、当日受付にて要証明書提示。 
※U-25/学生以下は、劇団への事前予約(電話・メール)のみ。観劇の前日まで受付。要証明書提示。

【前売扱所】
◆名古屋市文化振興事業団チケットガイド 052-249-9387 (平日9:00~17:00/チケット郵送可)
◆愛知芸術文化センタープレイガイド 052-972-0430
◆名古屋演劇鑑賞会 052-932-3739
◆燐光群オンラインチケット(U-25/ 学生券を除く) http://rinkogun.com 
■24時間いつでもホームページ上でご予約頂き、セブンイレブンでチケットをお受け取り頂けます。
■お支払いは現金(セブンイレブン)、またはクレジットカードとなります(手数料はお客様負担)。
■※会員登録(無料)が必要です。

◆ご予約・お問合せ
■燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294■ticket-rinkogun@ee.alles.or.jp
■①<お名前/電話番号/希望日時/チケットの種類と枚数>をお伝え下さい。こちらからのお返事を以てご予約とさせて頂きます。
■②当日、開演の10分前までに受付にお越し下さい。代金と引換でチケットをお渡しします。
■ この時間を過ぎますと、あらかじめご用意しておりましたお席にご案内できない場合がございます。
■※キャンセル・日時変更はできません。

開演直前・直後は(一時的に)ご入場を制限させて頂く場合がございます。
未就学児のご入場はご遠慮下さい。  

【交通アクセス】 
・JR東海道本線「熱田」下車 徒歩1分
・地下鉄名城線「神宮西」下車 2番出口より 東へ徒歩5分
・名鉄名古屋本線「神宮前」下車 西口より 北へ徒歩8分
・市バス「熱田区役所」下車すぐ(幹神宮2号系統、栄21号系統、金山19号系統、熱田巡回系統)
※公共交通機関をご利用ください。
名古屋市熱田区神宮三丁目1番15号 2F [熱田区役所・熱田図書館に併設] 
052-682-0222

平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業


【その後の国内ツアー】
[津]12月4日(日)・5日(月)津市芸濃総合文化センター 
[伊丹]12月8日(木)〜 11日(日)AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メガソーラー建設地を見下ろす地にて、馬渕英里何

2016-11-30 | Weblog
燐光群『天使も嘘をつく』岡山公演、無事終了。

本日、本隊は次の公演地・名古屋へ移動。

馬渕英里何・円城寺あやのお二人は、劇中登場する「セノウチ市の市長」のモデルとなった瀬戸内市の武久顕也市長、市会議員の布野浩子さんのご厚意で、広大な瀬戸内市のメガソーラー建設中の現場を見下ろす牛窓の山頂の、もともとパラグライダーの飛び立つ台のあった場所を見てきた。ということで、写真を送ってくれた。

劇を観てくださった方は、この写真の場所の意味、わかりますね。

考えてみると私の芝居は、こうして劇の舞台のモデルになったホンモノの場所に、劇中人物が実際に立ってみる、ということが実現する確率が、極めて高いのである。

この後の『天使も嘘をつく』国内ツアーは、以下の通り。

[名古屋]12月1日(木)・2日(金)熱田文化小劇場
[津]12月4日(日)・5日(月)津市芸濃総合文化センター 
[伊丹]12月8日(木)〜 11日(日)AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)

http://rinkogun.com/tenshi.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内市長とセノウチ市長

2016-11-30 | Weblog
燐光群『天使も嘘をつく』岡山公演、無事終了。
今年もいろいろな方にお世話になった。
一日だけの公演なので観られなかった方も多く、心尽くしの連絡をいただいたケースも多い。
ありがたいことである。

さて、劇中登場する「セノウチ市の市長」のモデルとなった瀬戸内市の市長、武久顕也氏がご夫妻で観に来てくれた。

写真は、劇中でセノウチ市長を演じた杉山英之と、ホンモノの瀬戸内市長。

考えてみると私の芝居は、こうしてモデルになったホンモノの方と、劇中人物が遭遇する確率が、極めて高いのである。

この後の『天使も嘘をつく』国内ツアーは、以下の通り。

[名古屋]12月1日(木)・2日(金)熱田文化小劇場
[津]12月4日(日)・5日(月)津市芸濃総合文化センター 
[伊丹]12月8日(木)〜 11日(日)AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加